【Jリーグ移籍情報/1月9日】J参入の今治がスペイン人指揮官を招へい! 現役ノルウェー代表の10番が湘南に加入

2020.01.10 06:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグ移籍情報まとめ。1月9日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。【J1】
◆横浜F・マリノス
[OUT]
《期限付き移籍》
FWブラウンノア賢信(18)→カマタマーレ讃岐
《育成型期限付き移籍》
MF松田詠太郎(18)→SC相模原

◆湘南ベルマーレ
[IN]
《完全移籍》
FWタリク(31)←AIKソルナ(スウェーデン)
[OUT]
《完全移籍》
FW端戸仁(29)→東京ヴェルディ
《期限付き移籍延長》
GKキム・ミンジュン(20)→福島ユナイテッドFC

◆清水エスパルス
《契約更新》
FW中村慶太(26)

◆名古屋グランパス
《契約更新》
GK渋谷飛翔(24)

[IN]
《復帰》
DF金井貢史(29)←サガン鳥栖
FW松岡ジョナタン(19)←SC相模原
[OUT]
《期限付き移籍》
FW松岡ジョナタン(19)→ラインメール青森(JFL)

◆セレッソ大阪
《契約更新》
DF片山瑛一(28)
DF瀬古歩夢(19)
MFレアンドロ・デサバト(29)
FW澤上竜二(26)
FWウェリング・ピアス(21)
FW中島元彦(20)

[IN]
《期限付き移籍延長》
FWタワン(19)←BGパトゥン・ユナイテッドFC(タイ)
[OUT]
《期限付き移籍満了》
MFポンラヴィチュ(19)→BGパトゥン・ユナイテッドFC(タイ)

◆サガン鳥栖
《契約更新》
FW趙東建(33)
FW金崎夢生(30)
FW石井快征(19)

[OUT]
《完全移籍》
MF島屋八徳(30)→徳島ヴォルティス
MF河野広貴(29)→東京ヴェルディ
《期限付き移籍満了》
DF金井貢史(29)→名古屋グランパス

◆大分トリニータ
《契約更新》
DF刀根亮輔(28)
DF星雄次(27)
MF小手川宏基(30)
MF前田凌佑(25)
FW伊佐耕平(28)

【J2】
◆ザスパクサツ群馬
[IN]
《完全移籍》
MF内田達也(27)←東京ヴェルディ

◆東京ヴェルディ
《契約更新》
MF山本理仁(18)

[IN]
《完全移籍》
DF福村貴幸(28)←ガイナーレ鳥取
《完全移籍》
MF河野広貴(29)←サガン鳥栖
FW端戸仁(29)←湘南ベルマーレ
《昇格》
MF阿野真拓(16)←東京ヴェルディユース
[OUT]
《期限付き移籍》
DF安在達弥(23)→アスルクラロ沼津

◆FC町田ゼルビア
[IN]
《完全移籍》
FWアレン・マソビッチ(25)←FKヴォジュドヴァツ(セルビア)

◆ヴァンフォーレ甲府
[IN]
《完全移籍》
FWラファエル(36)←フィゲイレンセFC(ブラジル)

◆ツエーゲン金沢
[OUT]
《完全移籍》
FW谷口遼弥(20)→アルビレックス新潟シンガポール(シンガポール)
《育成型期限付き移籍満了》
GK新井栄聡(24)→清水エスパルス

◆徳島ヴォルティス
[IN]
《完全移籍》
MF島屋八徳(30)←サガン鳥栖

◆アビスパ福岡
[IN]
《完全移籍》
DFカルロス・グティエレス(28)←ヌマンシア(スペイン)

◆V・ファーレン長崎
《契約更新》
MF新里涼(24)

◆FC琉球
[IN]
《内定》
MFイ・チソン(22)←東元大学(韓国)
[OUT]
《引退》
DF新井純平(25)

【J3】
◆いわてグルージャ盛岡
《契約更新》
DFファン・シンポン(18)
[IN]
《完全移籍》
FWミカエル・モライス(26)←リンコピングシティー(スウェーデン)

◆福島ユナイテッドFC
[IN]
《期限付き移籍延長》
GKキム・ミンジュン(20)←湘南ベルマーレ

◆SC相模原
[IN]
《育成型期限付き移籍》
MF松田詠太郎(18)←横浜F・マリノス
[OUT]
《期限付き移籍満了》
FW松岡ジョナタン(19)→名古屋グランパス

◆アスルクラロ沼津
[IN]
《期限付き移籍》
DF安在達弥(23)←東京ヴェルディ

◆ガイナーレ鳥取
[OUT]
《完全移籍》
DF福村貴幸(28)→東京ヴェルディ
MF林誠道(23)→FC今治

◆カマタマーレ讃岐
《契約更新》
GK服部一輝(24)
DF竹内彬(36)
MF高木和正(35)
MF永田亮太(34)
MF池谷友喜(24)

[IN]
《期限付き移籍》
FWブラウンノア賢信(18)←横浜F・マリノス

◆FC今治
[IN]
《就任》
リュイス・プラナグマ・ラモス氏(39)
《完全移籍》
MF越智亮介(29)←FC琉球
MF林誠道(23)←FC今治
関連ニュース
thumb

清水がコソボ代表MFコロリを完全移籍で獲得内定「日本の文化や食べ物に興味を持っていた」

清水エスパルスは23日、スイスのチューリヒからコソボ代表MFベンジャミン・コロリ(29)を完全移籍で獲得することが内定したと発表した。 コロリはメディカルチェックを経て正式契約。23日に入国し、14日間のJリーグバブルを経てチームへと合流する。背番号は「32」。 清水への加入が内定したコロリはクラブを通じてコメントしている。 「この美しいオレンジ色のユニフォームを着て、スタジアムのファンに会い、このチームでプレーできることにとても興奮しています」 「また、日本に来られることを嬉しく思っています。私は日本の文化や食べ物に興味を持っていましたので、とても楽しみにしています」 コロリはスイスとコソボにルーツを持っており、スイスのシオンでキャリアをスタート。2015年7月にFCビール/ビエンヌへと完全移籍すると、2016年1月にはヤング・ボーイズへとレンタル移籍を経験。ローザンヌへの移籍を経て、2018年7月にチューリヒへと完全移籍で加入した。 左サイドハーフを主戦場とするコロリは、トップでもプレー。チューリヒでは公式戦92試合に出場し26ゴール19アシストを記録。スイス・スーパーリーグでは、150試合で42ゴール27アシストを記録していた。 また、2016年11月からコソボ代表としてもプレー。UEFAネーションズリーグやユーロ予選、ワールドカップ欧州予選などここまで23試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。 チューリヒは6月3日にコロリとの契約延長を行わないことを発表しており、2020-21シーズン限りで退団し、フリーとなっていた。 なお、清水は22日にフラメンゴのMFホナウド(24)が加入することも発表していた。 2021.07.23 13:08 Fri
twitterfacebook
thumb

徳島の選手1名が新型コロナ陽性判定、22日発熱、濃厚接触者はなし

徳島ヴォルティスは22日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 当該選手は22日の朝に体調不良を訴えたとのこと。抗原定性検査およびPCR検査を実施し、陽性判定を受けたとのことだ。 20日に行われたトップチーム選手・スタッフ全員を対象に実施した抗原定性検査にて陰性判定。21日のトレーニングに参加し症状はなし。しかし、22日に38.9℃の発熱があり、検査の結果、陽性判定を受けたとのことだ。 なお、当該選手を除くトップチームの選手・スタッフ全員が抗原定性検査を実施し、当該選手を除くトップチームの選手・スタッフ全員の陰性判定となっている。また、徳島保健所からはクラブ関係者における濃厚接触者はいないとのことだ。 2021.07.22 20:58 Thu
twitterfacebook
thumb

湘南が「貪欲にゴールを目指すことができる」阪南大学高校FW鈴木章斗の来季加入内定を発表

湘南ベルマーレは22日、阪南大学高校のFW鈴木章斗(17)の来季加入内定を発表した。 鈴木は大阪府出身で、ガンバ大阪のジュニアユースから阪南大学高校へと進学した。 湘南は鈴木の特徴について「足元の技術に長け、体の使い方が上手く、前線でボールを収めることができる。また自らも貪欲にゴールを目指すことができる選手」と紹介している。 鈴木はクラブを通じてコメントしている。 「この度、湘南ベルマーレに加入することになりました、阪南大学高等学校の鈴木章斗です。1年目から試合に絡み、自分の特徴である貪欲にゴールを狙い、ひとつでも多くの勝利に貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2021.07.22 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

最下位脱出へ横浜FCが今夏5人目の外国人補強! FWサウロ・ミネイロを完全移籍で獲得

横浜FCは22日、ブラジルのセアラーからブラジル人FWサウロ・ミネイロ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は未定となっている。 サウロ・ミネイロは、2020年9月にボルタ・レドンダからセアラーに加入。今シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで9試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 サウロ・ミネイロはクラブを通じてコメントしている。 「横浜FCのファン・サポーターの皆様。私のキャリアにおける新たな挑戦としてこの決断に満足しており、モチベーションが高まっていることをお伝えします」 「伝統のある海外のビッグクラブでプレーするという子どもの頃からの夢があり、そのきっかけを与えてくれた横浜FCに感謝しています」 「私は、チームメイトを助けるために常にベストを尽くし、一緒に横浜FCのファンにたくさんの喜びを与えることができると確信しています」 今夏の横浜FCは、FC東京のMFアルトゥール・シルバ(26)、ザンクト・パウリのU-24ドイツ代表GKスベンド・ブローダーセン(24)を補強。そしてここにきて、アトレチコ・ミネイロのDFガブリエウ・コスタ・フランサ(26)、セアラーのFWフェリペ・ヴィゼウ(24)を補強し、今夏5人目の外国人補強となった。 2021.07.22 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

内田篤人から「お前がつけろ」、鹿島伝統の背番号「2」を背負うDF安西幸輝が移籍を決断した「いつでも待っている」という言葉

1年半ぶりに鹿島アントラーズへの復帰が発表されたDF安西幸輝が、メディアのオンライン取材で移籍の経緯や意気込みを語った。 安西は19日、ポルティモネンセからの完全移籍加入が発表。1年半ぶりに鹿島のユニフォームに袖を通した。 チームに合流して2日目を迎えた安西。久々に鹿島に戻っての心境は「2年ぶりに帰ってきてエンブレムを見たときに、また鹿島に帰ってきたんだなという実感と、鹿島独特の雰囲気があるので、早くチームに慣れたいと思います」とコメント。この1年半での変化については「僕が居た時に居た選手も何人かいますし、新しい選手もいます。練習からしっかり厳しいのは鹿島アントラーズというチームなので、そういう雰囲気は(三竿)健斗だったり、(土居)聖真くんだったりが作っているので、僕も身が引き締まる思いで練習をやっています」と、鹿島らしさをすでに感じていると語った。 今回の移籍の経緯については「今年26歳になって、ポルトガルでサッカーをするか、日本に戻ってやるかを考えたときに、アントラーズのために戦いたいと僕は思っていました」とコメント。「もうちょっと頑張ってステップアップして鹿島に帰ってくるイメージでしたが、少し早くなってしましましたが、あと1年後にワールドカップがありますし、Jリーグでしっかり活躍して、アントラーズで活躍して、ワールドカップにも行きたいですし、アントラーズの力にもなりたいので帰ってきました」と語り、来年に控えるカタール・ワールドカップを目指しての復帰になると語った。 ポルトガルで2シーズンを過ごしポルティモネンセでは60試合に出場し1ゴール2アシスト。試合にも出場しポルトガルのサッカーを経験してきた安西は、ヨーロッパでのステップアップをしたかったと語った。 「5大リーグにステップアップしたかったですけど、やっぱりポルトガルの4チームがすごく魅力的だったので、そのチームに行ければ一番良かったです」 「なかなかそういう下位のヨーロッパは厳しい環境なので、すごく自分としても情けない気持ちもありますが、鹿島アントラーズに入団が決まったので、全部鹿島に捧げたいと思います」 鹿島からの話は「ポルトガルのシーズンが終わってからどうするのかと話をもらった」と語った安西。「2年間ポルトガルでやって、今年ステップアップができなければ、僕の中では考えようかなという年でした」と自身の身の振りを考えるところだったという。 「その時に連絡が来て、正直な話を伝えました。ポルトガルでもう一回やりたいという気持ちもあるし、2年でステップアップできなかったから潔く日本に戻ることも考えていますと伝えました」と素直な気持ちをクラブに伝えたところ「クラブから『俺たちはいつでも待っているから、納得できる答えが出るまで考えて、返事を頂戴』と言われました。その言葉が凄くありがたかったです」と語り、クラブが待ってくれたということを明かした。 鹿島でプレーしたのは1年半。そのなかで鹿島のためにプレーしたいと思われたものについては「1年半しか最初居ませんでしたが、色々な経験をさせてもらったし、大きく成長させてもらいました。クラブ・ワールドカップやACL優勝とか、自分が日本代表になれたのも鹿島アントラーズのおかげだったので、そういう成長させてもらった分、これからしっかり恩返ししないといけないと思っているので、自分が持っているものを鹿島に全部捧げたいなと思います」とコメント。キャリアにおいて鹿島での1年半が大きかったと語った。 その鹿島では背番号「2」を背負う。鹿島の2番はこれまでジョルジーニョ、名良橋晃、内田篤人とそれぞれ代表チームでもサイドバックを務めた選手たちが着用。鹿島のサイドバックとしての大きな重圧もある番号だ。 その背番号2については、内田から連絡があったことを明かした安西。「鹿島の2番は安西として、お前が2番という背番号を背負って、次託したいと思う選手が出て来るまでつけろ」と言われたとのこと。最初は嫌だと断ったそうだが「篤人くんの次に誰がつけるとなったら他の人には譲りたくなかったです」と、他の選手につけられるのは嫌だったと語った。 その中で改めて2番をつけることに決めた安西。「自分なりに帰って来る覚悟がこの背番号だと思いますし、この2番という思いが込められた番号はアントラーズファンもサッカー関係者もみんな知っていると思うので、僕なりの覚悟で2番をつけることにしました」と語り、決意を表す番号でもあるとした。 安西は全てを鹿島に捧げると語ったが、その先にあるのは来年のワールドカップだ。昨年10月の欧州組のみの代表活動には呼ばれたものの、今年3月、6月の活動には招集されていない。 「ポルトガルでも試合に出てなかったわけではなく、ずっと試合には出ていたので、そこは悔しい部分がありましたけど、鹿島のサイドバックで2番をつけたら注目度が高いのもわかっています。そこで活躍することが代表への1番の近道だと思いますし、鹿島のためになると思っているので、まずは2番という数字は覚悟の現れだと思うので、それを見てもらえればと思います」 そのためにはまずはポジション争いが待つ安西。「みんなサイドバックの選手は良い選手が多いので、僕も色んなところを吸収して学びながら、みんなで切磋琢磨してポジション争いしたいですし、負ける気は無いので、そこはしっかり僕も結果を出して頑張りたいです」と、しっかりとポジションを奪いたいと語った。 最後に鹿島サポーターへ「コンディションをしっかり上げて、またみなさんの前で戦えるようにまずコンディション作りからして、ピッチで躍動感を持ってやりたいと思います。応援よろしくお願いいたします」と意気込んだ。 2021.07.21 21:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly