モドリッチ&アザールが復帰! マドリーがベティス戦招集メンバー発表

2021.04.24 01:01 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは23日、翌日に行われるラ・リーガ第32節のベティス戦に向けた招集メンバーを発表した。

前節、カディスに3-0の快勝を収めて首位アトレティコ・マドリーとの3ポイント差を維持した2位のレアル・マドリー。27日にチェルシーとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグを控える中、今節は6位のベティスをホームで迎え撃つ。

この重要な上位対決に向けてジネディーヌ・ジダン監督は、背中の張りによりカディス戦でメンバー外となっていたクロアチア代表MFルカ・モドリッチと、負傷明けのベルギー代表FWエデン・アザールの主力2選手を復帰させた。

その一方で、負傷のドイツ代表MFトニクロースが新型コロナウイルス感染のウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデがスペイン代表DFセルヒオ・ラモスらと共に引き続きメンバー外となった。今回発表された招集メンバーは以下の通り。

◆レアル・マドリー招集メンバー
GK
ティボー・クルトワ
アンドリー・ルニン
ディエゴ・アルトゥーベ

DF
ダニエル・カルバハル
エデル・ミリトン
ラファエル・ヴァラン
ナチョ・フェルナンデス
マルセロ
アルバロ・オドリオソラ

MF
ルカ・モドリッチ
カゼミロ
イスコ
セルヒオ・アリーバス
アントニオブランコ

FW
エデン・アザール
カリム・ベンゼマ
マルコ・アセンシオ
ヴィニシウスジュニオール
マリアーノディアス
ロドリゴ・ゴエス

関連ニュース
thumb

CL制覇も狙うアンチェロッティ「優勝慣れが少しばかりアドバンテージに」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督はチャンピオンズリーグ(CL)の戦いにアドバンテージを感じているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 先のグループD開幕節でインテルとのアウェイ戦をしっかりと勝利で飾り、28日に本拠地で第2節のシェリフ戦に臨むレアル・マドリー。アンチェロッティ監督は試合に先駆けた会見で、モルドバリーグ王者について「シェリフはよくやっているが、あまり知らないチームであり、注意が必要。だが、よく組織化され、前線も速い」と語った。 そんなレアル・マドリーは最多となる13度もの優勝を経験を持つが、ここ3シーズンにわたり、それから遠ざかっている状況。だが、「最も困難かつ最も難しい大会で、このクラブを代表するのは我々にとって特別なこと。このクラブはほかより優勝するのに慣れており、そこは少しばかりアドバンテージになる」と自信をうかがわせた。 また、約1年7カ月ぶりにサンティアゴ・ベルナベウでCLの試合を行う件については「CLではすべての試合でしっかりと準備しておかないといけない。良い思い出があるベルナベウに戻ってくるのは楽しみだ」とコメント。そして、前任者であるジネディーヌ・ジダン監督と自身の比較を求められると、難色を示しつつ、それに応じた。 「難しいね。選手たちは少しずつ変わっていくもので、チームも変化している。ジズーのチームと私のチームを比較するというのは好ましいものじゃない。それに、ジズーはベストを尽くした。私もチャンピオンズを3連覇できたら良いね。しかし、そうとは言わずとも、もう1回ほど優勝したい」 2021.09.28 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

レアルのペレス会長を乗せた車が過激なファンに囲まれ…ムバッペについての問いかけに「来年だ」と答える?

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長を乗せた車が、過激なファンに囲まれていたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 マドリーは25日、ラ・リーガ第7節でビジャレアルをホームに迎えたものの、ゴールを奪えず、0-0で引き分けた。 『マルカ』によると、ビジャレアル戦後にスタジアムを後にするペレス会長の車をファンが囲んだ。それは車が信号で止まるたびに幾度か行われたようだ。 さらに、そこで一部のファンが「会長、ムバッペとサインを」とパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペとの契約を頼むと、ペレス会長は「来年だ」と答えたという。 公の場の発言ではないものの、これが事実ならペレス会長はムバッペの加入を確信している模様。今シーズン限りでPSGとの契約が切れるムバッペだが、ペレス会長の目論見通りとなるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ペレス会長を乗せた車がファンに囲まれ…この場でムバッペ獲得を示唆したとみられている</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> Florentino Pérez ha tenido un susto con el coche a la salida del Santiago Bernabéu<br><br> Un aficionado se ha acercado al vehículo y el presidente blanco le ha dicho que el año que viene vendrá MBAPPÉ<br><br> Informa <a href="https://twitter.com/SQuirante?ref_src=twsrc%5Etfw">@SQuirante</a> <br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DirectoGol?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DirectoGol</a> <a href="https://t.co/MibiCwnzj0">pic.twitter.com/MibiCwnzj0</a></p>&mdash; Directo Gol (@DirectoGol) <a href="https://twitter.com/DirectoGol/status/1441891235866845187?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.28 07:05 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル入団時にエンブレムにキスしたアラバが弁明「バイエルンのファンを挑発する意図はまったくなかった」

レアル・マドリーのオーストリア代表DFダビド・アラバが入団セレモニー時の行動について弁明した。スペイン『アス』が伝えている。 アラバは、2010年にプロデビューを果たしたバイエルンとの契約を満了し、今夏にマドリーに加入。7月に入団セレモニーも行われた。 そこでは、新加入選手の慣習ともなっているクラブエンブレムへのキスも披露していたが、バイエルンのヘルベルト・ハイナー会長「私たちとたくさんの時間を一緒に過ごした後で、レアル・マドリーのエンブレムにキスした時、私は驚いた。ただ、それも人生だ」と語っていた。 『Bayern Insider』とのポッドキャストでその件について問われたアラバは、誰かを傷つけるつもりはなかったと弁明している。 「とても特別な日だった。それは新しいステージの始まりであり、バイエルンのファンを挑発する意図はまったくなかった。僕はそこで13年間も素晴らしい時間を過ごした」 「人として、そして選手として成長する機会を与えてくれたファンとクラブに常に感謝している。ミュンヘンは僕の第二の故郷になった。誰かの気持ちを傷つけたくはなかった」 「マドリッドとミュンヘンを比較することはできない。僕の第二の故郷になった。そして常に僕の心の中にある」 <span class="paragraph-title">【写真】確かにアラバはマドリーのエンブレムにキスしている</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> El PRESIDENTE del BAYERN, Herbert Hainer, también ha hablado sobre ALABA (Vía Bild):<br><br> &quot;Me sorprendió que besará el escudo del Real Madrid después de estar tanto tiempo con nosotros, pero así es la vida&quot;. <a href="https://t.co/c9M5x8SsYj">pic.twitter.com/c9M5x8SsYj</a></p>&mdash; ChiringuitoChampions (@chirichampions) <a href="https://twitter.com/chirichampions/status/1429425508224208897?ref_src=twsrc%5Etfw">August 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.27 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ、ビジャレアルと0-0ドローも悲観せず 「前に進んでいく」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が前向きなコメントを残した。 25日に行われたラ・リーガ第7節でビジャレアルをホームに迎え撃ったレアル・マドリー。公式戦5連勝の流れでこの試合も乗り越えたいところだったが、打開できず、0-0のドローに終わった。 現時点で首位のアンチェロッティ監督は試合後、「今季のベストゲームというわけじゃなかった。ビジャレアルはGKも絡めて、ボールをかなり握ってきたし、苦しめられてしまった」と苦戦を認めた。 また、好守を披露したベルギー代表GKティボー・クルトワについて「彼がいるのは幸運でしかないね。(エデル・)ミリトンや(ダビド・)アラバもよくやった。(結果は)悲しいことでもない。最高の夜というわけじゃないが、前に進んでいく」に賛辞を送った。 そんな試合で注目されたのがウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデの右サイドバック起用。スペイン代表DFダニエル・カルバハルの負傷欠場に伴うものだが、そこもこなせる同代表MFルーカス・バスケスを使わずに今回の選択に至った理由を説明した。 「彼はどこでもプレーできるから気に入った。これからどこが一番かを見極めていく。私にとって、彼は右サイドバックじゃないが、必要なことだったし、(マルコ・)アセンシオをラインの間でプレーさせたかったのだ」 「一対一の形を作ろうと、ボックスにクロスを入れていったが、相手にも高さがある。間を縫うようなプレーも難しかった。後半はそうでもなかったが、相手は前線からのプレスが厳しく、ビルドアップも巧みだったね」 「あのプレス掻い潜れないと、リスクがあった」 2021.09.26 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ビジャレアルとの膠着戦はゴールレスドロー《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは25日、ラ・リーガ第7節でビジャレアルをホームに迎え、0-0で引き分けた。 3日前に行われた前節マジョルカ戦をアセンシオのハットトリックで6-1と圧勝したレアル・マドリー。5勝1分けと好スタートを切った中、バルベルデを右サイドバックに配す[4-3-3]で臨んだ。 1勝4分けのビジャレアルに対し、3トップに右からロドリゴ、ベンゼマ、ヴィニシウスと並べたレアル・マドリーが押し込む展開で立ち上がっていくも、13分にピンチ。 ダンジュマの単騎突破からのカットインシュートで枠を捉えられたが、GKクルトワが好守で凌いだ。 その後はビジャレアルがボールを持った中、静かな展開で推移。38分にダンジュマがボックス内からシュートを浴びせるシーンはあったものの、互いにゴールに迫るシーンはなく0-0でハーフタイムに入った。 迎えた後半、ロドリゴに代えてカマヴィンガを投入したレアル・マドリーが押し込む展開で立ち上がると、50分に決定機。FKからミリトンがダイビングヘッドでゴールに迫ったが、シュートは枠を捉えられなかった。 その後、ビジャレアルにカウンターとセットプレーからゴールに迫られると、前半同様に膠着状態へ。 そこで73分、モドリッチに代えてアザールを、81分にアセンシオに代えてイスコを投入。すると82分、アザールのクロスからイスコが決定的なヘディングシュートを放つも、GKアセンホにセーブされた。 終盤にかけては互いにゴールに迫れず0-0でタイムアップ。手堅い試合運びを見せた両チームの一戦は、勝ち点1を分け合う結果となった。 2021.09.26 05:54 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly