マドリッド・ダービーに臨むアトレティコが招集メンバー発表!モラタ出停もレマル復帰

2019.09.28 06:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーは27日、翌日にホームで行われるラ・リーガ第7節レアル・マドリーとのマドリッド・ダービーに臨む招集メンバーを発表した。

前節マジョルカ戦で退場したスペイン代表FWアルバロ・モラタが出場停止となる中、リーグ戦ここ2試合をハムストリングの負傷で欠場していたフランス代表MFトマ・レマルが復帰している。

モラタ以外で主力に欠場者はおらず、1ポイント差で追うレアル・マドリーとのダービーに向けて十分なスカッドで挑める状態となっている。アトレティコの招集メンバーは以下の通り。

◆アトレティコ・マドリー招集メンバー
GK
ヤン・オブラク
アントニオ・アダン

DF
キーラン・トリッピアー
サンティアゴ・アリアス
マリオ・エルモソ
レナン・ロージ
ステファン・サビッチ
ホセ・ヒメネス
フェリペ

MF
コケ
サウール・ニゲス
マルコス・ジョレンテ
エクトル・エレーラ
トーマス・パルティ
トマ・レマル
ビトロ

FW
ジエゴ・コスタ
ジョアン・フェリックス
アンヘルコレア



関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ最終節プレビュー】降格1枠巡る残留争い決着へ! 久保建英の17位マジョルカはオサスナ戦

先週末に行われた第37節の結果、セビージャのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得、レバンテに続くアラベスの降格、レアル・ソシエダのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得が決定した。 そして、今シーズンのラ・リーガを締めくくる最終節は、降格残り1枠、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場権争いを中心に3日間の変則日程での開催となる。 その中で最注目はMF久保建英を擁する17位のマジョルカ(勝ち点36)、18位のカディス(勝ち点36)、16位のグラナダ(勝ち点37)の3チームによる残留争いだ。 前節を降格圏の18位で迎えたマジョルカだったが、ホーム最終戦となったラージョ戦を、後半アディショナルタイムのFWアブドンの劇的ゴールによって、2-1のスコアで勝ち切り残留圏内の17位に浮上。自力で残留を決められる最終節では9位のオサスナ(勝ち点47)とのアウェイゲームに臨む。 当該成績ではグラナダに劣り、カディスを上回っているため、残留の条件は勝ち点3獲得か、カディスと同条件の戦績で終える必要がある。なお、マジョルカとカディスが引き分け、グラナダが敗れた場合、3チームが勝ち点37で並ぶことになるが、当該チーム間の対戦の勝ち点合計ではグラナダ(勝ち点8)、マジョルカ(勝ち点4)、カディス(勝ち点2)という順番になっており、その場合も残留を決められる。 対戦相手のオサスナは直近5試合未勝利ということもあり、ホーム最終戦での6戦ぶりの白星奪取に向けモチベーションは高く、堅守を軸とするそのスタイルはマジョルカが勝ち点3を目指す上で戦い辛いところだ。 ラージョ戦でも途中出場となった久保に関しては、現実主義のアギーレ監督が他会場の動向を見ながら試合を進めていく可能性が高く、その守備力を考えれば、スタートからの起用の可能性は低く、ここ数試合と同様に点が必要な場面での途中投入の可能性が高そうだ。今回の一戦に限っては久保を投入せざるを得ない状況は避けたいところだが、出番が訪れた際にはチームを残留に導く大きな仕事を期待したい。 そのマジョルカと残留を争うカディスは、前節でレバンテに敗れ降格が決定した最下位のアラベス(勝ち点31)とのアウェイゲームに臨む。前節は主力温存のレアル・マドリー相手に1-1のドローに持ち込んだが、FWネグレドのPK失敗を含め決定力不足、試合最終盤の微妙な判定も響いて降格圏に転落となった。ただ、この最終節で勝利できれば、上位2チームの取りこぼしは十分に考えられるだけに自分たちの戦いに集中したい。 残留の可能性は最も高いグラナダだが、下位2チームの結果如何で悲劇を味わう可能性もあり、13位のエスパニョール(勝ち点41)をホームで迎え撃つ一戦では勝利が必要だ。前節はわずかながらトップ4フィニッシュの可能性を残していたベティスに0-2で敗れたものの、それ以前は2連勝を飾っており調子自体は悪くない。ホームアドバンテージを生かしてサポーターと共に残留決定の歓喜を分かち合いたい。 また、残留争いほどの盛り上がりはないものの、7位のビジャレアル(勝ち点56)、8位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点55)によるECL出場権争いにも注目集まる。 自力でECL出場権獲得を決められるビジャレアルは、2位を確定させているバルセロナ(勝ち点73)と敵地カンプ・ノウで対戦。ホーム最終戦というモチベーションはあるものの、一部主力温存の可能性もあるホームチームに対して、リバプールとの2ndレグで見せたようなアグレッシブな戦いを期待したい。 一方、逆転での7位フィニッシュを狙うアスレティックは、ホームで4位のセビージャ(勝ち点67)と対戦する。対戦相手のセビージャは3位フィニッシュの可能性、一部でロペテギ監督のラストマッチとも報じられる中、モチベーション高く臨んでくるはずだが、サン・マメスの熱狂的な雰囲気に後押しされるMFムニアイン、FWイニャキ・ウィリアムズらの躍動で堅守攻略といきたい。 最後に、28日にリバプールとのCL決勝を控える今季ラ・リーガ王者のレアル・マドリー(勝ち点85)は、フライデーナイトに行われる5位のベティス(勝ち点64)とのホームゲームで今季を締めくくる。 CLファイナルに向けた最後の調整の場となるこの一戦に向けてはDFアラバを除き、全主力が主力が招集されており、アンチェロッティ監督もベストメンバーを起用する可能性が高そうだ。自身初のピチーチ獲得決定的なFWベンゼマはトリプレーテで30ゴール、FWヴィニシウスは同じくトリプレーテで20ゴールの大台到達となるため、強豪ベティスにもアグレッシブな仕掛けを期待したい。また、契約延長の可能性はあるものの、現時点では契約満了濃厚なDFマルセロにも出番がありそうだ。 《ラ・リーガ最終節》 ▽5/20(金) 《28:00》 ラージョ vs レバンテ レアル・マドリー vs ベティス ▽5/21(土) 《24:30》 バレンシア vs セルタ ▽5/22(日) 《24:30》 エルチェ vs ヘタフェ 《27:00》 オサスナ vs マジョルカ アラベス vs カディス グラナダ vs エスパニョール 《29:00》 バルセロナ vs ビジャレアル レアル・ソシエダ vs アトレティコ・マドリー アスレティック・ビルバオ vs セビージャ 2022.05.20 19:03 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、今夏の補強は最小限に! SDが明言「大型契約の波は終わった」

アトレティコ・マドリーでスポーツ・ディレクターを務めるアンドレア・ベルタ氏が、今夏の移籍市場では大型投資を行わないことを明言した。 今シーズンのアトレティコは、ラ・リーガでは4位以内を確定させ、10年連続となるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したものの、そのCLではベスト16、コパ・デル・レイではベスト8と、2シーズンぶりの無冠が決定している。 また、攻撃を支えたFWルイス・スアレスの退団が公となり、MFエクトル・エレーラも今夏にMLSのヒューストン・ダイナモへ旅立つ。加えて2024年までのレンタル契約を結んでいるFWアントワーヌ・グリーズマンも今夏にバルセロナにレンタルバックする可能性も報じられるなど、タイトルに向けて主力級の選手の獲得は必要だと思われる。 ところが、イタリア『カルチョメルカート』の取材に応じたアンドレア・ベルタ氏は、今夏の補強は最小限にとどめる意向であることを明らかに。既存のチームが将来性に富んだ実力のあるチームだと自信を示した。 「大型契約の波は終わった。我々にとって重要なことは、将来性のある選手で構成された、価値のあるこのチームを継続することだ。とりあえず市場が開くのを待とう」 ここ数年で、1億2600万ユーロを投資したFWジョアン・フェリックスをはじめ、7200万ユーロのMFトマ・レマル、6000万ユーロのFWジエゴ・コスタなど、超大型補強を敢行してきたアトレティコ。昨夏もMFロドリゴ・デ・パウル(3500万ユーロ)やFWマテウス・クーニャ(2600万ユーロ)を獲得したが、今年は静かな夏となりそうだ。 2022.05.17 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン屈指の守備的MFブバカル・カマラ、アトレティコ移籍か

アトレティコ・マドリーが、マルセイユのフランス人MFブバカル・カマラ(22)の獲得に迫っているようだ。スペイン『Todofichajes』が報じている。 カマラはマルセイユの下部組織出身で、2016年12月に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグのソショー戦でプロデビューを果たした。トップチームに定着したのは2018-19シーズンからだが、高い身体能力を生かしたボール奪取能力や守備範囲の広さ、展開力の高さから、すでにリーグ・アン屈指の守備的MFとして評価を高めている。 センターバックでもプレーできるユーティリティ性が魅力な同選手。以前からビッグクラブから関心が向けられ、一時はマンチェスター・ユナイテッドも目を光らせているという情報も。また、最近ではアストン・ビラも注目していた中、その争奪戦をアトレティコが制する見込みのようだ。 『Todofichajes』は、すでに口頭での合意に達したと報道。カマラは今夏で契約が満了を迎えるため、フリーでの移籍となる。 2022.05.17 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ退団決定のFWスアレス、インテルが獲得に名乗り

今シーズン限りでアトレティコ・マドリーを退団することが明らかになったウルグアイ代表FWルイス・スアレス(35)に関して、インテルが獲得に動き出したようだ。 スアレスは2020年9月にバルセロナからアトレティコへと完全移籍。2シーズンを過ごした。 これまでアトレティコでは、公式戦82試合で34ゴール6アシストを記録。今シーズンはラ・リーガで34試合に出場し11ゴール3アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で7試合に出場し1ゴールを記録していた。 予てから退団の噂があったスアレスだが、ホーム最終節を前にクラブが公式に退団を発表。今夏にフリーで移籍することとなった。 スペイン『Fichajes』によると、攻撃陣を強化したいインテルは、今夏の移籍市場でスアレスの情報を集めているという。 シモーネ・インザーギ監督も経験豊富なストライカーをフリーで迎えることはプラスと考えており、歓迎しているとされている。 一方で、アストン・ビラ、セビージャ、そしてインテル・マイアミなど、多くのクラブがスアレスに興味を持っているとされ、獲得レースは簡単にはいかないとも見られている。 2022.05.16 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

シメオネ監督、退団のスアレスに「強い感謝の気持ち」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が退団選手に感謝を述べた。スペイン『マルカ』が伝えている。 アトレティコ・マドリーは15日、ラ・リーガ第37節でセビージャと対戦。29分に左CKのチャンスからDFホセ・ヒメネスがヘディングシュートを決めて先制するも、85分に追いつかれ、1-1のまま終了を迎えた。 また、ホーム最終戦となったこの試合のハーフタイムには去就不透明となっていたウルグアイ代表FWルイス・スアレスの退団が正式にアナウンス。バルセロナから加入し、昨年のリーグ制覇に大きく貢献したストライカーはすでにヒューストン・ダイナモへの今夏移籍が決まっていたメキシコ代表MFエクトル・エレーラとともに試合終了後のセレモニーで別れの挨拶を行った。 シメオネ監督も試合後、クラブの功労者である両選手について言及。スアレスに向けてはアトレティコでプレーした歴戦のストライカーの名前を挙げながら、その功績を讃えた。 「エクトルは思うようなプレーができなかったにもかかわらず、常にリスペクトの気持ちを忘れずに、向上心を持ち続けてきた」 「スアレスについても、感謝している。彼は試合に出続けるため、自分の競争力を示すためにここへやってきた。そして、彼は我々を助け、我々も彼を助けた。彼の力強さや、決定的なプレーがリーグ優勝をもたらしたのだ」 「今シーズンは思うように出番を得られなかったが、チームのトップスコアラーであり続けている。非凡なプレイヤー、そしてそれ以上に彼という人物に向けて強い感謝の気持ちを持っているし、成功を祈っている。自分が特別だと勘違いしている選手は多いが、彼は正真正銘のクラックだ」 「過去に我々は年齢がネックとなっていた(ダビド・)ビジャを獲得した。彼は素晴らしいシーズンを送って、ああいったタイプの選手が持つリーダーシップを我々に与えてくれた。だから、我々はチャンピオンになれたのだと思う」 「そして、同じくバルセロナからルイスがやってきて、チャンピオンになった。(ジエゴ・)コスタがそうであったように、力強いストライカーは、チームを勝利に導くことができる」 2022.05.16 11:04 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly