S・ランスに監督引き抜かれたル・アーヴル、クラブOBの37歳ディガール氏を新指揮官に指名

2024.07.02 15:25 Tue
古巣の正指揮官に指名されたディガール氏
Getty Images
古巣の正指揮官に指名されたディガール氏
ル・アーヴルは1日、ディディエ・ディガール氏(37)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの2年となる。

ル・アーヴルでは2022-23シーズンにリーグ・ドゥ(フランス2部)優勝と共に昇格に導き、昨シーズンも15位でのリーグ・アン残留に導いたルカ・エルスネル監督が先日にスタッド・ランスに引き抜かれた。
これを受け、新指揮官探しに奔走していたクラブは、これまで一貫してニースで指導者キャリアを築き、かつてユースとファーストチームでプレーしていたクラブOBを後任に示した。

ディガール氏は現役時代にル・アーヴルでプロキャリアをスタートし、パリ・サンジェルマンやミドルズブラ、レアル・ベティス、オサスナといった国内外のクラブでプレー。現役引退後は古巣ニースで指導者となり、ユース、リザーブチームのニースBの監督を歴任。2022-23シーズンにはルシアン・ファブレ監督の解任に伴い、暫定指揮官としてファーストチームも指揮していた。

昨シーズンは再びニースBを指揮していた中、古巣からのラブコールを受けて新シーズンは正指揮官としてル・アーヴルを率いることになった。

ディディエ・ディガールの関連記事

ニースの新監督は新進気鋭のイタリア人指揮官となるようだ。 ニースは今シーズン、ルシアン・ファブレ、暫定指揮官のディディエ・ディガールと2人の指揮官の下でリーグ・アンを9位で終えていた。 ディガール氏の退任が既定路線となっていた中、クラブは今シーズン限りでユニオン・サン=ジロワーズの指揮官を退任したカレル・ゲレツ氏、前リーベル・プレート指揮官のマルセロ・ガジャルド氏らを後任候補としてリストアップしていた。 しかし、オーナーの『INEOS』は、魅力的なプレースタイル原則を備えた若い指導者の招へいを求めており、最終的にその要求に合致した34歳のイタリア人指揮官の招へいが決定的となった。 フランス『RMC Sport』など複数国内メディアによると、ニースは今年2月までトルコのアランヤスポルを率いていたフランチェスコ・ファリオーリ氏(34)と2年契約を結ぶ見込みだという。 大学でスポーツ科学を専攻していたファリオーリ氏は、 2009年からマルジネ・コペルタのGKコーチとして指導者キャリアをスタート。 カタールのアスパイア・アカデミーでの指導後、親交があったロベルト・デ・ゼルビ氏の誘いを受け、ベネヴェントとサッスオーロでGKコーチを歴任した。 その後は2020年8月からアランヤスポルのアシスタントマネージャー、2021年3月からは同じくトルコのファティ・カラギュムリュクで自身初のファーストチームの監督に就任。同年12月末には古巣アランヤスポルの監督を務めていた。 今夏にはセルティックやサレルニターナといったクラブからの関心も伝えられたが、新天地はフランス南部となる見込みだ。 2023.06.29 14:56 Thu
ニースがチェルシー前指揮官のグレアム・ポッター氏(48)の招へいを目指しているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得したブライトンの礎を築き、昨年9月にはトーマス・トゥヘル監督を解任したチェルシーに引き抜かれたポッター氏。しかし、そのチェルシーでは度重なる負傷者や、クラブ主導の無軌道な大型補強の影響もあり、思うように結果を残せず。就任から7カ月となった今年4月に解任されていた。 とはいえ、イングランド国内では依然としてその手腕が評価されており、レスター・シティを筆頭に複数クラブが招へいに関心を示しているとも報じられる。 『レキップ』によると、そのイングランド人指揮官に対して、ディディエ・ディガール暫定監督の後任を探すニースがトップターゲットとして招へいへの動きを見せているという。 ルシアン・ファブレ監督の下でシーズンをスタートしたものの、深刻な不振によって解任に踏み切ったニース。一時はディガール暫定監督の下でV字回復を見せたが、現在はUEFAコンペティション圏外の9位に甘んじている。 現在、マンチェスター・ユナイテッドの買収に動くジム・ラトクリフ氏率いるイギリスの多国籍化学企業『INEOS』がオーナーを務めるクラブでは、ボローニャのチアゴ・モッタ監督やRCランスのフランク・エズ監督、ロリアンのレジス・ル・ブリ監督らが後任候補に挙がっている。 しかし、前述の3人の候補に関しては首脳陣で意見が分かれており、現時点で全会一致のポッター氏がやはり有力な候補になっているという。 ただ、前述のユナイテッド買収に『INEOS』が全力を注いでいる状況において、ポッター氏の招へいに向けた具体的な動きは現時点でないという。 2023.05.26 00:20 Fri
アーセナルからニースにレンタル移籍中のコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(27)が完全移籍を望んでいるようだ。 2019年夏に、クラブ史上最高額の移籍金7200万ポンド(現レートで約116億円)でリールからアーセナルに加入したペペ。当然、チームのエースとしての期待が寄せられていたが、移籍金に見合う活躍は披露できず、昨夏にミケル・アルテタ監督から構想外の扱いを受けると、ニースに1年間のレンタル移籍となった。 ニースではヒザのケガによる長期離脱こそあったものの、ここまで主力として公式戦25試合に出場して8ゴール1アシストを記録。ディディエ・ディガール監督からの信頼も厚く、アーセナル時代のうっ憤を晴らすパフォーマンスを見せている。 イギリス『ミラー』によると、こうした活躍を受けてニースは今夏にペペの完全移籍を希望する可能性があり、選手自身もそれを望んでいるとのことだ。 現在のレンタル移籍に買い取りオプションは付随されていないものの、スカッドの整理を望むアーセナル側も完全な売却を希望。このままいけば、今夏に両クラブの間で話し合いの場が設けられる見通しのようだ。ただし、ペペがここからさらなる活躍を見せた場合、他クラブとの間で争奪戦に発展する可能性もある。 2023.03.21 17:42 Tue
ニースは9日、ルシアン・ファブレ監督(65)の解任を発表した。 一度はドルトムントに向かったが、今季からニースに舞い戻ったファブレ監督。だが、リーグ・アン17試合を消化して5勝6分け6敗の11位と波に乗れず、直近に行われた第17節のスタッド・レンヌ戦も1-2で競り負けた。 そんなスイス人指導者だが、7日に行われたクープ・ドゥ・フランスのラウンド64でも3部のル・ピュイ相手に0-1で敗れ、まさかの敗退。これで公式戦2連敗の4戦未勝利となり、解任の決定打となってしまった格好だ。 なお、今後は後任が決まるまでの間、ディディエ・ディガール氏(36)が暫定的に指揮。11日に迫るリーグ・アン第18節のモンペリエ戦も采配する見込みだ。 2023.01.10 09:20 Tue

記事をさがす

ディディエ・ディガールの人気記事ランキング

1

ニースで順調なペペがアーセナルからの完全移籍を希望? 今夏に両クラブが話し合いへ

アーセナルからニースにレンタル移籍中のコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(27)が完全移籍を望んでいるようだ。 2019年夏に、クラブ史上最高額の移籍金7200万ポンド(現レートで約116億円)でリールからアーセナルに加入したペペ。当然、チームのエースとしての期待が寄せられていたが、移籍金に見合う活躍は披露できず、昨夏にミケル・アルテタ監督から構想外の扱いを受けると、ニースに1年間のレンタル移籍となった。 ニースではヒザのケガによる長期離脱こそあったものの、ここまで主力として公式戦25試合に出場して8ゴール1アシストを記録。ディディエ・ディガール監督からの信頼も厚く、アーセナル時代のうっ憤を晴らすパフォーマンスを見せている。 イギリス『ミラー』によると、こうした活躍を受けてニースは今夏にペペの完全移籍を希望する可能性があり、選手自身もそれを望んでいるとのことだ。 現在のレンタル移籍に買い取りオプションは付随されていないものの、スカッドの整理を望むアーセナル側も完全な売却を希望。このままいけば、今夏に両クラブの間で話し合いの場が設けられる見通しのようだ。ただし、ペペがここからさらなる活躍を見せた場合、他クラブとの間で争奪戦に発展する可能性もある。 2023.03.21 17:42 Tue
2

S・ランスに監督引き抜かれたル・アーヴル、クラブOBの37歳ディガール氏を新指揮官に指名

ル・アーヴルは1日、ディディエ・ディガール氏(37)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの2年となる。 ル・アーヴルでは2022-23シーズンにリーグ・ドゥ(フランス2部)優勝と共に昇格に導き、昨シーズンも15位でのリーグ・アン残留に導いたルカ・エルスネル監督が先日にスタッド・ランスに引き抜かれた。 これを受け、新指揮官探しに奔走していたクラブは、これまで一貫してニースで指導者キャリアを築き、かつてユースとファーストチームでプレーしていたクラブOBを後任に示した。 ディガール氏は現役時代にル・アーヴルでプロキャリアをスタートし、パリ・サンジェルマンやミドルズブラ、レアル・ベティス、オサスナといった国内外のクラブでプレー。現役引退後は古巣ニースで指導者となり、ユース、リザーブチームのニースBの監督を歴任。2022-23シーズンにはルシアン・ファブレ監督の解任に伴い、暫定指揮官としてファーストチームも指揮していた。 昨シーズンは再びニースBを指揮していた中、古巣からのラブコールを受けて新シーズンは正指揮官としてル・アーヴルを率いることになった。 2024.07.02 15:25 Tue

ル・アーヴルの人気記事ランキング

1

伊東純也&中村敬斗のスタッド・ランス、新指揮官は41歳のエルスネル氏に決定! ル・アーヴルを1部昇格&残留に導く手腕

スタッド・ランスは25日、新監督にスロベニア人指揮官のルカ・エルスネル氏(41)が就任することを発表した。契約期間は2年間となる。 エルスネル氏は、オーストリア代表監督やブランメル仙台(現ベガルタ仙台)を過去に率いたブランコ・エルスネル氏を祖父に、父と弟もプロサッカー選手だったフットボール一家で育った。 現役時代は、ドムジャレなどで活躍し、スロベニア代表としても1試合出場。現役引退後は古巣ドムジャレやオリンピア・リュブリャナと母国クラブで指揮を執ると、ベルギーでロイヤル=ユニオン・サン=ジロワーズ、コルトレイク、スタンダール・リエージュをしき。2022-23シーズンからル・アーヴルの監督に就任していた。 就任1年目でリーグ・ドゥ(フランス2部)優勝と共に昇格に導くと、2023-24シーズンは残留圏内ギリギリの15位でチームをリーグ・アン残留に導いていた。 41歳とまだ若い指揮官ながらも豊富な監督経験を持つエルスネル氏は、[4-3-3]の布陣をベースに[4-4-2]や3バックなど対戦相手や持ち駒に応じて柔軟に布陣を使い分ける引き出しの多い指揮官だ。 2024.06.25 23:20 Tue
2

S・ランスに監督引き抜かれたル・アーヴル、クラブOBの37歳ディガール氏を新指揮官に指名

ル・アーヴルは1日、ディディエ・ディガール氏(37)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの2年となる。 ル・アーヴルでは2022-23シーズンにリーグ・ドゥ(フランス2部)優勝と共に昇格に導き、昨シーズンも15位でのリーグ・アン残留に導いたルカ・エルスネル監督が先日にスタッド・ランスに引き抜かれた。 これを受け、新指揮官探しに奔走していたクラブは、これまで一貫してニースで指導者キャリアを築き、かつてユースとファーストチームでプレーしていたクラブOBを後任に示した。 ディガール氏は現役時代にル・アーヴルでプロキャリアをスタートし、パリ・サンジェルマンやミドルズブラ、レアル・ベティス、オサスナといった国内外のクラブでプレー。現役引退後は古巣ニースで指導者となり、ユース、リザーブチームのニースBの監督を歴任。2022-23シーズンにはルシアン・ファブレ監督の解任に伴い、暫定指揮官としてファーストチームも指揮していた。 昨シーズンは再びニースBを指揮していた中、古巣からのラブコールを受けて新シーズンは正指揮官としてル・アーヴルを率いることになった。 2024.07.02 15:25 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly