レアル・マドリー、クラブ・ワールドカップに向けた招集メンバー発表2018.12.06 22:06 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際サッカー連盟(FIFA)は6日、今月12日からUAEで開催されるFIFAクラブワールドカップ(CWC)2018に向けた各クラブの招集リストを発表した。そして、前大会王者レアル・マドリーの23名のスカッドが判明した。

▽チャンピオンズリーグ(CL)で3連覇中のマドリーは同じく3連覇を目指すCWCに向けて、DFセルヒオ・ラモス、DFマルセロ、MFルカ・モドリッチ、MFガレス・ベイル、FWカリム・ベンゼマなど主力を順当に選出した。

▽また、負傷離脱中のMFカゼミロ、DFレギロン、DFナチョ・フェルナンデスの3選手もメンバー入りを果たしたが、DFヘスス・バジェホはメンバー外となっている。

▽なお、今大会で準決勝からの参戦となるマドリーは19日にアジア王者の鹿島アントラーズ、北中米カリブ海王者のグアダラハラ(メキシコ)の勝者と初戦を戦う。今回発表されたメンバー23名は以下の通り。

◆レアル・マドリー招集メンバー
GK
ケイロル・ナバス
キコ・カシージャ
ティボー・クルトワ

DF
ダニエル・カルバハル
セルヒオ・ラモス
ラファエル・ヴァラン
ナチョ
マルセロ
アルバロ・オドリオソラ
セルヒオ・レギロン

MF
トニ・クロース
ルカ・モドリッチ
カゼミロ
フェデリコ・バルベルデ
マルコス・ジョレンテ
マルコ・アセンシオ
イスコ
ダニ・セバージョス

FW
マリアーノ・ディアス
カリム・ベンゼマ
ガレス・ベイル
ルーカス・バスケス
ヴィニシウス・ジュニオール
コメント
関連ニュース
thumb

トニ・クロースが新契約にサイン…レアル・マドリー退団説に終止符

レアル・マドリーは20日、ドイツ代表MFトニ・クロース(29)との新契約締結合意を正式発表した。新たな契約期間は2023年6月30日までとなる。 クロースは2014年夏にバイエルンから加入すると、すぐさまパスマスターとして存在感を発揮。公式戦通算233試合13得点59アシストを誇り、2015-16シーズンから続いたチャンピオンズリーグ3連覇のほか、2016-17シーズンのリーガエスパニューラ制覇や、4度のFIFAクラブ・ワールドカップ優勝など計12個のタイトル獲得に貢献している。 そのクロースはレアル・マドリー在籍5年目の今シーズンも主力を張り、公式戦43試合に出場して1得点6アシストを記録。自らSNSを通じて火消しに動いたものの、移籍の憶測が盛んに取り沙汰され、今後の去就に注目が集まっている状況だった。なお、同日にクラブの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで記者会見に臨む。 2019.05.20 17:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ベンゼマが海外の最優秀フランス人選手に選出「この賞は多くを意味する」

レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマが、フランスのUNFP(英:National Union of Professional Footballers)が選出する「海外でプレーする最優秀フランス人選手」に選ばれた。 UNFPは1961年にフランスで創立された、フランスでプレーするプロサッカー選手のための労働組合。フランス版PFAといったところだ。 UNFPは19日、今シーズンのリーグ・アン最優秀選手やベストイレブンを発表。最優秀選手にはパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペが選ばれる中、ベンゼマは“国外で”プレーする最優秀フランス人選手に選ばれた。 今シーズンのベンゼマは、ラ・リーガ36試合で21ゴール7アシスト、チャンピオンズリーグ8試合で4ゴール2アシスト、コパ・デル・レイ6試合で4ゴール1アシストなど、昨年のクラブ・ワールドカップも含めて、公式戦53試合で30ゴール11アシストを記録。FWクリスティアーノ・ロナウドの退団で銀河系軍団の攻撃の手綱を取った。 マンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバ、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン、トッテナムGKウーゴ・ロリス、チェルシーMFエンゴロ・カンテらも候補に選ばれる中で、今回この賞を受賞したベンゼマ。マドリー公式サイトで「とても嬉しいよ。この賞は僕にとって多くを意味する」とコメントを残している。 2019.05.20 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

今季終戦のベイル、ゴルフネタぶっこみ残留主張!

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)が自身の去就に関して、沈黙を破った。 今夏の移籍市場で大型補強に動く可能性が浮上しているレアル・マドリーにおいて、余剰戦力の1人として退団の憶測が過熱するベイル。ここ2試合連続で招集外だったが、18日にホームで行われたリーガエスパニューラ最終節のベティス戦(0-2でレアル・マドリーが敗戦)で3試合ぶりのメンバー入りを果たした。 だが、ベンチスタートだったベイルにジネディーヌ・ジダン監督から最後まで声がかかることなく、今シーズン最終戦の終わりを告げる主審のホイッスル…。イギリス『デイリー・メール』によれば、その試合後にスペインのラジオ『Radioestadio』の取材に応じたベイルは、皮肉交じりに残留の可能性を口にしたという。 「(レアル・マドリーと)僕の契約はまだ3年ある。彼らが追い出そうとしているのなら、僕に対して1シーズンにつき1700万ユーロ(約20億9000万円)を支払わなくちゃならない。それができないのなら、僕はここに残る。プレーさせてもらえないのなら、(趣味の)ゴルフをするまでさ」 なお、今シーズン最終戦でもベイルを起用しなかったジダン監督は試合後、「ベイルの功績を誰も覆せない。ただ、監督である以上、今を生きなければならないのだ。チームの利益が最優先だ」とコメントしている。 2019.05.20 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

去就不透明ベイル、出番なく終戦…ジダンが注目コメント

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は今シーズン最終戦でもウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)を使わなかった。 今夏の移籍市場で大型補強とともに余剰戦力の整理が憶測として浮上しているレアル・マドリー。売却候補の1人として目されるベイルは、ここ2試合連続で招集外だったが、18日にホームで行われるリーガエスパニューラ最終節のベティス戦(0-2でレアル・マドリーが敗戦)でメンバー入りした。 だが、ベンチスタートだったベイルは最後までジダン監督からお呼びの声がかからず…。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、ジダン監督は試合後、移籍となればベティス戦がラストマッチのベイルを起用しなかった理由について、次のように説明したという。 「彼がラストゲームであるのかどうかはわからない。どうかるかもね」 「彼をプレーさせてあげられなかったことに申し訳なく思うが、先の出来事なんて誰にもわからないものだ。1人の選手がチームにフィットできていないと感じたのなら、私は仕事が進む手段を講じなければならない」 「ベイルの功績を誰も覆せない。ただ、監督である以上、今を生きなければならないのだ。だから、ここ数週間、ほかの選手を使ってきた。それが正しいと感じたから、その決断に至った。チームの利益が最優先だ」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1t6scsovq3m9s1r5enz1kpwpv9" async></script> </div> 2019.05.20 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

退団濃厚ナバスは好守連発もベイル出場なし…マドリー、ベティスに敗戦で最悪のシーズンを終える《リーガエスパニョーラ》

レアル・マドリーは19日、リーガエスパニョーラ最終節でベティスと対戦し、0-2で敗れた。 すでに3位が確定しているマドリーは、最後尾に今シーズン限りでの退団が濃厚となっているGKケイロル・ナバスが4試合ぶりにスタメン復帰。3トップはセンターにベンゼマ、両ウイングにディアスとヴィニシウスを据えた。 勝利でシーズンを締めくくりたいマドリーだったが、試合はベティスペースで進んでいく。28分、バルトラに敵陣中央左サイドからボックス中央手前に侵攻され、シュートを許す。しかし、ここはケイロル・ナバスがはじき出した。 ピンチを招いたマドリーは34分、オーバーラップでボックス右外を駆け上がってきたヴァランがクロスを入れる。F・ゲレーロのクリアミスを拾ったベンゼマがボックス中央から狙うも、左ポストに嫌われた。 ゴールレスで試合を折り返したマドリーは、後半立ち上がりからゴール前に迫るが、ボックス内での精度を欠き、シュートを放つことができない。57分にはマルセロのパスに抜け出したヴィニシウスが、ボックス内でDFを1人かわし、GKパウ・ロペスとの一対一の局面を迎える。しかし、決めることはできず、千載一遇のチャンスを逃した。 マドリーは攻めあぐねていると一瞬の隙を突かれてしまう。62分、ボックス左外からグアルダードにクロスを許すと、ファーサイドのロレンに押し込まれてしまい、先制点を献上した。 失点後も覇気がないマドリー。67分のロ・セルソのシュートはGKケイロル・ナバスがビックセーブで防いだ。しかし、75分にロ・セルソのタメからカルバーニョにボックス左を侵攻されてしまうと、最後はゴール前のヘセ・ロドリゲスに左足で恩返し弾を浴びた。 2点ビハインドとなり、苦しくなったマドリーは、最後の交代カードとしてベンゼマに代えてL・バスケスを投入。今シーズン限りでの退団が濃厚なベイルに出場機会は訪れなかった。 その後もマドリーは、ベティスゴールを脅かすことができず、0-2で試合終了。シーズン12敗目を喫し、21世紀で最悪のシーズンを連敗で終わっている。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1t6scsovq3m9s1r5enz1kpwpv9" async></script> </div> 2019.05.19 21:25 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース