【先週末の海外日本人結果】昌子源が3バックの左で新天地デビュー!

2019.01.21 09:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。

数人の選手が日本代表としてアジアカップに参戦している中、4日に鹿島アントラーズからトゥールーズに移籍したDF昌子源が新天地デビュー。フル出場で3試合ぶり白星に貢献した。

◆プレミアリーグ
[レスター・シティ]岡崎慎司
A 3-4 ウォルバーハンプトン ●
ベンチ入りせず
[ニューカッスル]武藤嘉紀
H 3-0 カーディフ 〇
日本代表招集中のため欠場

[サウサンプトン]吉田麻也
H 2-1 エバートン 〇
日本代表招集中のため欠場

◆リーガエスパニョーラ
[ヘタフェ]柴崎岳
H 4-0 アラベス 〇
日本代表招集中のため欠場

[ベティス]乾貴士
H 3-2 ジローナ 〇
日本代表招集中のため欠場

◆ブンデスリーガ
[ドルトムント]香川真司
A 1-0 ライプツィヒ 〇
ベンチ入りせず⇒詳細ニュース

[ブレーメン]大迫勇也
A 1-0 ハノーファー 〇
日本代表招集中のため欠場

[フランクフルト]長谷部誠
H 3-1 フライブルク 〇
フル出場⇒詳細ニュース

[ニュルンベルク]久保裕也
H 1-3 ヘルタ・ベルリン ●
82分からプレー

[ハノーファー]浅野拓磨
H 0-1 ブレーメン ●
ベンチ入りせず

[ハノーファー]原口元気
H 0-1 ブレーメン ●
日本代表招集中のため欠場

[デュッセルドルフ]宇佐美貴史
A 2-1 アウグスブルク 〇
68分までプレー⇒詳細ニュース

◆リーグ・アン
[マルセイユ]酒井宏樹
A 1-0 カーン 〇
日本代表招集中のため欠場

[トゥールーズ]昌司源
A 1-0 ニーム 〇
フル出場⇒詳細ニュース

[ストラスブール]川島永嗣
A 5-1 モナコ 〇
ベンチ入りせず

◆エールディビジ
[ヘーレンフェーン]小林祐希
A 4-4 アヤックス △
出場停止で欠場

[フローニンヘン]堂安律
H 3-0 ヘラクレス 〇
日本代表招集中のため欠場

[フローニンヘン]板倉滉
H 3-0 ヘラクレス 〇
ベンチ入りせず

[ズウォレ]中山雄太
H 3-1 フェイエノールト 〇
ベンチ入りせず

◆トルコリーグ
[ガラタサライ]長友佑都
H 6-0 ヘラクレス 〇
日本代表招集中のため欠場

◆オーストリアリーグ
[ザルツブルク]南野拓実
※ウインターブレイク中

[インスブルック]財前淳
※ウインターブレイク中

◆ポルトガルリーグ
[ポルティモネンセ]中島翔哉
A 2-0 ボアヴィスタ 〇
ベンチ入りせず

[ブラガ]安西海斗
A 2-0 ナシオナル 〇
ベンチ入りせず

◆ロシアリーグ
[CSKAモスクワ]西村拓真
※ウインターブレイク中

◆ベルギーリーグ
[シント=トロイデン]遠藤航
H 2-3 ゲンク ●
日本代表招集中のため欠場⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]鎌田大地
H 2-3 ゲンク ●
フル出場⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]冨安健洋
H 2-3 ゲンク ●
日本代表招集中のため欠場⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]関根貴大
H 2-3 ゲンク ●
84分までプレー⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]小池裕太
H 2-3 ゲンク ●
ベンチ入りも出場せず⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]木下康介
H 2-3 ゲンク ●
ベンチ入りせず⇒詳細ニュース

[アンデルレヒト]森岡亮太
A 0-1 ヘント ●
後半からプレー

[オイペン]豊川雄太
H 4-1 ロケレン 〇
81分までプレー、40分に今季5点目を記録

[セルクル・ブルージュ]植田直通
A 1-1 ワースランド・ベフェレン △
フル出場

関連ニュース
thumb

「これ凄いこと」久保建英がレアル戦でスペイン紙の一面に起用される!試合でも古巣相手に躍動し指揮官絶賛

スペイン『マルカ』の一面が注目を集めた。 ラ・リーガ第19節、レアル・マドリーvsレアル・ソシエダが29日に行われ、0-0で引き分けた。レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英はフル出場している。 久保にとっては、公式戦での出場機会こそなかったものの2019年夏にFC東京から加入した古巣でもあるマドリーとの対戦。これまでにも何度か対戦してきたが、今回は少し話が違う。 これまではレンタル先のクラブで苦しむこともあった久保だが、今シーズンは完全移籍したソシエダで好プレーを披露。ラ・リーガ15試合で3ゴール3アシストと結果を残しており、ソシエダの選手として初めてのサンティアゴ・ベルナベウ凱旋となった。 久保の今のパフォーマンスは現地でも評価をされており、スペインの大手紙『マルカ』は、この一戦の一面に久保とレアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールを起用したのだ。 大きく取り上げられた久保の姿には、「これ凄いことだな!」、「あついな」と日本のファンからも反響が集まっていた。 久保は、マドリー戦でもその期待に違わぬ活躍を披露。チームが守勢を強いられる中、自陣でボールを奪ってそのままスルーパスで決定機を演出したり、右サイドではドリブル突破も披露するなど、躍動すると、イマノル・アルグアシル監督「とても優れており驚異的だった」とそのパフォーマンスを絶賛した。 試合終盤には、ヴィニシウスにファウルで止められにらみ合うなど、まさに見せ場を作った久保。その存在感は日に日に増している。 <span class="paragraph-title">【画像】スペインの大手紙『マルカ』の一面に久保建英!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/LaPortada?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LaPortada</a> Desafío Real <a href="https://t.co/nzxUQC3oEj">pic.twitter.com/nzxUQC3oEj</a></p>&mdash; MARCA (@marca) <a href="https://twitter.com/marca/status/1619468786444423170?ref_src=twsrc%5Etfw">January 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ともに一面を飾ったヴィニシウスにファウルで止められる場面も!久保建英のマドリー戦プレー集</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="99xXFIrMALE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

伊東純也がネイマールの“演技力”の餌食に?際どい判定のイエローカードに日本のファンは不満「めっちゃ演技するやん」「主演男優賞」

スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也も不満げだった。 29日にリーグ・アン第20節でパリ・サンジェルマン(PSG)とアウェイで対戦したスタッド・ランス。伊東は今節も右ウイングで先発出場した。 伊東はPSGの左サイドを任されたブラジル代表FWネイマールとも何度もマッチアップする中、35分にイエローカードを貰ってしまう。 タッチライン際を強引に抜こうとしらネイマールに対し、伊東は出足の早いスライディング。ボールはタッチラインを割ると、ネイマールの大きな叫び声が響き渡った。 リプレーを見ると伊東の足は先にボールに触れた後にネイマールの足に触れた流れだが、 このプレーで主審はイエローカードを提示。伊東は不満げに両手を広げていた。 このプレーには日本のファンも不満があるようで、『DAZN』のハイライトには「めっちゃ演技するやん」、「主演男優賞」、「ネイマールがネイマールしてて安心する」、「ネイマールチャレンジは成功したな」といったコメントが多く寄せられていた。 伊東は、その後相手の退場を誘発する突破を見せるなど攻撃の要として躍動。83分までプレーすると、チームも後半アディショナルタイムに劇的な同点弾を決め、1-1の引き分けに終わっている。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也がネイマールの“演技力”の餌食に?(2:19~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="T573qg_JGlQ";var video_start = 139;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「笑って退場してくなんて」伊東純也を悶絶させた足裏タックルで一発退場のPSGヴェッラッティに批判「折れてもおかしくなかった」

パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティが一部のファンから批判を浴びているようだ。フランス『90min』が伝えている。 29日にリーグ・アン第20節でスタッド・ランスをホームに迎えたPSG。直近のリーグ戦2試合を欠場していたヴェッラッティはベンチスタートとなった。 試合は、日本代表MF伊東純也も先発したスタッド・ランスの奮闘もあり、PSGはほとんどチャンスを作れないまま前半を終えた。 すると、後半開始からヴィティーニャを下げてヴェッラッティを投入。早速効果が出ると、51分にネイマールの先制ゴールが生まれた。 しかし、直後の55分には予期せぬ出来事。伊東が右サイドのタッチライン際でボールを受けると、フアン・ベルナトと上手く入れ替わって前を向く。そこにたまらずヴェッラッティがスライディングタックルを敢行した。 伊東がギリギリで送ったスルーパスに反応したフォラリン・バログンはオフサイドだったが、伊東へ危険なアフタータックルを見舞ったヴェッラッティがオンフィールドレビューの末にレッドカードを受け、退場処分となり、復帰戦はわずか10分程度のプレーに終わった。 なお、試合はPSGが数的不利を感じさせない戦いを見せたものの、試合終了間際の96分にミスから失点。試合は1-1の引き分けに終わっている。 『90min』によると、SNS上ではヴェッラッティを批判や揶揄するコメントが多数あがっているとのこと。さらに、『ESPN』の公式インスタグラムなどでも取り上げられており、「レッドカードは当然だ」、「危険なプレー」、「折れてもおかしくなかった」、「笑って退場してくなんてなんか解せないね」といった声が寄せられている。 伊東に突破されていたら大ピンチとなるシーンとはいえ、投入からわずか10分後、退場後も納得できずに反省の色を見せなかったヴェッラッティの姿は非難の的になっているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也への足裏タックルの後、笑顔で退場していくヴェッラッティ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> | Cette vilaine faute de Marco Verratti sur Junya Ito... <a href="https://twitter.com/hashtag/PSGSDR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PSGSDR</a> <a href="https://t.co/9b51UHdUAa">pic.twitter.com/9b51UHdUAa</a></p>&mdash; Eleven Sports (FR) (@ElevenSportsBEf) <a href="https://twitter.com/ElevenSportsBEf/status/1619809417456930816?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.30 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「似すぎだろ」「全然違う」三笘薫のスーパーゴールと酷似!?わずか4時間半後に生まれたセリエA得点王のゴールが注目集める

スーパーゴールを決めたブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫だが、三笘以外にもスーパーゴールを決めた選手がいるようだ。 29日、FAカップ4回戦でブライトンはリバプールとホームで対戦。三笘はこの試合でも左ウイングで先発出場を果たした。 1-1で迎えた後半アディショナルタイムには、ブライトンがボックス手前右でFKをもらうと、ペルビス・エストゥピニャンの折り返しにファーサイドで待っていた三笘。巧みなアウトサイドでのファーストタッチでわざと浮かせると、そこからシュートフェイクでジョー・ゴメスをかわし、ボールを浮かせたまま右足アウトを使ったシュートを放つと、これがゴールネットに突き刺さした。 三笘自身も「自分でも信じられない」と語るワールドクラスのゴールだったが、セリエAでも同じようなゴールが決まっていた。 決めたのはナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン。セリエA首位を走るナポリのエースで、得点ランキングでもトップに立つ男だ。 三笘の試合と同じ29日に行われたセリエA第20節のローマ戦に先発したオシムヘンは17分、ボックス内左に持ち込んだクヴィチャ・クワラツヘリアのクロスを、ファーサイドで胸トラップ。腿を使ったボールコントロールから強烈な右足のボレーシュートを叩き込んだ。 リバプール戦の三笘のように、ファーサイドで受けながら、ボールを地面に落とすことなく決めたボレーシュート。三笘のアウトサイドを駆使した点や空中でのシュートフェイントはオシムヘンのゴールにはないものだが、ボールを受けた位置やゴール上に突き刺さるボレーシュートという類似点のあるゴールだった。 2人のゴールには、ファンも「似すぎだろ」、「いや全然違うだろ」、「三笘の方が難易度高い」、「同じようなゴール決めてて笑う」と驚きや議論。どちらも素晴らしいゴールだった。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫のスーパーゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫のスーパーゴールと同日に生まれたオシムヘンのゴール(35秒~)</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="crpiAfijz64";var video_start = 35;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「ブライトンのシンボル」三笘薫が世界を席巻!衝撃は日英以外にも拡散し西紙は論文紹介も

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が世界中で話題となっている。 29日に行われたFAカップ4回戦で、リバプール撃破の立役者となった三笘。劇的で鮮やかな決勝点以外にも、幾度の突破やアウトサイドでのラストパスでも決定機を演出しており、『DAZN』からは“ミトマショー”と題してこの試合におけるプレー集が公開されている。 日本はもちろん、イギリス中を震撼させた三笘。影響は日英以外にまで及んでいるようだ。 アメリカ『ESPN』は「Kaoru Mitomaはスペシャル」とゴールシーンを紹介すれば、中米ホンジュラスの『diez』は試合結果と三笘のこれまでのスタッツを絡め、「ブライトンのシンボル」と締めた。 スペイン『AS』は「三笘薫について知っておくべきこと」と題し、これまでの経歴を紹介するまでに。川崎フロンターレからロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズに渡ったことや日本代表での成績はもちろん、筑波大学ではドリブルに関する論文を執筆したこと。装着したカメラを使い、相手をかわすためのデータを取得していたことなどについても触れている。 カタール・ワールドカップ(W杯)スペイン代表戦でのアシストが世界中を震撼させた三笘。あれから2カ月足らずでまたしても世界に衝撃を与えることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻ドリブルから決勝点まで!FAカップ、リバプール戦の三笘薫のプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pU2tgZrtDdg";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 17:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly