横浜FMが痛恨のドロー! 攻め込みながらも決め手欠き、新潟GK小島亨介がセーブ連発…明日にも神戸がJ1初優勝の可能性【明治安田J1第33節】

2023.11.24 21:02 Fri
24日、明治安田生命J1リーグ第33節の横浜F・マリノスvsアルビレックス新潟が日産スタジアムで行われ、

今シーズンも残り2節。2位の横浜FMは今節引き分け以下に終わると、ヴィッセル神戸の優勝が決まる可能性がある状況だ。対する新潟は1桁フィニッシュに向けて勝利したい試合となった。
横浜FMは直近のリーグ戦から2名を変更。渡辺皓太西村拓真が外れ、山根陸ナム・テヒが起用された。対する新潟は5名を変更。千葉和彦舞行龍ジェームズ星雄次松田詠太郎谷口海斗が外れ、渡邊泰基トーマス・デン秋山裕紀高木善朗小見洋太が起用された。

今シーズンの新潟ホームでの対戦では、2-1で新潟が勝利していた試合。序盤から互いに主導権を握っていく展開となる。

12分、自陣からの角田涼太朗のフィードをヤン・マテウスが上手く収めると、そのままドリブルで持ち込みボックス内でGKと一対一に。右足でシュートを放ったが、GK小島亨介が右手でセーブした。
15分には新潟がチャンス。左サイドのスペースに抜けた秋山が持ち出し中央へ折り返すも、角田がプレスバックでしっかりと対応してピンチを防ぐ。

すると22分にも新潟がビッグチャンス。ラインの裏へのパスに反応した鈴木孝司と競り合った喜田拓也が腕を引っ張り倒してしまうことに。これにイエローカードが出され、キャプテンの喜田は最終節出場停止となってしまった。

新潟が徐々にペースを握ると29分にはビッグチャンス。スルーパスに上手く抜けた小見が独走してGKと一対一もシュートは枠外に。オフサイドにもなったが、非常に微妙な判定であり、枠に飛ばしておきたかった。

39分には横浜FMが大きなチャンス。ボックス手前からのFKからエウベルが直接狙うとGK小島が弾い、こぼれ球をアンデルソン・ロペスがヘッド。ここで小島と接触すると、浮き球に角田と新井直人が競り合うと頭部同士が激しく衝突。ヘッドギアをつけている角田がなかなか立ち上がれない。

前半アディショナルタイム2分にはエドゥアルドのパスカットからナム・テヒエウベルアンデルソン・ロペスと繋ぎ、ボックス内から反転シュートもGK小島がセーブする。

ゴールレスで迎えた中、後半早々に新潟にアクシデント。49分に鈴木が足を痛めて交代を要求。そのまま担架で運び出され、谷口と交代した。

横浜FMが51分にビッグチャンス。ボックス右サイドからヤン・マテウスのクロスをDFが触るも、ファーに流れたところをエウベルがヘッド。しかし、GK小島がセーブする。

新潟は56分にビッグチャンス。細かくボールを繋ぐと、ボックス手前の太田から高木へ入れると、ダイレクトではたいたボールをボックス内で小見がシュートも枠を捉えられない。

横浜FMは63分にビッグチャンス。左サイドからのマイナスのパスを受けたナム・テヒがボックス手前から右足シュート。枠に飛んだ中、これは右ポストに嫌われてしまう。

横浜FMは喜田、吉尾海夏ナム・テヒを下げて、渡辺、上島拓巳、西村を投入して流れを変えにいく。すると68分、ハーフウェイライン付近でエウベルがキープすると、右サイドへするパス。反応したヤン・マテウスがドリブルで持ち出し、左足で狙おうとするが、シュートは打たせない。

勝利が必要な横浜FMが攻勢を強めていくが、新潟は落ち着いた対応を見せて決定機を作らせない。横浜FMは83分にエウベルヤン・マテウスの両翼を下げ、水沼宏太宮市亮を投入。ゴールを目指して攻撃的な交代となる。

すると86分に新潟がビッグチャンス。カウンターからスルーパスに完全に抜け出した長倉幹樹がボックス内からシュート。しかし、前に出たGK一森純が体に当ててセーブする。

横浜FMは87分に渡辺が強烈なミドルシュートも枠の左。88分には宮市が抜け出すが、GK小島がボックスの外に出て対応する。

オープンな展開となり、互いにゴールに迫る中、新潟は91分に再びビッグチャンス。スルーパスに抜け出た三戸舜介がシュートを放つが、これもわずかに外れていく。92分にも三戸がボックス内右からシュート。枠を捉えるがGK一森がセーブする。

結局最後までゴールは生まれず。横浜FMにとっては痛恨のドローとなり、25日に神戸が名古屋グランパスに勝利すれば、神戸のJ1初優勝が決定する。

横浜F・マリノス 0-0 アルビレックス新潟
関連ニュース

レアンドロ・ダミアンが3月頭に母国復帰初戦…川崎F移籍にもつながった“恩師”のもとで選手キャリア最終章へ

元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンの新天地初戦が近づいているようだ。 川崎フロンターレで5年間プレーしたレアンドロ・ダミアン。日本ではJ1リーグを2度、天皇杯を2度、YBCルヴァンカップを1度制し、2021シーズンはJ1得点王とMVPの個人2冠を成し遂げている。 34歳を迎えての母国復帰で選んだ新天地は、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)のコリチーバ。現在は2024シーズンの全国リーグ開幕に先立ち、パラナ州選手権を戦っている。 12日に合流したというダミアンの契約は1年間。ブラジル『グローボ』によると、デビュー戦は最速で、3月3日に行われるパラナ州選手権ラウンド16・1stレグのシアノルテ戦だという。 ダミアン加入はコリチーバにとって今季の目玉補強。昨季まで本職センターフォワードを配置しない”偽9番”の時期が長かったようだが、ダミアンを置くことでそれを終わらせるプランがあるようだ。 ただ、サッカーはチームスポーツであり、周囲の選手との関わりなくして活躍はない。 ダミアンはどうやらサイドアタッカーを中心としたポジションの近い選手との連携、またチームへのフィット具合を慎重に見極められているようで、現段階ではさほど熟成されていないとのこと。「しばらくは途中出場中心か」とも予想されている。 また、川崎Fでのラストゲーム(昨年12月9日)から2カ月強、コンディションも上がりきっていないとレポートされている。 それでも、コリチーバを率いるは、ダミアンが川崎F移籍前に所属したインテルナシオナル時代の指揮官でもあるグト・フェレイラ監督(※1)。欧州移籍に失敗し、ブラジルに戻っても不遇を抜け出せなかったダミアンを復活させた人物…コリチーバ行きの決め手は、もちろんフェレイラ監督の存在だ。 ロンドン五輪得点王、ブラジル代表通算18キャップ、J1得点王…34歳レアンドロ・ダミアンは、恩師のもとで選手キャリア最終章を迎える。 (※1)フェレイラ監督は2017年5月〜11月にかけてインテルナシオナルを指揮。同年7月加入のダミアンはフェレイラ監督の下でブラジル2部リーグ17試合10得点を記録し、エースとしてチームの1部昇格に貢献した 2024.02.27 19:43 Tue

広島MF松本大弥が右ヒザのじん帯損傷で全治8週間

サンフレッチェ広島は27日、MF松本大弥の負傷を報告した。 松本は25日のトレーニングにて負傷。26日に広島県内の病院で検査を受けた結果、右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、全治8週間となった。 広島ユース出身の松本は2019年からトップチームに所属し、2021年に大宮アルディージャ、2022年にツエーゲン金沢への期限付き移籍を経験。2023シーズンは広島に戻り、J1リーグ3試合、Jリーグカップ2試合、天皇杯2試合に出場した。 2024.02.27 17:33 Tue

福岡がイラン代表FWを獲得か? 現地報道…今季はリーグ戦16試合8ゴールを記録

イラン代表のFWシャバブ・ザヘディ(28)がJリーグでプレーする可能性があるようだ。 イラン『Tasnim News(タスニム通信社)』によると、アビスパ福岡に加入する可能性があるとのことだ。 『Tasnim News』は「ペルセポリスのサッカークラブのフォワード、シャハブ・ザヘディが日本のクラブ、アビスパ福岡に加入する予定だ。ザヘディは昨年7月にペルセポリスに加入したが、期待には応えられなかった」と伝えている。 ザヘディはイランのペルセポリスでプレーするストライカー。ペルセポリスでプロキャリアをスタートさせると、アイスランドのIBVヴェストマンナイジャール、韓国の水原三星ブルーウィングスでプレー。2019年8月からウクライナでプレーし、オリンピック・ドネツク、ゾリャ・ルハンシクでプレー。ハンガリーのプスカシュAFCでもプレーし2023年7月からペルセポリスに戻っていた。 今シーズンはペルシアン・ガルフ・プロリーグで16試合に出場し6ゴールを記録。2023年6月にはイラン代表デビューも果たしていた。 2024.02.27 13:35 Tue

神戸MF井出遥也が右ハムストリング肉離れで全治6~8週間…FUJIFILM SUPER CUPの川崎戦で負傷

ヴィッセル神戸は27日、MF井出遥也の負傷を報告した。 井出は17日に行われたFUJIFILM SUPER CUP 2024の川崎フロンターレ戦で負傷。神戸市内の病院で検査を行った結果、右ハムストリングの肉離れと診断されたとのことだ。全治は受傷日から6~8週間の見込みとなっている。 千葉県出身の井出は、ジェフユナイテッド千葉、ガンバ大阪、モンテディオ山形、東京ヴェルディを経て、2023シーズンから神戸に加入。昨シーズンは明治安田J1リーグで18試合に出場しており、リーグ優勝を決めた第33節の名古屋グランパス戦では貴重な先制ゴールを挙げていた。 2024.02.27 13:30 Tue

岐阜が青木拓矢を完全移籍で獲得! 昨季限りでFC東京を退団、J1で345試合出場のMFが初のJ3挑戦「経験を還元できたら」

FC岐阜は27日、FC東京を退団していたMF青木拓矢(34)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「21」をつける。 青木は前橋育英高校出身で、2008年に大宮アルディージャに加入しプロキャリアをスタート。2014年にはライバルである浦和レッズへと移籍し話題となった。 浦和では2020年にYBCルヴァンカップで優勝を経験。2021年にFC東京へと完全移籍すると、3年目の2023シーズンは出番が減少。ケガに悩まされるシーズンが続いていた。 これまでJ1通算345試合14得点を記録し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも34試合に出場している経験者がJ3初挑戦となる。 青木はクラブを通じてコメントしている。 「はじめまして、青木拓矢です。まずはシーズンが開幕したこのタイミングでFC岐阜に加入することができ、本当に感謝しています」 「J2昇格のために力になりたいですし、僕の経験をチームに還元できたらと思います!そして、なによりサッカーを楽しみたいと思います!応援よろしくお願いします!」 2024.02.27 09:45 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly