昨季2冠のC大阪、選手背番号発表…今季よりMF清武弘嗣が10番に

2018.01.15 13:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セレッソ大阪は15日、2018シーズンにおける選手背番号を発表した。

▽J1復帰初年度の昨シーズンにクラブ初タイトルなるルヴァンカップと天皇杯の2冠に輝いたC大阪。尹晶煥体制2年目となる今シーズンは、AFCチャンピオンズリーグを含む4つのタイトルにチャレンジする。

▽背番号は、今シーズンからMF清武弘嗣が46から10番、その10番を背負ったMF山口蛍が6番、その6番を着用したMFソウザが11番に心機一転。今シーズンより期限付きから完全移籍を果たしたMF水沼宏太も16番から7番に変更となっている。

▽主な新加入選手では、MF田中亜土夢が32番、FW高木俊幸が13番、FWヤン・ドンヒョンが18番、FW安藤瑞季が40番に。なお、DFマテイ・ヨニッチとFWリカルド・サントスは今シーズンより「ヨニッチ」、「リカルド」に登録名が変更された。

▽昨シーズン以上の飛躍が期待されるC大阪は、トップチームとU-23の2つのグループに分かれて始動。トップチームは16日から23日までタイで一次キャンプを実施し、27日から2月4日まで宮崎県で二次キャンプが予定されている。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.永石拓海☆←(福岡大学)※新加入
21.キム・ジンヒョン
27.丹野研太
45.茂木秀

DF
2.松田陸
3.茂庭照幸
4.藤本康太
5.田中裕介
14.丸橋祐介
22.ヨニッチ
23.山下達也
29.舩木翔
37.森下怜哉

MF
6.山口蛍
7.水沼宏太☆←(FC東京)※期限付きからの完全
10.清武弘嗣
11.ソウザ
15.木本恭生
17.福満隆貴
20.酒本憲幸
24.山村和也
25.山内寛史
26.秋山大地
30.大山武蔵
32.田中亜土夢☆←(ヘルシンキ/フィンランド)※完全
35.沖野将基
36.斧澤隼輝
38.西本雅崇
39.チャウワット☆←(バンコク・グラス/タイ)※期限付き
41.魚里直哉☆←(関西国際大学)※新加入

FW
8.柿谷曜一朗
9.杉本健勇
13.高木俊幸☆←(浦和レッズ)※完全
16.片山瑛一☆←(ファジアーノ岡山)※完全
18.ヤン・ドンヒョン☆←(浦項スティーラース/韓国)※完全
19.澤上竜二
28.中島元彦☆←(セレッソ大阪ユース)※昇格
31.山根永遠
33.米澤令衣
34.山田寛人☆←(セレッソ大阪ユース)※昇格
40.安藤瑞季☆←(長崎総合科学大附属高校)※新加入
46.リカルド

関連ニュース
thumb

名古屋とC大阪のルヴァンカップ決勝、前夜祭の模様がライブ配信!

Jリーグは26日、JリーグYBCルヴァンカップ決勝に先駆けた前夜祭の模様をライブ配信すると発表した。 国内3大タイトルのひとつであるルヴァンカップ。今季の決勝は30日に埼玉スタジアム2002で行われ、初優勝に迫る名古屋グランパスと2017年以来の載冠を目指すセレッソ大阪というカードで争われる。 そんなタイトルマッチの前日となる29日に予定の前夜祭だが、Jリーグ公式YouTubeチャンネルにて、19時からライブ配信が決定。20時まで配信され、両チームの選手代表もリモート出演予定だという。 また、決勝アンバサダーを務める元日本代表DF内田篤人氏や、元日本代表FWの播戸竜二氏のほか、Jリーグの公式YouTubeチャンネルにも出演するお笑い芸人の「見取り図」もゲストで登場するようだ。 なお、ルヴァンカップ配信コンテンツとしてヤマザキビスケット株式会社の飯島茂彰代表取締役社長と、村井満チェアマンによる特別対談企画もJリーグ公式YouTubeチャンネルで28日に公開予定だ。 2021.10.26 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪、乾のJリーグ10年ぶりのゴールなどで辛勝! 横浜FMは優勝遠のく痛い敗戦に【明治安田J1第33節】

明治安田生命J1リーグ第33節、セレッソ大阪vs横浜F・マリノスが24日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、2-1でホームのC大阪が勝利を収めた。 リーグ戦は連敗中だが、YBCルヴァンカップではファイナリストとなったC大阪。喜田陽と松田力が公式戦8試合ぶりの先発を飾り、負傷明けの清武もベンチに入った。 一方、逆転優勝のためには1試合も落とせない横浜FMだが、連勝中ではあるものの、相手の対策に苦しむ試合が続いている。前節の北海道コンサドーレ札幌戦からはスタメンを5人変更。古巣対戦となる杉本、水沼らが先発に名を連ねた。 試合はC大阪が幸運な形で6分に動かす。乾がショートコーナーから喜田とのワンツーでボックス左に侵入し、右足アウトの細かいタッチからグラウンダーのシュート。これがチアゴ・マルチンスに当たってGK高岡の逆を突く恰好でゴールに吸い込まれ、乾のJリーグ10年ぶりとなる得点でホームチームが先制点を挙げた。 先手を取られた横浜FMは攻め急ぐような速攻が目立ち、ファイナルサードでの精度を欠いてしまう。フィニッシュまで持ち込めずにいると、再び桜色にチャンスが到来。21分、センターサークル内から藤田がスルーパスを送ると、抜け出した松田力が持ち運んでボックス左からプレゼントパス。これを加藤が流し込み、リードを広げた。 34分にも乾のスルーパスから松田力が力強いドリブル突破を見せ、ボックス内で潰れてこぼれ球に加藤。だが、右足のシュートは枠の左へそれた。 攻撃のリズムが生まれない横浜FMは、前半の終了間際に松原の強引なミドルシュートから左CKを獲得すると、これがゴールに結び付く。水沼のクロスに合わせたのは實藤。西尾に競り勝ってヘディングでネットを揺らし、1点を返して試合を折り返した。 後半もC大阪は乾が攻撃のタクトを振る。早々にミドルシュートでゴールを脅かすと、ドリブルから岩田のファウルを誘発。これで得たボックス手前左からのFKを藤田が直接狙ったが、右ポストをかすめて枠外へそれた。 横浜FMは再三クロスを送るも、前半同様フィニッシュまでは持ち込めない。それでも60分に右の高い位置でFKを得ると、水沼のクロスに再び實藤。だが、このヘディングはバーを越えた。 C大阪は左足の付け根付近を痛めた松田力を下げ、61分に清武をピッチに送り出す。横浜FMも71分にエウベルとレオ・セアラを投入すると、ようやく攻撃が活性化。途中出場の2人が絡んでシュートシーンが増える。さらには、仲川に代えて4試合ぶりの出場となる宮市に期待を掛けた。 終盤は何としてでも勝利が欲しい横浜FMが両サイドからひたすらクロスを入れ続け、C大阪のボックス内をボールが飛び交う展開に。だが、優勝への執念を見せるアウェイチームの猛攻をC大阪がしのぎ切ってタイムアップを迎え、小菊体制でのホームでの初勝利。名古屋グランパスとの連戦になる天皇杯準々決勝、ルヴァンカップ決勝に向け、大きな弾みを付けた。 セレッソ大阪 2-1 横浜F・マリノス 【C大阪】 乾貴士(前6) 加藤陸次樹(前21) 【横浜FM】 實藤友紀(前43) 2021.10.24 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:C大阪vs横浜FM】ルヴァン決勝前に弾みをつけたいC大阪、横浜FMは逆転優勝へ勝つのみ

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2021年10月24日(日) 19:00キックオフ セレッソ大阪(12位/39pt) vs 横浜F・マリノス(2位/72pt) [ヨドコウ桜スタジアム] ◆球際の激しさを出せるか【セレッソ大阪】 前節は中断前の3日、大分トリニータとの一戦は、アウェイで1-0と敗戦。リーグ戦で連敗を喫した。 若干の余裕はあるものの、残留が確定したわけではない状況のC大阪。しっかりと勝ち点3を獲得しておきたいところだ。 何より1週間後にはYBCルヴァンカップの決勝が控えている。その大一番に向かうためにも、リーグ戦で弾みをつけたいところ。上位の横浜FMを相手にしっかりと戦えれば自信になるだろう。 球際の激しさは小菊昭雄監督になってから出せており、ルヴァンカップ準決勝の浦和戦でもその姿を見てとれた。選手たちが自信を持ってプレーすることが、プラス材料となるはずだ。 ケガで離脱していた清武弘嗣も復帰。先発での起用の可能性もあるが、チームの攻撃を司る司令塔がどういった効果を見せるのか注目が集まる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、藤田直之、原川力、乾貴士 FW:加藤陸次樹、清武弘嗣 監督:小菊昭雄 ◆人事を尽くして天命を待つ【横浜F・マリノス】 前節はホームに北海道コンサドーレ札幌を迎え、2-1で勝利。しっかりと勝ち点3を獲得した。 首位の川崎フロンターレとは勝ち点差が「9」。最終節での直接対決があるものの、自力での優勝はない。いかに相手が取りこぼすのかを待つしかでいないが、自分たちが取りこぼしていては意味がない。横浜FMとしては最終節までの5試合で5連勝し、朗報を待ちたいところだ。 その中で迎える今節は、トップ下のマルコス・ジュニオールが不在。天野純が入りそうなところだが、ケガのため起用できず。前田大然がトップ下に入る可能性もあるようだが、誰が起用されるのか注目だ。 またトップの人選も気になるところ。先発起用が続くFWレオ・セアラーはゴールが4試合ない一方で、途中出場で結果を出しているFW杉本健勇は古巣対決ともなる。いずれにしても、勝つしかない状況。果たして、どんな選択を指揮官は下すだろうか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、岩田智輝、ティーラトン MF:喜田拓也、渡辺皓太、扇原貴宏 FW:仲川輝人、レオ・セアラー、前田大然 監督:ケヴィン・マスカット 出場停止:マルコス・ジュニオール 2021.10.24 13:40 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪のDF小池裕太が左ヒザ半月板損傷で手術…全治2カ月

セレッソ大阪は14日、DF小池裕太の負傷を発表した。 クラブの発表によると、小池は3日に行われた明治安田生命J1リーグ第31節の大分トリニータ戦で負傷したとのことだ。 小池は左ヒザ半月板損傷と診断。8日に手術を実施し、全治は2カ月となる。 小池は、アウェイで行われた大分戦に先発出場。しかし、73分にピッチ上で倒れ込むと、そのままプレー続行不可能に。担架で運び出され、75分にチアゴと交代していた。 小池は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで5試合に出場。YBCルヴァンカップでも1試合に出場していた。 2021.10.14 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪、小池裕太と坂元達裕が続けておめでた! 第一子誕生を報告

セレッソ大阪は8日、DF小池裕太とMF坂元達裕にそれぞれ第一子が生まれたことを報告した。 クラブによると、両選手とも元気な女の子を授かったとのことで、公式サイトを通じて家族への感謝と今後の意気込みを語っている。 ◆小池裕太 「報告が少し遅くなりましたが、6月に第一子を授かることができました。まずは、妻に感謝したいと思いますし、家族の為にもより一層頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 ◆坂元達裕 「このたび第一子となる長女が誕生しました。産んでくれた妻に、そして産まれてきてくれた子供に感謝の気持ちでいっぱいです。今まで以上に責任感を持ってプレーしていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」 2021.10.08 18:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly