代表引退の名古屋GKランゲラックが復帰、トーマス・デンは4年ぶり招集! オーストラリア代表メンバーが発表《国際親善試合》

2022.09.14 10:12 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
オーストラリアサッカー協会(FFA)は14日、国際親善試合に臨むオーストラリア代表メンバー31名を発表した。

大陸間プレーオフを制し、カタール・ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得したオーストラリア。今回は6名の初招集選手をメンバーに含めた。

さらに、DFトーマス・デン(アルビレックス新潟 )を2018年以来となる招集。また、代表引退を発表していたGKミッチェル・ランゲラック(名古屋グランパス)も招集している。その他、FWミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山)、FWアダム・タガート(セレッソ大阪)が招集され、Jリーグからは4名が招集された。
オーストラリアは22日にホームでと25日にアウェイでニュージーランド代表と2試合を戦う。

今回発表されたオーストラリア代表メンバーは以下の通り。

◆オーストラリア代表メンバー31名
GK
ミッチェル・ランゲラック(名古屋グランパス/日本)
アンドリュー・レッドメイン(シドニーFC)
マシュー・ライアン(コペンハーゲン/デンマーク)

DF
ナサニエル・アトキンソン(ハート・オブ・ミドロシアン/スコットランド)
アジズ・ベヒッチ(ダンディー・ユナイテッド/スコットランド)
ハリソン・デルブリッジ(仁川ユナイテッド/韓国)
ミロシュ・デゲネク(コロンバス・クルー/アメリカ)
トーマス・デン(アルビレックス新潟/日本)
フラン・カラチッチ(ブレシア/イタリア)
ジョエル・キング(オーデンセ/デンマーク)
トレント・セインズベリー(アル・ワクラ/カタール)
ベイリー・ライト(サンダーランド/イングランド)

MF
キアヌ・バッカス(セント・ミレン/スコットランド)
キャメロン・デブリン(ハート・オブ・ミドロシアン/スコットランド)
タイリース・フランソワ(HNKゴリツァ/クロアチア)
デニス・ジェンロー(トゥールーズ/フランス)
アルディン・フルスティッチ(エラス・ヴェローナ/イタリア)
ジャクソン・アーバイン(ザンクト・パウリ/ドイツ)
マシュー・レッキー(メルボルン・シティ)
ライリー・マクグリー(ミドルズブラ/イングランド)
コナー・メトカーフ(ザンクト・パウリ/ドイツ)
アーロン・ムーイ(セルティック/スコットランド)
ライアン・ストレイン(セント・ミレン/スコットランド)

FW
マーティン・ボイル(ハイバーニアン/スコットランド)
ジェイソン・カミングス(セントラルコースト・マリナーズ)
ミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山/日本)
ガラン・クオル(セントラルコースト・マリナーズ)
アワー・メイビル(カディス/スペイン)
ジェイミー・マクラーレン(メルボルン・シティ)
アダム・タガート(セレッソ大阪/日本)
マルコ・ティリオ(メルボルン・シティ)

関連ニュース
thumb

日本ともしのぎを削ったオーストラリア代表MF、16年ぶりの決勝T進出に感極まる「プレッシャーは計り知れないものだっただろう」

オーストラリア代表のMFジャクソン・アーバイン(ザンクト・パウリ)が感極まった。 オーストラリアは11月30日に行われたカタールW杯グループD最3節でデンマーク代表と対戦した。2試合を終えて1勝1敗。勝てばグループステージ突破が決まるという状況でキックオフを迎えた。 ボールを支配されながらも集中した守備を続けると、60分にカウンターからFWマシュー・レッキーが値千金の先制弾。これが決勝点となり、1-0で勝利を収めた。 この結果、オーストラリアは2006年のドイツW杯以来となる決勝トーナメント進出が決定。サッカルーズの公式インスタグラムは翌日に「これが意味するところ」と、試合後に感極まるアーバインの様子を公開した。 「ジャクソン・アーバインは、2006年にサッカルーズがノックアウトステージへの出場権を獲得したとき、ドイツにいました。16年後の今、彼は子供の頃の夢を実現しています」 これにはW杯公式アカウントから「おめでとうございます!」とのメッセージが届き、ファンからも「泣かせるね」、「私たちのためにアルゼンチンを倒してください、メキシコはあなたを応援しています」、「とても情熱的」、「よくやったジャクソン」、「プレッシャーは計り知れないものだっただろう」、「勝っても負けても、何があってもオーストラリアを誇りに思う」などの温かい声が届いている。 日本代表ともしのぎを削ったアジア最終予選では、グループBで3位に終わったオーストラリア。アジア、大陸間プレーオフへ回り、苦しみながらも出場権を得ていた。 本大会でも厳しいグループに入ったとの下馬評の中で、初戦のフランス代表戦は逆転負け。そこからチュニジア代表戦、デンマーク戦を1-0で下し、4大会ぶりの歓喜を手にした。 初のベスト8入りが懸かるラウンド16の相手は優勝候補の筆頭、アルゼンチン代表。またも難敵と相まみえるが、過去最高成績を更新することはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】16年ぶりに決勝T進出を決め、感極まるアーバイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Clm6qNnLhZd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Clm6qNnLhZd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Clm6qNnLhZd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Socceroos(@socceroos)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.01 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯決勝T進出のオーストラリア国民がAM3時に狂喜の大絶叫!明朝の日本はどうなる!?

オーストラリア国民がサッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)の勝利を喜んだ。 オーストラリアは、11月30日に行われたカタールW杯グループD最終節でデンマーク代表と対戦。勝てばグループステージ突破が決定する状況で、立ち上がりからボール支配こそ譲りながらも集中した守備で失点を許さずハーフタイムへ。後半も同様の展開が続いたが、60分にカウンターからFWマシュー・レッキーが値千金の先制弾を決めると、1-0で勝利した。 初戦でフランス代表に大敗しながらもそこからの2連勝を果たしたオーストラリア。実に2006年のドイツW杯以来4大会ぶりとなる決勝トーナメント進出が決まったが、その功績に国民も大喜びだった。 SNS上では、メルボルンの広場に集まりデンマーク戦を観戦していたオーストラリア人たちの姿を収めた動画が反響を呼んでいる。 タイムアップの笛と同時に詰めかけた人々は大絶叫しながらガッズポーズにハイジャンプ。さらに発煙筒までたかれ、まさにお祭り騒ぎといった感じだ。 そして何より特別なのはこれがオーストラリア時間で午前3時半だったということだ。 日本代表が決勝トーナメント進出を懸けて戦うスペイン代表戦は、日本時間の2日4時にキックオフ。試合終了は朝6時頃の見込みだが、どのような結末を迎えるだろうか。最高の結末が待っていた場合には、近所の方々に迷惑をかけない程度に絶叫してもらいたい。 <span class="paragraph-title">【動画】午前3時半のオーストラリア、W杯勝利直後のメルボルンの様子</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">WILD SCENES LIVE FROM FED SQUARE, MELBOURNE <br><br>The moment the full-time whistle went and Australia qualified for the Round of 16.<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/OptusSport?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OptusSport</a> <a href="https://t.co/hLKBcMFbgl">pic.twitter.com/hLKBcMFbgl</a></p>&mdash; Optus Sport (@OptusSport) <a href="https://twitter.com/OptusSport/status/1598007607880392704?ref_src=twsrc%5Etfw">November 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.01 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「身をもって経験している」ラウンド16に進むメッシ、サウジ戦敗戦の経験を糧にオーストラリアを警戒「簡単なチームなどはない」

アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシが、ラウンド16進出についてコメントした。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えた。 11月30日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループC最終節でアルゼンチンはポーランドと対戦した。 アルゼンチンは負ければ敗退の可能性もある状況。初戦でサウジアラビア代表に敗れたことが重くのしかかっていた。 ポーランドは引き分けでも突破が可能という状況だったが、試合は46分にアレクシス・マク・アリスターのゴールでアルゼンチンが先制。68分にはフリアン・アルバレスが追加点を奪い、0-2でアルゼンチンが勝利した。 試合後、メッシが『TyC Sports』のインタビューに応じ、自身のPK失敗でチームが団結したとコメントした。 「PKを失敗したことで、よりチームは強固になった。チームは僕たちが勝つと信じていたので、先制することだけだった。ゴールを決めたら、あとは自分たちの思い通りの試合展開になるはずだった」 また、若手2人が結果を残してチームを勝利に導いたことに言及。誰もが最善の準備をしているとした。 「僕たちは最初から言っていた。誰が出ていても、自分が何をしなければいけないのかを理解し、常に万全の準備をすると。それがこのグループの強さであり、団結力であり、自分の出番がくればそれに応えるということだ」 そのメッシは初戦のサウジアラビア戦で打ちのめされたものの、しっかりと自信を持つことが大事だとした。 「自信、そして僕たちの試合を再び信頼すること。最初の試合では苦戦してしまった。この調子で行けることを願うよ」 「僕たちが最初から言っていたことと同じだ。僕たちは敗戦からスタートし、悪いスタートを切ったことで誰もが落ち込んで、心配していた」 「でも、気楽に行こうとしたし、グループステージは続いていくといった。今日見せたようなプレーを、これからも見せていけると良いね」 無事にラウンド16に進んだアルゼンチン。次の相手はオーストラリア代表に決定した。 メッシは、勝てばオーストラリアになることが分かっていたとし、決して過小評価はしてはいけないと意気込みを語った。 「結果は分かっていたけど、それ以上に、いつも通り試合に向けて準備しなければいけなかった。とても厳しい状況になると思っている。また1歩前進できたね」 「誰でも勝てるということが明確になった。そして、僕たちは身をもって経験している」 「とても互角なW杯だ。簡単なチームなどはない。どんなに組織化されたチームでも、難しくなっている。結局、自分たち次第だと思ったよ」 2022.12.01 13:45 Thu
twitterfacebook
thumb

4大会ぶりW杯決勝T進出のオーストラリア、指揮官は「こうした努力を誇りに思う」

オーストラリア代表のグラハム・アーノルド監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント進出を喜んだ。イギリス『BBC』が伝えている。 オーストラリアは11月30日に行われたカタールW杯グループD最終節でデンマーク代表と対戦した。勝てばグループステージ突破が決定する状況で、立ち上がりからボール支配こそ譲りながらも集中した守備で失点を許さずハーフタイムへ。後半も同様の展開が続いたが、60分にカウンターからFWマシュー・レッキーが値千金の先制弾を決めると、1-0で勝利した。 この結果、2006年のドイツW杯以来となる決勝トーナメント進出が決定。試合後のアーノルド監督はチームを大いに称えつつ、これからの戦いに向けて気を引き締めている。 「私はチームのこうした努力を誇りに思っている。準備する時間はとても短かったが、そこで彼らが見せた努力は信じられないようなものだった」 「選手たちは素晴らしい心構えでこの大会にやってきた。この4年間は信念、エネルギー、そして集中力の向上に向けて取り組んできた。そして、彼らの目を見れば今夜の準備は万端であるとわかったんだ」 「祝杯はあげるつもりはないね!だからこそ、我々はチュニジア戦で素晴らしい勝利を収めた後で再び白星を掴めたのだ。祝賀会も、感動も、SNSも必要ない」 2022.12.01 11:36 Thu
twitterfacebook
thumb

オーストラリアを4大会ぶりベスト16に導いたレッキー「若い世代に感動を」

メルボルン・シティのオーストラリア代表FWマシュー・レッキーが11月30日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループD最終節デンマーク代表戦を振り返った。 この試合で先発したレッキーは後半15分にロングカウンターの流れからゴールをマーク。これが決勝点となってオーストラリアは1-0で競り勝ち、2006年ドイツW杯以来となる2度目のベスト16に進出した。 レッキーは試合後、グループズテージを突破した喜びを語った。 「僕らは大きな夢を持って挑んだ。グループズテージを突破するというね。その夢は達成できた。これでもう一試合できる。多くの選手が疲労困憊だけど、準備はできている」 「激しい試合だったが、僕らはよく守った。もう一つの試合はコントロールできない。だから勝つことだけを考えて臨んだ。僕らのゲームができたね。勝利に値すると思う。W杯でプレーすることは若い頃の夢だった。今度は僕らが若い世代に感動を与えられたらと願っているよ」 2022.12.01 07:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly