アトレティコ、トーマス強奪のアーセナルに怒り! シメオネはトレイラとのドブレピボーテを構想

2020.10.07 16:13 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーは、移籍市場閉幕ギリギリにガーナ代表MFトーマス・パルティ(27)を強奪したアーセナルに憤りを見せているようだ。『ESPN』が報じている。

アーセナルは今夏、リヨンのフランス代表MFフセム・アワール(22)、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(28)など、セントラルMFや守備的MFを主戦場とする新戦力の獲得に動いていた。

そういった中、以前から長期的に関心を示してきたトーマスを最終的に獲得することに成功した。

ただ、移籍市場最終日のビッグディール成立は、アトレティコ側にとって予期せぬものだったようだ。

アトレティコは同じ5日にアーセナルからウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(24)をレンタル移籍で獲得しており、一部ではトーマスとのトレードに近いオペレーションとの見方もあった。

しかし、スペイン『アス』が報じるところによれば、シメオネ監督はトレイラをトーマスのドブレピボーテの相棒と見なしており、今後に向けて両者を中央で起用し、MFサウール・ニゲス、MFコケのスペイン代表MFをサイドで起用するクアトロピボーテも構想していたようだ。

そして、その背景にはトーマスが今夏残留するという確信があったという。

各メディアの情報をまとめると、アーセナルとアトレティコはトレイラの交渉の中でトーマス移籍に関する話し合いを行っておらず、アトレティコサイドはアーセナルが前述の2選手など他の候補の獲得に動くと考えていたようだ。

しかし、アーセナルはアワールの獲得交渉失敗、トレイラ、U-21フランス代表MFマテオ・ゲンドゥージ(ヘルタ・ベルリン)のレンタル移籍を通じて、5000万ユーロ(約62億1000万円)に設定されていたトーマスの契約解除金を準備し、移籍市場最終日にスペインプロリーグ機構(LFP)に収めたことで、電撃移籍が成立することになった。

今回の動きに関してルール違反はないものの、トーマスあるいはアーセナルからアトレティコに事情を伝える配慮はあってしかるべきだと考えられており、教え子に裏切られる形となったシメオネ監督を含めアトレティコサイドは激怒しているようだ。

なお、アトレティコでは昨夏にスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(マンチェスター・シティ)、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)、フランス代表DFリュカ・エルナンデス(バイエルン)を同様の形で引き抜かれているが、その3選手に関しては移籍市場閉幕までに多くの日数が残っており、代役の獲得が可能だった。

しかし、今回のケースではトーマス流出に伴う代役の確保に動く時間は残されておらず、アトレティコが不義理だと怒りを覚える気持ちも理解できなくはない。一方、アーセナルも幾つかのプラン変更に伴う動きだった可能性もあり、完全に悪者だと断じることはできない。

ただ、今回の移籍を通じて両クラブの間に軋轢が生じたことは確かであり、今後ヨーロッパの舞台で直接対決が行われる場合、壮絶な遺恨マッチとなるはずだ。

関連ニュース
thumb

グリーズマンへのブーイングにM・ジョレンテも嫌気「それは誰のためにもならない」

アトレティコ・マドリー復帰も一部サポーターからは非難の声が浴びせられているフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンだが、スペイン代表MFマルコス・ジョレンテは不快に感じているようだ。 今夏の移籍市場最終日にバルセロナからアトレティコへのレンタルが発表されたグリーズマン。契約には買い取り義務が付き、事実上の完全移籍で2シーズンぶりの復帰となった。 しかし、2019年夏の跡を濁すような去り際を快く思っていないアトレティコサポーターも少なくなく、復帰後に自チームのためにプレーするグリーズマンに対し、「ケガをしろ」というような野次があったとも報じられている。 サポーターの気持ちも理解できないわけではないが、その反応にはマルコス・ジョレンテも嫌気が差している様子。スペイン『Cadena SER』のインタビューで、理解を示しながらも今後は止めるよう釘を刺した。 「アトレティコのファンは、口笛を吹くことがグリーズマンやチームのためにならないことを理解しなければならない。ピッチ上で彼らのそんな声を聴くのは気持ちのいいものではない。ファンに表現の自由があることは理解できるけどね」 「ゴールのために生きているストライカーが、得点できないこともある。ただ、疑う余地がないのは、アントワーヌがトッププレーヤーであるということだ。遅かれ早かれ、彼はチームを助けるようなゴールを決めるだろう」 復帰後のグリーズマンは、ここまでラ・リーガ5試合に出場し無得点。だが、チャンピオンズリーグのミラン戦では終盤に同点ゴールを決めてその後の逆転勝利に貢献しており、信頼回復に向けてきっかけにしたいところだ。 2021.10.15 13:50 Fri
twitterfacebook
thumb

グリーズマンのeスポーツチームが活動停止…ゲームの動きをゴールパフォーマンスに採用するほどのゲーム好き

アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが立ち上げたeスポーツチーム『Grizi Esport』が活動停止を発表した。 大のゲーム好きとしても知られるグリーズマンは、2020年1月に弟のテオと『Grizi Esport』を創設。FIFA、レインボーシックス シージ、カウンターストライク、リーグ・オブ・レジェンド、フォートナイトの5つのゲームをプレーするチームを作っていた。 しかし、12日に公式SNSを更新。取り巻く状況を考慮した結果、約2年間続いた活動を一時停止することを発表した。 「今日は悲しい日です。eスポーツに関連するすべての活動の一時的な停止を発表するのは心が痛みます。この業界を取り巻く現在の状況と多数の契約終了を踏まえて、建設的な未来のために一歩後退するには、活動を休止する方が賢明だと決断しました」 また、これまでの応援への感謝の言葉も伝えている。 「プロジェクトの創設以来の進歩と、このような短期間で非常に競争力のあるレベルに到達することができたことを非常に誇りに思っています」 「私たちが今日この場所に到達することを可能にしたすべてのメンバーに感謝します。私たちを応援し、サポートしてくれたすべての人々に感謝します」 フランス『RMCスポーツ』によると、新型コロナウイルスの感染拡大の結果、多くのeスポーツイベントが中止となったことで収益が減少し、『Grizi Esport』も9月にFIFAをプレーする主要な選手との契約を終了していたということだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ゲーマーのグリーズマンがフォートナイトのエモートを実際にダンス</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/aa_M0_U9erA" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.10.15 05:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ラ・リーガ、9月に続き南米予選の影響で週末2試合の延期が決定

17日に予定されていたラ・リーガ第9節のレアル・マドリーvsビルバオとグラナダvsアトレティコ・マドリーの延期が決まったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 南米サッカー連盟(CONMEBOL)主催のカタール・ワールドカップの南米予選の日程変更を受けて、ラ・リーガは南米選手を抱えるクラブ間で日程の問題が生じることから9月のインターナショナルウィークにスペインサッカー協会(RFEF)に対して延期申請。RFEFは延期を認めなかったが、ラ・リーガはスポーツ上級委員会(CSD)に裁定を仰ぎ、ラ・リーガ側の主張が認められた。 これにより、9月にはラ・リーガ第4節のセビージャvsバルセロナ、ビジャレアルvsアラベスの2試合が延期されていた。 そして今回のインターナショナルウィークでも、南米予選では通常の2試合ではなく3試合が開催。第12節にあたる各試合が14日に組み込まれており、ラ・リーガも上記と同様の理由でRFEFへ2試合の延期を要請。再びCSDの裁定により、レアル・マドリーvsビルバオとグラナダvsアトレティコ・マドリーの2試合が延期された。 なお、レアル・マドリーからはDFフェデリコ・バルベルデがウルグアイ代表に、DFエデル・ミリトンとFWヴィニシウスがブラジル代表に招集を受けている。アトレティコ・マドリーはMFロドリゴ・デ・パウルとMFアンヘル・コレアがアルゼンチン代表に、DFホセ・ヒメネスとFWルイス・スアレスがウルグアイ代表に招集。グラナダではDFルイス・アブラムがペルー代表に参加している状況だった。 2021.10.14 00:20 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ指揮官シメオネ、“エージェント”スアレスでメッシ獲得を狙った逸話を明らかに

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が今夏にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの獲得に動いたことを明かした。スペイン『アス』が伝えている。 今夏、バルセロナとの契約が満了を迎え、新たに契約を結ぶと思われていたものの、一転して退団となったメッシ。その後のパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍は、世界中のサッカーファンに大きな衝撃を与えた。 そんなメッシだが、バルセロナとラ・リーガの覇権を争うアトレティコも元同僚であるウルグアイ代表FWルイス・スアレスを介して、アプローチした模様。シメオネ監督が母国メディア『Ole』で明らかにした。 「詳細について話そう。今夏にバルセロナで起こったことについて、ルイスに電話した」 「メッシに敬意を払うべく、本人に電話こそしなかったが、ルイスに彼がどういう状況か、アトレティコに来る気があるか、その可能性が少しでもあるのかを聞いた」 「彼はすでにPSGとの契約に乗り気だったし、(アトレティコによるメッシ獲得の動きは)3時間ほどしか続かなかった。何もなく、空を飛ぶ飛行機を見て、『来た、来た』と言う感じだった(笑)」 結局、シメオネ監督と同じアルゼンチン出身の世界的なスター選手獲得とはならなかったものの、今季も好調を維持するアトレティコ。ラ・リーガでは首位レアル・マドリーと同勝ち点で並ぶ2位に位置している。 2021.10.13 12:36 Wed
twitterfacebook
thumb

「ふざけるな」バルセロナ時代の優勝リングを披露したグリーズマンにアトレティ反発「もう終わり」

アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、ファンの反感を買ってしまっているようだ。 グリーズマンは、今夏の移籍市場最終日にバルセロナからの1年延長オプションが付随した1年間のレンタルで3年ぶりにアトレティコへ復帰。しかし、2019年のバルサ移籍時には契約解除金を巡ってアトレティコとバルセロナが対立するなど円満な退団とはならず、グリーズマンはアトレティコファンの恨みを買っていたため、今回の移籍にも懐疑的な声が挙がっていた。 それでも、9月28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第2節のミラン戦では復帰後初ゴールを決め、やっと一歩を踏み出せた状況となっている。 しかし、グリーズマンがインスタグラムに投稿した動画がアトレティコのファン、アトレティの怒りを買うことに。脇の甘さを見せてしまった。 サッカー界屈指のNBA好きで知られるグリーズマンは、優勝チームに与えられるチャンピオンリングを模倣したリングを制作。ロシア・ワールドカップ(W杯)でフランスが優勝した際にも、MFポール・ポグバとともに作っていた。 しかし、グリーズマンが直近で獲得したのは、昨シーズンのバルセロナで優勝したコパ・デル・レイだけ。今回のリングには、バルセロナのエンブレムとコパ・デル・レイの文字が刻まれていた。 ロシアW杯の時も完成までに8カ月かかっており、バルセロナ在籍時に注文したリングが今届いたのだと思われるが、これにアトレティたちは反発。「ふざけるな」「バルセロナに帰れ」「もう終わり」といった声が相次いだ。 せっかく届いたリングを披露したいグリーズマンの気持ちも分かるが、軽視されていると感じるアトレティたちの気持ちも分かる事案。グリーズマンが置かれている状況を考慮すると、明らかに今のタイミングではなかっただろう。軽率だったと言わざるを得ない行動だった。 <span class="paragraph-title">【画像】グリーズマンが披露した超豪華なNBA風のコパ・デル・レイ優勝リングは完全にバルセロナ仕様</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="lv" dir="ltr"> Antoine Griezmann, via IG: <a href="https://t.co/EeTIaECTZ0">pic.twitter.com/EeTIaECTZ0</a></p>&mdash; Reshad Rahman ✆ (@ReshadRahman_) <a href="https://twitter.com/ReshadRahman_/status/1445728103049752584?ref_src=twsrc%5Etfw">October 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.07 20:34 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly