エリク・テン・ハグ Erik TEN HAG

ポジション 監督
国籍 オランダ
生年月日 1970年02月02日(54歳)
利き足
身長
体重
ニュース クラブ 監督データ
ニュース一覧

プレミア8位に終わったユナイテッド…OBはテン・ハグ監督の解任予想「たとえFAカップ優勝でも来季はいないだろう」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるリオ・ファーディナンド氏は、古巣が指揮官交代の決断を下すだろうと予想した。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ユナイテッドは今シーズンのプレミアリーグ、就任2シーズン目を迎えたエリク・テン・ハグ監督の下で苦戦。タイトルレースどころかチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得られるトップ4争いにすら加われず、8位フィニッシュとなった。 CLも最下位でグループステージ敗退と良いところがなかった今シーズン、唯一の希望となっているのが決勝にまで進出したFAカップ。25日に行われる決勝ではマンチェスター・シティと対戦する予定であり、テン・ハグ監督の去就もここでの結果次第と予想されていた。 しかし、ファーディナンド氏は異なる考えを持っているようだ。YouTube『Vibe with FIVE』にて、同氏はたとえFAカップで優勝したとしても、今夏にジム・ラトクリフ共同オーナーのもとチームに改革に乗り出すクラブは、テン・ハグ監督を解任するだろうとの見方を示している。 「考えれば考えるほど、(FAカップで)勝っても負けても来シーズンにテン・ハグはいないと思う。それは私自身が望んでいることではない。私はただ、そうなると信じていることを話すだけだ。クラブはおそらくテン・ハグではなく、別の方向に目を向けている」 「たとえFAカップで優勝しても、(オーナーグループの)INEOSとしての考えは何も変わらないと思う。もちろん、私はそこで誰かと話したわけではない。これはあくまで推測で、単に私がそう思っているだけだがね」 「今シーズン、ケガの問題はさておき、チームパフォーマンスは非常に悪いものだった。そして、ユナイテッドほどではないかもしれないが、たいていはどのチームも負傷者を抱えているものさ」 「私は常々言っているが、たとえパフォーマンスレベルが下がったとしても、自分たちのフットボールのスタイルについては維持できるはずだ。しかし、今のチームはそうではない」 「自分たちが何者なのか、わかっていないんだ。自分が何なのか、チームが何なのかがね」 2024.05.21 18:20 Tue

批判に「建設的なものならいつでも歓迎」 カゼミロが意見

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFカゼミロが批判に対して物申した。 2022年夏にレアル・マドリーからユナイテッドに移り、エリク・テン・ハグ体制1年目のチームを支えたカゼミロ。だが、今季はチームとともに思うようにいかず、批判に晒される。 一部では衰えが指摘され、来たるコパ・アメリカの代表からも落選してしまったなか、イギリス『スカイ・スポーツ』で今季の自身をこう振り返っている。 「全体的な分析でないなら難しいよ。シーズン序盤はファンが選ぶ月間最優秀選手にも輝いたわけだしね。でも、その直後にケガをしてしまった。大きなケガだったんだ。それから復帰したけど、その後に再びケガをして、こうしてセンターバックをやっている。大変だよ。より広い分析、もっと十分な分析が必要だ」 また、チームとしての今季も振り返るなかで、自身に向けられる厳しい目にも触れ、意見を述べている。 「ケガ人だ。シーズンのどの時点においても、監督が25人ぐらいの選手を起用できる時期なんてなかったと思う。だから、僕ら選手だけじゃなく、監督にとっても、すごく試練だった。クラブにとってもね」 「批判はフットボールの一部。僕はいつだって冷静でいる。それが建設的な批判なら、いつでも歓迎さ。フットボールでは10年間にわたって高いレベルでプレーしようが、少しでもレベルが落ちると批判される」 そして、「僕も間違いなくベストとはほど遠かったけど、大きなケガをした」としつつ、ユナイテッドでの日々にも語った。 「僕は元気で幸せにここでプレーできる毎日を過ごしている。いつも言うように、ユナイテッドは僕が望むものを与えてくれた。試合を、そしてプレミアリーグを楽しめるこの喜びだ。だから、ここユナイテッドで楽しめているのを嬉しく思う」 2024.05.21 11:40 Tue

勝利締めも8位フィニッシュのユナイテッド…FA杯制してのEL出場権獲得へ「これが最後のチャンス」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が勝利や今シーズンを振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 プレミアリーグ前節のニューカッスル戦で競り勝ち、4試合ぶりの白星を手にしていたユナイテッド。19日の最終節ではブライトン&ホーヴ・アルビオンとのアウェイゲームに臨んだ。 長期離脱明けのアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネスが先発復帰し、退団が決まっている元フランス代表DFラファエル・ヴァランもベンチに戻ってきたなか、前半は守勢を強いられる形に。それでも無失点で試合を折り返す。 迎えた後半、交代カードを切りながら試合を進めていくと、73分にはポルトガル代表DFジオゴ・ダロトが最終ライン裏への抜け出しから先制点をゲット。さらに途中出場のデンマーク代表FWラスムス・ホイルンドが終盤に追加点を奪い、2-0の勝利で最終節を終えた。 試合を振り返ったテン・ハグ監督は、前半の出来の悪さを指摘。ハーフタイムの戦術変更がうまくいったと明かしている。 「前半は100%コントロールできていなかった。我々はそれを目の当たりにした。ブライトンのチャンスに何度か直面しなければならなかったが、ハーフタイム後にプレーのやり方を変えたところ、よりコントロールできるようになった」 「守備や組織力、プレッシングが良くなり、ボールキープも良くなった。背後を狙う動きも出てきた。前半はあまりにも停滞していた」 また、8位で終えた今シーズンの戦いについても言及。ケガ人の多さに触れながらも、言い訳にはできないとした。 「難しいことだが、この件については以前も話した。我々にとっては非常に厳しいシーズンだった。全く十分ではないことはわかっている。シンプルなことだ」 「理由はあるが、結局のところそこは問題ではない。我々はユナイテッドだ。上位でフィニッシュしなければならないし、十分な結果ではない。我々は勝ち点60を得たが、2年前は勝ち点58で6位だった。だが、今は勝ち点60で8位だ。それでも十分ではないことはわかっているし、がっかりしている」 「今シーズンは最終ラインの負傷者がシーズン後半に多かった。特にセンターバックと左サイドバックだ。常にそこで調整し、妥協しなければならなかった。我々のレベルを考慮すれば良いことではなかったし、結果にも繋がらない。誰もがこれをわかっている」 今シーズン、残すはFAカップ決勝のマンチェスター・シティ戦。テン・ハグ監督はリサンドロ・マルティネスらの復帰をポジティブに捉えており、優勝してのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得を狙っている。 「カップ戦の決勝に進出し、選手たちが戻ってくるのは良いことだ。彼らは懸命に復帰しようとしている。100%の状態を目指し、競争力のあるチームになってから決勝に臨むまで1週間ある。成し遂げられると確信している」 「決勝に進んだことは大きな成果だし、進んだからには優勝したいと思う。トロフィーが全てだし、我々にはカップを掲げるチャンスがある。その結果としてヨーロッパへの出場権を獲得する必要がある。これが最後のチャンスだ」 2024.05.20 10:39 Mon

バイエルン、交渉決裂でトゥヘル続投はなし…最終節前会見で「バイエルンを離れることになる」

来シーズンの続投の可能性も伝えられたトーマス・トゥヘル監督(50)だが、今シーズン限りでのバイエルン退団の意向を改めて発表した。 トゥヘル監督は2023年3月にバイエルンの指揮官に就任すると、ブンデスリーガ最終節でドルトムントをかわしてマイスターシャーレを獲得。しかし、今シーズンは絶好調のレバークーゼンに大差をつけられる形となったことで、クラブは今シーズン限りでトゥヘル監督と袂を分かつ決断を下した。 しかし、今年2月にトゥヘル監督の退任を発表しながら、後任探しは遅々として進まず。レバークーゼンのシャビ・アロンソ監督、ドイツ代表のユリアン・ナーゲルスマン監督、オーストリア代表のラルフ・ラングニック監督にはことごとく断られ、クリスタル・パレスのオリバー・グラスナーへのオファーもクラブに拒否された。 選択肢が少なくなっていく中、多くの主力選手はトゥヘル監督の続投を希望。クラブも考えを改め、トゥヘル監督と続投に向けた交渉を続けていた。 当初は続投で合意に達する可能性が高いと思われたが、最終的に両者は条件面で歩み寄ることができなかった。 そして、18日にブンデスリーガ最終節のホッフェンハイムとのアウェイゲームを控える中、今季最後の試合前公式会見に出席したトゥヘル監督は、「これがゼーベナー通り(クラブハウス)での最後の記者会見」と、改めて今季限りでの退任を明言した。 「話し合いはあったが、合意には至らなかった。したがって、2月の(退任の)決定はまだ有効だ」 「ここ数週間のフィードバックは、我々が今後も協力し続けていくための話し合いの基礎となったが、合意に達することはできなかった。ただ、理由を話すつもりはない」 「2月の合意は有効であり、私はバイエルンを離れることになる」 なお、トゥヘル監督続投の可能性が潰えたことで、バイエルンはブライトンのロベルト・デ・ゼルビ監督やマンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督、元指揮官のハンジ・フリック氏の再招へいを含め、新たな動きが必要となった。 2024.05.17 19:14 Fri

ブルーノ・フェルナンデスが注目の去就に改めて発言 「望んでくれる限りはここにいるつもり」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(29)が注目の去就に改めて発言した。 新たにキャプテンの役割を託される今季も公式戦15得点12アシストと攻撃陣の絶対軸となるブルーノ。ただ、ユナイテッドは決勝進出のFAカップを除けば、チャンピオンズリーグ(CL)もグループステージ最下位で敗退と散々たる結果に終わり、主戦のプレミアリーグも最終節を残して8位と振るわずだ。 来る夏には組織改革を進めるジム・ラトクリフ共同オーナーのもと、現場レベルも大幅な整理が推察され、ブルーノもオファー次第で売却かと報じられ、話題に。ブルーノからも「いつだって選手が残留を望む必要があるけど、残ってほしいとも思われないといけない」との発言がなされ、不透明感が漂う。 注目を集める形でシーズン終盤を迎えたブルーノは15日にニューカッスル・ユナイテッドを相手に行われたプレミアリーグ第37節のホーム最終戦後、イギリス『スカイ・スポーツ』で「まだ2試合あるし、最高の形で締めくくらないといけない」と決意を新たにしつつ、揺れる去就にも改めて言及したという。 「クラブが僕を求め、将来の一員として望んでくれる限りはここにいるつもり。何かしらの理由で彼らが僕を望まないのであれば、出ていく」 こちらも進退が不透明だが、ニューカッスル戦後のエリク・テン・ハグ監督からも改めて残留を願う声が聞こえてくるブルーノ。最近のイギリス『The Athletic』ではクラブとの会談を経て残留との見方もあるが、いかに。 2024.05.17 15:05 Fri

退任から一転バイエルンと続投に向け交渉中のトゥヘル監督、2026年夏までの新契約を要求か

バイエルン続投の可能性が高まるトーマス・トゥヘル監督(50)だが、契約期間が焦点になっているようだ。 トゥヘル監督は2023年3月にバイエルンの指揮官に就任すると、ブンデスリーガ最終節でドルトムントをかわしてマイスターシャーレを獲得。しかし、今シーズンは絶好調のレバークーゼンに大差をつけられる形となったことで、クラブは今シーズン限りでトゥヘル監督と袂を分かつ決断を下した。 しかし、今年2月にトゥヘル監督の退任を発表しながら、後任探しは遅々として進まず。レバークーゼンのシャビ・アロンソ監督、ドイツ代表のユリアン・ナーゲルスマン監督、オーストリア代表のラルフ・ラングニック監督にはことごとく断られ、クリスタル・パレスのオリバー・グラスナーへのオファーもクラブに拒否された。 選択肢が少なくなっていく中で、マヌエル・ノイアーやトーマス・ミュラー、ハリー・ケイン、ジャマル・ムシアラら多くの選手はトゥヘル監督の続投を希望。クラブも考えを改め、現在はトゥヘル監督と続投に向けた交渉を続けている。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、ウリ・ヘーネス名誉会長との関係にこそ懸念があるものの、トゥヘル監督もまた続投を希望。ただし、当初の契約期間であった2025年夏までではなく、2026年夏までの新契約を要求しているとのことだ。 バイエルンがこの条件に応じさえすれば、交渉は順調に進む可能性が高い模様。クラブとしてはブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督やマンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督にも目を向けつつ、トゥヘル監督の続投を最優先にしたい構えであり、近いうちに大きな決断がされると考えられる。 2024.05.16 18:30 Thu

去就不透明のB・フェルナンデスにサウジから関心、ロナウド所属のアル・ナスルが巨額オファー計画か

サウジ・プロフェッショナルリーグのアル・ナスルは、今夏にマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(29)を狙う可能性があるようだ。 2シーズン目を迎えたエリク・テン・ハグ監督の下で、低調なシーズンとなってしまったユナイテッド。今夏にはジム・ラトクリフ共同オーナーのもと、大幅な選手整理も予想されているが、大黒柱であるブルーノの去就も不透明となっている。 ブルーノは『DAZN』のインタビューにおいて、「選手はいつだってここにいるのを望む必要があるけど、残ってほしいと思われないといけない」と発言。思うような成績を残せていないチームへの不満もうかがえる発言は憶測を呼んだが、クラブとしては全力で慰留する考えであり、残留は既定路線と考えられている。 しかし、イギリス『デイリー・メール』によると、アル・ナスルが今夏に動き出す可能性がある模様。同クラブに所属するクリスティアーノ・ロナウドは、元同僚であるブルーノとの再共演を熱望しているようだ。 アル・ナスルはブルーノに対して最大で9000万ポンド(約176億円)の移籍金を提示する用意があるとのこと。ユナイテッドにとっても無視できない金額になるが、クラブや選手がどのような決断を下すかが注目される。 2024.05.16 17:50 Thu

「絶対に引き止めたい」退団報道も出ているB・フェルナンデスの去就にテン・ハグ監督が言及「彼はクラブを愛している」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、去就が騒がしいポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスについて語った。クラブ公式サイトが伝えた。 15日、プレミアリーグ第34節延期分でユナイテッドはホームにニューカッスルを迎えると、撃ち合いに。ホーム最終戦で3-2で勝利を収めることに成功した。 今シーズンはケガ人が相次いだこともあり、苦しい1年となったが、FAカップで決勝に勝ち上がっており、タイトル獲得のチャンスが最後にある。 一方で、新オーナーも決定し、選手たちの入れ替えも行われることに。その中で注目を集めているのが、キャプテンでもあるB・フェルナンデスだ。 チームを去るという報道も出ている中、試合後にテン・ハグ監督が去就に言及。クラブとしては引き留めるつもりであることを明言した。 「絶対にクラブはブルーノを引き留めたいと思っている。疑いの余地はない」 「彼はマンチェスター・ユナイテッドを愛しているし、ユナイテッドファンを愛しているし、ユナイテッドでプレーをすることを愛している」 「彼は常にベストを尽くしているのがわかるだろう。そして、彼はたとえケガをしていても、プレーする模範だ。彼はフットボールを愛している」 「彼は勝ちたがっている。それが、彼の性格を表現している方法だと私は思う」 また、苦しいシーズンながらもキャプテンとしてチームを支えたB・フェルナンデスのパフォーマンスを評価。労いの言葉を送った。 「彼のパフォーマンスにはとても満足している。そして、シーズン中の彼のパフォーマンスは、彼の周りで多くの選手が負傷し、その度にチームを背負わなければならない時、彼にとっては簡単ではなかった」 「しかし、彼個人に関して言えば、良いレベルを維持しており、特に春には素晴らしいレベルまで成長すると言えるだろう。とても満足している」 <span class="paragraph-title">【動画】B・フェルナンデス、決勝ゴールとなったホイルンドのゴールをアシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="t-rRF64WQC8";var video_start = 572;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.16 13:20 Thu

「残念なシーズンだったのは明らか」ホームラストゲームで勝利のテン・ハグ監督、クラブが持つ可能性に自信「高いポテンシャルがある」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、ホーム最終戦の勝利を振り返った。 15日、プレミアリーグ第34節延期分でユナイテッドはホームにニューカッスルを迎えた。 前節はアウェイでのアーセナルとの大一番で1-0と敗戦。良い戦いを見せながらも、ディフェンスラインの連携ミスから失点をしてしまった試合。ホームでの今季ラストマッチでの結果が求められた。 試合は31分にコビー・メイヌーのゴールでユナイテッドが先制。前半は1点リードで折り返すも、49分に失点してしまう。それでも57分にアマド・ディアロが勝ち越しゴールを決めると、途中出場となったラスムス・ホイルンドが84分にダメ押しゴール。後半アディショナルタイムに失点したが、3-2で勝利を収めた。 リーグ戦の連敗をストップしたユナイテッド。この勝利で、逆転での7位入りの可能性を最終節に残し、来シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)行きの可能性も見えてきた。 テン・ハグ監督は、ホームに集まったファン・サポーターのために勝利を収められたことを喜び、チームが難敵相手に勝利を収めたパフォーマンスを称えた。 「全ての勝利が重要だ。これは非常に重要だった。間違いない。我々はファンにも何かを与えたいと思っており、それにとても満足している」 「チームのパフォーマンスには満足している。我々はニューカッスルのフィジカルにマッチし、良いプレーも見せた。もちろん、我々は一緒にプレーをしてきたし、ファンはいつも我々と主にいたので、素晴らしいゴールがあったことはとても嬉しいが、それはチームでもあった。努力、どうやってゴールを決めたかだ」 これで今シーズンのホームゲームは終了。去就に関して周囲が騒がしいテン・ハグ監督にとっては、オールド・トラッフォードで最後の試合になる可能性もある。 勝利後にはピッチに立ち、マイクを持ってスピーチ。ファンへの感謝を伝えた理由についても言及。苦しい時期にあるクラブだが、未来は明るいと考えているとした。 「周りが私にどの監督もやっていると言ってきた。それが理由だ。私は非常に重要なことだと思っている」 「この試合がここでの最後の試合だった。我々はまだシーズンで2試合を残しているが、オールド・トラッフォードからは離れる。粘り強く支えてくれた彼らに感謝したい」 「本当に我々は感謝している。チームもクラブもだ。我々は困難な時期にあり、このクラブは期待されたような結果ではなかった。しかし、全てのケガには理由がある。でも、我々は相変わらず残念なシーズンを過ごしてしまった」 「クラブは過渡期にある。残念なシーズンであることは明らかだが、その失望の中でもラスムス・ホイルンド、アマド・ディアロ、アレハンドロ・ガルナチョといった優れた選手たちの成長が見られる」 「若い選手たちがリーグ全体で非常に良い成長を遂げているのを見ると、私はいつも嬉しく思う。私はシーズン中、クラブには非常に良いことが起こっていると話した。いくつかのとても良いことだ。クラブには高いポテンシャルがある」 <span class="paragraph-title">【動画】ユナイテッドがホーム最終戦でニューカッスルに勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="t-rRF64WQC8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.16 10:10 Thu

ブレントフォード指揮官のユナイテッド行きなしか…光栄がるも「今いる場所に本当に満足」

ブレントフォードのトーマス・フランク監督(50)がマンチェスター・ユナイテッド行きの可能性に言及した。 FAカップこそ決勝に勝ち進むのの、チャンピオンズリーグ、カラバオカップ、そしてプレミアリーグで思うような結果を残せずのユナイテッド。来る夏からジム・ラトクリフ共同オーナーによる新組織のもと、現場レベルも改革が予想されるなか、エリク・テン・ハグ監督にも別れを告げるのではないかとされる。 後任を巡ってはイングランド代表のガレス・サウスゲイト監督をはじめ、数々の名が浮かび、2018年10月からブレントフォードを率いるフランク監督もその1人。そんなフランク監督を「有力候補」とするメディアもあるが、本人はデンマーク『Bold』で光栄がりつつ、可能性を否定している。 「まず第一に、これはお世辞でも嬉しいし、自分の取り組みが認められたということだと思う。それと、ブレントフォードでの仕事ぶりを他の人に注目されるのも嬉しいね」 「だが、そうは言っても、ブレントフォードでの取り組みはワンマンショーというわけではない。私は今、いる場所に本当に満足している。完璧なクラブに近いんだ」 「あと何年もここにいたいと思える。オーナーとも、スポーツディレクターとも、クラブのみんなと仲が良い。ブレントフォードは本当に家のように感じられるクラブだ」 なお、イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、ラトクリフ氏が会長を務め、フットボール部門を管理する『INEOS』はテン・ハグ監督の進退に関してまだ決断を下しておらず、FAカップ決勝まで何も決まらない見通しのようだ。 2024.05.15 18:15 Wed
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2002年7月1日 トゥベンテ 引退 -
1996年7月1日 ユトレヒト トゥベンテ 完全移籍
1995年7月1日 RKC ユトレヒト 完全移籍
1994年7月1日 トゥベンテ RKC 完全移籍
1992年7月1日 デ・フラーフスハプ トゥベンテ 完全移籍
1990年7月1日 トゥベンテ デ・フラーフスハプ 完全移籍
1989年7月1日 トゥベンテ 完全移籍
監督履歴
就任日 退任日 チーム 種類
2022年7月1日 マンチェスター・U 監督
2017年12月28日 2022年6月30日 アヤックス 監督
2015年7月1日 2017年12月27日 ユトレヒト スポーツ・ディレクター
2015年7月1日 2017年12月27日 ユトレヒト 監督
2013年7月1日 2015年6月30日 ミュンヘンII 監督
2012年7月1日 2013年6月30日 ゴー・アヘッド・イーグルス 監督
2009年7月1日 2012年3月12日 PSV コーチ
2006年7月1日 2009年6月30日 トゥベンテ コーチ
2003年7月1日 2006年6月30日 FC Twente U19 監督
2002年7月1日 2003年6月30日 FC Twente U17 監督
今季の成績
プレミアリーグ 38 18 6 14 0 0
UEFAチャンピオンズリーグ グループA 6 1 1 4 0 0
EFLカップ(カラバオカップ) 2 1 0 1 0 0
FAカップ 5 4 1 0 0 0
合計 51 24 8 19 0 0
出場試合
プレミアリーグ
第1節 2023-08-14 vs ウォルバーハンプトン
1 - 0
第2節 2023-08-19 vs トッテナム
2 - 0
第3節 2023-08-26 vs ノッティンガム・フォレスト
3 - 2
第4節 2023-09-03 vs アーセナル
3 - 1
第5節 2023-09-16 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン
1 - 3
第6節 2023-09-23 vs バーンリー
0 - 1
第7節 2023-09-30 vs クリスタル・パレス
0 - 1
第8節 2023-10-07 vs ブレントフォード
2 - 1
第9節 2023-10-21 vs シェフィールド・ユナイテッド
1 - 2
第10節 2023-10-29 vs マンチェスター・シティ
0 - 3
第11節 2023-11-04 vs フルアム
0 - 1
第12節 2023-11-11 vs ルートン・タウン
1 - 0
第13節 2023-11-26 vs エバートン
0 - 3
第14節 2023-12-02 vs ニューカッスル
1 - 0
第15節 2023-12-06 vs チェルシー
2 - 1
第16節 2023-12-09 vs ボーンマス
0 - 3
第17節 2023-12-17 vs リバプール
0 - 0
第18節 2023-12-23 vs ウェストハム
2 - 0
第19節 2023-12-26 vs アストン・ビラ
3 - 2
第20節 2023-12-30 vs ノッティンガム・フォレスト
2 - 1
第21節 2024-01-14 vs トッテナム
2 - 2
第22節 2024-02-01 vs ウォルバーハンプトン
3 - 4
第23節 2024-02-04 vs ウェストハム
3 - 0
第24節 2024-02-11 vs アストン・ビラ
1 - 2
第25節 2024-02-18 vs ルートン・タウン
1 - 2
第26節 2024-02-24 vs フルアム
1 - 2
第27節 2024-03-03 vs マンチェスター・シティ
3 - 1
第28節 2024-03-09 vs エバートン
2 - 0
第30節 2024-03-30 vs ブレントフォード
1 - 1
第31節 2024-04-04 vs チェルシー
4 - 3
第32節 2024-04-07 vs リバプール
2 - 2
第33節 2024-04-13 vs ボーンマス
2 - 2
第29節 2024-04-24 vs シェフィールド・ユナイテッド
4 - 2
第35節 2024-04-27 vs バーンリー
1 - 1
第36節 2024-05-06 vs クリスタル・パレス
4 - 0
第37節 2024-05-12 vs アーセナル
0 - 1
第34節 2024-05-15 vs ニューカッスル
3 - 2
第38節 2024-05-19 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン
0 - 2
UEFAチャンピオンズリーグ グループA
第1節 2023-09-20 vs バイエルン
4 - 3
第2節 2023-10-03 vs ガラタサライ
2 - 3
第3節 2023-10-24 vs コペンハーゲン
1 - 0
第4節 2023-11-08 vs コペンハーゲン
4 - 3
第5節 2023-11-29 vs ガラタサライ
3 - 3
第6節 2023-12-12 vs バイエルン
0 - 1
EFLカップ(カラバオカップ)
3回戦 2023-09-26 vs クリスタル・パレス
3 - 0
4回戦 2023-11-01 vs ニューカッスル
0 - 3
FAカップ
3回戦 2024-01-08 vs ウィガン
0 - 2
4回戦 2024-01-28 vs ニューポート・カウンティ
2 - 4
5回戦 2024-02-28 vs ノッティンガム・フォレスト
0 - 1
準々決勝 2024-03-17 vs リバプール
4 - 3
準決勝 2024-04-21 vs コヴェントリー
3 - 3