話題のユナイテッド残留匂わせ発言に「そんなこと言ってない」 C・ロナウド自ら否定

2022.05.04 17:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)がマンチェスター・ユナイテッド残留をほのめかしたとされる発言を正した。イギリス『talkSPORT』が報じている。

プレミアリーグでのトップ4入りもかなり厳しくなり、残りシーズンでの目標が希薄になるなか、2日の第35節でブレントフォードをホームに迎え撃ったユナイテッド。ここ4試合で3勝1分けと決して侮れないチームを相手にしてのホーム最終戦だったが、3-0で快勝した。

チームとしてもうまくボールの主導権を握り、試合を支配するなか、C・ロナウドも3戦連発。前半終盤にネットを揺らした場面こそオフサイドで認められなかったものの、1-0の61分に自ら獲得したPKから13季連続のリーグ戦20ゴールに迫る18得点目をマークした。
この試合後に選手団がピッチを一周してファンに挨拶するなか、C・ロナウドは自身に近づくテレビカメラに向かって、何かしらを発言。イギリス『サン』などによると、「I'm not finished(僕はまだ終わってなんかいない)」とつぶやいたという。

飛び交う限界説に向けてもあり得るが、イギリスメディアが残留を示唆したと紹介して大きな話題に。だが、インスタグラム上にある自身のファンアカウントがその話題を取り上げると、C・ロナウドは「I didn’t say that(そんなことは言っていない)」と反応した。

大スターが故に批判されがちで、今季もチーム全体が不振に陥るなかで矢面に立たされるC・ロナウド。今季限りで退くラルフ・ラングニック監督は来季までの契約を強調して残留見通しを口にしているが、C・ロナウドの去就を巡っては今後も様々な憶測が飛び交いそうだ。

関連ニュース
thumb

ユナイテッドが夏に3選手放出へ、新ストライカー獲得が最優先事項に

マンチェスター・ユナイテッドが、新ストライカー獲得を目指す中で夏に3選手の放出を検討しているという。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えた。 ユナイテッドが売却を検討しているのは、フランス代表FWアントニー・マルシャル(27)、イングランド代表DFハリー・マグワイア(29)、ブラジル代表DFアレックス・テレス(30)の3名だという。 マルシャルは現在ケガで離脱中だが、ユナイテッドは予てから売却可能なリストにマルシャルを入れているとのこと。今シーズンは公式戦14試合で6ゴール2アシスト。ケガでの離脱が多く、戦力として見なされていない状態だ。 マルシャルは2024年夏までの契約があり、1年間の延長オプションがある状況。今夏放出することが1番の解決策と考えられている。 また、DF史上最高額の移籍金で2019年夏にレスター・シティから加入したマグワイアも放出候補。契約は2025年夏まで残っているが、近年のパフォーマンス低下は著しく、エリク・テン・ハグ監督は計算に入れていないとみられ、今季は公式戦18試合の出場に終わっている。 アレックス・テレスも昨夏セビージャへとレンタル移籍。ユナイテッドにとっては不要な戦力であり、契約は今季限り。1年間の延長オプションがあるがどうするのかという状況だ。 テン・ハグ監督は新たなストライカーを新シーズンの補強ポイントとしており、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(29)やナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(24)を候補に挙げているという。 また、ベンフィカのポルトガル代表FWゴンサロ・ラモス(21)、アヤックス時代に指導したガーナ代表MFモハメド・クドゥス(22)も候補となっているが、夏にどう動くのか注目だ。 2023.02.07 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷のブスケッツ、最低でも15日間離脱か…ELユナイテッドとの1stレグは厳しく

バルセロナの元スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツは数週間の離脱を余儀なくされるようだ。 契約最終年の契約状況もあって去就が注目されるなか、今季も中盤の要として存在感を放つブスケッツ。5日にホームで行われたセビージャとのラ・リーガ第20節も先発したが、開始から間もなくして左足を捻り、わずか8分間のプレーで交代した。 クラブからはまだ何のアナウンスもないが、スペイン『アス』によると、ドレッシングルームでの初診ではグレード2と診断。すべては検査を受けてみてどうかというところだが、現時点で少なくとも15日間の離脱が見込まれているという。 今月中旬にはマンチェスター・ユナイテッドを相手にヨーロッパリーグ(EL)プレーオフの2試合が予定され、16日にホームで1stレグが開催。だが、今のところ、ブスケッツの1stレグに出場するのは現時点でかなり怪しい状況とのことだ。 2023.02.06 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

コロ・ムアニにユナイテッド&バイエルン関心… 母国メディアはドイツ王者行きを危惧?

フランクフルトのフランス代表FWランダル・コロ・ムアニ(24)は、ビッグクラブからの関心が高まっているようだ。 コロ・ムアニはU-24フランス代表として2021年の東京オリンピック、A代表として昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)に出場。昨夏に加入したフランクフルトでは公式戦27試合で12得点13アシストと出色のパフォーマンスを披露している。 そんな年々うなぎ上りの24歳をビッグクラブが放っておくはずもなく、すでにマンチェスター・ユナイテッドとバイエルンが関心を寄せる。今夏に移籍する可能性も考えられるが、フランス『フットメルカート』いわく、容易に獲得できるクラブはないという。 コロ・ムアニの契約は2027年6月まで。フランクフルトは今季手に入れたばかりのエースを手放すつもりは毛頭なく、1億ユーロ(約142億2000万円)という巨額の値札をつける意向とされる。 また、『フットメルカート』はバイエルン移籍ならリスクを孕むと主張。「ユリアン・ナーゲルスマン監督が来季意向も職にとどまるか怪しい」とし、コロ・ムアニのキャリアの歯車が狂う危険性が高いのではないかと危惧している。 最後は「コロ・ムアニを欲しいクラブはXXLの努力をしなければならない」と締めくくった。 <span class="paragraph-title">【動画】コロ・ムアニのバイエルン戦豪快ショットを至近距離から</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Just Kolo Muani things<a href="https://twitter.com/hashtag/SGE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SGE</a> <a href="https://t.co/JsMRlTpfqv">pic.twitter.com/JsMRlTpfqv</a></p>&mdash; Eintracht Frankfurt (@Eintracht) <a href="https://twitter.com/Eintracht/status/1621236275507302404?ref_src=twsrc%5Etfw">February 2, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.06 16:27 Mon
twitterfacebook
thumb

29歳で代表引退… ヴァランがユナイテッドに集中する意向を強調「今季の終わりに向けて…」

フランス代表からの引退を表明したマンチェスター・ユナイテッドDFラファエル・ヴァランだが、再び引退理由に言及した。フランス『フットメルカート』が伝える。 フランス代表で通算93キャップを誇り、ロシア・ワールドカップ(W杯)の優勝、カタールW杯の準優勝には欠かせぬ存在だったヴァラン。先日2日に29歳での代表引退を表明した。 引退理由については「今が相応しいタイミング。新しい世代にバトンを渡す」と自身のSNSに記していたが、フランス『Canal+』のインタビューで再度問われると、今はユナイテッドに集中したいとの旨を語った。 「カタールW杯はひざまづいて終える形になった。もしアルゼンチンに勝っていたら、直後に発表していただろう。僕はフランス代表に持てる全てを与えてきたから、これはキャリアで最も重要な決定だよ」 「これまでその時々を精一杯生きてきた。今はユナイテッドでのシーズンの終わりに向けて全集中を傾けるべき時さ。去年の6月は失意に沈んでいたからね」 ユナイテッド加入1年目の昨季は失意のシーズンとなったためか、複数のタイトル獲得に可能性を残す今季に集中していると語ったヴァラン。一方、代表引退は愛する両親や家族の存在もあったと暗示した。 「僕は13歳で家を出た。家族のもとに戻ると、そこから離れたくなくなることがある。息が詰まる思いになるんだ。そんな時にコーチと電話するのは、少ししんどい」 どうやら、少しでも家族と過ごす時間を増やしたかったようだ。 2023.02.06 15:40 Mon
twitterfacebook
thumb

序列低下も姿勢に変化なし、テン・ハグ監督がマグワイアと対話 「プレー機会は増える」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督はイングランド代表DFハリー・マグワイア(29)に信頼を置いているようだ。 ユナイテッドの主将を務めるマグワイアだが、昨夏のテン・ハグ監督就任後はセンターバックのサブに降格し、スタメン出場の機会が大幅に減少。4日に行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦も守備固め要員として3分間の出場にとどまった。 1月はインテルなどへの移籍も取り沙汰されたが、ユナイテッドでのタイトル獲得にこだわり、退団を除外。イギリス『サン』によると、テン・ハグ監督もそんなマグワイアの残留を強く要望しており、序列が下がってもネガティブな態度を見せない29歳に感銘を受けてきたという。 また、移籍期間中にはマグワイア本人に「シーズン後半戦の過密日程に対応するため、プレー機会はより増えるだろう」と、起用プランを説明したとのこと。ユナイテッドはすでに消化した2試合を含め、2月だけで公式戦8試合が予定されている。 2023.02.05 18:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly