ジョアン・フェリックス Joao FELIX

ポジション FW
国籍 ポルトガル
生年月日 1999年11月10日(24歳)
利き足
身長 181cm
体重
ニュース クラブ
ニュース一覧

C・ロナウドやベルナルド・シウバら主軸が順当選出! ユーロに臨むポルトガル代表が発表【ユーロ2024】

ポルトガルサッカー連盟(FPF)は21日、ユーロ2024に臨むポルトガル代表メンバー26名を発表した。 ロベルト・マルティネス監督は、FWクリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル)、DFルベン・ディアス(マンチェスター・シティ)、FWベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)、DFペペ(ポルト)、MFブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)ら主軸を順当に招集した。 ポルトガルはキャンプを国内で行い、6月4日にフィンランド代表、同8日クロアチア代表、同11日にアイルランド代表とトレーニングマッチを実施する。 本大会ではグループFに入り、チェコ代表(6/18)、トルコ代表(6/22)、ジョージア代表(6/26)と対戦する。 今回発表されたポルトガル代表メンバーは以下の通り。 ◆ポルトガル代表メンバー26名 GK ジオゴ・コスタ(ポルト) ジョゼ・サ(ウォルバーハンプトン/イングランド) ルイ・パトリシオ(ローマ/イタリア) DF アントニオ・シウバ(ベンフィカ) ダニーロ・ペレイラ(パリ・サンジェルマン/フランス) ジオゴ・ダロト(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ゴンサロ・イナシオ(スポルティングCP) ジョアン・カンセロ(バルセロナ/スペイン) ネウソン・セメド(ウォルバーハンプトン/イングランド) ヌーノ・メンデス(パリ・サンジェルマン/フランス) ペペ(ポルト) ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ/イングランド) MF ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ジョアン・ネヴェス(ベンフィカ) ジョアン・パリーニャ(フルアム/イングランド) オタビオ(アル・ナスル/サウジアラビア) ルベン・ネヴェス(アル・ヒラル/サウジアラビア) ヴィティーニャ(パリ・サンジェルマン/フランス) FW ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ/イングランド) クリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル/サウジアラビア) ジオゴ・ジョタ(リバプール/イングランド) フランシスコ・コンセイソン(ポルト) ゴンサロ・ラモス(パリ・サンジェルマン/フランス) ジョアン・フェリックス(バルセロナ/スペイン) ペドロ・ネト(ウォルバーハンプトン/イングランド) ラファエル・レオン(ミラン/イタリア) 2024.05.21 22:05 Tue

三笘薫はまだバルサの補強候補に? チャビ監督続投決定で3ポジションの補強検討

監督人事に決着がついたバルセロナは、ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表FW三笘薫(26)も新戦力候補に含めているようだ。スペイン『スポルト』が報じた。 チャビ・エルナンデス監督が今シーズン限りでの退任を表明していたものの、ジョアン・ラポルタ会長らが説得に成功し、続投が決まったバルセロナ。依然として財政難やサラリーキャップ制限の問題はつきまとうが、今シーズンは無冠が濃厚で、来季のタイトル獲得に向け今夏の補強を計画している。 補強に向け、まずバルセロナがやるべきは選手の売却で得た資金や選手の退団により浮いた年俸を100%利用できる1対1ルールの状態に戻すことだが、これに取り組んでいるラポルタ会長は状況を楽観視しているとのこと。目論見通りに事が運べば、2〜3人の補強が可能になる見込みのようだ。 チャビ監督とスポーツ・ディレクター(SD)のデコ氏が望んでいるのは、元スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが退団して以来悩まされているアンカー、決定的なラストパスが出せる攻撃的MF、左サイドを切り崩すことができるウインガーとのこと。最優先はアンカーで、レアル・ソシエダのスペイン代表MFマルティン・スビメンディ(25)やバイエルンのドイツ代表MFジョシュア・キミッヒ(29)らが候補に挙がっている。 また、攻撃的MFで有力なのはマンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(29)。左ウイングの優先度は3番目となるが、デコ氏のリストには現在ケガで離脱中の三笘に加え、ナポリのジョージア代表FWクヴィチャ・クワラツヘリア(23)、アーセナルのブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ(22)、バイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネ(28)、アスレティック・ビルバオのスペイン代表FWニコ・ウィリアムズ(21)が名を連ねているという。 この3ポジションのうち補強が可能なのは2箇所と見られており、レンタル中のポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(24)やポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(29)の去就も補強プランに影響。さらに、選手の放出や売却も進める必要があり、望みの補強を叶えるにはまだまだ障壁が存在する。 2024.04.27 22:39 Sat

今度こそスペインへ? ベルナルド・シウバのバルセロナ移籍説が再度浮上

バルセロナにマンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(29)獲得の可能性が出てきている。スペイン『スポルト』が報じた。 先日のラ・リーガ第32節レアル・マドリー戦の敗北により、逆転でのリーグ優勝が難しくなったバルセロナ。チャビ・エルナンデス監督が退任の意向を覆すのか、新たな指揮官を迎え入れるのかはまだはっきりしないが、来シーズンにも目を向けていく必要がある。 そんな中、今夏の獲得候補に挙がっているというのがベルナルド・シウバ。チャビ監督が昨夏獲得を望んだ上、バルセロナも指揮官が誰になろうと獲得を希望しているという。 また、ベルナルド・シウバもシティでの時間は終わったと考えている模様。家族の意向も踏まえ、以前と変わらずスペインでのプレーを希望しているようだ。 実際、ベルナルド・シウバはここ数カ月の間にバルセロナを数回訪れているとのこと。シティでチームメイトだったドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンや、ポルトガル代表でチームメイトのFWジョアン・フェリックス、DFジョアン・カンセロらに様子を尋ねているとのことだ。 一方、昨夏シティはベルナルド・シウバとの契約を2026年6月まで延長したが、クラブもジョゼップ・グアルディオラ監督も本人の移籍願望は承知。5000万ポンド(約5800万ユーロ/約96億3000万円)の契約解除条項が設けられているという。 昨夏、バルセロナと同様にベルナルド・シウバの獲得を目指していたパリ・サンジェルマン(PSG)は、別の補強計画を立てているようで、バルセロナがこの移籍を実現できるかどうかは自分たち次第。財政難やサラリーキャップ制限、選手登録に悩まされる状況を打破する必要があり、特に、選手の売却やそれによって浮いた年俸を100%費やすことができる「1対1」の状態に戻せるかどうかが肝となる。 また、現在ベルナルド・シウバはシティから1000万ユーロ(約16億6000万円)以上の年俸を受け取っているとのこと。本人や代理人との給与交渉も課題となるが、バルセロナ行きを熱望しているというこの29歳は、この点においても努力する可能性があるようだ。 2024.04.24 21:12 Wed

前線刷新の可能性あるアトレティコ、ブンデス25得点のギラシーに注目か

アトレティコ・マドリーの前線のメンバーが大きく入れ替わるかもしれない。スペイン『アス』が報じた。 チャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝でドルトムントに敗れ、ベスト8敗退となったアトレティコ。残す今シーズンの戦いは4位死守を懸けたラ・リーガのみとなっている。 そんな中で見据えたいのが来シーズンに向けた補強だが、前線で残留確実と言えるのはフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンだけとのこと。シーズン終盤に失速したスペイン代表FWアルバロ・モラタ、稼働率が低いオランダ代表FWメンフィス・デパイ、冬にも移籍へと近づいていたアルゼンチン代表FWアンヘル・コレアらは去就が不透明となっている。 一方で新戦力候補として挙がっているのがブンデスリーガでセンセーショナルな活躍を見せているシュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)。完全移籍へ移行した今シーズンは現在3位につけるチームの得点源として機能し、リーグ戦25ゴールはバイエルンのイングランド代表FWハリー・ケインに次ぐ得点ランキング2位の数字となっている。 ギラシーは身長187cmの屈強なフィジカルの持ち主で、ディエゴ・シメオネ監督好みなパワフルなストライカー。シュツットガルトとの契約は2026年6月までだが、4000万ユーロ(約65億9000万円)の市場価格に対して1750万ユーロ(約28億8000万円)という比較的安価な契約解除条項が設けられており、バイエルンやミラン、マンチェスター・ユナイテッドといった各国のビッグクラブも動向を追っているという。 また、アトレティコにはアラベスへレンタル移籍中のU-21スペイン代表FWサム・オモロディオン(19)という評価急上昇中の若手ストライカーも存在。こちらも戦力として数えられるが、バルセロナへレンタル移籍中のポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(24)は、少なくともアトレティコで来シーズンを迎える可能性はないとみられている。 2024.04.19 21:26 Fri

フェリックスのゴラッソで連勝のバルセロナ、PSG戦に向けチャビ監督自信「シーズン最高の時期にある」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が勝利を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 ラ・リーガで2位につけるバルセロナは、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでパリ・サンジェルマン(PSG)に先勝した中、13日の第31節でカディスと対戦。チャビ監督は大幅なターンオーバーを敢行したものの、前半終盤のCKからポルトガル代表FWジョアン・フェリックスのバイシクルシュートが決まり、1-0の勝利を得た。 これでリーグ戦4連勝、10試合負けなしとしたチャビ監督は、最小得点差の勝利にも満足。ゴラッソを決めたフェリックスのパフォーマンスも称えている。 「苦戦することはわかっていた。真剣でプロフェッショナルな試合ができたと思う。(首位レアル・マドリーに)プレッシャーをかけ続けるために勝利したかったし、全体的には満足している。最後は苦しんだが、我々にとって重要な勝ち点3だ」 「彼(フェリックス)はとても才能のある選手だ。落ち着いているし、幸せは続いている。素晴らしいプレーをした。良い働きをするし、プレッシャーもかける」 「彼の才能を活かすため、少し自由に動かせた。そして彼は素晴らしい仕事をしたと思う。自らの力でゴールを決めた」 続いて16日に迎えるのは、CL準決勝進出を懸けたPSGとの2ndレグ。チャビ監督は2カ月以上公式戦無敗のチームの成長を実感すると同時に、大一番への期待を露わにしている。 「私は確信していた。このグループや選手たちのことは理解している。我々は家族であり、一歩前進するとわかっていた」 「我々はグループとして成長してきた。今がシーズン最高の時期にあると思っているし、それは明らかだ。今日は良い戦いができた」 「火曜日には真の戦いがあるが、我々は最高の瞬間を迎えている。この3カ月間はよく戦ってきた。でもこれはサッカーであり、いつ負けてもおかしくない。それでもこのチャンスを活かすよう努めなければならない。そして今、最も面白く、最高で、最も美しい瞬間がやって来る」 2024.04.14 13:37 Sun

フェリックスの望みはバルサ残留だが…「僕次第の問題ではない」

バルセロナのポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(24)が自らの将来を語った。スペイン『アス』が伝えている。 昨夏にアトレティコ・マドリーからレンタル加入のフェリックス。公式戦35試合で9ゴール6アシストとまずまずの活躍だが、買い取りオプションなしのレンタルとあって、完全移籍はまた別の交渉が必要になる。 そんな中、フェリックスはバルセロナを追いかける『JIJANTES』のジェラール・ロメロ記者の取材に応対。「バルサとの契約は(移籍市場の)最終日だった」と昨夏の移籍を振り返っている。 「プランは何もなかった。僕は契約上の問題を解決するため、朝、スタジアムに行かなければならなかった。退団するか、バルセロナに行かせてもらえないかのどちらかだった」 また、今シーズン終了後についてはバルセロナ残留を望むが、自分の意向だけではどうにもならないと語った。 「来シーズンがどうなるかはわからないけど、家族も僕も幸せだ。ここに残りたいけど、僕次第の問題ではない」 一方、今シーズン限りでの退任を表明済みのチャビ・エルナンデス監督にも言及。心変わりを願っているようだ。 「チャビには自分の状況を考え直してほしい。彼は素晴らしいアイデアを持っているし、とても若い監督だ。バルセロナの人々は彼をとても愛している」 以前からバルセロナへの移籍が噂されるマンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(29)についてもコメント。代表で共に戦うフェリックスはクラブでの共闘も望んでいる。 「僕が(スポーツディレクターの)デコだったら、間違いなくベルナルド・シウバと契約するだろう。ベルナルド・シウバを連れてこさせればいい」 「彼はとても良い選手だし、人間的にはもっと良い。彼はバルセロナのことを僕に尋ねてくるし、彼の家族がここにいる。ここの様子はどうかと聞いてくる。僕は彼に『来る分には何も問題ない』と言っている」 2024.04.05 16:43 Fri

ウノセロ勝利で無敗継続のバルセロナ、チャビ監督は無失点評価「守備こそがこのポジションにいるための鍵」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が勝利を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 公式戦10試合負けなしと好調を維持して代表ウィークに突入したバルセロナ。リーグ戦再開となった30日の第30節ではラス・パルマスをホームに迎えた。 序盤から主導権を握り、相手の退場により数的優位も得たバルセロナだが、オフサイドでのゴール取り消しもあり0-0で折り返し。それでも59分、途中出場のポルトガル代表FWジョアン・フェリックスの浮き球のパスからブラジル代表FWハフィーニャが頭で流し込み、試合の均衡を破る。 その後もチャンスを作ったバルセロナだが、追加点は奪えず1-0で終了。逃げ切り勝利で3ポイントを手にし、公式戦無敗記録も「11」に伸ばしている。 試合後、チャビ監督は今回の勝利を「妥当な結果」と評価。「いつも以上にミスが多かった。効果的なプレーができなかったことで、必要以上に苦しむことになった」と課題も指摘した。 その一方、リーグ戦で5試合連続クリーンシートの守備力は称賛。好成績の要因だと胸を張っている。 「とても良い守備ができている。退場者が出る前もたくさんボールを回収できたし、我々は真剣だ。守備こそが我々がこのポジションにいるための鍵だ」 また、重要なのは「今日、宿題を終えたこと」ともコメント。4月21日の第32節では首位レアル・マドリーとの決戦を控えるが、「ベルナベウに行くまでの(今節も含めた)2試合で勝ち点差を減らせたら良い」と逆転でのラ・リーガ制覇に意欲を見せた。 しかし、その前にはパリ・サンジェルマン(PSG)との大一番も。チャビ監督は4月10日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグに向け、「PSGのことを考え、待つ時だ」と気を引き締めている。 2024.03.31 19:07 Sun

長期戦覚悟で約49億円まで値下げへ…バルセロナがフェリックスの買取OP付き再レンタル希望

バルセロナはポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(24)を来シーズンもレンタルすべく動いているようだ。スペイン『スポルト』が報じた。 今シーズン、アトレティコ・マドリーから買い取りオプションなしの1年間のレンタルでバルセロナへ移籍しているフェリックス。左ウイングを主戦場に、ここまで公式戦34試合で9ゴール5アシストとまずまずの活躍を見せている。 バルセロナはそんなフェリックスを来シーズンも戦力として数えたいようで、3000万ユーロ(約49億3000万円)以下の買い取りオプションが付帯するレンタル移籍を希望しているとのこと。ファリックス自身もアトレティコに戻るつもりはなく、もう1年バルセロナでプレーしたいと考えている模様だ。 一方のアトレティコは、バルセロナ、もしくはサウジアラビアのクラブへの売却を希望。しかし、バルセロナに移籍金を支払う意思はなく、サウジアラビア行きに関してはフェリックスが望んでいないという。 交渉を主導する代理人のジョルジュ・メンデス氏は、バルセロナとアトレティコの双方が納得する形で決着をつけたいようだが、アトレティコはフェリックスを6500万ユーロ(約106億9000万円)と評価。再レンタルは受け入れたとしても、3000万ユーロ以下での買い取りオプションを希望するバルセロナとは大きな隔たりがある。 また、バルセロナはこの交渉において自分たちの方が有利なことを自覚しているとのこと。時間が解決し、アトレティコが折れる可能性があることから、決着を焦っていないという。 2019年夏にベンフィカから推定1億2600万ユーロ(約207億3000万円)でフェリックスを獲得したアトレティコ。契約は2029年6月まで残しているが、破格の買い取りオプションが付帯したレンタル移籍を認めることになるのだろうか。 2024.03.23 17:14 Sat

今季ホーム初黒星のアトレティコ、CL圏からの脱落にシメオネ監督「改善する必要がある」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が敗戦を悔やんだ。スペイン『アス』が伝えた。 先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグで、延長戦とPK戦の末にインテルを下し、準々決勝進出を決めたアトレティコ。一方、ラ・リーガでは前節、格下のカディス相手に敗れており、17日の第29節バルセロナ戦で再起を図った。 しかし、先手を取ったのはアウェイチーム。レンタルで送り出しているポルトガル代表FWジョアン・フェリックスに先制点を奪われ、アトレティコは1点ビハインドで試合を折り返す。 後半に入るとさらに失点を重ね、最終的に0-3で敗北。リーグ戦においては今シーズン初のホームでの黒星となった。 試合を振り返ったシメオネ監督は、先制された後に同点ゴールを奪えなかったこと、逆にリードを広げられてしまったことを指摘。それでも選手たちは責められないと擁護した。 「彼らは優れていたし、最初のゴールの場面は力強かった。その後(パブロ・)バリオスと(アルバロ・)モラタに1-1とするチャンスがあった。守備ではそれほど多くのことは起こらなかった」 「後半に入って0-2となり、そのスコアは我々を試合から遠ざけた。自分たちが素晴らしい努力を続けていることはわかっていた。選手たちはベストを尽くしてくれたし、それ以上の安心感はなかった。文句を言うことはできない」 また、今回の敗戦によりアトレティコはリーグ5位に後退。シメオネ監督は来シーズンのCL出場権を確保すべく、再浮上を狙う。 「困難な4位争いに挑む。年月を経てチームは向上するものだし、我々も改善する必要がある」 2024.03.18 13:46 Mon

アトレティコとの上位対決制し2位浮上、チャビ監督「シーズン最高の試合の1つ」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が喜びをあらわにした。クラブ公式サイトが伝えた。 ラ・リーガでは直近7試合負けなし、チャンピオンズリーグ(CL)ではナポリを破って準々決勝進出を決めるなど、一時の不調から脱したバルセロナ。逆転でのリーグ優勝に向け勝利を重ねていく必要がある中、17日にはアトレティコ・マドリーとの上位対決に臨んだ。 試合はアトレティコからレンタル移籍中のポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが保有元相手に先制点を決め、アウェイチームが1点リードで折り返し。後半にはポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキとU-21スペイン代表MFフェルミン・ロペスのゴールが決まり、3-0でタイムアップのホイッスルを迎えた。 レヴァンドフスキの1ゴール1アシストの活躍もあり、アトレティコに今シーズンのリーグ戦ホーム初黒星をもたらしたバルセロナは、ジローナをかわして2位に浮上。抗議により退席処分を受けていたチャビ監督だが、試合を振り返るとその内容を高く評価した。 「我々のメソッドやプレー哲学の観点からすれば、理想的な試合だった。完璧なポジショニングができた試合だったし、守備ではほとんど見せ場がなかった。ベストでないとしても、シーズン最高の試合の1つだった」 「夢を見る時が来た。我々はシーズンで最高の瞬間にいる。これが我々バルサのDNAだ。残念ながら全ての試合でそれが発揮できているわけではないが、今日のように素晴らしい試合ができることもあり、そうなるととても楽しいものだ」 また、チャビ監督はリーグの優勝争いにも言及。首位レアル・マドリーとの勝ち点差は「8」あるが、ここからどんどん接近していくつもりだ。 「我々はバルサであり、ここで気を緩める者はいない。これまで以上に彼らを追い込むつもりだ。私は今シーズン限りで退団するからなおさらだ」 2024.03.18 13:07 Mon
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2024年6月30日 バルセロナ アトレティコ レンタル移籍終了
2023年9月1日 アトレティコ バルセロナ レンタル移籍
2023年6月30日 チェルシー アトレティコ レンタル移籍終了
2023年1月11日 アトレティコ チェルシー レンタル移籍
2019年7月3日 ベンフィカ アトレティコ 完全移籍
2018年7月1日 ベンフィカB ベンフィカ 完全移籍
2017年12月1日 ベンフィカU19 ベンフィカB 完全移籍
2016年9月29日 Benfica U17 ベンフィカU19 完全移籍
2015年7月1日 Padroense U17 Benfica U17 完全移籍
2014年7月1日 FCポルトU15 Padroense U17 完全移籍
2012年7月1日 FCポルトU15 完全移籍
今季の成績
ラ・リーガ 29 1514’ 7 3 0
UEFAチャンピオンズリーグ グループH 5 318’ 3 2 0
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント 3 42’ 0 0 0
合計 37 1874’ 10 5 0
出場試合
ラ・リーガ
第1節 2023年8月14日 vs グラナダ ベンチ入り
3 - 1
第2節 2023年8月20日 vs レアル・ベティス メンバー外
0 - 0
第3節 2023年8月28日 vs ラージョ・バジェカーノ ベンチ入り
0 - 7
第4節 2023年9月3日 vs オサスナ 10′ 0
1 - 2
第5節 2023年9月16日 vs レアル・ベティス 64′ 1
5 - 0
第6節 2023年9月23日 vs セルタ 90′ 0
3 - 2
第7節 2023年9月26日 vs マジョルカ 65′ 0
2 - 2
第8節 2023年9月29日 vs セビージャ 71′ 0
1 - 0
第9節 2023年10月8日 vs グラナダ 90′ 0
2 - 2
第10節 2023年10月22日 vs アスレティック・ビルバオ 90′ 0
1 - 0
第11節 2023年10月28日 vs レアル・マドリー 77′ 0
1 - 2
第12節 2023年11月4日 vs レアル・ソシエダ 69′ 0 49′
0 - 1
第13節 2023年11月12日 vs アラベス 70′ 0
2 - 1
第14節 2023年11月25日 vs ラージョ・バジェカーノ 35′ 0 92′
1 - 1
第15節 2023年12月3日 vs アトレティコ・マドリー 77′ 1 50′
1 - 0
第16節 2023年12月10日 vs ジローナ 65′ 0
2 - 4
第17節 2023年12月16日 vs バレンシア 72′ 1
1 - 1
第18節 2023年12月20日 vs アルメリア 45′ 0
3 - 2
第19節 2024年1月4日 vs ラス・パルマス 18′ 0
1 - 2
第21節 2024年1月21日 vs レアル・ベティス 9′ 1
2 - 4
第22節 2024年1月27日 vs ビジャレアル 58′ 0
3 - 5
第20節 2024年1月31日 vs オサスナ メンバー外
1 - 0
第23節 2024年2月3日 vs アラベス メンバー外
1 - 3
第24節 2024年2月11日 vs グラナダ メンバー外
3 - 3
第25節 2024年2月17日 vs セルタ メンバー外
1 - 2
第26節 2024年2月24日 vs ヘタフェ 63′ 1
4 - 0
第27節 2024年3月3日 vs アスレティック・ビルバオ 14′ 0
0 - 0
第28節 2024年3月8日 vs マジョルカ 62′ 0
1 - 0
第29節 2024年3月17日 vs アトレティコ・マドリー 77′ 1
0 - 3
第30節 2024年3月30日 vs ラス・パルマス 34′ 0
1 - 0
第31節 2024年4月13日 vs カディス 85′ 1
0 - 1
第32節 2024年4月21日 vs レアル・マドリー 26′ 0
3 - 2
第33節 2024年4月29日 vs バレンシア 23′ 0
4 - 2
第34節 2024年5月4日 vs ジローナ 6′ 0
4 - 2
第35節 2024年5月13日 vs レアル・ソシエダ ベンチ入り
2 - 0
第36節 2024年5月16日 vs アルメリア 21′ 0
0 - 2
第37節 2024年5月19日 vs ラージョ・バジェカーノ 28′ 0
3 - 0
UEFAチャンピオンズリーグ グループH
第1節 2023年9月19日 vs アントワープ 68′ 2
5 - 0
第2節 2023年10月4日 vs ポルト 69′ 0 51′
0 - 1
第3節 2023年10月25日 vs シャフタール 75′ 0
2 - 1
第4節 2023年11月7日 vs シャフタール 31′ 0
1 - 0
第5節 2023年11月28日 vs ポルト 75′ 1 59′
2 - 1
第6節 2023年12月13日 vs アントワープ ベンチ入り
3 - 2
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024年2月21日 vs ナポリ 4′ 0
1 - 1
ラウンド16・2ndレグ 2024年3月12日 vs ナポリ 9′ 0
3 - 1
準々決勝1stレグ 2024年4月10日 vs パリ・サンジェルマン 29′ 0
2 - 3
準々決勝2ndレグ 2024年4月16日 vs パリ・サンジェルマン 8′ 0
1 - 4