日本代表の“11番”と言えば?新たな“キング”は生まれるか

2020.11.11 19:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
11月11日は「ポッキー&プリッツの日」として有名だが、サッカーが11人同士で戦うことから、「サッカーの日」としても知られている。そこで今回は日本代表の「11」番にフォーカス。近年の日本代表で背負った選手たちを紹介したい。

背番号「11」はもともと左ウイングのポジションに与えられていた番号で、現代サッカーにおいても攻撃的な選手が着用していることが多い。横浜FCの元日本代表FW三浦知良も「11」を長年着用している。
◆今から31年前、コリチーバ時代の三浦知良のプレー集


“キング・カズ”は日本代表でも背番号「11」を着用。日本の「11」番と言えば真っ先に名前が挙がる選手だ。

カズの次に「11」番を着用したのは小野伸二だ。小野は1998年に行われたフランス・ワールドカップ(W杯)でもこの番号を背負っていた。まさかのメンバー外となったカズの番号を当時18歳の小野が背負うことは当時大きな話題となった。

その後は呂比須ワグナー、三浦淳寛、中山雅史鈴木隆行が背負い、2002年の日韓W杯では鈴木が日本代表の背番号「11」を背負った。

それからは松井大輔黒部光昭、一度鈴木隆行に戻った後に巻誠一郎が着用。2006年のドイツW杯では巻が日本の「11」番だった。

「11」番の入れ替わりは激しく、佐藤寿人播戸竜二玉田圭司前田遼一ハーフナー・マイク原口元気柿谷曜一朗豊田陽平といったフォワードたちが背負ってきたが、中々日本代表での結果には恵まれていない。

直近のロシアW杯での宇佐美貴史や、2019年のアジアカップで「11」番を背負った北川航也らも、ゴールという結果を出せなかった一人だ。

今年10月の国際親善試合では、堂安律がこれまでの「21」番ではなく「11」番を背負ったものの、11月のオーストリア遠征ではクラブ事情により代表不参加が決定している。

今後、堂安が背番号「11」を自らの番号とする活躍を見せるのか。それとも別の“キング”が誕生することになるのか。日本代表の「11」番に注目していきたい。

◆“キング・カズ”以降の日本代表「11」番
三浦知良:~1997-98
小野伸二:1997/98
呂比須ワグナー:1998/99-99/00
三浦淳寛:1999/2000
中山雅史:2000/01
鈴木隆行:2001/02-04/05
松井大輔:2002/03
黒部光昭:2003/04
巻誠一郎:2005/06
佐藤寿人:2007/08
播戸竜二:2007/08-09/10
玉田圭司:2008/09-10/11
宮市亮:2011/12
清武弘嗣:2011/12
藤本淳吾:2011/12
前田遼一:2011/12
ハーフナー・マイク:2011/12-13/14
原口元気:2013/14
柿谷曜一朗:2014/15
豊田陽平:2014/15
宇佐美貴史:2014/15-17/18
齋藤学:2016/17
久保裕也:2017/18
乾貴士:2017/18
小林悠:2017/18
北川航也:2018/19
三好康児:2019/20
永井謙佑:2019/20
田川亨介:2019/20
堂安律:2020/21

関連ニュース
thumb

「新時代を見せてくれた」岸田首相がカタールW杯で健闘した日本代表に感謝「勇気と感動を与えていただきました」

岸田文雄首相が、日本代表の選手たちに感謝の言葉を送った。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 新しい景色を見るために戦っていた選手たちだが、最後はPKでの敗退と悔しい結果に。岸田首相も、自身のツイッターで労いの言葉と共に、感謝の気持ちを綴った。 「PK戦で惜しくもあと一歩届かず、サッカー日本代表、悲願のW杯ベスト8進出はなりませんでした。しかし最後まで勝利を諦めずプレーする姿に勇気と感動を与えていただきました」 「日本サッカーの新時代を見せてくれた監督、選手、関係者の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました」 <span class="paragraph-title">【SNS】岸田首相がW杯で健闘した日本代表に感謝</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">PK戦で惜しくもあと一歩届かず、サッカー日本代表、悲願のW杯ベスト8進出はなりませんでした。しかし最後まで勝利を諦めずプレーする姿に勇気と感動を与えていただきました。<br>日本サッカーの新時代を見せてくれた監督、選手、関係者の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。</p>&mdash; 岸田文雄 (@kishida230) <a href="https://twitter.com/kishida230/status/1599825268189040640?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 06:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ベスト8進出のクロアチア、主将モドリッチは「日本はタフなチーム」と脱帽

クロアチア代表は5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で日本代表と対戦。120分を1-1で終え、PK戦の末に3-1で勝利した。 この試合で先発し、延長前半9分までプレーしたレアル・マドリーのMFルカ・モドリッチは2大会連続のベスト8進出と、日本代表の印象を以下のように述べた。 「ドラマなしではここまで到達することはできない。ベスト8に進出できてとても嬉しいよ」 「日本代表はとてもタフなチームで、とても難しい試合になった。彼らは走る。フィジカルが優れている」 「簡単じゃなかった。何とか同点に持ち込むことができ、PK戦ではリヴィ(リヴァコビッチ)が奇跡を越こした。とてもタフで疲れる試合だったよ」 <span class="paragraph-title">【動画】モドリッチのミドルを権田がビッグセーブ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 1-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/HRV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HRV</a><br>モドリッチのミドルを <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A8%A9%E7%94%B0%E4%BF%AE%E4%B8%80?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#権田修一</a> ビッグセーブ<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/bsJCDRzDnS">https://t.co/bsJCDRzDnS</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/Ma9roFLYWr">pic.twitter.com/Ma9roFLYWr</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1599801033688875014?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

PK戦敗退は経験値の差? クロアチアは脅威のW杯延長戦以降4連勝、前回大会でもPK戦2連勝で準優勝

クロアチア代表が、延長戦、PK戦に滅法強いことがわかった。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16の日本代表vsクロアチア代表が行われた。 前回大会は準優勝と、あと一歩のところでタイトルを逃したクロアチアと、史上初のベスト8という目標を目指す日本の対戦。試合は互いに1点ずつをとるも、拮抗した展開で進み、90分を終えても1-1の同点に。今大会はつの延長戦に突入した。 その延長戦でも互いにゴールを目指したが、得点は生まれず。120分間を戦い抜き、1-1の引き分け。試合はPK戦に委ねられた。 PK戦では、クロアチアが2人連続で成功したのに対し、日本は南野拓実、三笘薫が連続で失敗。3人目の浅野拓磨が成功も、4人目の吉田麻也が失敗。クロアチアはしっかりとゴールを決め、1-3で勝利した。 どちらに転んでもおかしくなかった展開だったが、PK戦に関してはどこか日本の選手は自信がなさそうに見え、プレッシャーに押しつぶされた感じも見受けられた。 それもそのはず。クロアチアは多くのPK戦をW杯で経験しており、プレッシャーを跳ね除ける力を追っていたのだ。 前回大会はファイナリストとなったクロアチア。その中で、ラウンド16、準々決勝、準決勝と3試合連続で延長戦に突入。ラウンド16ではデンマーク代表相手にPK戦の末に勝利すると、準々決勝ではロシア代表相手にPK戦で勝利。準決勝では、イングランド代表相手に延長戦で勝利と、ノックアウトステージでの延長戦以降の勝利が3回も続いていた。 その経験も少なからず影響したといえるだろう。PK戦で2度も勝ち上がって決勝の舞台に立つというメンタルを考えれば、日本との間に差があったのかもしれない。 いずれにしてもこれで4連勝。4年前のリベンジを果たせるだろうか。 <span class="paragraph-title">【SNS】クロアチアア代表の脅威の延長戦勝率</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"></p>&mdash; FIFA World Cup (@FIFAWorldCup) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup/status/1599809098341814273?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>ages<hr></div> 2022.12.06 05:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「強豪国相手に良い戦いができて勝つことを示せた」4年後のリベンジへ、守田英正が決意を新たに「1日たりとも無駄にできない」

日本代表のMF守田英正が、クロアチア代表戦を振り返った。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 試合後のインタビューに応じた守田。「悔しい」と語った中で、今後の成長を誓った。 「成長しないといけないと思いますし、チームを勝たせる選手にならないと、こういったゲーム展開の中で、僕の個人としてのパフォーマンスは特に良くなかったですし、良ければ勝っていたはずなので、より今後のパフォーマンスを上げていかなければいけないと思います」 初戦こそ欠場も第2戦から3試合出場した守田。中盤で効いていたプレーを見せていたが、悔しい結果となった。 4年後に向けては「1日たりとも無駄にできないですし、敗戦した今日切り替えることは難しいですが、次のW杯に向けて準備していくべきだと思います」とコメント。すでに4年後を見ているとした。 そしてベスト8に向けてやっていきたいことについては、「もちろんこの死のグループと言われたグループを勝ち抜けたのは、僕たちのパフォーマンスもそうですが、国民の皆さんが応援してくれたから突破できたと思います」と、後押しをしてくれた多くの日本国民に感謝。「残念ながらベスト8の目標には届かなかったですけど、僕たちが良いプレーをして、良いサッカーをすれば、強豪国相手に良い戦いができて勝つことを示せたと思うので、引き続き日本サッカーが向上して、僕自身が良い携わり方をしたいと思います」と語り、再び決意を新たにした。 2022.12.06 04:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「悔しさが大きい」ビッグセーブで貢献し続けたGK権田修一、ベスト8に必要なもの「チェンジではなくアップデート」

日本代表の守護神を務めたGK権田修一が、クロアチア代表戦を振り返った。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 今大会4試合全てでゴールマウスを守り、ビッグセーブを連発した権田。今大会を振り返り「悔しさが大きいです」とコメント。自身のパフォーマンスには「ベスト8に行くのを目指していたので、そのためには僕自身がもう1つやらなければいけなかった。そこの差だと思います」と、ベスト16に終わってしまったことを語り、「もっと日本のGKとしてレベルを全体として上げていこうと思いました」と、更なる成長が必要だとした。 最後はPK戦で敗れての敗退。GKとしての見せ場だったが「悔しさが一番ですし、僕自身が勝負を決せれる状況がPK戦だったので、悔しいです」とコメントした。 試合を通じては「勝つためには最少失点で推移するしかないと思っていましたし、先に点を取ってくれて、ゼロで抑えられるのが一番良かったです」と、まずは失点をしないようにしたと語り、「逆にチームとしてただ引くだけじゃなく、ボールを持つ時間もあったので、拮抗した試合という中で、最後のPK戦で仕事があと一歩できなかったという思いです」と、選手たちがしっかりと戦った中で、PK戦で貢献できなかったことを悔しがった。 ベスト8を掲げて臨んだ今大会。足りなかったものについては「次の大会に向けて、サッカー協会だったり、色々な人が分析して、次に向かっていくと思いますが、1つ言えることは、前に進んでいることは間違いなくて、前回から今回も間違いなくレベルアップしているし、過去の先輩方から前に進んでいるというのは間違いないので、そこは自信を持ってこれからもやっていくことです」と目標こそ達成できていないものの、前身はしていると語り、「ただ一歩足りなかったということは、何かを変えなければいけないですし、チェンジではなくアップデートしていく必要があると思います」と、大きく変化させるのではなく、改善と成長が必要だとした。 4年後に向けては、「この4年間もできる限りのことをやってきたつもりですが、これでも足りなかったという現実があるので、4年間、明日から1日1日を大事にして、4年後にベスト8、ベスト4にいけるGKになりたいと思います」とコメント。また、日本代表についても「日本代表というものはサッカーをやっている限りは目指し続けますし、僕自身は常に高みを目指してやっていきたいです」と語った。 <span class="paragraph-title">【動画】モドリッチのミドルを権田がビッグセーブ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 1-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/HRV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HRV</a><br>モドリッチのミドルを <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A8%A9%E7%94%B0%E4%BF%AE%E4%B8%80?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#権田修一</a> ビッグセーブ<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/bsJCDRzDnS">https://t.co/bsJCDRzDnS</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/Ma9roFLYWr">pic.twitter.com/Ma9roFLYWr</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1599801033688875014?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 04:44 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly