トップスコアラー小川航基の2発などで横浜FCが昇格圏維持!岡山ドローで町田下した長崎が4位浮上【明治安田J2第27節】

2022.07.17 20:40 Sun
17日、明治安田生命J2リーグ第27節の5試合が各地で行われた。

2戦連続ドローで首位を明け渡した横浜FCは、ニッパツ三ツ沢球技場に9位・ジェフユナイテッド千葉を迎えた。
開始早々チアゴ・デ・レオンソにあわやの場面を作られた横浜FCだったが、事なきを得て5分にセットプレーから先制に成功。敵陣中央の右でFKを獲得し、ハイネルのキックからファーで小川航基が高い打点のヘディングを放つと、GKに触れられるもそのままゴールへ吸い込まれた。

J2リーグトップスコアラーが今季17得点目を奪って幸先良く試合を動かしたホームチームだったが、以降も左右の揺さぶりから田口泰士にフィニッシュを許すなど、押し込まれる場面が散見。攻撃陣も千葉の[4-4-2]を前に攻めあぐねていたが、少ないチャンスをベテランFWがきっちり生かす。

31分、GKボールから攻撃をスタートさせると、中央の和田拓也はシンプルに右前方へと展開。ボックス右まで侵入したイサカ・ゼインがマイナス気味に折り返し、小川がスルーして渡邉千真がゴール正面やや左寄りから左足で豪快にネットを揺らした。
前半の終了間際にはセットプレーからピンチを招くも、風間宏矢のヘッドはGKスベンド・ブローダーセンががっちりとキャッチ。後半に入っても61分にはカウンターから小川がこの日2点目を奪ってリードを広げると、3分後にはまたしてもトランジションから長谷川竜也が距離のある技ありのループシュートを沈めて4点差に。

その後も千葉の猛攻を受け続けた横浜FCだったが、守護神の好セーブもあってクリーンシートを達成。勝負強さを見せ付け、3試合ぶりの3ポイントを獲得している。

上位3チームの背中を捉えたい4位・ファジアーノ岡山はホームで17位・栃木SCと対戦した。栃木のプレッシングの前に思うようにチャンスを作れず、ゴールレスで前半を終えると、後半も最後まで得点を奪えずに両者無得点のままタイムアップ。勝ち点「1」を分け合っている。

5位のV・ファーレン長崎と6位・FC町田ゼルビアは、町田GIONスタジアムで相まみえた。9分、右CKを獲得した長崎は、加藤聖のキックにニアに入ったエジガル・ジュニオが頭で合わせて先制に成功。だが、町田も後半開始早々に太田修介がセットプレーの二次攻撃からミドルを沈めて試合を振り出しに戻す。

75分にはカットインからドゥドゥの左足がクロスバーをたたくなど、町田攻勢の時間が続いた終盤だったが、ネットを揺らしたのは耐えたアウェイチームだった。右CKのこぼれ球争いを制した鍬先祐弥が左ポケットまで持ち運び、左足でクロスを送ると、これが直接ゴールに吸い込まれて89分に長崎が勝ち越し。伏兵の一発が決勝点となり、長崎がトップ3追走へ貴重な勝ち点「3」を手にしている。

7試合勝利なしで13位まで順位を下げたモンテディオ山形は、敵地でブラウブリッツ秋田との"東北ダービー"に臨んだ。千田海人の退場で前半から数的優位となった山形は、これで得たFKを國分伸太郎が直接沈めて24分に試合を動かすと、5分後にも山田康太が追加点を奪取。リードを広げた山形はボール支配率でもシュート数でも秋田を圧倒してタイムアップ。8試合ぶりの白星を飾った。

21位・大宮アルディージャと22位・FC琉球の一戦は、50分にカウンターから金井貢史がネットを揺らして琉球が先手を取るも、FKのリバウンドを菊地俊介がプッシュして61分に大宮が試合を振り出しに戻す。その後もタフな戦いが続いたが、ゲームは次のゴールが生まれぬまま試合終了。引き分けながらも勝ち点「1」を積み上げた大宮が、順位を1つ上げて降格圏を抜け出している。

なお、東京ヴェルディvs徳島ヴォルティスは、東京V側に新型コロナウイルス(COVID-19)感染者が続出したため、延期となっている。

◆第27節

▽7/17
ブラウブリッツ秋田 0-2 モンテディオ山形
FC町田ゼルビア 1-2 V・ファーレン長崎
横浜FC 4-0 ジェフユナイテッド千葉
ファジアーノ岡山 0-0 栃木SC
FC琉球 1-1 大宮アルディージャ

▽7/18
ロアッソ熊本 vs レノファ山口FC

※試合延期
東京ヴェルディ vs 徳島ヴォルティス

▽7/16
いわてグルージャ盛岡 1-5 ベガルタ仙台
ヴァンフォーレ甲府 1-1 水戸ホーリーホック
ツエーゲン金沢 0-3 アルビレックス新潟
大分トリニータ 2-1 ザスパクサツ群馬
関連ニュース

「Jリーグジャッジリプレイ」の配信はなし、Jリーグが新たな審判関連番組配信へ

Jリーグは22日、審判関連番組の配信に関して発表した。 近年のJリーグでは、VARが導入されるなどしてレフェリングにも変化が。多くの誤審が減った一方で、2023シーズンはVARによるミスも散見。また、VARが導入されていないJ2、J3では誤審が頻発するなどし、ジャッジに注目が集まっていた。 その中で、『DAZN』では「Jリーグジャッジリプレイ」としてピックアップした判定について振り返る番組が配信されていたが、2024シーズンから配信がなくなるとのこと。新たな番組をスタートさせるという。 「これまでの「ルールや判定を知る」というフェーズからより進化し、レフェリングに関する疑問やルールをわかりやすく解説し、審判についての理解・関心を深めてもらうことを目的に皆さまにお届けする新番組を開始いたします」 「詳細につきましては決定次第、発表させていただきます。是非、新番組もお楽しみにお待ちください」 なお、新番組は『DAZN』でも配信されるという。 2024.02.22 15:50 Thu

水戸ユースのMF木村晟明がクロアチア2部のHNKブコバル1991に移籍「夢であった海外でプロサッカー選手に」

水戸ホーリーホックは21日、ユースに所属するMF木村晟明(18)が、クロアチア2部のHNKブコバル1991に加入することを発表した。 木村は北海道出身で、FC DENOVA U-15から水戸のユースに加入していた。 夢だったという海外移籍を果たした木村はクラブを通じてコメントしている。 「今年からHNK Vukovar1991(Croatia division2 3位)に加入することになりました、木村晟明です。ずっと夢であった海外でプロサッカー選手になることができ、とても嬉しく思います」 「高校3年間は思い通りの結果を出せず、逆境やスランプに陥りとても苦しい思いをしました。ですが、そんな時も努力を辞めませんでした。努力を続けてくうちに努力は人生の成功への道標ということを学びました」 「これまで僕に携わってくれた友達やチームメイト、僕にたくさんのことを指導してくださったチームスタッフのみなさん、そして僕に人生をくれた両親、面倒を見てくれた姉、夢のきっかけになってくれた兄。すべての人に感謝しています」 「これからは日々を大切にしていきながら更に上にいけるように努力を継続していきます。そして皆さんに応援してもらえる選手になります。これからも応援よろしくお願いします!」 ブコバルは、かつて破産したクラブを引き継ぎ、2012年に設立されたクラブ。4部からのスタートとなったが、2022-23に2部の1. NLへ昇格。2位の成績を収め、惜しくも1部昇格は果たせなかった。 2024.02.22 12:25 Thu

Jリーグが理念強化配分金とファン指標配分金の支給クラブと支給額を発表! 「DAZN」ベースのファン指標分配金の1位は浦和、最下位は福島に

Jリーグは20日、2024年度理念強化配分金の支給対象候補クラブ、2023年度ファン指標配分金支給対象クラブを発表した。 Jリーグは、2023シーズンの競技順位と人気順位に基づく理念強化配分金の支給対象候補クラブが決定した。 理念強化配分金は、2023年の明治安田生命J1リーグで1位から9位に対して送られるもの。また、2023シーズン年間ファン指標順位(DAZN視聴者数等1~9位)に基づく順位でも支給される。 競技面では初優勝のヴィッセル神戸から9位のセレッソ大阪までが支給され、神戸は2024年、2025年にそれぞれ2億5000万円ずつを手にする。2位の横浜F・マリノスは1億8000万円ずつ、3位のサンフレッチェ広島は、1億5000万円と7000万円を手にする。 また、ファン指標順位は1位が浦和レッズで1億7000万円。2位が神戸で1億2000万円、3位が横浜FMで7000万円と続き、9位はアルビレックス新潟で1500万円となった。なお、競技順位で9位以内に入っていないクラブでは7位にガンバ大阪、8位に北海道コンサドーレ札幌、そして9位の新潟となった。 さらに、「ファン指標配分金」として、13億4000万円をJリーグの全60クラブに分配。これは、2023シーズンのDAZN視聴者数やDAZNシーズンパス販売実績等で配分され、1位が浦和で8636万404円。2位が横浜FMに7123万3512円、3位が川崎フロンターレで7021万4068円となっている。なお、最下位は福島ユナイテッドFCとなり2076万217円が分配される。 ◆理念強化配分金(競技) 1位:ヴィッセル神戸 1年目ー2億5000万円、2年目ー2億5000万円 2位:横浜F・マリノス 1年目ー1億8000万円、2年目ー1億8000万円 3位:サンフレッチェ広島 1年目ー1億5000万円、2年目ー7000万円 4位:浦和レッズ 1年目ー1億5000万円、2年目ーなし 5位:鹿島アントラーズ 1年目ー1億2000万円、2年目ーなし 6位:名古屋グランパス 1年目ー9000万円、2年目ーなし 7位:アビスパ福岡 1年目ー7000万円、2年目ーなし 8位:川崎フロンターレ 1年目ー6000万円、2年目ーなし 9位:セレッソ大阪 1年目ー5000万円、2年目ーなし ◆理念強化配分金(人気) 1位:浦和レッズ/1億7000万円 2位:ヴィッセル神戸/1億2000万円 3位:横浜F・マリノス/7000万円 4位:川崎フロンターレ/5000万円 5位:鹿島アントラーズ/4000万円 6位:名古屋グランパス/3000万円 7位:ガンバ大阪/2500万円 8位:北海道コンサドーレ札幌/2000万円 9位:アルビレックス新潟/1500万円 ◆ファン指標配分金 1位:浦和レッズ/8536万404円 2位:横浜F・マリノス/7123万3512円 3位:川崎フロンターレ/7021万4068円 4位:鹿島アントラーズ/6722万4841円 5位:名古屋グランパス/6221万4555円 6位:ヴィッセル神戸/6138万6548円 7位:ガンバ大阪/5431万7495円 8位:北海道コンサドーレ札幌/5191万2112円 9位:FC東京/4830万3502円 10位:アルビレックス新潟/4659万8704円 11位:セレッソ大阪/4478万1280円 12位:清水エスパルス/4385万7401円 13位:サンフレッチェ広島/4189万2451円 14位:柏レイソル/3947万9046円 15位:湘南ベルマーレ/3870万9907円 16位:サガン鳥栖/3788万3437円 17位:アビスパ福岡/3583万6995円 18位:横浜FC/3270万4028円 19位:京都サンガF.C./3173万5711円 20位:ジュビロ磐田/2640万1864円 21位:東京ヴェルディ/2611万5857円 22位:ベガルタ仙台/1910万4092円 23位:ジェフユナイテッド千葉/1806万4432円 24位:大分トリニータ/1635万7892円 25位:FC町田ゼルビア/1635万1328円 26位:モンテディオ山形/1596万4500円 27位:大宮アルディージャ/1582万902円 28位:V・ファーレン長崎/1526万9362円 29位:ヴァンフォーレ甲府/1524万4783円 30位:ファジアーノ岡山/1302万4156円 31位:ロアッソ熊本/1260万2259円 32位:徳島ヴォルティス/1141万7554円 33位:ツエーゲン金沢/1107万4002円 34位:水戸ホーリーホック/1097万7559円 35位:栃木SC/1062万9663円 36位:松本山雅FC/1061万4671円 37位:ザスパクサツ群馬/1058万5271円 38位:レノファ山口FC/1056万340円 39位:いわきFC/1053万6990円 40位:ブラウブリッツ秋田/801万5290円 41位:藤枝MYFC/786万5302円 42位:鹿児島ユナイテッドFC/560万5374円 43位:愛媛FC/468万53円 44位:ギラヴァンツ北九州/461万2982円 45位:FC岐阜/412万575円 46位:カターレ富山/407万680円 47位:SC相模原/371万8217円 48位:FC琉球/366万5421円 49位:FC今治/364万1179円 50位:いわてグルージャ盛岡/349万1823円 51位:AC長野パルセイロ/342万817円 52位:カマタマーレ讃岐/320万23円 53位:ガイナーレ鳥取/301万1947円 54位:ヴァンラーレ八戸/272万2294円 55位:アスルクラロ沼津/265万404円 56位:奈良クラブ/246万5890円 57位:FC大阪/221万9666円 58位:テゲバジャーロ宮崎/221万417円 59位:Y.S.C.C.横浜/214万142円 60位:福島ユナイテッドFC/207万6217円 2024.02.20 20:15 Tue

今季は何名が来場? Jリーグがプロレスの日にちなみに蝶野正洋さんらユニフォームレスラー3選手をピックアップ

サッカー選手とは異なる力強い魅力で、会場を沸かせた。 Jリーグ公式X(旧:ツイッター)は、2月19日がプロレスの日であることから、昨季ゲストとしてJの会場に来場した、ユニフォーム姿のプロレスラー3名を紹介した。 鹿島アントラーズのホームゲームに登場したのは蝶野正洋さん。鈴木優磨ともスペシャル対談を行うなど、話題を集めた。 オカダ・カズチカさんはFC東京のホームゲームに来場。交流のあるMF松木玖生は、ゴールパフォーマンスでレインメーカーポーズも披露している。 モンテディオ山形のホームには地元出身の本間朋晃さんが来場。自身も山形サポで、当日はマイクパフォーマンスのみならず、”ハスキーボイス”でのスタメン紹介も好評を博した。 また、ポストに対しては"忘れてもらっちゃ困るぜ"と、ツエーゲン金沢戦に来場した関札皓太さんや、AC長野パルセイロ戦に姿を見せたドラゴン・ダイヤさん、レノファ山口FC戦に登場した青木優也さんなどを各方面が引用で紹介している。 23日に幕を開ける明治安田Jリーグ。パワフルなゲストの来場は、今季も楽しみだ。 <span class="paragraph-title">【写真】Jユニフォーム姿の蝶野正洋、オカダ・カズチカ、本間朋晃</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>今日は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%97%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#プロレスの日</a><br>\<br><br>昨シーズン、Jリーグの試合に登場したプロレスラーの皆さん<a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%9D%B6%E9%87%8E%E6%AD%A3%E6%B4%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#蝶野正洋</a> さん|<a href="https://twitter.com/masahirochono?ref_src=twsrc%5Etfw">@masahirochono</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%83%81%E3%82%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#オカダ・カズチカ</a> さん|<a href="https://twitter.com/rainmakerXokada?ref_src=twsrc%5Etfw">@rainmakerXokada</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E9%96%93%E6%9C%8B%E6%99%83?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本間朋晃</a> さん|<a href="https://twitter.com/kokeshi19761118?ref_src=twsrc%5Etfw">@kokeshi19761118</a><br><br>これからも共に日本のスポーツ界を盛り上げていきましょう! <a href="https://t.co/ZgTEuS8z0Y">pic.twitter.com/ZgTEuS8z0Y</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1759367193714893062?ref_src=twsrc%5Etfw">February 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.20 16:30 Tue

「写真のチョイスよーw」NHKで特集を組まれた森脇良太がクラブの写真選びにツッコミ「大体キメキメの写真使うんじゃないの?笑」

愛媛FCの元日本代表DF森脇良太がチームの写真選びにツッコミを入れている。 2022年に愛媛に15年ぶりに復帰した森脇。移籍1年目こそJ3リーグ8試合の出場に終わったが、2年目の2023シーズンは守備的MFとして26試合でピッチに立ち、チームも優勝。3年ぶりのJ2復帰が決まった。 愛媛との契約更新も発表されており、2024シーズンはJ2優勝とJ1昇格を目指すこととなる。 その森脇は、20日に放送されるNHK松山放送局「ひめポン!」内の「この人にポン」のコーナーで特集が放送されることに。プロ20年目を迎える森脇のバックグラウンドに迫った内容になっているという。 クラブの公式X(旧:ツイッター)でも放送をPRしていたなか、森脇からその投稿の写真にツッコミが入った。 愛媛FCが選んだ写真は、森脇が右手で左胸のエンブレムを掴んでいるもの。目と口を大きく開いた中々にインパクトのある1枚だ。 森脇は「写真のチョイスよーーーwかっこいい特集をして頂いた時は大体キメキメの写真使うんじゃないの?笑」とやや嘆き節だった。 また、特集への感謝を綴るとともに番組内で触れられるであろうプロ1年目当時の思い出を振り返っている。 「みなさん!あす(20日)18:10から放送の『ひめポン!』是非ご覧くださいませ 森脇の特集を組んでくれる…こんなにも嬉しい事はありません」 「プロ一年目はほんとに練習するのが怖かった!プロ選手の凄さに、壁にぶち当たりました。でも、森脇の一番の応援団長だったおかん、おとんからたくさんのポジティブな言葉を手紙を毎週のようにもらうたびに、常に自分の心の中で思う事がありました!」 「今回の密着では自分の想いをたくさんお話させて頂きました。わざわざ森脇のために時間を割いて密着して下さったNHK松山放送局のみなさん本当にありがとうございました みなさん、是非チェックして下さいね」 森脇の特集が放送される「ひめポン!」は、NHK松山放送局で2月20日(火)18時10分~19時00分に放送。番組内の「この人にポン」コーナーで放送される。 <span class="paragraph-title">【写真】森脇良太がクラブの写真選びにツッコミ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">「ひめポン!」にて <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A3%AE%E8%84%87%E8%89%AF%E5%A4%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#森脇良太</a> 情報発信<br><br>明日2月20日(火)放送のNHK松山放送局「ひめポン!」内の「この人にポン」のコーナーでは森脇良太選手が特集されております<br><br>詳細はこちら<a href="https://t.co/Fc3TpAks6S">https://t.co/Fc3TpAks6S</a><a href="https://twitter.com/moriwaki46ryota?ref_src=twsrc%5Etfw">@moriwaki46ryota</a><a href="https://twitter.com/hashtag/ehimefc?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ehimefc</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%84%9B%E5%AA%9BFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#愛媛FC</a> <a href="https://t.co/5jHNAuKprZ">pic.twitter.com/5jHNAuKprZ</a></p>&mdash; 愛媛FC (公式) (@ehime_fc) <a href="https://twitter.com/ehime_fc/status/1759528528390041773?ref_src=twsrc%5Etfw">February 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.20 15:40 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly