新潟が暫定ながらも首位奪還、大分は梅崎が復帰後初得点も2点のリードを守り切れず【明治安田J2第31節】

2022.08.14 21:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
14日、明治安田生命J2リーグの3試合が各地で行われた。

昨日の横浜FCの試合中止を受け、暫定ながらも首位奪還のチャンスを得た2位のアルビレックス新潟は、アウェイで15位・栃木SCと対戦した。

3分に小見洋太のヘディングがポストのわずか右へそれると、以降はいちご一会とちぎ国体開催記念ユニフォームを着用した栃木の攻勢を受けたものの、ゴールレスで迎えた前半終了間際に先手を取る。中盤でのトーマス・デンのパスカットから伊藤涼太郎鈴木孝司へと素早く縦パスが2つ渡ると、ストライカーは巧みなステップでシュートコースを作り、ボックス左から強烈な左足の一撃を叩き込んだ。
最少点差で迎えた後半は終了間際の86分、高宇洋のロングボールから右のハイサイドへ抜け出した松田詠太郎が折り返し、走り込んだ藤原奏哉がペナルティアーク内右から3試合連続となるゴールを決めて勝負あり。2-0で勝利し、第27節以来となる首位返り咲きを果たした。

フクダ電子アリーナでは勝ち点「2」差の10位・ジェフユナイテッド千葉(勝ち点41)と、7位・FC町田ゼルビア(勝ち点43)が顔を合わせた。

J1昇格プレーオフ圏内を目指す両チームは、18分に町田が敵陣での流れるような連続ワンタッチパスで一気に相手を崩す。最後は太田修介の縦パスで裏を取ったドゥドゥがボックス手前右から右足を振り抜くと、強烈なシュートはGK新井章太の手を弾いて右隅へ決まった。

熊谷アンドリューの負傷交代というアクシデントもあった千葉は、ビハインドで迎えた後半の早い時間帯に末吉塁のシュートが深津康太のハンドを誘い、PKを獲得する。これをチアゴ・デ・レオンソを沈めて52分に試合を振り出しに戻した。

同点のまま終盤まで推移するも、町田はドゥドゥ西久保駿介に倒され、こちらもPKを獲得。自ら蹴り込んでネットを揺らすと、これが決勝点となり、町田が2-1で千葉を退けている。

14位・徳島ヴォルティスと9位・大分トリニータの一戦は、梅崎司のリーグ戦では大分復帰後初となるゴールなどで大分が2点を先行するも、徳島も54分に藤尾翔太、後半アディショナルタイムに白井永地がネットを揺らして土壇場で試合を振り出しに戻し、勝ち点「1」を分け合うこととなった。

なお、台風8号の影響で中止となっていた横浜FC vsザスパクサツ群馬は、16日に開催予定。水戸ホーリーホックvs東京ヴェルディの代替日は未定となっている。

◆第31節
▽8月14日(日)
栃木SC 0-2 アルビレックス新潟
ジェフユナイテッド千葉 1-2 FC町田ゼルビア
徳島ヴォルティス 2-2 大分トリニータ

▽8月16日(火)
《19:00》
横浜FC vs ザスパクサツ群馬

▽8月13日(土)
いわてグルージャ盛岡 0-1 ブラウブリッツ秋田
ヴァンフォーレ甲府 2-2 ロアッソ熊本
ベガルタ仙台 2-3 大宮アルディージャ
モンテディオ山形 4-1 ツエーゲン金沢
ファジアーノ岡山 3-2 レノファ山口FC
V・ファーレン長崎 2-3 FC琉球

▽未定
水戸ホーリーホック vs 東京ヴェルディ


関連ニュース
thumb

藤枝がFW土井智之との契約満了を発表、今季シンガポールから加入

藤枝MYFCは28日、FW土井智之(25)との契約満了を発表した。 兵庫県出身の土井は、神戸弘陵学園高校から常葉大学へと進学し、2020年にアルビレックス新潟シンガポールへと入団。2021年に移籍したホウガン・ユナイテッドFCではシンガポール・プレミアリーグの得点王とMVPの個人タイトルを獲得すると、今季から藤枝へと加入した。 Jリーガーとして迎えた初のシーズンでは序盤から主力として活躍するも、夏以降は負傷の影響もあって出場機会を掴めず。J3で17試合に出場して4得点という成績だった。 土井はクラブを通じてコメントしている。 「これからも土井智之を貫いていきます。最高のストライカーになります。ありがとうございました」 2022.11.28 18:31 Mon
twitterfacebook
thumb

「必ず一年でJ2に戻りましょう!」琉球がMF武沢一翔と契約更新、大卒1年目から35試合に出場

FC琉球は28日、MF武沢一翔(23)との契約更新を発表した。 武沢は茨城県出身で鹿島アントラーズのジュニアユース、ユースに所属。トップチームには昇格することなく、東京学芸大学へと進学し、今シーズンからFC琉球に加入した。 プロ1年目から主力となり、今季はJ2で35試合に出場。チームはJ3降格となったが、中盤のレギュラーとして存在感を示した。 契約更新を受け、次のようにコメントしている。 「来シーズンもFC琉球で闘わせていただくことになりました。昨シーズンに経験した悔しさを決して忘れることなく、その想いを原動力に変え、選手、スタッフ、ファンサポーターの皆様、そしてクラブに関わる全ての方々と共に必ず一年でJ2に戻りましょう!」 「目標がブレることはありませんが、地に足をつけて、目の前の試合、目の前の練習に100%で取り組むことをお約束します。来シーズンも熱い応援をよろしくお願いします!」 2022.11.28 18:04 Mon
twitterfacebook
thumb

千葉がMF小林祐介と契約延長、ボール奪取能力が光る守備的MF

ジェフユナイテッド千葉は28日、MF小林祐介(28)との契約更新を発表した。 小林は柏レイソルの下部組織で育ち、2014年にトップチームに昇格。湘南ベルマーレへの期限付き移籍を経て、2021シーズンから千葉へ加入した。 在籍2年目となる今シーズンはJ2で23試合に出場。そのボール奪取能力の高さから、終盤にクローザーとして投入されることも多かった。 小林はクラブを通じて決意を新たにしている。 「来シーズンもジェフユナイテッド市原・千葉でプレーすることができとても嬉しく思います。ジェフを支えてくださっている全ての方々と一緒に喜び合えるよう全力で闘います!来シーズンも熱い応援、サポートよろしくお願いいたします」 2022.11.28 17:45 Mon
twitterfacebook
thumb

藤枝、今季加入も出場なしのGK菅原大道と契約更新「本当に夢のよう」

藤枝MYFCは28日、GK菅原大道(27)との契約更新を発表した。 秋田県出身の菅原は、仙台大学卒業後、北海道サッカーリーグの北海道十勝スカイアースに入団。その後、関東サッカーリーグ1部の栃木シティフットボールクラブを経て、今季から藤枝に加入した。 Jリーガーとしての1年目は、シーズンを通してセカンドGKとしての立ち位置を確保するも、J3のベストイレブンにも選出された正GK内山圭の存在を前に、出場ゼロという結果に。悲願のJ2昇格を決めたチームをベンチから支えた。 しかし、27日には内山のサガン鳥栖への完全移籍が発表。J2の舞台で迎える来シーズンは出場機会の増加が期待される。 菅原は契約更新を受け、次のようにコメントしている。 「まずは1年間共に闘ってくれたMYFCファミリーの皆さん、最高の応援ありがとうございました!今年地域リーグから藤枝MYFCに加入させていただき、1年目で昇格し、来シーズンはJ2でプレーできます!本当に夢のようです」 「僕ができることといえば、大声を出してがむしゃらにやることくらいなので、慢心することなく、初心を忘れず来年も頑張っていきたいと思います!来シーズンもよろしくお願いします!」 2022.11.28 17:07 Mon
twitterfacebook
thumb

秋田がFW吉田伊吹と契約更新、今季はJ2でチームトップタイの5ゴール

ブラウブリッツ秋田は28日、FW吉田伊吹(25)との契約更新を発表した。 宮城県出身の吉田はベガルタ仙台の下部組織で育ち、産業能率大学を経て、2020年にAC長野パルセイロへと入団。2020シーズンから秋田へ完全移籍で加入していた。 J2で24試合に出場した1年目から、今季は出場機会が増加。38試合で出番を得て、チームトップタイの5ゴールを決めた。 契約更新を受け、次のようにコメントしている。 「ブラウブリッツ秋田に関わる全ての皆様、いつも応援していただきありがとうございます。来シーズンもブラウブリッツ秋田でプレーさせていただくことになりました。チームのために全力で闘うので、来シーズンも応援よろしくお願いします」 2022.11.28 16:43 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly