アトレティコ、トーマス強奪のアーセナルに怒り! シメオネはトレイラとのドブレピボーテを構想

2020.10.07 16:13 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーは、移籍市場閉幕ギリギリにガーナ代表MFトーマス・パルティ(27)を強奪したアーセナルに憤りを見せているようだ。『ESPN』が報じている。アーセナルは今夏、リヨンのフランス代表MFフセム・アワール(22)、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(28)など、セントラルMFや守備的MFを主戦場とする新戦力の獲得に動いていた。


そういった中、以前から長期的に関心を示してきたトーマスを最終的に獲得することに成功した。

ただ、移籍市場最終日のビッグディール成立は、アトレティコ側にとって予期せぬものだったようだ。

アトレティコは同じ5日にアーセナルからウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(24)をレンタル移籍で獲得しており、一部ではトーマスとのトレードに近いオペレーションとの見方もあった。

しかし、スペイン『アス』が報じるところによれば、シメオネ監督はトレイラをトーマスのドブレピボーテの相棒と見なしており、今後に向けて両者を中央で起用し、MFサウール・ニゲス、MFコケのスペイン代表MFをサイドで起用するクアトロピボーテも構想していたようだ。

そして、その背景にはトーマスが今夏残留するという確信があったという。

各メディアの情報をまとめると、アーセナルとアトレティコはトレイラの交渉の中でトーマス移籍に関する話し合いを行っておらず、アトレティコサイドはアーセナルが前述の2選手など他の候補の獲得に動くと考えていたようだ。

しかし、アーセナルはアワールの獲得交渉失敗、トレイラ、U-21フランス代表MFマテオ・ゲンドゥージ(ヘルタ・ベルリン)のレンタル移籍を通じて、5000万ユーロ(約62億1000万円)に設定されていたトーマスの契約解除金を準備し、移籍市場最終日にスペインプロリーグ機構(LFP)に収めたことで、電撃移籍が成立することになった。

今回の動きに関してルール違反はないものの、トーマスあるいはアーセナルからアトレティコに事情を伝える配慮はあってしかるべきだと考えられており、教え子に裏切られる形となったシメオネ監督を含めアトレティコサイドは激怒しているようだ。

なお、アトレティコでは昨夏にスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(マンチェスター・シティ)、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)、フランス代表DFリュカ・エルナンデス(バイエルン)を同様の形で引き抜かれているが、その3選手に関しては移籍市場閉幕までに多くの日数が残っており、代役の獲得が可能だった。

しかし、今回のケースではトーマス流出に伴う代役の確保に動く時間は残されておらず、アトレティコが不義理だと怒りを覚える気持ちも理解できなくはない。一方、アーセナルも幾つかのプラン変更に伴う動きだった可能性もあり、完全に悪者だと断じることはできない。

ただ、今回の移籍を通じて両クラブの間に軋轢が生じたことは確かであり、今後ヨーロッパの舞台で直接対決が行われる場合、壮絶な遺恨マッチとなるはずだ。
関連ニュース
thumb

首位アトレティコに朗報! 左足負傷のスアレスが全体練習に復帰

アトレティコ・マドリーに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスがチームトレーニングに復帰した。スペイン『マルカ』が伝えている。 スアレスは7日のトレーニング中に左足負傷。筋肉系のトラブルにより、以降のリーグ戦2試合を欠場していた。 しかし、『マルカ』によればスアレスは21日のチームトレーニングに復帰。これにより、22日に行われるラ・リーガ第31節のエイバル戦、あるいは25日に行われる第32節のアスレティック・ビルバオ戦のいずれかの試合で戦列に復帰できる見込みだ。 今季ここまで公式戦32試合に出場で19ゴール2アシストの活躍を見せているスアレスの復帰は、チームにとって追い風となりそうだ。 2021.04.22 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、スペイン勢で先陣切りESLからの撤退を発表「ファンの調和が不可欠」

アトレティコ・マドリーは21日、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)のプロジェクトに参加しないことを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されたESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になるとされていた。 しかし、UEFAをはじめ、国際サッカー連盟(FIFA)や各クラブの監督、選手、そしてファン・サポーターから想像以上の反発が出ることに。各クラブのサポーターは、「チームが死んだ」としてスタジアムにバナーを掲げるなど、悲しみに溢れた2日間となった。 20日は、参加を表明していたプレミアリーグの6クラブが揃って撤退することを発表。しかし、スペイン、イタリアの6クラブは静観していた。 そんな中、アトレティコがスペイン勢の先陣を切って、撤退を表明。21日の会議で決まったとした。 「アトレティコ・マドリーの取締役会は、21日の朝に開催された会議で、最終的にプロジェクトへの参加を正式に表明しない決定をしました。そして、スーパーリーグおよびそのほかの設立クラブへと正式に伝えることを決定しました」 「アトレティコ・マドリーは、現在の状況を受けて、月曜日にこのプロジェクトに参加することを決定しました。今では、もう存在しない状況です」 「クラブにとっては、ロヒブランカファミリーを構成するすべてのグループ、特にファンの調和が不可欠です」 「ファーストチームの選手と監督は、スポーツ面のメリットが他のことよりも優先されなければならないことを理解し、クラブの決定に満足していることを示しました」 2021.04.21 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第31節プレビュー】岡崎と久保がアトレティコ&バルサに挑戦! 上位4チームは格下と対戦

先週末に行われた前倒し開催の第33節ではコパ・デル・レイ決勝を戦ったバルセロナが試合を行わなかった中、首位のアトレティコ・マドリーがエイバルに大勝した一方、2位のレアル・マドリーがヘタフェ相手に痛恨のドローとなった。 エイバル相手にFWコレアとMFマルコス・ジョレンテのドブレーテの共演を含むマニータの大勝となったアトレティコ(勝ち点70)は、3戦ぶりの白星を手にした。そして、2位以下との勝ち点差を再び3ポイント以上に引き離した中、今節はFW岡崎慎司を擁する17位のウエスカ(勝ち点27)を相手に連勝を狙う。 引き続きFWスアレスとFWフェリックスの両エースを欠くも、前述のゴールスコアラーに加え、MFカラスコやMFエレーラが好調を維持しており、下位相手の一戦に良い形で臨めそうだ。対するウエスカは3連勝を目指した前節のアラベス戦を試合終盤の失点で落とし、残留争いのライバルとのシックスポインターに敗れた。首位チームのホームに乗り込む一戦では対戦相手への移籍も噂される主砲ラファ・ミルを軸にカウンターから一刺しを狙いたい。なお、5戦連続欠場中の岡崎は今回の一戦でもベンチスタートが濃厚だ。 スーペル・コパで敗れたアスレティック・ビルバオ相手にFWメッシのドブレーテの活躍など4-0の快勝でリベンジを果たし、コパ・デル・レイ王者に輝いた3位のバルセロナ(勝ち点65)。その勢いに乗って勝利を目指す今節はMF久保建英を擁する15位のヘタフェ(勝ち点31)と対戦する。 リーグの前節ではエル・クラシコに惜敗したものの、チームのパフォーマンス自体は悪くなく、アスレティック戦ではそれを証明する快勝となった。直近のマドリード勢相手にいずれも0-0のドローに持ち込んでいる曲者との対戦では早い時間帯にゴールをこじ開けたい。一方、ヘタフェでは保有元相手の出場が期待された久保が4試合ぶりに出場なしに終わっていたが、今節ではDFニョムのサスペンションによって右サイドハーフのポジション争いに食い込める可能性があり、MFアレーニャに代わってスタメン起用も想定される。 そのヘタフェ相手に痛恨のドローとなった2位のレアル・マドリー(勝ち点67)は、13位のカディス(勝ち点36)を相手に2戦ぶりの白星を狙う。負傷者続出のチームでは負傷と新型コロナウイルスから回復したDFカルバハルとDFヴァランが招集メンバーに復帰し、サスペンション明けのDFナチョを含め最終ラインの陣容はある程度充実。ただ、MFカゼミロがサスペンション明けで復帰する中盤では代わりにMFモドリッチ、MFクロースが招集外となり、今度は中盤に問題を抱えることになった。 また、対戦相手のカディスは直近2勝1分けと好調を維持しており、中盤を省略するキック&ラッシュのスタイルは疲労困憊のレアル・マドリーにとって難しい相手となるはずだ。 その他では上位3チームに猛プレッシャーをかける4位のセビージャ(勝ち点64)が、9位のレバンテ(勝ち点38)を相手に4連勝を目指す一戦。MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁する最下位のエイバル(勝ち点23)が、8位のグラナダ(勝ち点39)を相手に15戦ぶりの白星を目指す一戦に注目したい。 《ラ・リーガ第31節》 ▽4/21(水) 《26:00》 レバンテ vs セビージャ オサスナ vs バレンシア 《27:00》 ベティス vs アスレティック・ビルバオ 《28:00》 アラベス vs ビジャレアル エルチェ vs バジャドリー 《29:00》 カディス vs レアル・マドリー ▽4/22(木) 《26:00》 アトレティコ・マドリー vs ウエスカ 《28:00》 グラナダ vs エイバル レアル・ソシエダ vs セルタ 《29:00》 バルセロナ vs ヘタフェ 2021.04.21 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

最下位相手に5発快勝のアトレティコ、シメオネ監督が2ゴールのコレアに言及「数字は信頼を物語っている」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、エイバル戦を振り返った。スペイン『マルカ』が報じた。 アトレティコは18日、ラ・リーガ第33節でエイバルをホームに迎えた。 リーグ最下位に沈むエイバルと首位に立つアトレティコの一戦。最も順位が離れたチーム同士の対戦となったが、アトレティコが押し込むもエイバルがゴールを許さない展開で進む。 しかし、前半終盤の42分にアンヘル・コレアが待望の先制点を奪うと、2分後の44分にもコレアが追加点を奪い、2-0で試合を折り返す。 後半に入ってもアトレティコが圧力をかけると、49分にヤニク・フェレイラ・カラスコが3点目を奪うと、マルコス・ジョレンテが53分、68分に追加点。終わってみれば、5-0で圧倒的な力の差を見せつけて勝利した。 試合後、シメオネ監督が振り返り、前節アウェイでレアル・ベティス相手に引き分けていることを語ったが、徐々に選手たちのパフォーマンスが上がったとした。 「我々はベティスに引き分けてから来た。そこでは勝つためにもっと多くのことができ、勝つチャンスもあった。今は抵抗の時期であり、最初の20〜30分はチームが苦しみ、ダメージを与える場所を見つけられずに動けなくなっていた」 「しかし、エレーラとコケが少しずつ良くなると、ロージとカラスコが加わり、危険な場面を生み出していた。コレアについてはとっても嬉しい。仕事やパフォーマンスについての私の考えを再確認することができた」 「そして、ジョレンテは選手として大きく成長し続けている」 また、この試合では2ゴールの活躍を見せたコレアについて言及。全試合に出場していることを含め、信頼していると語った。 「我々は長年一緒に仕事をしてきた。お互いをよく知っている。いつ話すべきか、いつ放っておくべきかを理解している」 「数字は彼との信頼を物語っている。全ての試合に出場しているのは、彼だけだ」 「彼は上手くいっている時は決断力があり、そうでない時は求めている場所に到達できないこととなる」 <span class="paragraph-title">首位のアトレティコが最下位エイバルを5発粉砕【ハイライト動画】</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1608a4z0lp3e31pugh71z43x3k" async></script> 2021.04.19 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

首位アトレティコが最下位エイバルにマニータの圧勝! コレア&ジョレンテがドブレーテの共演!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第33節、アトレティコ・マドリーvsエイバルが18日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが5-0で圧勝した。なお、エイバルのMF乾貴士は63分からプレーし、FW武藤嘉紀は招集外となった。 首位キープを狙うアトレティコ(勝ち点67)が、13戦未勝利で最下位に沈んだエイバル(勝ち点23)をホームで迎え撃った一戦。 前節、ベティス相手に1-1のドローに終わり2戦未勝利のアトレティコは、2位のレアル・マドリーとのポイント差が「1」に縮まり、悲願の優勝に向けて勝ち点逸が許されない状況に追い込まれている。スアレスに続きフェリックスを負傷で欠く中、この試合ではコレアの相棒にサスペンション明けのマルコス・ジョレンテを配置した[4-4-2]で臨んだ。 一方、降格圏脱出に向けて勝ち点必須のエイバルでは前節スタメンの乾がベンチスタートとなり、武藤はケガの影響で招集外となった。 [4-1-4-1]の両ウイングにポソ、ケビン・ロドリゲスとサイドバックでもプレー可能な守備的な選手を配置したエイバルに対して、ホームのアトレティコがボールを握る展開が続く。 しかし、スアレスやフェリックス、レマルの不在によって中央を締める相手の守備に対してなかなか良い形で揺さぶりをかけられず、可能性の低いミドルシュートで攻撃を完結する場面が目立つ。逆に、前がかりな左サイドを引っくり返されてポソやアレイシ・ガルシアらに際どいクロスを上げられる場面も散見した。 我慢比べの展開を強いられたアトレティコだが、前半終盤にかけてカラスコ、エレーラとようやく枠内シュートまで持ち込むと、畳みかける攻めで一気にゴールを積み重ねた。 まずは42分、右CKの場面でトリッピアーのクロスをニアのエレーラがバックヘッドでフリックすると、ゴール左に流れたボールにサビッチと共に飛び込んだコレアがワンタッチで流し込む。さらに、直後の44分にはエレーラからのロングフィードを受けたロージ、カラスコと左サイドを完璧に崩し、ボックス左のライン際でカラスコがマイナスに折り返したボールを再びコレアが見事な反転シュートで右隅に流し込んだ。 コレアのドブレーテの活躍によって2点リードで試合を折り返したアトレティコは、ここ最近の得点力不足が嘘のように攻撃陣が爆発する。 49分、自陣中央のサウールからのフィードに完璧なタイミングで抜け出したカラスコがボックス外に飛び出したGKを冷静にドリブルでかわし、無人のゴールへ右足のシュートを流し込み、ベティス戦に続く2試合連続ゴール。さらに、53分には再びサウールのフィードに抜け出した左サイドのロージがサポートに来たコレアに繋ぐと、ボックス左から折り返したボールにフリーで走り込んできたジョレンテが右足で流し込み、4点目まで奪って見せた。 これで余裕の試合展開となったことで、シメオネ監督は殊勲のコレアとコケを下げてムサ・デンベレ、ビトロを61分に同時投入。対するエイバルは同じタイミングでドゥフル、A・ガルシアを下げてパウロ・オリベイラ、乾を投入。この交代で並びを[3-4-2-1]に変更し、乾は左のシャドーに入った。 この交代をキッカケに一矢報いたいエイバルだったが、逆にトドメの5点目を献上。68分、ボックス左でタメを作ったカラスコから短いマイナスのパスを受けたジョレンテが難なくシュートを流し込み、コレアに続くドブレーテを達成した。 その後、エレーラ、カラスコ、サビッチを下げてコンドグビア、トレイラ、フェリペを投入し、15分を残して5枚の交代枠をすべて使い切ったアトレティコは以降、エイバルの攻撃をシュート0に抑え込む完璧な試合運びでこのまま試合を締めくくった。 そして、両エース不在を感じさせないマニータの圧勝を飾ったアトレティコが3試合ぶりの勝利で首位キープに成功。一方、屈辱の大敗となったエイバルは3連敗含む泥沼の14戦未勝利となった。 2021.04.19 01:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly