モドリッチ&アザールが復帰! マドリーがベティス戦招集メンバー発表

2021.04.24 01:01 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは23日、翌日に行われるラ・リーガ第32節のベティス戦に向けた招集メンバーを発表した。

前節、カディスに3-0の快勝を収めて首位アトレティコ・マドリーとの3ポイント差を維持した2位のレアル・マドリー。27日にチェルシーとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグを控える中、今節は6位のベティスをホームで迎え撃つ。

この重要な上位対決に向けてジネディーヌ・ジダン監督は、背中の張りによりカディス戦でメンバー外となっていたクロアチア代表MFルカ・モドリッチと、負傷明けのベルギー代表FWエデン・アザールの主力2選手を復帰させた。

その一方で、負傷のドイツ代表MFトニクロースが新型コロナウイルス感染のウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデがスペイン代表DFセルヒオ・ラモスらと共に引き続きメンバー外となった。今回発表された招集メンバーは以下の通り。

◆レアル・マドリー招集メンバー
GK
ティボー・クルトワ
アンドリー・ルニン
ディエゴ・アルトゥーベ

DF
ダニエル・カルバハル
エデル・ミリトン
ラファエル・ヴァラン
ナチョ・フェルナンデス
マルセロ
アルバロ・オドリオソラ

MF
ルカ・モドリッチ
カゼミロ
イスコ
セルヒオ・アリーバス
アントニオブランコ

FW
エデン・アザール
カリム・ベンゼマ
マルコ・アセンシオ
ヴィニシウスジュニオール
マリアーノディアス
ロドリゴ・ゴエス

関連ニュース
thumb

アンチェロッティ監督、ゴールレスドローもパフォーマンスに満足感「選手を非難することは1つもない」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、オサスナ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 マドリーは27日、ラ・リーガ第11節でオサスナと対戦。先週末のバルセロナとの“エル・クラシコ”で勝利し、勢いに乗って連勝と行きたい試合だった。 試合は何度もゴールに迫るマドリーは、決定機を生かせず。2度もポストに当てるなど、フィニッシュの精度を欠いてしまい、ゴールレスドローに終わった。 試合後、アンチェロッティ監督はPKがあったのではないかとコメント。ヴィニシウスが抗議していたことに理解を示した。 「PKはとても複雑な問題だ。私が見た唯一のことは、ヴィニシウスが主審にVARを見るように言ったということだ。理由はわからなかった」 「ただ、足を踏むことはPKだと思っていた。なぜVARが介入しなかったのかはわからない。私はレフェリーに試合の進行に対して、アディショナルタイムが少なすぎるように思うと伝えた。説明を求めたが、彼は納得していなかった」 また、勝ち切れなかったマドリーだが、チームのパフォーマンスには満足感を示し、この戦いを続ける必要があると語った。 「今日のチームが好きだった。前半はサイドチェンジが遅く、あまり効果がなかった。左サイドにボールを置き、解決策を見出すことが多かった」 「後半はずっと良く、とても気に入っている。選手を非難することは1つもない。彼らは全てを捧げていた。これを続けなければいけない」 2021.10.28 11:04 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、終始攻勢も好調オサスナの堅守破れずホームでドロー…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第11節、レアル・マドリーvsオサスナが27日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、0-0のドローに終わった。 敵地でのエル・クラシコをアラバの加入後初ゴールなどで2-1と競り勝った2位のマドリーは、勝ち点2差で6位に位置する難敵オサスナをホームで迎え撃ち公式戦3連勝を狙った。アンチェロッティ監督はバルセロナ戦から先発3人を変更。完全休養を与えたモドリッチに加え、ルーカス・バスケス、ロドリゴをベンチに置き、カルバハル、カマヴィンガ、アセンシオを起用した。 試合は立ち上がりから[5-3-2]の堅固な守備ブロックを敷くアウェイチームに対して、圧倒的にボールを握るホームチームが押し込んでいく展開が続く。 オサスナの老獪な守備を前になかなか攻め手を見いだすことができないマドリーだが、22分にはアセンシオのスルーパスに抜け出したカマヴィンガが枠のわずか右に外れる際どいシュートを放つ。 以降もヴィニシウスのボックス内での鮮やかな突破からの折り返しをカルバハル、30分にはミリトンが意表を突いたミドルシュートと工夫を凝らした攻めからゴールに迫るが、相手守備のバランスを崩し切れず、前半の内にゴールを決めることはできなかった。 迎えた後半、アンチェロッティ監督はカマヴィンガに代えてロドリゴを投入。アセンシオをインテリオールに下げて、より前がかる。だが、立ち上がりの50分には相手の狙っているロングカウンターを許し、チミ・アビラのスルーパスに抜け出したモンカジョラに左ポスト直撃の絶好機を与えた。 冷や汗をかきながらも何とかピンチを脱したマドリーは、ここから若きブラジル人アタッカーの両サイドを起点にオサスナを攻め立てて再三の決定機を創出。だが、ボックス左で放ったベンゼマのシュートが左ポストを掠めるなど、なかなか決め切ることができない。 この状況を受け、69分にはメンディとカルバハルの両サイドバック、アセンシオを下げてマルセロ、ルーカス・バスケス、アザールと一気に3枚替えを敢行した。 相手の守り疲れも期待しつつ、アザールやマルセロと異なる特徴を持つアタッカーのプレーでゴールをこじ開けたいところだが、そのマルセロが幾度かボックス内で際どいシーンに顔を出すが、最後のところで粘るオサスナの守備をこじ開けられない。その後、後半アディショナルタイムにはカウンターからヴィニシウスに見せ場が訪れるが、ここも相手の決死のシュートブロックに阻まれ万事休す。 終始攻勢の展開も好調オサスナの堅守を最後までこじ開けられなかったマドリーは、先日のビジャレアル戦に続き今季2度目の無得点に終わり公式戦連勝がストップした。 2021.10.28 06:31 Thu
twitterfacebook
thumb

クーマン襲撃事件を非難するアンチェロッティ監督「サッカー界に留まる問題ではない」

ロナルド・クーマン監督を襲った一部のバルセロナサポーターの愚行に、レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督も不快感をあらわにしている。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。 24日のラ・リーガ第10節で激突したバルセロナとマドリー。1-2でマドリーが勝利した試合後、敗れたバルセロナサポーターの一部がカンプ・ノウから出てきたクーマン監督の運転する車を襲撃し、非難や侮辱の言葉を浴びせた上、車体を蹴るなどの問題行動を起こしていた。 この一件にはアンチェロッティ監督も痛烈に非難。サッカー界だけでなく社会的な問題だと指摘した。 「不快感を覚えたし、クーマンのことを考えると気の毒だ。あのような無礼はあってはならず、我慢することもできない」 「これはサッカー界に留まらない、社会的な問題だ。監督ではなく、一個人への敬意を欠いている。他人への敬意を欠いた行動が起こるのは、社会そのものに問題があるということなのだ」 2021.10.27 14:33 Wed
twitterfacebook
thumb

ナダルが今年のバロンドールに推すのは?「献身性とプロフェッショナリズム」が決め手

プロテニスプレーヤーのラフェエル・ナダルが、今年のバロンドールについて言及した。 史上最高のスペイン人アスリートとも言われ、テニスのグランドスラム(4大大会)では優勝回数歴代1位タイの20回、史上7人目となるキャリア・グランドスラム達成者でもあるナダル。クレーコートを得意とすることでも知られている。 サッカーとの関係も根強く、叔父は元スペイン代表DFでマジョルカとバルセロナでかちゃくしたミゲル・アンヘル・ナダル氏、自身も少年時代はサッカーをやっていたほどだ。 また、久保建英が所属するマジョルカは、今シーズンの新ユニフォーム発表のモデルにナダルを起用したほか、レアル・マドリーのファンということでも知られた存在だ。 そのナダルが、今シーズンのバロンドールに関して、フランス代表FWカリム・ベンゼマを推すと自身のSNSで発表した。 「選手としての称賛、そして彼の年齢におけるスポーツへの献身性とプロフェッショナリズムを持っている。幸運を。2021年のバロンドールはベンゼマを応援している」 すでにバロンドールの投票は締め切られているため、ナダルの発言が結果に影響することはないが、ここ数年のストライカーとしての貢献が高いベンゼマ。ナダルの願いは届くだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ナダルもイチオシのベンゼマ、クラシコでのゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJvQ1hMR1l5eSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.10.27 10:28 Wed
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第11節プレビュー】ミッドウィーク開催、混戦抜け出すのは?

先週末に行われた第10節では、全世界注目のエル・クラシコを制したレアル・マドリーが2位をキープ。また、アトレティコ・マドリーとレアル・ソシエダの上位対決は白熱のドローに終わった結果、上位争いはより混戦模様となっている。 ミッドウィーク開催となる今節は、上位陣が比較的下位と対戦する中、レアル・マドリーvsオサスナ、ラージョvsバルセロナの2カードに注目したい。 敵地での白熱のクラシコをDFアラバの加入後初ゴール、右サイドバック起用となったMFルーカス・バスケスと、最終ラインの2選手のカウンターアタックによる意外な形での2ゴールによって競り勝ったレアル・マドリー。公式戦2連勝を飾ったアンチェロッティ率いるチームは、勝ち点2差で6位に位置する難敵オサスナと対戦する。 消耗激しいクラシコを戦ったこともあり、今節では中盤や前線を中心に幾つかのポジションでターンオーバーが見込まれる。その中で負傷明けのDFカルバハルやFWアザール、MFカマヴィンガやFWアセンシオらに出番が与えられそうだ。対戦相手のオサスナは前節退場者を出した影響でグラナダ相手に逃げ切りに失敗したものの、ビジャレアルを敵地で破るなど直近3勝1分けと好調を維持する侮れない相手だ。今季は攻守両面で勝負所をきっちり抑える試合運びの巧さが際立っており、接戦に持ち込まれると、厳しい戦いになるはずだ。 一方、クラシコ敗戦からのバウンスバックを図る9位のバルセロナは、勝ち点1差で7位に位置する昇格組ラージョと対戦。クラシコではFWアグエロに加入後初ゴールが生まれた点はプラス材料も、躍動が期待されたMFガビやFWアンス・ファティは老獪な相手の守備に良さを出し切れず、チームとしては結果内容共に厳しい試合になった。また、チームの中心を担うMFフレンキー・デ・ヨングの負傷離脱も気がかりな点だ。 久々のラ・リーガ帰還となったFWファルカオやMFアルバロ・ガルシアと攻撃陣が好調を維持するラージョは今季のホームゲーム4戦全勝と、本拠地バジェカスを要塞化しており、心身ともに消耗を強いられているクーマン率いるチームにとっては非常に難しい試合になる。 4位のアトレティコは前節、首位のソシエダ相手に大苦戦を強いられた中、FWルイス・スアレスのドブレーテの活躍で辛くも2-2のドローに持ち込んだ。そして、公式戦3試合ぶりの白星を目指す今節は開幕10戦未勝利で19位に低迷するレバンテとのアウェイゲームに臨む。 ソシエダ戦ではここ最近の失点の多さを考慮して4バックに戻したものの、結局複数失点を喫しており、シメオネ監督がこの試合に向けて選択するプランにも注目が集まるところだ。対戦相手のレバンテは10戦未勝利もレアル・マドリー、セビージャ相手に3ゴールずつを奪うなど攻撃の破壊力を持っており、先日アラベスに今季初白星を献上しているアトレティコとしては同じ轍を踏まぬためにも集中した戦いが求められるところだ。 そのアトレティコ相手に勇敢な戦いを見せ、勝ち点3を逃すも首位キープに成功したソシエダは、ボトムハーフに沈むセルタと対戦。エースFWオヤルサバルら負傷者が目立つ中、アトレティコ戦ではFWイサクとFWセルロートの2トップに今季リーグ初ゴールが生まれた点はプラス材料だ。次節にアスレティック・ビルバオとのダービーを控えるため、幾つかのポジションでターンオーバーも見込まれるが、きっちり勝ち切りたい。 3位のセビージャは前節、レバンテとの激しい打ち合いを今季最多5ゴールを奪って打ち勝って2連勝を達成。その一戦ではFWムニルやMFオリベル・トーレスといった準主力の選手たちにゴールが生まれており、過密日程を戦う中でチームの底上げに成功している。今節はMF久保建英を擁する12位のマジョルカを相手に3連勝を目指す。なお、久保は復帰に向けたリハビリの段階にあり、引き続き欠場となる。 《ラ・リーガ第11節》 ▽10/26(火) 《26:00》 アラベス vs エルチェ 《28:00》 エスパニョール vs アスレティック・ビルバオ 《28:30》 ビジャレアル vs カディス ▽10/27(水) 《26:00》 ラージョ vs バルセロナ マジョルカ vs セビージャ 《27:00》 ベティス vs バレンシア 《28:30》 レアル・マドリー vs オサスナ ▽10/28(木) 《26:00》 セルタ vs レアル・ソシエダ 《27:00》 グラナダ vs ヘタフェ 《28:30》 レバンテ vs アトレティコ・マドリー 2021.10.26 19:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly