背番号11の田中達也が復活!浦和が新シーズンの選手背番号を発表

2021.01.12 18:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
浦和レッズは12日、2021シーズンの選手背番号を発表した。

2020シーズンは10位に終わった浦和。徳島ヴォルティスを率いていたリカルド・ロドリゲス監督を招へいし、新たな体制で新シーズンに臨むこととなった。

新シーズンに向けては、DF西大伍(ヴィッセル神戸)やGK塩田仁史(栃木SC)らベテランのほか、MF金子大毅(湘南ベルマーレ)、MF小泉佳穂(FC琉球)、MF明本考浩(栃木SC)ら若手を獲得した。

また、かつてのエースと同じ名前のFW田中達也を大分トリニータを補強。背番号も「11」をつけることが決まり、背番号11の田中達也が復活することとなった。

その他、全国高校サッカー選手権で準優勝に終わった青森山田高校のDF藤原優大、流通経済大学のMF伊藤敦樹、中央大学のMF大久保智明、浦和レッズユースのDF福島竜弥が新加入となった。

なお、背番号変更も2名行われ、「31」をつけていたDF岩波拓也が「4」に。「36」をつけていたGK鈴木彩艶が「12」となる。

◆浦和レッズ登録選手一覧
GK
1.西川周作
12.鈴木彩艶※背番号変更[36]
25.塩田仁史←栃木SC/完全移籍

DF
4.岩波拓也※背番号変更[31]
5.槙野智章
6.山中亮輔
8.西大伍←ヴィッセル神戸/完全移籍
20.トーマス・デン
27.橋岡大樹
34.藤原優大←青森山田高校/新加入
36.福島竜弥←浦和レッズユース/昇格

MF
3.宇賀神友弥
10.柏木陽介
11.田中達也←大分トリニータ/完全移籍
13.伊藤涼太郎
15.明本考浩←栃木SC/完全移籍
17.伊藤敦樹←流通経済大学/新加入
18.小泉佳穂←FC琉球/完全移籍
19.金子大毅←湘南ベルマーレ/完全移籍
21.大久保智明←中央大学/新加入
22.阿部勇樹
24.汰木康也
29.柴戸海
37.武田英寿
41.関根貴大

FW
9.武藤雄樹
14.杉本健勇
30.興梠慎三
45.レオナルド

監督
リカルド・ロドリゲス

関連ニュース
thumb

「同じようなことが起きた場合、無観客試合、勝ち点剥奪も」罰金2000万円の可能性…浦和の違反行為を受け、野々村チェアマンが言及

Jリーグは5日、クラブの代表者が出席する臨時実行委員会を開催。その後に、メディアブリーフィングが行われた。 今回の臨時実行委員会では、す声出し応援の段階的導入の方針、そして、違反事例に対する再発防止の再確認等を全クラブで共有したとのことだ。 違反行為としては、2日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節のガンバ大阪vs浦和レッズの一戦で、浦和のサポーターがチャントやブーイングなどの声出しを実施。この件に関して、5日にクラブが謝罪声明を発表していた。 これまでも幾度となくガイドラインに違反し、声出しを行ってきた浦和サポーター。Jリーグは、ガイドライン違反の声出しが続いていることについて、裁定委員会から浦和に最大2000万円の罰金処分が行われる可能性が浮上しているとし、さらに違反が続けば無観客試合や勝ち点剥奪など、厳重な処分に発展していく可能性もあるとした。 今回の実行委員会はJ1、J2、J3のカテゴリに分かれて行われたとのことで、J1のクラブの実行委員からは浦和の件で意見が出たとのこと。野々村芳和チェアマンは「具体的な防止策がない中では不安がある。クラブがしっかりとルール違反を犯した人たちに対してしっかりとしたスタンスを見せるべきではないか」という意見が出たとし、浦和の立花洋一代表が謝罪したことを報告した。 また、浦和が今回ついに声明を出したことについて「リーグも浦和に対してステートメントを出すとか、再発防止策を取ってくださいと現場間では言ってきていましたが、今までは出てきたことがなかったです。今日浦和からもクラブのインフォメーションとして、クラブのスタンスと再初防止策が出た。58クラブが同じ方向で進むことで行きますよと再確認した」とコメント。浦和の声明もあり、改めて全クラブと共有したという。 さらに、今回の事実確認を浦和と実施したとし、「同じ方向で進んでいくことを宣言して、クラブとしての姿勢を見せたのであれば、我々も上にアクションを取れるようになった」と述べ、クラブに運営責任があるとして、処分を前提に裁定委員会に諮問を行う方針を明らかにしている。 今回のG大阪戦だけでなく、5月のホームでの鹿島アントラーズ戦など複数あることを挙げ、野々村チェアマンは最大で2000万円の罰金になる可能性を明かし、「同じようなことが起きた場合、無観客試合、勝ち点剥奪も含めた上で、第三者となる裁定委員会に諮問した上でペナルティを課すことがあるとお伝えした」と、厳しい処分も辞さないことを浦和に伝えているとした。 一方で、クラブの社長をやっていたこともあり、クラブの考え、そしてファン・サポーターが思うところに理解を示している野々村チェアマン。Jリーグが段階的に声出し応援を緩和している中で、一部のファン・サポーターは欧米と比較してマスク着用の是非など、全面解禁を求める声が大きい。 しかし、気持ちは理解するとした上で、あくまでも政府の方針に則ってやらなければいけないとし、現在進めている方向で問題が起きないことを確認することが大事だとし、しっかりと進めて理解を得ていくために動いているとした。 「一部のサポーターの中にはやはり日本のコロナ政策と欧米のスポーツシーンの状況に違和感を感じている人たちが、ああしたい、ああいう状況を取り戻したいという思いの(声出しという)表現もあるというのは、僕の想像の中では感じているところです」 「ただ、改めてですが、Jリーグでは基本的対処方針に則った中で少しでも緩和される方向を探していきます」 「基本的対処方針を大幅に変えて頂くような働きかけはリーグとして、僕が責任を持ってやっていくという棲み分けはお伝えしたいです。僕1人でできるわけではないですが、いくつかのエビデンスをもとにサッカー界、スポーツ界、違う業界の人たちも含めて、どうやったら前に進めるかを含めて別の方向でやっていくことはお伝えしておきます」 日常生活でも緩和の動きが進む中で、日々の感染者は急増中。対策をすれば感染者が減り、緩めば増えるということを2年以上繰り返している状況だ。「急がば回れ」という言葉があるように、欲望に負けず、しっかりと一歩ずつ進んで行くことの方が早く問題は解決するのではないだろうか。 2022.07.05 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト遠藤航がチームに合流、期待と歓迎の声多数「おかえりレジェンド」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航の新シーズンが始動した。 5月14日に昨季ブンデスリーガの最終節で劇的な残留を決め、2年連続でリーグのデュエル最多数を記録した遠藤。日本代表の6月シリーズにも全4試合で先発出場を果たし、ようやくのオフ期間には所属したJクラブや恩師の元を訪ねるなどしていた。 フル稼働が続いていた戦士は束の間の休息を経て、再びドイツへ。クラブ公式ツイッターが4日に合流した旨を投稿。「#LegEndo」のタグを付け、パフォーマンステストを行う遠藤の様子を公開した。 遠藤自身も動画を引用し、「ドイツに帰ってきました〜!新シーズンに向けて良い準備を」と綴れば、国内外のファンからも「おかえりレジェンド」、「新シーズンも活躍楽しみにしてます」、「VfBを上位に導いてください」など、期待のこもった声が寄せられた。 遠藤と同じくして初の日本代表活動を経験したDF伊藤洋輝もチームに合流した。U-21チームにはDFチェイス・アンリに続き、DF岡田怜が加入し、日本からの注目度も高まるシュツットガルト。率いる遠藤はドイツ1部での3シーズン目でどのようなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】シュツットガルトに合流し、パフォーマンステストを行う遠藤</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> 18 km/h <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> | <a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <a href="https://t.co/JBDL5qvRVC">pic.twitter.com/JBDL5qvRVC</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1543896542989500424?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/LegEndo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LegEndo</a> <a href="https://t.co/z5BhqBSyUI">pic.twitter.com/z5BhqBSyUI</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1543903986499174400?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】チームに合流した遠藤と伊藤、ベヤズを交えた3ショット</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Zurück bei der Mannschaft:<a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <br>Hiroki <a href="https://twitter.com/hashtag/Ito?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ito</a> <a href="https://twitter.com/omerfabeyaz?ref_src=twsrc%5Etfw">@omerfabeyaz</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> <a href="https://t.co/8qgQL7GYkH">pic.twitter.com/8qgQL7GYkH</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1543958816479395840?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.05 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ルヴァン杯プライムステージのキックオフ時間&テレビ放送、ネット配信が決定

5日、JリーグはYBCルヴァンカップ・プライムステージのキックオフ時間とテレビ放送を発表した。 6月上旬に行われたプレーオフステージではセレッソ大阪、サンフレッチェ広島、名古屋グランパス、アビスパ福岡が勝ち上がり、ここにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場した川崎フロンターレ、浦和レッズ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸を加えた8チームでプライムステージを争う。 6月29日に行われたオープンドローの結果、前回王者の名古屋は浦和と対戦が決まり、昨シーズンのカップ戦王者同士の対決に。昨季ルヴァンカップのファイナリストであるC大阪は、J1王者・川崎Fと対戦する。 また、Jリーグで苦しむ神戸は福岡と、J1で現在首位の横浜FMは、好調の広島と対戦することになった。 キックオフ時間は浦和vs名古屋が19時半、残りの3カードは第1戦も第2戦も19時キックオフに。また、テレビではフジテレビNEXT、フジテレビONE、フジテレビTWO、スカパー!で放送される他、インターネットでは、FOD、SPOOX、スカパー!番組配信で放送される。 なお、1stレグは8月3日、2ndレグは8月10日に行われる。 ◆プライムステージ組み合わせ 【第1戦】 8月3日 《19:00》 セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ [ヨドコウ桜スタジアム] テレビ:フジテレビNEXT インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 ヴィッセル神戸 vs アビスパ福岡 [ノエビアスタジアム神戸] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 サンフレッチェ広島 vs 横浜F・マリノス [エディオンスタジアム広島] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 《19:30》 名古屋グランパス vs 浦和レッズ [豊田スタジアム] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 【第2戦】 8月10日 《19:00》 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪 [等々力陸上競技場] テレビ:フジテレビONE インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 [ニッパツ三ツ沢球技場] テレビ:フジテレビTWO インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸 [ベスト電器スタジアム] テレビ:フジテレビNEXT インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 《19:30》 浦和レッズ vs 名古屋グランパス [埼玉スタジアム2002] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 2022.07.05 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和がG大阪戦でのサポーターの声出し応援の違反行為認め、謝罪声明「これまでの努力と気持ちを裏切る行為と認識」

浦和レッズは5日、2日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節のガンバ大阪戦での事象について説明した。 パナソニック スタジアム 吹田で行われたこの試合。1-1の引き分けに終わった中、Jリーグが進める「声出し応援」の検証試合の対象試合ではなかったものの、浦和のサポーターがチャントやブーイングなど、声出し行為を行っており、大きな問題となっていた。 Jリーグの野々村芳和チェアマンも「残念としか言いようが無い」とコメントするなどし、規制緩和に向けて動いている最中でのルール違反を非難した。 そんな中、浦和はクラブを通じて声明を発表。「声を出しての応援行為が確認された」とし、裏切り行為であると認めた。 「2022年7月2日(土)にパナソニック スタジアム 吹田にて行われました、明治安田生命J1リーグ 第19節 ガンバ大阪戦において、浦和レッズサポーターによる、声を出しての応援行為が確認されました」 「この行為は、飛沫感染につながる可能性があるという理由から「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」内で禁止されており、新型コロナウイルス感染拡大を防ぎながら公式戦の試合運営を円滑に行うことにより、愛するチーム・選手を鼓舞する声を再びスタジアムに取り戻したいと願う、Jリーグに関わるすべての皆さまのこれまでの努力と気持ちを裏切る行為であると認識しております」 「浦和レッズとして、「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に基づいた試合運営業務を遂行することができなかった事実につきまして、心よりお詫び申し上げます」 「今後につきましては、下記の再発防止策を実行し、試合運営に努めてまいります」 また、再発防止策についても発表し、周知徹底の他、違反者への適時適切且つ毅然とした対応をしていくとした。 【再発防止策】 (1)事前周知 ・「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」の周知徹底 ・オフィシャルサイトやSNS等を通じた啓発情報発信の継続実施 ・サポーターグループとの直接的なコミュニケーションの実施 (2)試合当日 ・オフィシャルサイトやSNS等を通じた啓発情報発信の継続実施 ・ホームゲーム時のスタジアムオーロラビジョンでの啓発情報発信の強化 ・違反行為への適時適切且つ毅然とした対応(即時退場を含む) 2022.07.05 14:12 Tue
twitterfacebook
thumb

「残念としか言いようがない」止まらない浦和サポの声出しルール違反に野々村チェアマン「ルールに則れることを証明しなければいけない」

Jリーグの野々村芳和チェアマンが、ガイドライン違反が騒がれているサポーターの行為について言及した。 JリーグとNPB(日本野球機構)は4日、第58回目となる「新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。 現在の感染状況、変異株による増加傾向が見られる感染者の情報などが共有された中、1つの問題行為について質問が及んだ。 2日にパナソニック スタジアム 吹田で行われた明治安田生命J1リーグ第18節のガンバ大阪vs浦和レッズの一戦。試合は1-1の引き分けに終わったが、この試合で浦和サポーターが違反行為をしていた。 現在Jリーグでは認められた試合にて、「声出し応援」の実証検証が行われている。G大阪vs浦和の試合はその対象試合ではなかったが、浦和サポーターはチャントを熱唱し、試合中にブーイングを行うなど、Jリーグが定めるガイドラインの違反行為が散見。SNSでも動画が出回り、ルール違反が非難されている。 浦和のサポーターはこれまでにも何度も声出し行為を行い、ルール違反が常態化。他クラブのサポーターが我慢している中で、裏切りとも言える行為には多くの批判が出ている。 そんな中、会議後の会見で野々村チェアマンが言及。サポーターたちがルールを守ることを証明しない限り、元の状態に戻すことができないと、改めて協力を呼びかけた。 「各クラブのサポーターが自分のクラブをサポートするためにいつも協力してくださっていますが、その中でそういった行為があった、頻発することは残念としか言いようがない」 「気持ち、サポーター全てがやりたいことはわかりますが、改めて言うとするならば、基本的な政府の対処方針の中で、どうやってサッカーでやっていけるかをトライしています」 「ようやく(声出しエリアとその他の席の入場が)50%、50%を認めてもらっている中で、声出しエリア50%、その他100%ということをやっていく中で大事になってきます」 「学校の応援団はなんで良いのかというと、その応援団を学校が管理できるからで、演者として認めましょうという流れです」 「サポーターのみなさんが、クラブが管理できるようなものだと認めていただけると、Jリーグも声出しエリア50%、それ以外を100%ということは認めてもらえると思います」 プロスポーツではないものの、学校の応援団はコントロール下にあることからJリーグやプロ野球以上の緩和が進んでおり、その方向に向かっていく中で、浦和のサポーターが行っていることはマイナスに働く。 現在進めている「声出し応援」の検証も、ステップを踏んで、しっかりとルールを守り、感染者が増えないことを証明するためのものだが、それができなければ意味がないと野々村チェアマンは語った。 「クラブもサポーターもルールに則ってガイドラインの中で応援ができるということを証明することをやっていて、今の対処方針の中で前に進めるようであれば、みんなの協力を得ないといけないです」 「サポーターにも、クラブにも前に進めるように対処してもらいたいと思います」 Jリーグとして、直接サポーターを処分することはできないが、クラブとは常にコミュニケーションをとっているとのこと。サポーターの行為でクラブが処分を受けることはこれまで何度もあるが、このまま違反行為が続けば、クラブに対しての処分が下る可能性もあるかもしれない。 2022.07.04 12:02 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly