ユベントスがフライブルクとの2ndレグに向けた招集メンバー発表!《EL》

2023.03.16 01:25 Thu
Getty Images
ユベントスは15日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのフライブルク戦に向けた招集メンバーを発表した。
PR
先週ホームで行われた1stレグを1-0で先勝したユベントスは、FWドゥシャン・ヴラホビッチ、MFアドリアン・ラビオ、DFグレイソン・ブレーメル、GKヴォイチェフ・シュチェスニーらを順当に選出。
また、直近のサンプドリア戦を負傷欠場したFWアンヘル・ディ・マリアやFWフェデリコ・キエーザもメンバー入りしている。

一方、トレーニング中でケガをしたMFポール・ポグバ、サンプドリア戦で負傷交代のDFレオナルド・ボヌッチ、同試合を負傷欠場したDFアレックス・サンドロはメンバー外となっている。今回発表されたメンバーは以下の通り。

◆ユベントス招集メンバー
GK
ヴォイチェフ・シュチェスニー
カルロ・ピンソーリオ
マッティア・ペリン
DF
マッティア・デ・シリオ
グレイソン・ブレーメル
ダニーロ
フェデリコ・ガッティ
ダニエレ・ルガーニ

MF
マヌエル・ロカテッリ
フアン・クアドラード
フィリップ・コスティッチ
ファビオ・ミレッティ
アドリアン・ラビオ
レアンドロ・パレデス
ニコロ・ファジョーリ
エンツォ・バレネチェア
マッティア・コンパニョン

FW
フェデリコ・キエーザ
ドゥシャン・ヴラホビッチ
モイゼ・ケアン
アンヘル・ディ・マリア
マティアス・スーレ
サミュエル・イリング

PR
関連ニュース

「努力が何を意味するのか分からない」若くして才能が高く評価されるも燻るケアン、今冬のアトレティコ移籍破談について語る「家族と失望させてしまった気がした」

ユベントスのイタリア代表FWモイゼ・ケアン(24)が、今冬のアトレエティコ・マドリー移籍失敗を告白した。スペイン『アス』が伝えた。 ユベントスの下部組織出身で、ユベントスの他、エラス・ヴェローナ、エバートン、パリ・サンジェルマン(PSG)でもプレー経験があるケアン。2023年7月にエバートンからユベントスへと復帰していた。 今シーズンはセリエAで12試合に出場もゴールなし。今冬にはアトレティコへの移籍が噂された中、最終的にはユベントスに残留。アトレティコ移籍で合意していたが、メディカルチェックで破談に。この移籍失敗を自身のYouTubeチャンネルで語ったという。 「とても大変だった。そしてガッカリした。僕は母と家族と一緒にいたけど、彼らを失望させてしまった気がしたんだ」 「でも、その後は母が人生はそこでは終わらないことを僕に理解させてくれた。前に進まなければならない。僕は大人の男性でさり、自分の責任を引き受けて、一生懸命働かなければならない」 「以前は努力が何を意味するのかわからなかった。『僕には才能があるのに、なぜ頑張らなければいけないのか?』と思っていた。でも、人は努力することで成長するのをみて、自分もトップになりたいと思っていた。だから、一生懸命トレーニングに取り組み始めたんだ」 これまでは才能に溺れていたケアン。ただ、移籍が破談になったキッカケで、自身と向き合う必要があることを初めて感じたという。 現在は負傷離脱中だが、ようやくグループトレーニングに復帰できる状態に。改めてアトレティコに移籍するとしても、ここからのアピールが重要となりそうだ。 2024.03.03 23:05 Sun

2位堅持望むユベントス指揮官、敵地ナポリ戦で久々の勝利へ「5年勝っていない。簡単ではない」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がナポリ戦の苦戦を予想した。クラブ公式サイトが伝えた。 5試合勝ちなしの中、セリエA直近のフロジノーネ戦で競り勝ち、久々の白星を手にしたユベントス。良い流れを作るべく、3日の第27節でナポリとのアウェイゲームに挑む。 しかし、ユベントスがスタディオ・ディエゴ・アルマンド・マラドーナで勝利したのは2019年3月が最後。アッレグリ監督は警戒心をあらわにしている。 「ユベントスはナポリで5年勝っていない。簡単ではないだろう。複雑な試合となるはずだ。彼らはテクニカルなチームであり、あの順位(8位)にいるのは珍しいことだ」 「ナポリでの挑戦に終わりがないことはわかっている。彼らの良さが出ないよう制限し、ボールを持った時は積極的に仕掛ける必要がある」 「彼らは簡単ではないサッスオーロとの試合を制したし、オシムヘンの復帰で再び確信を得た。今シーズンはいくつか問題を抱えていたが、選手たちの価値は変わらない」 また、アッレグリ監督は苦戦した2月の成績にも言及。3月は挽回したいと語り、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場に向け、2位を維持したまま勝ち点70に到達したいとも述べた。 「我々は困難な時期を過ごした。良い2月ではなかった。3月はより良いものにしなければならない。フロジノーネ戦では避けられたはずの2失点を喫したし、チームとして守備面でもっと向上しなければならない」 「シーズンの中で最も美しい時期が始まるが、最も複雑な時期でもある。集中力を維持しなければならないし、勝ち点を得るのがより難しくなっていることも理解する必要がある。昨シーズンは3位だったが、今シーズンは2位になれば上出来だ」 「チャンピオンズリーグ出場圏は勝ち点70が目安となっているから、あと『13』だ。(CL出場が)クラブにとって、技術的にも経済的にも価値があることはわかっている」 2024.03.03 18:14 Sun

マルキジオが代理人業に転身、マネージメント会社を設立

元イタリア代表MFのクラウディオ・マルキジオ氏(38)が代理人業に転身し、マネージメント会社を設立したようだ。イタリア『トゥットメルカート』が報じている。 ユベントスで長らく活躍し、2018年にゼニトで現役を引退したマルキジオ氏。引退後は自身の半生を記した本の出版や、『コリエレ・デッラ・セーラ』のコラムニストとして論評するなど、執筆活動を行っていた。 将来的な古巣ユベントスのフロント入りが期待される中、この度、代理人業を務めるアレッサンドロ・トッチ氏と共に『チルクム』というマネージメント会社を設立したとのこと。 既にバイエルンやインテルの若手有望株の選手を顧客にしているようだ。また、ニューカッスルのドイツ人GKロリス・カリウス(30)の代理人も務めており、セリエAのクラブへの売り込みを行っているという。 ニューカッスルでは第3GKで出場機会のないカリウスだが、マルキジオの売り込みでセリエAへの移籍が実現されるのか注目される。 2024.03.01 23:00 Fri

ポグバの後釜探すユベントス、依然としてコープマイネルスが最有力か…ファーガソンらも選択肢に

ユベントスが夏の補強準備を進めている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 フランス代表MFポール・ポグバとイタリア代表MFニコロ・ファジョーリを不祥事で失うアクシデントに見舞われたものの、セリエAで2位と奮闘しているユベントス。ヨーロッパへの返り咲きが視野に入る中、ドーピング検査で陽性反応が出て、欠場が続くポグバは4年間の出場停止が決定してしまった。 来シーズンに向けて中盤補強を確実にしたいユベントスは、1月の移籍市場でも注目していたアタランタのオランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(26)を依然として獲得リストの最上位に掲げている模様。獲得には移籍金5000万〜5500万ユーロ(約81億4000万〜89億6000万円)に加え、ボーナスも必要と推測されている。 場合によって資金捻出の必要があるユベントスはレンタル先のフロジノーネで評価を高めるU-20アルゼンチン代表の逸材MFマティアス・スーレ(20)の放出もありえるとのこと。本人はヨーロッパ残留を望んでいるようだが、1月にはサウジアラビアのアル・イテハドから3000万ユーロ(約48億9000万円)のオファーが届いていた。 また、コープマイネルスに次いで、ボローニャのスコットランド代表MFルイス・ファーガソン(24)も獲得候補に。移籍金はおよそ2500万ユーロ(約40億7000万円)という評価で、ユベントス首脳陣はすでに選手の代理人と接触し、最新情報を得ているという。 ファーガソンに関しては、コープマイネルスの2番手としてだけでなく、6月に契約満了を迎えるフランス代表MFアドリアン・ラビオ(28)の後釜候補としても検討。ラビオが退団する場合、コープマイネルスとファーガソンの両獲りに動く可能性もあるようだ。 その他、アタランタの元U-20ブラジル代表MFエデルソン(24)や、シャフタール・ドネツクのウクライナ代表MFヘオルヒー・スダコフ(21)、ウディネーゼのセルビア代表MFラザール・サマルジッチ(22)、トッテナムのデンマーク代表MFピエール=エミール・ホイビュア(28)なども選択肢に。今後の活躍次第では、サウサンプトンからレンタルしているU-23アルゼンチン代表MFカルロス・アルカラス(21)の買い取りもありえるようだが、4950万ユーロ(約80億6000万円)と高額なことから、値下げ交渉が必須とみられている。 2024.03.01 19:55 Fri

【セリエA第27節プレビュー】ラツィオvsミラン、ナポリvsユーベのCL出場権争い

前節はミランとアタランタの上位対決が行われ、ミランが優勢としながらもPKによる被弾で引き分け決着となった。そしてインテルが水曜に行われた延期分のアタランタ戦を4-0と快勝して2位ユベントスとの勝ち点差を12に広げている。迎える第27節、8位ラツィオ(勝ち点40)vs3位ミラン(勝ち点53)、9位ナポリ(勝ち点40)vs2位ユベントス(勝ち点57)によるチャンピオンズリーグ(CL)出場権争い直接対決が行われる。 まずは金曜開催のラツィオvsミラン。ラツィオは前節、フィオレンティーナに1-2で逆転負け。守勢の展開ながらハーフタイム間際に先制に成功したが、後半に2失点し力尽きた。そのラツィオは翌火曜にバイエルンとのCLを控えるため、ミラン戦だけに集中しきれない状況だが、来季のCL出場権獲得のためにも負けられない一戦となる。 対するミランは前節アタランタに優勢のドロー。勝ち切りたい試合内容だったが、引き分けに終わってしまった。そのミランは翌木曜にヨーロッパリーグでスラビア・プラハとの初戦を控えるが、こちらはラツィオ戦に戦力を傾けてくる可能性が高い。3位の座を堅守し、ラツィオを蹴落としたい。 続いて日曜開催のナポリvsユベントス。ナポリは前節カリアリ相手にラストプレー被弾を浴びて低調ドロー。しかし水曜に行われた延期分のサッスオーロ戦ではFWオシムヘンがトリプレッタ、FWクワラツヘリアがドッピエッタと両主軸が大暴れした。昨季のナポリを思わせるような躍動感溢れるプレーでカルツォーナ体制初勝利を飾った中、ユベントス相手にも攻撃が通用するか、真価が問われる。 対するユベントスは前節、フロジノーネ相手にDFルガーニのラストプレー弾で劇的勝利。苦しい状況が続いていたが、5戦ぶりの勝利を手にして悪い流れを断ち切った。中盤の主軸であるMFラビオとMFマッケニーが負傷欠場するのは痛いが、新戦力のMFアルカラスは能力の高さを早くも示しておりスタメン起用でどれだけできるのか注目される。また、ここ7戦で9発と絶好調を維持するヴラホビッチにも引き続き期待が懸かる。 4戦連続4ゴールと無双状態の首位インテル(勝ち点69)は、月曜に12位ジェノア(勝ち点33)と対戦。インテルは前節レッチェ戦をターンオーバーしつう快勝し、水曜に行われたアタランタ戦を主力を投入して4-0と圧勝した。もはや止められる相手が居ない状況の中、5戦連続4ゴールを達成できるかに注目だ。 前節トリノ戦ではDFスモーリングが復帰し、デ・ロッシ体制では初となる3バックでスタートした6位ローマ(勝ち点44)は、11位モンツァ(勝ち点36)と対戦。トリノ戦ではFWディバラのトリプレッタで勝利したローマ。デ・ロッシ体制となって良い流れが続く中、曲者モンツァも退けて5位にまで与えられることが濃厚なCL圏内浮上となるか。 ◆セリエA第27節 ▽3/1(金) 《28:45》 ラツィオvsミラン ▽3/2(土) 《23:00》 ウディネーゼvsサレルニターナ 《26:00》 モンツァvsローマ 《28:45》 トリノvsフィオレンティーナ ▽3/3(日) 《20:30》 ヴェローナvsサッスオーロ 《23:00》 フロジノーネvsレッチェ エンポリvsカリアリ 《26:00》 アタランタvsボローニャ 《28:45》 ナポリvsユベントス ▽3/4(月) 《28:45》 インテルvsジェノア 2024.03.01 18:00 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly