古橋亨梧が今季10点目! セルティックがリーグ戦4連勝《スコティッシュ・プレミアシップ》

2021.10.28 10:33 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
27日、スコティッシュ・プレミアシップ第11節のハイバーニアンvsセルティックが行われ、1-3でセルティックが勝利した。

日本代表FW古橋亨梧は3トップの中央で先発出場し、81分に交代。30分にリーグ戦5ゴール目、加入後10ゴール目を奪い、勝利に貢献した。

2位のセルティックは立ち上がりから押し込むと10分、デイビッド・ターンブルのFKからのクロスをアンソニー・ラルストンがダイビングヘッドで合わせ、セルティックが先制する。

幸先良く先制したセルティックだったが、大ピンチを迎えるもGKジョー・ハートが足でセーブし、ピンチを切り抜ける。

さらに14分には左CKからターンブルがクロスを入れると、ボックス内でキャメロン・カーター=ヴィッカーズが合わせ、これが右隅に決まりリードを2点に広げる。

その後も押し込むセルティックは30分、トーマス・ロギッチがドリブルで持ち込み、スルーパス。これにオフサイドラインぎりぎりで抜け出たジョタがボックス内右からグラウンダーのクロス。これを古橋が押し込み、リードを3点に広げる。

古橋はその後もチャンスを迎えるが決めきれず。ハイバーニアンは37分に右CKからマーティン・ボイルがネットを揺らし1点を返す。

後半もセルティックがペースを握るも、ゴールは生まれず。1-3でセルティックが勝利を収めた。

ハイバーニアン 1-3 セルティック
【ハイバーニアン】
マーティン・ボイル(前37)
【セルティック】
アンソニー・ラルストン(前10)
キャメロン・カーター=ヴィッカーズ(前14)
古橋亨梧(前30)



1 2

関連ニュース
thumb

古橋亨梧は再三のチャンス生かせずもセルティックは3発快勝で4連勝《スコティッシュ・プレミアシップ》

5日、スコティッシュ・プレミアシップ第17節のダンディー・ユナイテッドvsセルティックの一戦が行われ、0-3でセルティックが勝利した。 リーグ戦3連勝中のセルティックは、この試合でも3トップのセンターに日本代表FW古橋亨梧を起用。右にトーマス・ロギッチ、左にはデイビッド・ターンブルを起用。前節のハーツ戦で負傷したジョタはメンバー外となった。 試合はセルティックペースで進む展開となる。両サイドを上手く使いながら攻め込んでいくセルティック。ジョタがいないこともあり、右サイドを中心に攻め込む展開が続く。 ロギッチと中盤のジェームズ・フォレストの関係で右サイドを崩す中19分、右サイドを仕掛けたロギッチがドリブルで持ち込みそのままカットイン。ボックス内でもボールを失わないと、左足でシュート。これがゴール左に決まり、セルティックが先制する。 幸先良く先制したセルティックは、その後も押し込む展開となる。24分にはボックス手前正面でFKを獲得。これをジョタの代わりに出場となったマイケル・ジョンストンが直接狙うが、壁に直撃する。 29分には右CKからターンブルがクロス。カール・スターフェルトが合わせるもゴールとはならない。 35分にもビッグチャンス。ロギッチのスルーパスに抜けでた古橋がボックス内右からダイレクトでクロス。これにターンブルが合わせるが、ミートできず追加点とはならない。 それでも40分にセルティックが追加点。カラム・マクレガーの浮き球のパスに反応したターンブルがDFラインの裏で合わせると、GKを越え、自ら浮き球を押し込み前半のうちにリードを広げる。 後半も攻め立てるセルティック。なかなか決定機が作れない中、60分に古橋が決定機を迎える。 右サイドのスペースに走り込んだリエル・アバダが浮き球をダイレクトでクロス。これに古橋がボックス中央でヘッド。シュートは枠を捉えるが、GKベンジャミン・ジークリストがセーブする。 さらに69分にも古橋がチャンス。マクレガーの長い浮き球のパスに反応すると、ボックス内でのGKとの一対一で浮き球のシュートを狙うがセーブ。さらにこぼれ球をシュートするが、これもセーブされる。 77分にもセルティックがチャンス。右サイドからアバダがクロス。最後は古橋が反転シュートを放つが、これもブロックに遭う。 攻め続けるセルティックは81分に追加点。右サイドへと展開するとアバダがダイレクトで折り返すと、バイタルエリアへとこぼれたボールをリアム・スケールズが蹴り込みゴール。リーグ戦デビュー戦となったスケールズがセルティック初ゴールを記録した。 まだ攻撃の手を緩めないセルティックは87分にもビッグチャンス。左サイドを仕掛けると、最後はスケールズがグラウンダーのクロス。これに古橋が飛び込むが、僅かに合わない。 91分にもセルティックはチャンス。スルーパスに抜けた古橋がカウンター。ドリブルで持ち込むと横のアバダへとパス。トラップが少し大きくなるも飛び出したGKをかわすシュートを放つが、枠の左に外れる。 最後まで試合を支配し続けたセルティックはそのまま0-3で勝利。リーグ戦4連勝を飾った。 ダンディー・ユナイテッド 0-3 セルティック 【セルティック】 トーマス・ロギッチ(前19) デイビッド・ターンブル(前40) リアム・スケールズ(後36) 2021.12.05 22:56 Sun
twitterfacebook
thumb

古橋亨梧と同僚ジョタが抜群の相性でセルティックの公式サイトを告知!食い気味な「ハイ、ソウデスネ」に大反響

ピッチで抜群の連係を見せる2人が、またも連係プレーでファンを沸かせた。 今夏、横浜F・マリノスを率いていたアンジェ・ポステコグルー監督の就任とヴィッセル神戸の日本代表FW古橋亨梧の加入で、一気に日本での注目度が高まったスコットランドのセルティック。その中で、古橋はここまで公式戦22試合で14ゴール5アシストと大活躍を見せている。 そんな古橋と良い関係を築いているのが、同じく今夏セルティックにベンフィカからレンタル移籍で加入したポルトガル人MFのジョタだ。古橋と3トップを組むことが多いジョタも、ここまで8ゴール6アシスト、日本代表FWのゴールをアシストすることも多く、抜群の連係を見せている。 注目度が高まっている中、セルティックは2日に日本語版のクラブ公式サイトをオープンしたことを発表。すでに日本語版の公式ツイッターのアカウントを開設していたため、そこで公式サイトオープンの告知を実施した。 告知動画には古橋とジョタの2人が登場。そこでは、古橋が日本語でニュースを読み上げると、ジョタが「ハイ」「ソウデスネ」「ハイ」と食い気味に反応。締めで古橋が「クラブの皆が頑張ってくれたのでグッズ買ってください」とまとめると、ジョタが「ハイ」とそこはやや引き気味に返事して動画は終わった。 シュールな告知動画には、「おもしろすぎる」、「ジョタ最高」、「相槌の破壊力」、「ジョタのファンになりました」と多くのコメントが寄せられ、大反響を呼んでいる。 過去のインタビューでは、古橋との関係改善のために「日本語を学びに行くよ」と語っていたジョタだが、すでに実践してくれているのだろうか。これからも2人のさらなる活躍に期待したい。 <span class="paragraph-title">【動画】ジョタの食い気味な「ハイ、ソウデスネ」は爆笑必至</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">つ・い・に!<br>日本語公式サイトがオープン㊗️<br>もちろん待望のオンラインストアも<br><br>セルティック公式サイト<a href="https://t.co/5dkrJkwtwf">https://t.co/5dkrJkwtwf</a> <a href="https://t.co/g0GCTihCga">pic.twitter.com/g0GCTihCga</a></p>&mdash; Celtic FC Japan (@CelticFCJPN) <a href="https://twitter.com/CelticFCJPN/status/1466332970302644225?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.03 21:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「動き出しが完璧なんよ」“ワンタッチゴーラー” 古橋亨梧のゴールをファン絶賛「オフザボールの動き」

セルティックは2日、スコティッシュ・プレミアシップ第16節でホームにハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)を迎えた。日本代表FW古橋亨梧のゴールを呼び込む動き出しが称賛を浴びている。 古橋が3トップの中央で先発したリーグ3位との上位対決。試合が動いたのは33分だった。 セルティックが相手陣内でボールを回し、MFトム・ロギッチがボックス右端でボールを持つと、右サイドバックのDFアンソニー・ラルストンがオーバーラップ。ロギッチのパスをダイレクトで折り返すと、相手DFの背後を取った古橋がワンタッチでゴールに流し込んだ。 一瞬の動き出しからゴールを奪った古橋。ファンも「まさに古橋ってゴール」、「ワンタッチゴーラー」、「動き出しが完璧なんよ」、「オフザボールの動きがすき」、「入り方素晴らしい」と絶賛だった。 古橋がオフサイドではないかという指摘もあったものの、スコットランドではVARが未導入ということもありゴールは認められると、これが決勝点となり、セルティックはリーグ3連勝を飾った。 古橋はこれで早くも今シーズン14ゴール目。リーグ戦でもトップに並ぶ8ゴール目となったが、その多くがワンタッチでのゴールになっている。 <span class="paragraph-title">【動画】“ワンタッチゴーラー” 古橋亨梧が一瞬のスキを逃さない!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%8F%A4%E6%A9%8B%E4%BA%A8%E6%A2%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#古橋亨梧</a> また決めた!<br>今季8ゴール目<br>得点ランクトップタイ<br>\<br><br>止まらない古橋! チームを3連勝に導く<br><br>プレミアシップ第16節<br>セルティック×ハーツ<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ハイライト&見逃し配信中 <a href="https://t.co/MQVEsv71LZ">pic.twitter.com/MQVEsv71LZ</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1466588595171569666?ref_src=twsrc%5Etfw">December 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJNSG5EdDJTTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.12.03 20:10 Fri
twitterfacebook
thumb

古橋亨梧のゴールがオフサイド論争に発展、「お粗末な審判」と主張の相手監督にポステコグルー監督「理解することはできない」

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、相手指揮官の主張に反論した。イギリス『BBC』が伝えた。 セルティックは2日、スコティッシュ・プレミアシップ第16節でホームにハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)を迎えた。 日本代表FW古橋亨梧も3トップの中央で先発した試合。セルティックは33分にその古橋がリーグ戦2試合ぶりのゴールを記録。得点ランクトップタイに並ぶこの1点を守り切り、1-0で勝利を収め引き分けを挟んでリーグ戦7連勝とした。 しかし、この古橋のゴールが物議を醸している。ハーツのロビー・ニールソン監督は、試合後にオフサイドだったと主張。審判の判定に苦言を呈していた。 「私はそれを見たが、誰もがオフサイドに同意するだろう。ラインズマンは素晴らしい見方をしていた」 「あまり言いたくはない。前回のアイブロックスでは、私は厳しく罰せられた。我々はこの試合から何かを得るに値する」 「試合の重要な場面で、クレイグ・ゴードンがいくつかの好セーブを見せたが。我々にもチャンスがあった。しかし、非常にお粗末な審判にやられてしまった」 一方で、この発言を受けたポステコグルー監督は「理解できない」と語り、発言するのは自由だとした 「理解することはできない。もし、試合をレフェリーが決めたと思っている人がいたら、私とは違う試合を見ていたのだろう」 「我々はもっと勝つべきだった。それが私の分析だ。彼は彼の分析がある。彼はそれを望む方法で伝えることができ、私はそれを望む方法で伝える」 スコティッシュ・プレミアシップは今時珍しくVARが未導入のリーグ。そのため、ピッチ上の主審と副審の判定でしか決まらないため、判定が覆ることはない。若干オフサイドのようにも見えるが、いずれにしても審判団が認めたゴールということになる。 <span class="paragraph-title">【動画】オフサイド論争巻き起こる古橋亨梧の決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%8F%A4%E6%A9%8B%E4%BA%A8%E6%A2%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#古橋亨梧</a> また決めた!<br>今季8ゴール目<br>得点ランクトップタイ<br>\<br><br>止まらない古橋! チームを3連勝に導く<br><br>プレミアシップ第16節<br>セルティック×ハーツ<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ハイライト&見逃し配信中 <a href="https://t.co/MQVEsv71LZ">pic.twitter.com/MQVEsv71LZ</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1466588595171569666?ref_src=twsrc%5Etfw">December 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.03 11:48 Fri
twitterfacebook
thumb

セルティック古橋亨梧が上位対決で決勝ゴール! 右足ワンタッチで今季14発目《スコティッシュ・プレミアシップ》

セルティックの日本代表FW古橋亨梧が決勝ゴールをマークした。 スコティッシュ・プレミアシップ14試合を消化して、勝ち点29で2位につけるセルティック。首位レンジャーズを4ポイント差で追いかけるなか、勝ち点27で3位のハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)をホームに迎え撃った。 この試合でもセンターFWとして先発した古橋。ここ公式戦3試合で不発が続くなかでの一戦だったが、セルティックが序盤から攻撃の主導権を握り、優勢に試合を進めると、均衡を破ってみせる。 0-0の33分にチーム全体で敵陣深くに押し上げると、ラルストンが味方を追い越す動きで右サイド深くに侵攻して右足クロス。ニアサイドの古橋が右足ダイレクトで合わせ、セルティックが先取した。 公式戦4試合ぶりの得点をマークした古橋はこれでシーズン14ゴール目。リーグ戦でもトップに並ぶ8ゴール目となった。 その古橋のゴールでリードしたセルティックはその後も試合の主導権を掌握。追加点こそ奪い切れなかったが、1-0で上位対決を制した。これで3連勝。首位レンジャーズとの4ポイント差を維持した。 セルティック 1-0 ハート・オブ・ミドロシアン 【セルティック】 古橋亨梧(前33) 2021.12.03 09:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly