アトレティコ、トーマス強奪のアーセナルに怒り! シメオネはトレイラとのドブレピボーテを構想

2020.10.07 16:13 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーは、移籍市場閉幕ギリギリにガーナ代表MFトーマス・パルティ(27)を強奪したアーセナルに憤りを見せているようだ。『ESPN』が報じている。

アーセナルは今夏、リヨンのフランス代表MFフセム・アワール(22)、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(28)など、セントラルMFや守備的MFを主戦場とする新戦力の獲得に動いていた。

そういった中、以前から長期的に関心を示してきたトーマスを最終的に獲得することに成功した。

ただ、移籍市場最終日のビッグディール成立は、アトレティコ側にとって予期せぬものだったようだ。

アトレティコは同じ5日にアーセナルからウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(24)をレンタル移籍で獲得しており、一部ではトーマスとのトレードに近いオペレーションとの見方もあった。

しかし、スペイン『アス』が報じるところによれば、シメオネ監督はトレイラをトーマスのドブレピボーテの相棒と見なしており、今後に向けて両者を中央で起用し、MFサウール・ニゲス、MFコケのスペイン代表MFをサイドで起用するクアトロピボーテも構想していたようだ。

そして、その背景にはトーマスが今夏残留するという確信があったという。

各メディアの情報をまとめると、アーセナルとアトレティコはトレイラの交渉の中でトーマス移籍に関する話し合いを行っておらず、アトレティコサイドはアーセナルが前述の2選手など他の候補の獲得に動くと考えていたようだ。

しかし、アーセナルはアワールの獲得交渉失敗、トレイラ、U-21フランス代表MFマテオ・ゲンドゥージ(ヘルタ・ベルリン)のレンタル移籍を通じて、5000万ユーロ(約62億1000万円)に設定されていたトーマスの契約解除金を準備し、移籍市場最終日にスペインプロリーグ機構(LFP)に収めたことで、電撃移籍が成立することになった。

今回の動きに関してルール違反はないものの、トーマスあるいはアーセナルからアトレティコに事情を伝える配慮はあってしかるべきだと考えられており、教え子に裏切られる形となったシメオネ監督を含めアトレティコサイドは激怒しているようだ。

なお、アトレティコでは昨夏にスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(マンチェスター・シティ)、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)、フランス代表DFリュカ・エルナンデス(バイエルン)を同様の形で引き抜かれているが、その3選手に関しては移籍市場閉幕までに多くの日数が残っており、代役の獲得が可能だった。

しかし、今回のケースではトーマス流出に伴う代役の確保に動く時間は残されておらず、アトレティコが不義理だと怒りを覚える気持ちも理解できなくはない。一方、アーセナルも幾つかのプラン変更に伴う動きだった可能性もあり、完全に悪者だと断じることはできない。

ただ、今回の移籍を通じて両クラブの間に軋轢が生じたことは確かであり、今後ヨーロッパの舞台で直接対決が行われる場合、壮絶な遺恨マッチとなるはずだ。

コメント
関連ニュース
thumb

スアレスの34歳バースデー弾が決勝点! フェリックスにも10戦ぶりゴール生まれた首位アトレティコが逆転で7連勝!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第20節、アトレティコ・マドリーvsバレンシアが24日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが3-1で逆転勝利した。 首位のアトレティコ(勝ち点44)と、14位のバレンシア(勝ち点20)による、後半戦初戦で実現した名門対決。 前節、エイバル相手にGKドミトロビッチの珍しいPKゴールで先制を許したアトレティコだったが、FWスアレスが前後半の終盤に1ゴールずつを挙げるドブレーテの活躍をみせ、見事な逆転勝利を飾った。7連勝での後半戦スタートを目指すシメオネ率いるチームは、エイバル戦から先発3人を変更。フェリペ、サウール、コレアに代えてエルモソ、コケ、フェリックスを起用した。 立ち上がりからアグレッシブな入りを見せたホームチームは、開始2分にトラップがややハンド気味もボックス内に抜け出したフェリックスが枠のわずか左に外れる惜しいシュートをいきなり放つ。さらに、6分にはコケの右CKをゴール前で競り勝ったヒメネスがヘディングシュート。だが、これはGKの好守に遭う。 一方、序盤のピンチを凌いだバレンシアは9分にマヌ・バジェホが個人技でGKオブラクに挨拶代わりのシュートを放つと、直後に伏兵のゴラッソが決まる。 11分、中央から左へ展開して後方から攻め上がってきたガヤがペナルティアーク手前でドフリーのラチッチに横パスを送る。ラチッチがそのまま無造作に振り抜いた左足のダイレクトシュートが急激に右へ曲がりながらゴール右上隅に決まった。エリア外からのシュートでほとんど失点がないGKオブラクもさすがにノーチャンスの圧巻の一撃となった。 エイバル戦に続き2試合連続で先制を許したアトレティコはライン設定を高くしてコンパクトな陣形を保つ相手の守備に対して、両ウイングバックの攻撃参加2トップのコンビネーション、マルコス・ジョレンテの3人目の動き出しなど、中と外を織り交ぜた仕掛けで同点を目指す。 すると、23分には右CKの場面でキッカーのレマルが左インスウィングで上げた浮き球のボールを、ファーでDFコレイアをブロックしたフェリックスが右足の裏で合わせた。 フェリックスの10試合ぶりとなる今季ラ・リーガ6点目で追いついたアトレティコは、ここから攻勢を強めていく。34分にはボックス手前でルーズボールに反応したジョレンテが右足を振るが、このシュートは枠の左に外れる。その後も自慢の2トップが相手最終ラインに対して見ごたえのある駆け引きを仕掛けていくが、前半のうちに逆転まで持っていくことはできなかった。 迎えた後半、ホームのアトレティコはヴルサリコに代えてロージをハーフタイム明けに投入。一方、バレンシアは後半開始直後のスプリントでハムストリングを痛めたディアカビがプレー続行不可能となり、ギジャモンの緊急投入を余儀なくされた。 後半から右サイドのポジションを移したカラスコの積極果敢な仕掛けを軸により相手のボックス近辺でのプレーを増やしたホームチームは、この日が34歳のバースデーとなったウルグアイ代表FWが自ら祝砲を放つ。 54分、自陣中央で相手のプレスをいなしたエルモソが高精度のフィードを左サイドのフェリックスに通す。フェリックスはすかさず背後へ飛び出したスアレスにきっちりパスを繋ぐと、ボックス左に抜け出したスアレスはニアを消したGK、折り返しに備えた対応を見せたDFを出し抜くファーポストを狙った技ありのグラウンダーシュートを流し込み、2戦連発、得点ランキングトップとなる今季12ゴール目を挙げた。 2トップ揃い踏みの活躍で試合を引っくり返したアトレティコは、相手が前がかりになることを予想してか、ここから本来の堅守速攻の色合いを強めていく。さらに、62分にはフェリックスを下げてコレアをピッチに送り出した。 その後はゴンサロ・ゲデスを投入したバレンシアが押し返し始めるが、後方に重心を置いたアトレティコを前に決定機まで持ち込めず。すると、72分にはカラスコのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したジョレンテが右サイドを独走。そのままボックス内に侵入してゴールライン際から丁寧にマイナスで折り返すと、これをコレアが右足ワンタッチで合わせ、試合を決定づける3点目とした。 このゴールで勝利を確信したシメオネ監督はフル稼働が続くジョレンテに代えて古巣対戦のコンドグビアをピッチへ送り込む。さらに、レマルに代えてトレイラを投入し逃げ切り態勢に入ると、試合終盤に攻撃的なカードを切ってきたアウェイチームの反撃をきっちり凌ぎ切った。 バースデーゴールのスアレスを含め攻撃陣の活躍が光った首位チームは2戦連続の逆転勝利で7連勝を飾った。 2021.01.25 06:57 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコでも点取り屋ぶり健在のスアレス、バルサ時代以上の給与ゲットに迫る!

昨夏に涙の移籍を果たしたウルグアイ代表FWルイス・スアレスだが、アトレティコ・マドリー行きはバルセロナ時代と比べると、結果的に金銭面でより潤うものになりそうだ。 昨夏にバルセロナの監督に就任したロナルド・クーマン監督から戦力外通告を受け、出場機会を求めてアトレティコ・マドリーに活躍の場を移したスアレス。新型コロナウイルス感染による離脱時期もあったが、ここまでラ・リーガ14試合に出場して11得点2アシストと新天地でも類稀な得点力を披露している。 そんなスアレスはスペイン『マルカ』によれば、給与増額が目前。移籍時にロイヤリティボーナスとして600万ユーロ(約7億5000万円)を手にしたというスアレスの年俸はバルセロナ時代と同額の手取り1400万ユーロ(約17億6000万円)だが、15ゴールに到達すると、給与アップの契約が結ばれているようだ。 また、20ゴールに達すれば別のボーナスが発生する模様。ここまでバルセロナのFWリオネル・メッシ、セビージャのFWユセフ・エン=ネシリと得点王争いを演じている得点ペースや過去の実績を鑑みると、15ゴール達成時の給与アップはほぼ確実にクリアできそうだ。 なお、アトレティコ・マドリーも現在、ラ・リーガ首位。7季ぶりの優勝を狙える大きなチャンスとなっている。 2021.01.24 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第20節プレビュー】後半戦スタート! 6連勝で首位ターンのアトレティコはバレンシアと対戦!

今週ミッドウィークに開催された第19節ではスーペル・コパ参戦組がコパ・デル・レイを戦った中、上位陣で唯一試合があった首位のアトレティコ・マドリーがエイバルを相手に2-1の逆転勝利を飾り、6連勝で首位固めに成功した。また、ヘタフェでスタメンデビューを飾ったMF久保建英が持ち味のテクニックを遺憾なく発揮し、FW岡崎慎司との日本人対決を制している。 後半戦最初の一節となる今節では首位のアトレティコ(勝ち点44)と、14位のバレンシア(勝ち点20)による名門対決に注目したい。 前節、エイバル相手にGKドミトロビッチの珍しいPKゴールで先制を許したアトレティコだったが、FWスアレスが前後半の終盤に1ゴールずつを挙げるドブレーテの活躍をみせ、見事な逆転勝利を飾った。厳しい展開だったこともあり、注目の新戦力ムサ・デンベレのデビューはお預けになったものの、良い形で前半戦を締めくくることができた。7連勝での後半戦スタートを目指す中、前回対戦では終盤のオウンゴールによって辛勝したバレンシアを相手にきっちり勝ち切ることが求められる。 そのアトレティコを勝ち点7差で追う2位のレアル・マドリー(勝ち点37)は、ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ3回戦で3部のアルコヤーノと対戦。格下に延長戦まで持ち込まれた挙句、延長後半には退場者を出した相手に逆転ゴールを決められて敗退する屈辱を味わった。これにより、公式戦3戦未勝利となったチームでは進退問題が騒がしくなったジダン監督が新型コロナウイルスの陽性反応が出て今節ので指揮が不可に。さらに、DFセルヒオ・ラモスやMFバルベルデと新たな負傷者も出ており、17位のアラベス(勝ち点18)のホームに乗り込む一戦では勝ち点3奪取が必須だ。 マドリーと同じくミッドウィークにコパ・デル・レイを戦い3部のコルネジャに延長戦まで持ち込まれた3位のバルセロナ(勝ち点34)だが、こちらはFWデンベレ、FWブラースヴァイトの2ゴールで勝ち切り、スーペル・コパ敗戦のショックを何とか払しょくした。ただ、18位のエルチェ(勝ち点17)との今節では引き続きエースのFWメッシを出場停止で欠くため、徐々に調子を上げるFWグリーズマンら代役の活躍に期待したい。 また、加入後2試合で連勝に貢献し、ヘタフェをトップハーフの10位(勝ち点23)に押し上げた久保は、スーペル・コパ覇者で13位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点21)との一戦で2試合連続スタメンを狙う。ウエスカとの前節では右ウイングのポジションにおいて攻撃面で違いを生むと、課題の守備でも奮闘。ボルダラス監督の評価も高い。今節ではより球際を強調する相手に対して巧さと共に強さが求められる。 MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁する15位のエイバル(勝ち点19)と、岡崎擁する最下位のウエスカ(勝ち点12)は、それぞれ11位のセルタ(勝ち点23)と、4位のビジャレアル(勝ち点33)と対戦する。前々節は乾がゴール、前節は武藤がPK奪取と共に結果を残しているものの、チーム自体は連敗中と苦戦が続くだけに個人、チームの結果を求めたいところ。一方、リーグ戦では3試合連続途中出場が続く岡崎は引き続きベンチスタートが濃厚も、新体制初白星に絡む仕事でポジション再奪取といきたい。 《ラ・リーガ第20節》 ▽1/22(土) レバンテ 2-2 バジャドリー ▽1/23(土) 《22:00》 ウエスカ vs ビジャレアル 《24:15》 セビージャ vs カディス 《26:30》 レアル・ソシエダ vs ベティス 《29:00》 アラベス vs レアル・マドリー ▽1/24(日) 《22:00》 オサスナ vs グラナダ 《24:15》 エルチェ vs バルセロナ 《26:30》 セルタ vs エイバル 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs バレンシア ▽1/25(月) 《29:00》 アスレティック・ビルバオ vs ヘタフェ 2021.01.23 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコでもさすがのパフォーマンスのスアレス…ここまでの得点力はファルカオ以来最高

ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、アトレティコ・マドリーで出色の活躍を披露している。 昨夏にバルセロナの監督に就任したロナルド・クーマンから戦力外通告される形でアトレティコに活躍の場を求めたスアレス。バルセロナでチームメイト以上の関係を築いていたFWリオネル・メッシからは、実力を称賛し退団を惜しむ声があがっていたが、やはり新天地でもスアレスのストライカーとしての嗅覚は衰えなかった。 アトレティコでの初戦となったラ・リーガ第3節のグラナダ戦でいきなり2ゴール1アシストという圧巻のパフォーマンスで勝利に導くと、シーズンの前半戦を終えた時点で11ゴールをマークし、メッシと得点ランキングトップに並んでいる。だが、メッシより出場した試合が3試合少ないため、実質単独トップと言っても過言ではない。 そんなスアレスだが、スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ここまでの1試合平均得点数は0.79を誇り、アトレティコでは、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオが0.82得点を記録した2012-13シーズン以来、最高の数字となっているようだ。 この得点力は、13-14シーズンのFWジエゴ・コスタ(0.77)や14-15シーズン及び17-18シーズンのFWアントワーヌ・グリーズマン(0.59)も及ばない。 同メディアはまた、スアレスは得点力だけでなくそのタイミングにも注目しており、直近のエイバル戦や第17節のアラベス戦、第16節のヘタフェ戦を引き合いにし、多くの試合で決勝ゴールを挙げてきた勝負強さも絶賛している。 スアレスの奮闘もあり、アトレティコは2位のレアル・マドリーと勝ち点差7をつけ首位を独走。消化も1試合少ないにもかかわらずだ。今季はマドリーやバルセロナが思わぬところで躓いていることもあり、ロヒ・ブランコスに取っては7シーズンぶりの優勝を狙える大きなチャンスとなっている。 2021.01.23 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

カディス、アトレティコFWシャポニッチをレンタルで獲得!

カディスは22日、アトレティコ・マドリーからセルビア人FWイバン・シャポニッチ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 昨シーズンからアトレティコに加入したシャポニッチはデビューシーズンにラ・リーガ2試合に出場。だが、今シーズンここまではリーグ戦の出場はなく、コパ・デル・レイ2試合の出場にとどまっていた。 母国の強豪パルチザンの下部組織出身のシャポニッチは身長192㎝の長身FW。2013年11月に16歳でトップチームデビューを飾ると、2016年1月からベンフィカでプレーし、2019年夏にアトレティコに加入していた。 2021.01.22 22:30 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly