ユナイテッド、ラングニック氏招へいは24〜48時間以内に決着へ

2021.11.26 22:22 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドの新指揮官候補のラルフ・ラングニック氏(63)だが、間も無く合意に達するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

ユナイテッドは21日、成績不振を理由にオーレ・グンナー・スールシャール監督を解任。現在はアシスタントコーチを務めていたマイケル・キャリック氏が暫定指揮官を務め、23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のビジャレアル戦では2-0の勝利を飾っていた。

しかし、クラブは今シーズン終了までチームを任せる暫定指揮官探しに奔走しており、これまでクラブOBであるローラン・ブラン氏や、バルセロナ元指揮官のエルネスト・バルベルデ氏、元ドルトムント指揮官のルシアン・ファブレ氏、直近ではローマやリヨンを率いたルディ・ガルシア氏など多くの候補の名前が挙がっていた。

そういった中、前述の候補と共に名前が挙がっていたラングニック氏だが、今後24時間から48時間の間にユナイテッドへとやってくることになるようだ。なお、期限は設けていないとされており、ロコモティフ・モスクワとの合意を待つことになる。

現在はロコモティフ・モスクワでスポーツ部門と開発部門の責任者を務めており、25日にはヨーロッパリーグ(EL)でラツィオと対戦し、ロシアにいたが、クラブと退団に向けて話し合いをしており、合意に達したらすぐに労働許可証を申請するようだ。

なお、契約は今シーズンまでの監督契約と、来シーズン以降の2年間に関してはアドバイザー的なポジションで補強やアカデミー部門など、スポーツ・ディレクターやフットボール・ディレクターに近い役割を担うことになるとのことだ。

暫定監督が決定間近のユナイテッドは、来シーズンに向けて噂されるパリ・サンジェルマンのマウリシオ・ポチェッティーノ監督やレスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督、アヤックスのエリク・テン・ハグ監督、ジネディーヌ・ジダン氏などの引き抜きに動くことは変わりないという。

ラングニック氏は、これまでシュツットガルトやハノーファー、シャルケ、ホッフェンハイムの監督を歴任。2012年からは世界的な飲料メーカー『レッドブル』社がオーナーを務めるレッドブル・ザルツブルクとRBライプツィヒの統括SDに就任。

2015年からはライプツィヒの仕事に専念しSDと監督を兼任。2018-19シーズンは翌シーズンから新監督に内定していたホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督(現バイエルン)の繋ぎ役として、1シーズン限定でSD兼任監督に再任。チームを来季チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位フィニッシュさせる、さすがの手腕を発揮していた。

その後、ライプツィヒのアドバイザーを務める傍ら、『レッドブル・グループ』のスポーツ部門兼サッカー開発部門の責任者に就任。傘下のニューヨーク・レッドブルズ(アメリカ)、レッドブル・ブラガンチーノ(ブラジル)のアドバイザーを務めていた。

なお、プロフェッサーの愛称で知られるドイツ屈指の戦術家は“ゲーゲンプレッシングの生みの親”の一人とも言われ、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督や前述のナーゲルスマン監督、PSVのロジャー・シュミット監督らは教え子たちだ。

“パワーフットボール”とも形容される攻守両面で強度が高いプレースタイルに関しては、現ユナイテッドの陣容と必ずしも合致するものではないが、智将と赤い悪魔の融合には大きな注目が集まるところだ。


関連ニュース
thumb

C・ロナウドがパレスとの今季最終戦欠場へ…股関節の問題再発か?

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが今シーズンの最終戦を欠場することになるようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 現在、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の6位に位置するユナイテッドだが、7位のウェストハムとの勝ち点差は2ポイント。さらに、得失点差で下回っているため、自力での6位フィニッシュに向けては13位のクリスタル・パレスとのアウェイゲームでの勝利が必須だ。 しかし、この重要なシーズン最終戦をエースFW不在の中で戦う可能性があるようだ。 『Athletic』が報じるところによれば、C・ロナウドは今年1月と3月の数試合の欠場の原因となった股関節屈筋の問題が再発しており、フランス代表MFポール・ポグバと共にパレス戦を欠場する可能性が高いという。 ラルフ・ラングニック暫定監督は前日の公式会見の場で最新のチームニュースを明かした際、具体的な選手名や人数は伏せたが、数名の選手が遠征に帯同できないことを明言しており、その内の一人がポルトガル代表FWだったようだ。 C・ロナウドは今シーズンここまでのプレミアリーグ30試合でチームトップの18ゴールを挙げており、この最終戦での2ゴールによってシーズン20ゴール到達も期待されていたが、一足早くシーズンを終えることになったようだ。 2022.05.22 00:16 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドでの最後が迫るマティッチ、サポーターにメッセージ 「チームは必ずや復活する。これからも応援を」

元セルビア代表MFネマニャ・マティッチがマンチェスター・ユナイテッドでのラストマッチを前にこれまでを振り返り、サポーターにメッセージを送った。 2017年夏に恩師のジョゼ・モウリーニョ監督と再会を果たす形でチェルシーから加わったマティッチ。身長194cmのサイズだけでなく、確かな展開力や持ち運びも武器のアンカーとして、180試合以上の公式戦に出場している。 近年は絶対的なレギュラーといかないまでも準主力として重宝され、5年目の今季も公式戦32試合に出場。2020年夏に更新した契約もまだ来季まで残るが、先月中旬に自身のインスタグラムで今季をもっての退団を表明した。 そのマティッチはユナイテッドでのラストマッチとなるプレミアリーグ最終節のクリスタル・パレス戦が22日に迫るなか、クラブのインタビューで別れの言葉を求められると、感謝の言葉とともに引き続きの後押しを求めた。 「ただただ素晴らしいサポートをありがとうと言いたいね。厳しいシーズンが続いたけど、トレーニング場でベストを尽くしているし、ユナイテッドが必ず復活するというのを知っていてほしい。時間はかかるだろうけど、ユナイテッドは必ずや戻ってくる。これからも一丸となって応援を続けてほしい」 なお、今後については「まだ決めていない。今季が終わって、6月にはおそらく決めると思う」とコメント。噂されるローマ行きなどの国外移籍にも「すべての選択肢がオープンな状況だし、見てみよう」と返している。 2022.05.21 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

アディダスのアイコン・ベッカムが日韓W杯モデルを含めたスパイクを語る! 1番のお気に入りは…

元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏のシューズへのこだわりが感じられるようだ。 イングランド代表やマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリーなどでプレーをし、至高のキックで観衆を虜にしてきたベッカム氏。その足元を支えてきたのは家族と、アディダスのスパイクだ。 『COMPLEX』でシューズショッピング企画に出演したベッカム氏。アディダスのアイコンともいえるプレーメーカーは、スニーカーにも並々ならぬこだわりを示しているが、スパイクに話が及ぶと、さらに熱が入る。 日韓ワールドカップ(W杯)で着用した日本語の刺繍入りスパイクをはじめ、これまでベッカムが着用したスパイクがずらり。お気に入りの一足を訪ねられると「好きな子供は誰かって尋ねるようなものだよ」と、悩ましげだ。その中でも、ユナイテッドで1998-99シーズンにイングランド・サッカー史上初となるトレブルを達成した、黒と白のストライプの一足を選出した。 「このスパイクは(ユナイテッドの栄光という)素晴らしい記憶を呼び起こさせる。これを履いてとても素晴らしい季節を過ごしたものだ。この靴のすべてが気に入っている。だからもし、どれかを選べと言われたら、この一足でなくちゃね」 アディダスの『プレデター』シリーズを着用し続けてきたベッカム氏。それはすなわち、自身のキャリアとプレデターの進化がともに歩んできたことを意味する。デザイン、機能性など、使い続けてきたからこそわかるポイントも多々あるようだ。 「ずっとこれだけを履いていたから、僕のキャリアはプレデターとともにあった。ピンクを選ぶのにはちょっと勇気が必要だったけど、とてもエキサイティングだった。スパイクの進化はすごいね。紐なしには懐疑的だったんだけど、履いてみたら驚きだったよ」 <span class="paragraph-title">【動画】ベッカムがお気に入りの一足を選ぶ(7:58~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="bhZzI3kbjDs";var video_start = 478;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.20 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの2ndGKヘンダーソン、ニューカッスルにレンタルへ

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表GKディーン・ヘンダーソン(25)のニューカッスル移籍がまもなく決まる模様だ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 昨季にシェフィールド・ユナイテッドでの2年間の武者修行から復帰しトップチームに定着したヘンダーソン。その初年度の終盤こそ出番を増やしたが、今季は新型コロナウイルス感染などで出遅れると、近年の不振ぶりから一転して復調したスペイン代表GKダビド・デ・ヘアに付け入る隙のない状況となってしまった。 今季はプレミアリーグでの出場は一度もなく、このまま控えに甘んじるつもりのない25歳は、夏に新天地を求めるようだ。伝えられるところによると、同選手は18日に交渉のためニューカッスル入り。シーズンローンに向けた話し合いが行われたという。 今冬の移籍市場でもヘンダーソンの獲得に動いたニューカッスル。だが、トレード要員になることを嫌ったGKマルティン・ドゥブラフカが拒否したため実現しなかった経緯がある。また、同じタイミングでアヤックスもローンでの獲得を試みたが、来季からユナイテッドを指揮するエリク・テン・ハグ監督はデ・ヘアを正GKと見ているようだ。 なお、『マンチェスター・イブニング・ニュース』は完全移籍の可能性も除外されていないと主張。ただ、ユナイテッドは4000万ポンドの(約63億8000万円)の移籍金を求めているとのことで、仮にニューカッスルが満額支払った場合、昨夏にアーセナルが3000万ポンド(現レートで約49億4000万円)を投じて獲得したイングランド代表GKアーロン・ラムズデールを上回り、イギリス人GK史上最高額の選手になる。 2022.05.20 16:03 Fri
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のダルウィン・ヌニェス、マンチェスター・ユナイテッドとニューカッスルのオファーを拒否

ベンフィカで活躍するウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェス(22)の去就が注目されている。 母国の強豪ペニャロール出身のヌニェスは、2019年夏にアルメリアに移籍し欧州上陸。その1年目にラ・リーガ2部で30試合16ゴールの活躍を披露し、2020年夏に2400万ユーロの移籍金でベンフィカに加入した。 187cmの身長に巧みなドリブル、ゴールへの嗅覚を武器とする万能型センターFWのヌニェスは、新天地でも公式戦44試合で14ゴール12アシストと、初年度としては上々の結果を残す。だが、今シーズンはさらに覚醒。リーグ戦では28試合で26ゴール、自身初のチャンピオンズリーグでも10試合で6ゴールを挙げるなど、公式戦41試合で34ゴールという圧巻の成績を残した。 この活躍には当然ビッグクラブが注目。マンチェスター・シティやバルセロナ、バイエルンなど錚々たるクラブの関心が伝えられる中、1月にはイギリス『スカイ・スポーツ』が、ウェストハムが金銭面でベンフィカと合意していると報じていた。 ただ、フランス『RMC Sport』に勤めるロイク・タンジ記者によると、ヌニェスはチャンピオンズリーグに出られるクラブへの移籍を求めている模様。この理由から、マンチェスタ・ユナイテッドやニューカッスルからのオファーには断りを入れたと伝えられている。 なお、現状ではパリ・サンジェルマンが22歳の争奪戦をリードしているとのこと。この夏注目の一人となりそうだ。 2022.05.20 15:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly