カカとフェリックスが対談…プロの生活、バロンドール、代表を語る

2020.05.14 18:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが、元ブラジル代表MFカカ氏とインスタグラムでビテオ通話を行い、それぞれにインタビューした。スペイン『アス』が対談の様子を伝えた。フェリックスは昨シーズン、ベンフィカで公式戦43試合20得点11アシストを記録し大きく飛躍。多くの欧州有力クラブを惹きつける人気銘柄として大きな脚光を浴びる中、クラブ史上最高額の1億2600万ユーロ(約153億円)とも言われる移籍金でアトレティコに加入していた。

一方のカカ氏は、現役時代ミランやレアル・マドリーで活躍し、2007年にはバロンドールも受賞。2017年に現役を引退している。

その風貌やスピードがどことなく似ている部分もある両者。バロンドール受賞者と未来のバロンドール受賞が期待される逸材という豪華なコンビのやり取りを抜粋してお伝えする。

◆ユースからプロへの移行

フェリックス
「ファーストチームでプレーを始めた時に直面した最大の困難はなんでしたか?」

カカ
「最も難しいのは移行の最中だと思う。下位カテゴリーから移行してプロになると、全く異なる世界で異なる状況に適応する必要がある。選手は君に教え、歓迎し、助けてくれる。それが私のキャリアの重要な瞬間だ。難しいが同時に美しくもある。君はすでにプロとして2年やっているが、自分の役割を理解している?」

フェリックス
「僕にとっても最も難しいことでしたけど、試合以外ではそうでもなかったです。なぜなら、ベンフィカのチームメイトが本当によくしてくれて、常に僕が元気かどうか確認してくれました。チームと同じ土俵に立てば、うまくプレーできます」

「しかし、最も僕が影響を受けたのはメディアへの対処でした。新聞や僕が以前フォローしていたSNSは、良いことを言ってくれた時は好きですが、そうでない時は好きではなかったです」

「ある時からそれを追うのをやめ、その後はしていません。今の僕は元気で、ポルトガルからスペインのリーグに映りました。今の僕にとって何が一番重要だと思いますか?」

カカ
「君にとってベストなのはスペインの仕組みを理解することだ。試合はどこでも同じだと思うかもしれないが、全く違う。ブラジル、イタリア、スペイン、アメリカ。これらは私がプレーした場所だ。そして、違いがある」

「戦術がより重要な場所もあれば、よりテクニカルな場所もある。周りの環境やアトレティコが世界で何を表しているのかを理解する必要がある。今、君は素晴らしい場所にいる。マドリッドは美しい街​​だ」

◆バロンドールとチャンピオンズリーグ

フェリックス
「2007年、僕が8歳の時、あなたの最高の年でしたよね?」

カカ
「2007年は私のキャリアのピークだった。チームとしても個人としても。チャンピオンズリーグの決勝に到達した時、セビージャとのヨーロッパスーパーカップ、日本でのボカ・ジュニアーズとのクラブ・ワールドカップ、そしてバロンドールを受賞した。2007年は私にとっては素晴らしい年だ」

フェリックス
「あなたがその1年で達成したことは、選手がキャリアを通じて達成したいことだと思います」

カカ
「本当に素晴らしい年だった。何か特別な夢はある?」

フェリックス
「両方を勝ち取りたいです。チャンピオンズリーグとバロンドール」

◆ユーロ2020について

カカ
「ユーロは君にとって初めての主要な大会?」

フェリックス
「はい。11月には21歳になります」

カカ
「言い換えれば、次のワールドカップで23歳になる。準備しなくてはならないね。君と私はフィジカル的に似ていると思うし、君はとても攻撃的な選手だと思う」

「私よりテクニックがあると思う。私はより攻撃的で、直線的だった。しかし、私は比較が好きじゃないんだ」

フェリックス
「カカはカカ、フェリックスはフェリックスだと思います。僕が小さい頃、あなたは私のアイドルの1人でした。あなたのポスターを部屋に置いていましたし、こうしてあなたと話すことができるとは思ってもいなかったです」
コメント
関連ニュース
thumb

ボーンマス、昨季アトレティコでトップデビューのMFリケルメをレンタル!

ボーンマスは1日、アトレティコ・マドリーからスペイン人MFロドリゴ・リケルメ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 アトレティコのカンテラ出身のリケルメは、昨年9月に行われたエイバルとのラ・リーガの一戦でトップチームデビュー。その後、今年1月のコパ・デル・レイのクルトゥラル・レオネッサでもプレーした。 右ウイングを主戦場に創造性と足元の技術に長けたドリブラーは、先月にトップチーム昇格が決定していた。 ただ、十分な出場機会を与えたいクラブの考えもあり、チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したボーンマスへ武者修行に出ることになった。 2020.10.01 22:50 Thu
twitterfacebook
thumb

前節大勝のアトレティコが昇格組相手に痛恨のゴールレス…《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは9月30日、ラ・リーガ第4節でウエスカと対戦し、0-0の引き分けに終わった。ウエスカのFW岡崎慎司は69分までプレーした。 シーズン初戦となった前節のグラナダ戦を圧勝したアトレティコは、中2日での一戦に向けて先発を5人変更。ジエゴ・コスタやコレア、コケら代えて、グラナダ戦で躍動したスアレスが移籍後初先発。その他ではM・ジョレンテやビトロ、トーマスらが先発に名を連ねた。 一方、1敗2分けと勝利のない昇格組のウエスカは、前節のバレンシア戦から先発メンバーを2人変更。ラファ・ミルとフアン・カルロスに代えてボルハ・ガルシアとミケル・リコを先発で起用。3トップにボルハ・ガルシア、岡崎、フェレイロを並べた[4-3-3]で試合に臨んだ。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先に決定機を作り出したのはウエスカ。19分、左CKをニアのシオバスがフリックすると、ゴール前でフリーのセオアネが頭で合わせたが、このシュートは枠の上に外れた。 対するアトレティコは、フェリックスを起点にアタッキングサードまでボールを運べるものの、なかなかフィニッシュまで行き切れない。 前半半ばから終盤にかけても互いにシュートシーンが少ないクローズな試合展開が続く。そんな中、ウエスカは44分にカウンターからチャンスを迎える。相手GKのロングフィードを中盤でセオアネが弾き返すと、前線でボールを収めたボルハ・ガルシアのパスで右サイドを抜け出したフェレイロがダイレクトクロス。これをボックス中央に走り込んだミケル・リコが右足で合わせたが、シュートは枠のを外した。 迎えた後半、アトレティコはビトロを下げてコレアを投入。前半右MFを務めたM・ジョレンテが左MFに移動し、コレアを右MFに配置した。すると59分、フェリックスのロングスルーパスでDFの裏に抜け出したスアレスがボックス左から侵入。飛び出したGKを縦に振り切ったスアレスがボックス左角度のないところからシュートを放ったが、これは戻ったGKアンドレス・フェルナンデスのブロックに阻まれた。 ゴールが遠いアトレティコは、61分にM・ジョレンテとスアレスを下げてカラスコとジエゴ・コスタを投入し攻撃の活性化を図る。すると66分、ボックス左手前でパスを受けたフェリックスが切り返しで相手DFかわしシュート。相手にブロックされたこぼれ球を再びフェリックスが狙ったが、2度目のシュートはわずかに枠の左に逸れた。 対するウエスカは、69分に岡崎とボルハ・ガルシアを下げてラファ・ミルとオンティベロス投入。さらに82分にもミケル・リコとフェレイロを下げてフアン・カルロス、セルヒオ・ゴメスと言ったアタッカーを続けて投入した。 試合はゴールレスのまま終盤へと突入。アトレティコは89分にボックス内の混戦でこぼれたボールをボックス右深くで拾ったコレアが折り返しを供給。相手DFに当たった浮き球を中央のフェリックスがボレーシュートで合わせたが、これは相手GKの好守に防がれた。 結局、試合はそのまま0-0でタイムアップ。昇格組相手に勝ち星を逃したアトレティコが、開幕連勝を逃した。 2020.10.01 04:02 Thu
twitterfacebook
thumb

昨季ノーノーのレマル、ライプツィヒへのレンタル迫る?

RBライプツィヒがアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表MFトマ・レマル(24)をレンタル移籍で獲得する可能性があるようだ。フランス『レキップ』が報じている。 レマルは2018年夏にモナコからアトレティコへ7000ユーロ(約82億1000万円)という高額な移籍金で加わると、加入初年度は公式戦43試合3ゴール6アシストを記録。しかし、2年目の昨シーズンは公式戦29試合に出場したものの、途中出場が多く出場時間も限られている上、0ゴール0アシストと結果を残せていない。 そのため、今夏の移籍が取り沙汰されている中、ここ最近ではクロアチア代表FWイバン・ペリシッチの退団、ドイツ代表MFレロイ・サネの負傷でウイングの選手層に問題を抱えつつあるバイエルンが、レンタルでの獲得を打診しているとの報道が出ている。 だが、今回『レキップ』が新たに伝えるところによれば、同じく2列目の補強を目指すライプツィヒが400万ユーロ(約5億円)の有償レンタルのオファーを掲示しているようだ。 バイエルンに比べ、出場機会を得られる可能性が高く、ユリアン・ナーゲルスマン監督もその才能を高く評価していることから、ライプツィヒ行きはレマルにとって良い選択肢となりそうだ。 2020.10.01 00:35 Thu
twitterfacebook
thumb

トレイラのアトレティコ移籍が迫る!

アーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(24)のアトレティコ・マドリー移籍が近づていているようだ。 2018年夏にサンプドリアから加入し、昨シーズンは公式戦39試合に出場したトレイラだが、今季はここまで全公式戦でベンチ外となっており、放出は既定路線。 アトレティコは以前からトレイラの移籍先として名前が挙がっており、一方でサンプドリア時代の恩師であるマルコ・ジャンパオロ監督が指揮するトリノも交渉を進めていると伝えられている。 そんな中、移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、同選手の代理人とアトレティコ間の交渉が大詰めを迎えている模様。これまでの情報ではレンタルを要求するアトレティコに対し、アーセナルは完全売却を希望している。この差がどこまで縮まったかは明言されていないが、ウルグアイ代表MFのロヒ・ブランコス入りは決定的の様だ。 一方で、アーセナルはアトレティコのガーナ代表MFトーマス・パルティの獲得を目指しているが、トレイラの移籍に影響するかどうかは明らかになっていない。 2020.09.30 17:35 Wed
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第4節プレビュー】岡崎ウエスカvsアトレティコ! 今季初のミッドウィーク開催!

先週末に開催された第3節では、新シーズンの初陣となったバルセロナ、アトレティコ・マドリー、セビージャの3強がいずれも白星発進。また、昨季王者レアル・マドリーも開幕2戦目にして初白星を手にした。 今季初めてミッドウィーク開催となる今節では、FW岡崎慎司を擁する昇格組ウエスカがアトレティコに挑む水曜開催の一戦に注目が集まる。 前節、バレンシアとのアウェイゲームに臨んだウエスカは、ほぼ互角の戦いを見せたが、開幕節のビジャレアル戦に続く1-1のドローに終わり、今季初勝利とはならなかった。そのバレンシア戦で先発した岡崎は後半にクロスバー直撃のボレーシュートを放つなど、プリメーラ初ゴールに迫ったが、後半半ばに今季初めて途中交代となった。それでも、前線の組み合わせ、並びに試行錯誤が続く中、間違いなく中心を担っており、今節でのスタメンも濃厚だ。世界屈指の堅守を誇る難敵相手に待望の初ゴールを期待したい。 対するアトレティコは、開幕連勝のグラナダを相手に持ち味の堅守ではなく、攻撃の破壊力が目立つ初陣となった。戦前にはプレシーズンの調整不足も懸念されたが、その不安は杞憂に終わり、昨季1度もなかった1試合6ゴールを奪っての6-1の圧勝というド派手な開幕となった。とりわけ、加入2年目で覚醒が期待されるFWフェリックスのハイパフォーマンス、ドブレーテデビューとなった新戦力のFWスアレスの活躍が印象的だった。 それ以外にもFWジエゴ・コスタやFWコレア、MFマルコス・ジョレンテなど、多士済々のアタッカー陣が結果を残しており、シメオネ監督にとって嬉しい悩みの種が増える予感だ。ただ、今回の大勝に関しては対戦相手のグラナダがクラブ史上初のヨーロッパリーグ(EL)本大会出場に向け、今週開催のプレーオフに気を取られている部分もあり、このウエスカ戦で真価が試される。 前節、最も注目を集めたクーマン新体制のバルセロナは、MF久保建英を擁するビジャレアルを相手に4-0の完勝という最高のスタートを切った。エースFWメッシのPKによる今季初ゴールに安堵すると共に、FWアンス・ファティの圧巻のドブレーテ、出戻りMFコウチーニョのハイパフォーマンスと個の活躍に加え、昨季はあまりお目にかかれなかった素早い攻守のトランジションなど、オランダ人指揮官の色が随所に出ていた。 連勝を目指す今節は昨季の対戦で2度のリードを守り切れずにドローに終わるなど、苦手とするバライードスでのセルタ戦。昨季は17位でギリギリ残留のセルタだが、今季ここまでは1勝2分けの3戦無敗とまずまずの滑り出しを見せており、エースFWアスパスもリーグトップタイの3ゴールと好調を維持している。その苦手相手にきっちり勝ち切って、週末に控えるセビージャとのビッグマッチに臨みたい。 昨季王者のマドリーは、連勝を狙う今節で開幕3戦未勝利のバジャドリーを相手にサブスタジアムのアルフレド・ディ・ステファノでホーム開幕を迎える。初勝利を挙げたベティスとのアウェイゲームでは前半終盤の連続失点で一時逆転を許す苦しい戦いを強いられたが、オウンゴールでの同点ゴールに相手の退場、幸運なハンドの判定で得たPKで試合を引っくり返し、3-2で競り勝った。昨季終盤の好調時に比べると、攻守両面でもの足りなさは否めないが、ベティス戦の勝利が今後のパフォーマンス向上に繋がっていくはずだ。 また、昨季4位のセビージャは昇格組カディスに苦戦を強いられたが、後半アディショナルタイムのFWムニル、MFラキティッチの2ゴールで競り勝ち、3-1のスコアで今季初勝利。バイエルンとのUEFAスーパーカップを戦った直後でメンバーを入れ替えた中、しぶとく逆転で勝ち切ったことは今後に向けた好材料だ。対戦相手のレバンテは開幕2試合で5得点5失点と出入りの激しい戦いとなっており、打ち合いは必至か。 岡崎を除く日本人選手ではビジャレアルの久保がホームでアラベス戦、エイバルのMF乾貴士、FW武藤嘉紀がエルチェ戦に臨む。 古巣バルセロナ戦では4点のビハインドを背負った後半半ばに3試合連続で途中出場し、短い出場時間の中でも存在感を放った久保。日増しに先発起用を望む声が上がっており、頑固なエメリ監督も中2日の過密日程を受け、今節こそ先発起用に踏み切る可能性が高い。一方、開幕3戦未勝利のエイバルでは前節のアスレティック・ビルバオ戦で、乾が3戦連続スタメン出場、武藤が試合終了間際にデビューを飾ったが、1-2で惜敗。今季初勝利を目指す今節は昇格組を相手に結果にこだわりたい。 その他ではMFダビド・シルバが古巣対戦となるレアル・ソシエダvsバレンシアも要注目の一戦。なお、グラナダvsオサスナはグラナダのEL予選プレーオフ参戦に伴い、延期となっている。 《ラ・リーガ第4節》 ▽9/29(火) 《26:00》 レアル・ソシエダ vs バレンシア 《28:30》 ヘタフェ vs ベティス ▽9/30(水) 《26:00》 ウエスカ vs アトレティコ・マドリー ビジャレアル vs アラベス 《28:30》 エイバル vs エルチェ レアル・マドリー vs バジャドリー ▽10/1(木) 《26:00》 アスレティック・ビルバオ vs カディス セビージャ vs レバンテ 《28:30》 セルタ vs バルセロナ ▽未定 グラナダ vs オサスナ 2020.09.29 18:00 Tue
twitterfacebook