実はGKもいる!背番号「11」のベストイレブンはこれだ!!

2020.11.11 12:46 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
11月11日は「ポッキー&プリッツの日」として有名だが、サッカーが11人同士で戦うことから、「サッカーの日」としても知られている。

今回は、「サッカーの日」に合わせて、2020-21シーズンに背番号「11」を着用している選手たちでベストイレブンを組んでみた。

背番号「11」はもともと左ウイングのポジションに与えられていた番号で、現代サッカーにおいても攻撃的な選手が着用していることが多い。横浜FCの元日本代表FW三浦知良も「11」を長年着用している。

◆今から31年前、コリチーバ時代の三浦知良のプレー集


そんな「11」番だが、実はGKにもわずかながら着用している選手がいる。ウォルバーハンプトンに所属するポルトガル代表GKルイ・パトリシオがその1人だ。

2018年夏にスポルティング・リスボンから加入して以来、ウルブスの守護神に君臨するパトリシオだが、2017-18シーズン終了後に、白血病により31歳で引退した元ナイジェリア代表GKカール・イケメに敬意を払い、クラブは彼の背番号だった「1」を欠番に。それ以降パトリシオは「11」番を着用し続けている。

また、一時は攻撃的なサイドバックが「11」番を着用することも流行。インテルのセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフも歴代のクラブで愛用している。

さすがに「11」番を着用しているセンターバックは少なかったため、ローマでセンターバックを務めたこともあったコラロフと、ホッフェンハイムのオーストリア代表MFフロリアン・グリリッチュの2人をセンターバックとして選出した。

また、両サイドにはマンチェスター・シティで左サイドバックとしてプレーするウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコと、本来は2列目の選手だが、ユーティリティ性のあるサウサンプトンのイングランド代表MFネイサン・レドモンドを並べてみた。

また、中盤には躍進アタランタの主軸であるスイス代表MFレモ・フロイラーとパリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアに加え、ドルトムントのドイツ代表MFマルコロイスというファンタスティックな陣容を揃えた。

ディ・マリアも本来はウイングであるが、「11」番のウイングは激戦区だ。バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ、レアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオ、クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハなど、錚々たるウインガーが名を連ねる。

その中でも、プレミアリーグで得点を重ねるリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーとチェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーをウイングの位置で選んだ。

そして、最前線には今季から背番号を「11」に変更したミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを選出。以前ミランに所属していた2010年夏から2012年夏にかけても11番を着用していたイブラヒモビッチは、今シーズンのセリエAで5試合8ゴールを記録し、目下得点王争いのトップに君臨中だ。

今回名前が挙がらなかった中にも、バイエルンのブラジル代表FWドグラス・コスタやビジャレアルのナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼ、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWメイソン・グリーンウッドといった選手も背番号「11」を着用している。



◆背番号「11」の選手で組むベストイレブン[4-3-3]
GK
ルイ・パトリシオ
DF
オレクサンドル・ジンチェンコ
アレクサンダル・コラロフ
フロリアン・グリリッチュ
ネイサン・レドモンド
MF
レモ・フロイラー
アンヘル・ディ・マリア
マルコ・ロイス
FW
ティモ・ヴェルナー
ズラタン・イブラヒモビッチ
モハメド・サラー

関連ニュース
thumb

あわや惨事も? ユーロ会場近くの車に爆発物、当局介入で事なき得る

ユーロ2020の会場近くで爆発物と思わしきものが見つかっていたと、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 16日にユーロ2020グループA第2節のイタリア代表vsスイス代表が行われたスタディオ・オリンピコ。そのスタジアムへ足を運ぶファンの往来もあった数km先の通りで爆発物騒ぎがあったとのことだ。 奇妙なワイヤーのある車があるとの通報を受けた警察は一部道路を封鎖。爆発物処理班が介入する事態となった。 実際には火薬とボルトを含んだ初歩的な装置であったこと判明。とはいえ、処理班によれば、爆発の可能性はあったとのことだ。 当局の迅速な対応の結果、大事には至らず。なお、試合は通常通り行われ、イタリアがスイスを3-0で下し、2戦全勝で一番乗りの決勝トーナメント進出を決めている。 2021.06.17 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ベッカムの新しい愛車はマセラティ「MC20」に?4月にアンバサダー就任

インテル・マイアミの共同オーナーを務める元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が新たな愛車を手にするかもしれない。 ベッカム氏は9日、自身のインスタグラムのストーリーを更新。マセラティの新型スーパースポーツカー「MC20」に乗り込む自身の写真ととともに「素晴らしい車」とコメントをつけて投稿した。 大の車好きであるベッカム氏は、これまでベンテイガ(ベントレー)やファントム(ロールス・ロイス、360スパイダー(フェラーリ)、911 ターボ カブリオレ(ポルシェ)、720S(マクラーレン)など多くの高級車を所有。また、4月にはマセラティのグローバル・アンバサダーに就任していた。 ベッカム氏はイタリアにあるマセラティのモデナ工場を訪れたようで、マセラティの公式インスタグラムもベッカム氏の訪問をアピール。「特別なゲストがモデナに登場。MC20と対面し、イタリアを抜け出す準備ができている」と投稿している。 イギリス『サン』によると、ベッカム氏は370万ポンド(約5億7000万円)相当の愛車コレクションを有しているとのことだが、そこに新たな仲間が加わるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】相変わらずのかっこよさ!マセラティに乗るベッカム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CP4ANeQlnPg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CP4ANeQlnPg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CP4ANeQlnPg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Maserati(@maserati)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.06.13 10:35 Sun
twitterfacebook
thumb

第二のプリシッチ現れるか! プリシッチが地元にトレーニング施設を開設 「すべての子供たちに刺激を」

チェルシーのアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチが自ら携わったトレーニング施設を訪れた。アメリカ『FOX43』が伝えている。 アメリカのペンシルベニア州ハーシーで生まれたプリシッチは、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)ネーションズリーグ決勝を終えて母国での休暇中に地元を訪問。自身のルーツとなったPAクラシックというクラブへと足を運んだ。 そこで子供たちとボールを蹴り、汗を流したプリシッチ。自身のチェルシーやアメリカ代表のレプリカユニフォームを着用した子供たちとの交流にはご満悦の様子だった。 「ここにいるすべての子供たちに刺激を与えられたり、みんなが自分のユニフォームを着てくれているのを見られてうれしいね。本当に素晴らしい」 「ランカスターの8歳の子供から質問は、イギリスのメディアよりも手厳しいね。確かに難しい質問もあるけれど、子供たちと受け答えをするのはいつだって楽しいよ」 さらに、自らも資金を寄付し、施設の設計を手伝った『プリシッチのたまり場』のオープンセレモニーではリボンカットも行った。デザインは彼が小さいときのイギリスでの経験から着想を得ているという。 「僕が1年間イングランドで過ごしていたときに、このようなフィールドがあって、それを元にしているんだ」 「とても特別なことだった。子供たちが来て、誰もがかれもやって来て、コーチなしで遊んで、楽しむことができた。そこで僕はたくさんのことを学び、ゲームへの情熱も高まったんだ。だから僕が想像したものを与えられたらって思っていたんだよ。(施設は)思っていたよりもずっと良くて、とてもかっこいいね」 今季のチェルシーでアメリカ人史上初のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を経験しただけでなく、先日にメキシコ代表とのCONCACAFネーションズリーグ決勝で決勝ゴールを挙げ、母国を初代王者に導いたプリシッチ。母国でより人気が高まるなか、第二のプリシッチ発掘にも力を注いでいるようだ。 2021.06.12 16:29 Sat
twitterfacebook
thumb

アグエロがシティのスタッフにプレゼントしたレンジローバーがオークションに出品…売上の一部は寄付に

アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、マンチェスター・シティのスタッフにプレゼントした車がネットオークションに出品された。イギリス『サン』が伝えている。 シティとの契約が今シーズン限りで満了し、5月31日にバルセロナ移籍が発表されたアグエロは、マンチェスターでの最後に苦楽を共にしたスタッフたちに素敵なサプライズを用意。60人以上のスタッフに「グラシアス」と感謝の言葉が刻まれたウブロもしくはタグ・ホイヤーの腕時計をプレゼントしただけでなく、アグエロが以前購入したという高級車のレンジローバー イヴォークが当たる抽選を実施していた。 アグエロのレンジローバーはクラブのキットマンであるアリー・マーランド氏がゲット。幸運のマーランド氏は「震えているよ。毎日レンジローバーに乗って行く。他に何か言えることがあるか?君のことは忘れない。ありがとう!」と感謝の言葉を口にしていた。 しかし、マーランド氏と妻のニッキーさんはすでに車を所有していたため、レンジローバーはネットオークションに出品。売上の5%はランカシャー州のチョーリーにある子供向け病院に寄付されるそうだ。 夫妻は2万3000ポンド(約360万円)の開始価格で出品。現時点では5万1200ポンド(約978万円)の落札価格が付いている。 <span class="paragraph-title">【写真】出品されたレンジローバー イヴォーク</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A percentage of the proceeds will go to Derian House Children&#39;s Hospice <a href="https://t.co/8zZcspGWNt">https://t.co/8zZcspGWNt</a></p>&mdash; FootballJOE (@FootballJOE) <a href="https://twitter.com/FootballJOE/status/1403302832367931398?ref_src=twsrc%5Etfw">June 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.12 09:35 Sat
twitterfacebook
thumb

カンテのバロンドールをフランスのマクロン大統領も支持!「獲ってほしいと思う」

フランスのエマニュエル・マクロン大統領がチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテのバロンドール受賞を支持した。 マクロン大統領は開幕を間近に控えたユーロ2020に向けて調整を続けるレ・ブルーのもとを訪問。選手たちにエールを送った。 フランス『RMCスポーツ』のインタビューに応じたマクロン大統領は、カンテやパリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペといったスター選手について語った。 「エンゴロ・カンテはキリアン・ムバッペのような素晴らしい選手であり、彼は模範だ。彼はこの国の若者の模範だよ。カンテが彼のクラブで過ごしたシーズンを見ると、バロンドールを獲ってほしいと思うし、彼が今回のユーロで何を見せてくれるか確信している」 「彼とキリアンもまた、努力と協調を大切にする善良な国民だ。彼らは出身地のクラブに忠実的。そして、スポーツは常に単なるスポーツを超えて大きいので、国にとって非常に重要だと考えている」 マクロン大統領はフランスが2018年のロシア・ワールドカップを制した際に現地で観戦し、派手なガッツポーズなどで大喜びする様が話題になったことがある。 前回大会で準優勝のフランスは、15日にドイツ代表との初戦を控える。 <span class="paragraph-title">【写真】ロシアW杯で話題になった喜びまくるマクロン大統領</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/FRA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FRA</a> President Emmanuel Macron absolutely loved that <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup</a> <a href="https://t.co/YCJrNf86En">pic.twitter.com/YCJrNf86En</a></p>&mdash; Match of the Day (@BBCMOTD) <a href="https://twitter.com/BBCMOTD/status/1018549034095529986?ref_src=twsrc%5Etfw">July 15, 2018</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.12 08:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly