J1通算2万4000ゴール目は札幌FWミラン・トゥチッチ! この試合で加入後初ゴールも記録

2021.11.27 18:55 Sat
©︎J.LEAGUE
27日に行われた明治安田生命J1リーグ第37節の北海道コンサドーレ札幌vs柏レイソルで、J1リーグ戦通算2万4000ゴールが決まった。メモリアルゴールを記録したのは札幌のFWミラン・トゥチッチ。2-1で迎えた47分に記録した。
右サイドを仕掛けた小柏剛がボックス右からグラウンダーのクロス。マイナスのボールをチャナティップがダイレクトではたくと、後方から走り込んだ金子拓郎がダイレクトで折り返し、最後はミラン・トゥチッチが押し込んだ。

ミラン・トゥチッチはこの試合で先制ゴールを奪い、加入後初ゴール。この試合の2点目がメモリアルゴールとなっていた。

札幌の選手がメモリアルゴールを記録するのは、今回が2度目。2万3000ゴールを今季限りで退団する元イングランド代表FWジェイ・ボスロイドが記録していた。
また、今シーズンは5月26日の第16節、湘南ベルマーレvs川崎フロンターレの一戦で川崎FのFWレアンドロ・ダミアンが2万3500ゴール目を記録していた。

関連ニュース

「ゴールで貢献したいと思っていた」加入初戦、新スタ初戦、シーズン初戦で初ゴールの広島FW大橋祐紀、PKシーンは「蹴りたいとは言った」

サンフレッチェ広島のFW大橋祐紀が自身のゴールと開幕戦勝利を喜んだ。 23日、2024シーズンの明治安田Jリーグが開幕。オープニングカードとなったのは、サンフレッチェ広島vs浦和レッズの一戦だった。 今シーズンから開業したエディオンピースウイング広島でのリーグ戦初戦。注目を集めた一戦で先発起用された大橋は、ゴールレスで進んだ中での45分に川村拓夢のミドルシュートをGK西川周作が弾いたところを詰めて先制。シーズン最初のゴールとなり、新スタジアムでの公式戦初ゴール、自身の移籍加入後初ゴールとなった。 このゴールでリードして後半に入った広島は、50分に大橋が加藤陸次樹のクロスにヘディングで合わせて追加点。その後も広島ペースで試合が進む中、2-0でクリーンシートまで達成し、開幕戦白星スタートとなった。 移籍加入後の初戦で2ゴールと勝利に貢献した大橋。プレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)にも選出された中、試合後に取材に応じた。 「最初は緊張しました」と語った大橋。緊張感ある中で、いきなり奪った先制点については「(川村)拓夢が練習からめちゃくちゃ良いミドルシュートを打っていたので、打った瞬間にこぼれてくるかなと思っていました」とコメント。「日頃から詰める意識はどの選手が打っても持っていたので、そこが出たかなと思いました」と、狙っていた形でのゴールだったと明かした。 新スタジアムでの公式戦初ゴールということで歴史に名を刻むことになった大橋。「新しく広島に加入させていただいて、ピッチに立つ責任は感じていました。ゴールという形で貢献したいとずっと思っていたので、そこが取れたことは嬉しいですし、もっともっと頑張らないといけないと思います」と、新天地で望んでいた良いスタートになったようだ。 後半には自身の仕掛けからPKを獲得。「(加藤)陸次樹が高い位置でボールを奪ってくれて良い形で攻撃できるなというところでPKを獲得できたのは良かったです」と振り返った。ただ、このPKはピエロス・ソティリウとの話し合いの末に譲ることに。大橋は「自分が取ったPKだったので、自分が蹴りたいというのは言いましたが、話しながらでした」と、主張したものの譲ることにしたとのこと。このPKをソティリウは失敗するも、直後に大橋が追加点。「ただ2点目を結果的にすぐ奪えたので、チームとして一旦落ち着けたと思います」と、気落ちする前にゴールを奪えたことは良かったとした。 その2点目については「陸次樹がカットインしてクロスを上げてくれた時にディフェンスの前に入ろうと思って、そのタイミングで良いボールを出してくれました。良いコースに飛んでくれたと思います」と振り返り、良い形でのゴールになったとした。 加入して初戦で勝利に貢献。ミヒャエル・スキッベ監督も称賛していたが「2つとも自分だけで奪えたゴールではないですし、それまでの過程があってのゴールです」とチームメイトのおかげだと謙遜。「クオリティや自分の特徴ともっと出していきたいです」と、更なる進化を誓った。 新スタジアムでのプレーについては「素晴らしい環境の中でサッカーをやらせていただいて、責任と嬉しさを感じてピッチに立ちました」とコメント。勝利後は大観衆が大いに湧いていたが「勝つというのはやっぱり良いなと。昨シーズンから2、3カ月経っての試合で、日常が戻ってきたと思いますし、この歓喜の瞬間を今年は多く味わっていきたいと思います」と、多くの喜びを今シーズンは味わいたいとした。 今シーズンの戦いについては「まだ1試合が終わっただけなので、シーズンを通して結果を残せるように、毎日練習からしっかりやりたいと思います」とコメント。この活躍を継続できるか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】2024・J1最初のゴールは広島の大橋祐紀!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="u9w90XRDWII";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.23 22:50 Fri

ポポヴィッチ鹿島が守備陣顔ぶれ変わる名古屋を3発粉砕!J1通算100試合の仲間隼斗が2ゴール【明治安田J1開幕節】

23日、明治安田J1開幕節の名古屋グランパスvs鹿島アントラーズが豊田スタジアムで行われ、アウェイの鹿島が3-0で勝利を収めた。 長谷川健太監督体制3年目を迎える名古屋は、オフに藤井陽也の海外挑戦や丸山祐市の移籍と、センターバックが複数入れ替わった。その中で今節は井上詩音ら新加入選手4人が先発し、[3-5-2]でスタートし、昨季チームトップの16得点を挙げたキャスパー・ユンカーと、今季加入ながらもJリーグを知り尽くしているパトリックが2トップを組んだ。 対して、ランコ・ポポヴィッチ新監督の下でタイトル奪還を目指す鹿島アントラーズは、大卒ルーキー・濃野公人を右サイドバックでスタメンに抜擢。総入れ替わりとなった外国籍選手ではチャヴリッチが1トップを務め、J初挑戦を迎えた。 序盤は名古屋がボールを保持する時間が続き、持ち味の速攻でも7分に森島司のアーリークロスからユンカーが収めて右足ボレーと、ホームを沸かす。 だが、試合を動かしたのは、徐々に押し返し始めた鹿島。19分、右CKがクリアされてペナルティエリアライン上に浮き上がると、植田直通の落としに合わせて、一歩下がった位置から走り込んだ仲間隼斗がフリーに。右足で流し込み、J1通算100試合目という節目を自らのゴールで祝った。 22分の鹿島は再びセットプレーから好機を迎える。左サイドでのFKからサインプレーを駆使し、今季からボランチへコンバートされた知念慶がミドル。一方、先手を取られた名古屋も28分、久保藤次郎の仕掛けから右CKを獲得すると、山中亮輔の内巻きクロスが直接ゴールに吸い込まれる。ただ、GK早川友基に対するパトリックのファウルを取られ、ゴールは認めらなかった。 互いに外中心のボール回しが増えるなかで、ハーフタイムに鹿島は土居聖真に代えて藤井智也を投入。樋口雄太をトップ下に据えた。 その鹿島が後半早々に再びスコアを動かす。47分、右からのクロスが流れ、ルーズボール争いで仲間が久保から奪い切って安西幸輝へつなぐと、インスイングのクロスにチャヴリッチが頭で合わせてネットを揺らした。 点差を広げられた名古屋は60分の2枚替えで打開を試みるが、ゴールを奪ったのはまたも鹿島。62分、右サイド自陣深い位置のスローインを起点に前進し、ハーフウェーラインを越えた位置からチャヴリッチが長い距離をドリブルで運び、 三國ケネディエブスとのコンタクトを物ともせずに、右ポケットからファーへ柔らかく折り返す。これを仲間が頭で押し込み、リードを広げた。 名古屋はクロスこそ上がるものの、悪く言えば一辺倒。選手交代でキャラクターを変え、どうにか1点をもぎ取ろうとするが、鹿島の両センターバックも空中戦では強さを発揮。最後までゴールを割られず、クリーンシートでゲームを締め括った。 名古屋グランパス 0-3 鹿島アントラーズ 【鹿島】 仲間隼斗(前19) チャヴリッチ(後2) 仲間隼斗(後17) <span class="paragraph-title">【動画】植田直通の落としにうまく反応した仲間隼斗が先制ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>J1通算100試合出場を自ら祝う<br>\<br><br>仲間隼斗のゴールで鹿島が先制<br>植田直通が競り勝つのを信じ、ただ1人背後へラン<br><br>明治安田J1第1節<br><PICK UP MATCH>名古屋×鹿島<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E9%96%8B%E5%B9%95?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ開幕</a> <a href="https://t.co/pqbTMooJA3">pic.twitter.com/pqbTMooJA3</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1760960018604503045?ref_src=twsrc%5Etfw">February 23, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.23 19:56 Fri

スタンドは騒然! 吉川晃司さんが地元・広島の新スタジアムでJリーグ開幕を告げる国歌独唱「光栄です」

23日、2024シーズンの明治安田Jリーグが開幕した。 オープニングカードとなったのは、今シーズンから開業したエディオンピースウイング広島で行われたサンフレッチェ広島vs浦和レッズの一戦となった。 新スタジアムで新シーズンが開幕を迎えた中、広島は試合前の国歌独唱を実施。サプライズで登場したゲストは、俳優で歌手の吉川晃司さんだった。 吉川さんは広島県安芸郡府中町出身。1984年にシングル「モニカ」で歌手デビューを果たすと、ギタリストの布袋寅泰さんと共に組んだCOMPLEXの元メンバー。現在は俳優としても多く活躍され、ドラマや映画に数多く出演している。 サプライズでの登場にはスタンドのファン・サポーターも騒然。見事に『君が代』を独唱された中、コメントを寄せている。 「まず、最初の国歌独唱に呼んでいただき光栄です。ちゃんとおつとめできたでしょうか?」 「昔から、この周辺にはプールや初詣でよく来ていましたし、まちなかにスタジアムができ、これからが楽しみです」 「今日はぜひ、サンフレッチェ広島に勝っていただきたいですね。応援しております」 スタジアムが移転したことにより、広島城や広島市中央公園ファミリープール、広島グリーンアリーナなどの近くに所在。アクセスがかなり改善され、広島駅からもほど近い。 吉川さんの国歌の影響か、試合は立ち上がりこそピンチを迎えたが、新加入のFW大橋祐紀の2ゴールで広島が2-0で勝利を収めた。 <span class="paragraph-title">【動画】大橋祐紀が2年連続開幕ゴール!2点目は見事なヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4Ru4HwCGmV0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.23 19:25 Fri

スキッベ体制3年目の広島を相手にしての初陣を飾れず 浦和指揮官「我々にももう少し時間が必要」

浦和レッズは今季の開幕戦を白星で飾れなかった。 浦和は23日のJ1開幕節でサンフレッチェ広島の新ホームに乗り込み、0-2の敗北。ペア・マティアス・ヘグモ新監督のもと、積極補強も施し、2006年以来のリーグ制覇を目指す今季だが、黒星発進となった。 開幕戦ではミヒャエル・スキッべ体制3年目の広島に攻守で上回られた印象が強いなか、初陣を飾れずの浦和監督は試合後のフラッシュインタビューでこう振り返っている。 「まず試合前から興奮していたゲームだった。素晴らしいサポーターの前でプレーするのが楽しみだった。前半は私が予想した以上に素晴らしいプレーができたと思う。3つの非常に良いチャンスを作った」 「ハーフタイム直前に1点を取られたのは非常に不運だったと思う。後半立ち上がりの15分は後ろから繋ごうとしたところで自ら難しくしてしまった。だが、その後に良いプレーをして、最後の15分、20分は非常に良かったと思う」 「それを次の試合に繋げたい。今日の対戦相手は長い間、一緒にプレーしていて、まとまったチーム。我々にももう少し時間が必要だなと感じた」 次戦の第2節は3月3日に行われ、ホームで東京ヴェルディ戦。「私を含め、何人かにとって接触する初めての機会だったが、誇りに思えるサポーターたちだった。そして、次はホームで楽しみにしている。今回は間が9日空くし、我々にとって良い期間だと思う」と話した。 2024.02.23 17:25 Fri

広島が新本拠地で開幕白星 指揮官が2発の大橋祐紀に「去年の湘南で見せたような活躍」

サンフレッチェ広島が新スタジアムでの今季を白星スタートで切った。 ミヒャエル・スキッベ体制3年目の広島は23日のJ1開幕節で浦和レッズを新本拠地のエディオンピースウイング広島に迎え撃ち、2-0で勝利。ペア・マティアス・ヘグモ新監督を招へいした浦和は補強も充実させ、今季の上位争いに割って入るであろう強敵だが、攻守にわたる内容でも上回り、白星発進に成功した。 今季のJ1を通じても記念すべきオープニングマッチを見事に制したスキッベ監督は試合後、フラッシュインタビューでこう振り返っている。 「最初の70分までは自分たちが本当に良いサッカーをしたと思うし、前の方からあたりにいって、チャンスを作れた。ただ、70分以降はパワーダウンして、その時間帯に限れば、浦和も良いクオリティを出してきた」 成熟を感じさせる戦いにも「浦和自体も上手いチーム。そういう相手に対して、高い位置からあたりにいけたというところは本当に良かったと思う」と評した。 そんな広島では新加入の大橋祐紀が2ゴール。さらにPK奪取もあり、開幕戦から期待どおりの活躍を披露し、指揮官も賛辞の言葉を送った。 「去年の湘南で見せたような活躍を今年の広島でも見られて嬉しく思う」 ただ、「前線だけじゃなく、全部のポジションに良い選手がたくさんいる。そういった選手が活躍してくれることで、我々はやっと上位でやっていけるだけの力を発揮できる」と力説した。 2024.02.23 16:45 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly