【Jリーグ移籍情報/1月9日】J参入の今治がスペイン人指揮官を招へい! 現役ノルウェー代表の10番が湘南に加入

2020.01.10 06:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグ移籍情報まとめ。1月9日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。【J1】
◆横浜F・マリノス
[OUT]
《期限付き移籍》
FWブラウンノア賢信(18)→カマタマーレ讃岐
《育成型期限付き移籍》
MF松田詠太郎(18)→SC相模原

◆湘南ベルマーレ
[IN]
《完全移籍》
FWタリク(31)←AIKソルナ(スウェーデン)
[OUT]
《完全移籍》
FW端戸仁(29)→東京ヴェルディ
《期限付き移籍延長》
GKキム・ミンジュン(20)→福島ユナイテッドFC

◆清水エスパルス
《契約更新》
FW中村慶太(26)

◆名古屋グランパス
《契約更新》
GK渋谷飛翔(24)

[IN]
《復帰》
DF金井貢史(29)←サガン鳥栖
FW松岡ジョナタン(19)←SC相模原
[OUT]
《期限付き移籍》
FW松岡ジョナタン(19)→ラインメール青森(JFL)

◆セレッソ大阪
《契約更新》
DF片山瑛一(28)
DF瀬古歩夢(19)
MFレアンドロ・デサバト(29)
FW澤上竜二(26)
FWウェリング・ピアス(21)
FW中島元彦(20)

[IN]
《期限付き移籍延長》
FWタワン(19)←BGパトゥン・ユナイテッドFC(タイ)
[OUT]
《期限付き移籍満了》
MFポンラヴィチュ(19)→BGパトゥン・ユナイテッドFC(タイ)

◆サガン鳥栖
《契約更新》
FW趙東建(33)
FW金崎夢生(30)
FW石井快征(19)

[OUT]
《完全移籍》
MF島屋八徳(30)→徳島ヴォルティス
MF河野広貴(29)→東京ヴェルディ
《期限付き移籍満了》
DF金井貢史(29)→名古屋グランパス

◆大分トリニータ
《契約更新》
DF刀根亮輔(28)
DF星雄次(27)
MF小手川宏基(30)
MF前田凌佑(25)
FW伊佐耕平(28)

【J2】
◆ザスパクサツ群馬
[IN]
《完全移籍》
MF内田達也(27)←東京ヴェルディ

◆東京ヴェルディ
《契約更新》
MF山本理仁(18)

[IN]
《完全移籍》
DF福村貴幸(28)←ガイナーレ鳥取
《完全移籍》
MF河野広貴(29)←サガン鳥栖
FW端戸仁(29)←湘南ベルマーレ
《昇格》
MF阿野真拓(16)←東京ヴェルディユース
[OUT]
《期限付き移籍》
DF安在達弥(23)→アスルクラロ沼津

◆FC町田ゼルビア
[IN]
《完全移籍》
FWアレン・マソビッチ(25)←FKヴォジュドヴァツ(セルビア)

◆ヴァンフォーレ甲府
[IN]
《完全移籍》
FWラファエル(36)←フィゲイレンセFC(ブラジル)

◆ツエーゲン金沢
[OUT]
《完全移籍》
FW谷口遼弥(20)→アルビレックス新潟シンガポール(シンガポール)
《育成型期限付き移籍満了》
GK新井栄聡(24)→清水エスパルス

◆徳島ヴォルティス
[IN]
《完全移籍》
MF島屋八徳(30)←サガン鳥栖

◆アビスパ福岡
[IN]
《完全移籍》
DFカルロス・グティエレス(28)←ヌマンシア(スペイン)

◆V・ファーレン長崎
《契約更新》
MF新里涼(24)

◆FC琉球
[IN]
《内定》
MFイ・チソン(22)←東元大学(韓国)
[OUT]
《引退》
DF新井純平(25)

【J3】
◆いわてグルージャ盛岡
《契約更新》
DFファン・シンポン(18)
[IN]
《完全移籍》
FWミカエル・モライス(26)←リンコピングシティー(スウェーデン)

◆福島ユナイテッドFC
[IN]
《期限付き移籍延長》
GKキム・ミンジュン(20)←湘南ベルマーレ

◆SC相模原
[IN]
《育成型期限付き移籍》
MF松田詠太郎(18)←横浜F・マリノス
[OUT]
《期限付き移籍満了》
FW松岡ジョナタン(19)→名古屋グランパス

◆アスルクラロ沼津
[IN]
《期限付き移籍》
DF安在達弥(23)←東京ヴェルディ

◆ガイナーレ鳥取
[OUT]
《完全移籍》
DF福村貴幸(28)→東京ヴェルディ
MF林誠道(23)→FC今治

◆カマタマーレ讃岐
《契約更新》
GK服部一輝(24)
DF竹内彬(36)
MF高木和正(35)
MF永田亮太(34)
MF池谷友喜(24)

[IN]
《期限付き移籍》
FWブラウンノア賢信(18)←横浜F・マリノス

◆FC今治
[IN]
《就任》
リュイス・プラナグマ・ラモス氏(39)
《完全移籍》
MF越智亮介(29)←FC琉球
MF林誠道(23)←FC今治
コメント
関連ニュース
thumb

札幌、ともに35歳のDF石川直樹、MF早坂良太が今季限りで現役引退

北海道コンサドーレ札幌は1日、DF石川直樹(35)、MF早坂良太(35)が今シーズン限りで引退することを発表した。 石川は千葉県出身で、柏レイソルの下部組織出身。2004年にトップチームへ昇格すると5シーズン半を過ごし、2009年途中に札幌へと期限付き移籍。2010年も引き続き期限付き移籍で札幌でプレーした。 2011年にはアルビレックス新潟へ完全移籍すると、2013年にベガルタ仙台へ完全移籍。2017年8月から札幌に復帰していた。 ここまでJ1リーグ通算263試合に出場し11得点、J2リーグでは66試合に出場し3得点を記録していた。 早坂は奈良県出身で愛知高校から静岡大学を経てHonda FCに入団。2010年にサガン鳥栖へ移籍しプロの道を歩んだ。ユーティリティ性の高い早坂は、最終ラインから最前線まであらゆるポジションでプレー。鳥栖ではJ2時代から7シーズンプレーし、2017年に札幌へと完全移籍していた。 ここまでJ1リーグでは196試合に出場し8得点、J2リーグでは73試合に出場し14得点を記録していた。 両選手ともに、ホーム最終戦となる5日(土)の明治安田生命J1リーグ第31節のセレッソ大阪せんで引退セレモニーを行うとのことだ。 2020.12.01 17:16 Tue
twitterfacebook
thumb

風間八宏氏がC大阪の技術委員長に就任決定、育成に意気込み「大切なことは仕組み作りと指導者技能の向上」

セレッソ大阪は1日、技術委員長に風間八宏氏(59)が就任することを発表した。契約は2021年1月1日からとなる。 風間氏は、現役時代にレバークーゼンやレムシャイト、ブラウンシュヴァイクとドイツのクラブでプレー。その後帰国し、サンフレッチェ広島の前身であるマツダSCに加入。Jリーグ開幕じは広島でプレーし、1997年にレムシャイトで現役を終えていた。 引退後、桐蔭横浜大学や筑波大学で監督を務めると、2012年4月から川崎フロンターレで監督を務め、2017年1月からは名古屋グランパスで監督を務めていたが、2019年9月に退任していた。J1では通算223試合を指揮し、104勝44分け75敗の成績だった。 ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が今シーズン限りで退任することが決定しているC大阪において、風間氏は後任候補にも浮上していたが、技術委員長としてクラブに加入した。 風間氏はクラブを通じてコメントしている。 「来年度よりセレッソ大阪のアカデミー技術委員長に就任します風間八宏です。選手育成はセレッソのみならず世界中のサッカー界の大きなテーマであり、そのために大切なことは仕組み作りと指導者技能の向上だと考えています」 「みんなと一つになり目的を明確にして環境を整えていきます。そして選手、コーチ、スタッフと一緒に未来を描き作っていきたいと思います。楽しみです。みなさんよろしくお願いします」 2020.12.01 15:13 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】浦和FWレオナルドが次節湘南戦を欠場

Jリーグは30日、明治安田生命Jリーグ各カテゴリーの出場停止選手情報を発表した。 新たに明治安田J1で出場停止となったのは、浦和のFWレオナルドのみ。12月12日に行われる第32節の湘南ベルマーレ戦が累積による出場停止の対象となっている。 明治安田J2からは、FW中山仁斗、MF平野佑一(共に水戸ホーリーホック)やMF見木友哉(ジェフユナイテッド千葉)、MF小西雄大(徳島ヴォルティス)、MF長沼洋一(V・ファーレン長崎)が次節欠場。一発退場の中山は1試合の出場停止処分となった。 明治安田J3の前節(第30節)で決定機阻止によってレッドカードを受けていたFC岐阜のDF柳澤亘と今治FCのMF楠美圭史にも、それぞれ1試合停止処分が下っている。 【明治安田生命J1リーグ】 FWレオナルド(浦和レッズ) 第32節vs湘南ベルマーレ(12/12) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF小川諒也(FC東京) 第31節vsサンフレッチェ広島(12/12) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 GK高丘陽平(横浜F・マリノス) 第34節vs横浜FC(12/19) 今回の停止:1試合停止 DFティーラトン(横浜F・マリノス) 第34節vs横浜FC(12/19) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FWマルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス) 第34節vs横浜FC(12/19) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 FW中山仁斗(水戸ホーリーホック) 第38節vsジュビロ磐田(12/2) 今回の停止:1試合停止 MF平野佑一(水戸ホーリーホック) 第38節vsジュビロ磐田(12/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF見木友哉(ジェフユナイテッド千葉) 第38節vs東京ヴェルディ(12/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF小西雄大(徳島ヴォルティス) 第38節vsギラヴァンツ北九州(12/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF長沼洋一(V・ファーレン長崎) 第38節vs大宮アルディージャ(12/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 DF宗近慧(Y.S.C.C.横浜) 第31節vsAC長野パルセイロ(12/6) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF普光院誠(アスルクラロ沼津) 第31節vsガンバ大阪U-23(12/6) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF柳澤亘(FC岐阜) 第31節vsガイナーレ鳥取(12/5) 今回の停止:1試合停止 MF楠美圭史(今治FC) 第31節vsブラウブリッツ秋田(12/5) 今回の停止:1試合停止 DF小笠原佳祐(ロアッソ熊本) 第31節vsいわてグルージャ盛岡(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF田辺圭佑(鹿児島ユナイテッドFC) 第31節vs福島ユナイテッドFC(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2020.11.30 22:35 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和MFマルティノスが契約満了で退団、後半戦の攻撃の軸

浦和レッズは30日、契約満了を迎えるキュラソー代表MFマルティノス(29)の退団を発表した。 ヘーレンフェーンやスパルタ・ロッテルダム、フェレンツヴァーロシュなどでプレーしたマルティノスは、2016シーズンに横浜F・マリノスに加入。2シーズンにわたりサイドアタッカーとして明治安田J1で53試合に出場し9得点を記録。2018シーズンに浦和へと完全移籍で加入した。 浦和ではレギュラーポジションの確保とはならなかったものの、2シーズンでリーグ戦27試合に出場し1得点。今シーズンは後半戦に入り右サイドの軸となると、ここまでリーグ戦21試合に出場し4得点を記録していた。 マルティノスは浦和との契約が今シーズン限りで満了を迎え、それに伴い退団となる。マルティノスはクラブを通じてコメントしている。 「この3年間は、私の人生で最も困難な年月で、多くのことが起こりました。しかし、私は自分自身を信じ続けていました。そして、最近は試合にも出場しています。信念を持ち続けた理由は、ファン・サポーターのみなさんにいいゲームを見せて喜んでもらい、ゴールを届け、闘う闘志を、私の決して諦めない姿勢を見てもらうためでした」 「それらを私が貫き通せた最大の理由は、浦和レッズのファン・サポーターのみなさんの存在です。みなさんはいつも私を支えてくれました。だからこそ、ファン・サポーターのみなさんのために諦めることはできませんでした」 「この3年間の素晴らしいサポートに感謝します。みなさんのことは決して忘れません」 2020.11.30 18:37 Mon
twitterfacebook
thumb

移動中やスタジアムの「トイレ」は感染リスク高、コロナ感染防止に重要なのは「マスク」

Jリーグと日本野球機構(NPB)は30日、「第21回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。 一時は感染者の数が減少した新型コロナウイルス(COVID-19)だったが、世界中で再流行。その流行は日本も襲い、第三波とみられる形で急速に感染者の数が増えている。 東京都だけでなく、地方でも過去最高の1日の感染者を記録することも多く、様々な要因が連日議論されている中、専門家チームから感染防止の重要な対策が語られた。 賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)は、「世界で非常に厳しい状況になっている。日本でも第三波が大きな波としてきている。どういうことに注意しなければいけないのか。マスクの着用が非常に重要となることも話した」とし、マスクの着用がやはり有効だという話を再度共有したとした。 また、「WHO(世界保健機関)によれば、ヨーロッパは50〜60%の着用率となっている。これが90%まで行けばロックダウンが必要ないのではないかという話もあった。『ネイチャー』の論文でもアメリカも50%程度の着用率で、これを90%まで上げれば確実に死者を減らせる」とし、海外ではマスクを着用する文化がないために、感染の拡大、死者の増大が止まらないという見解があることを共有したという。 なお、日本のマスク着用率はハッキリとした数字が出ていないものの「90%以上はあると見ている」と賀来氏はコメント。三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)は「各自治体、地方によって地域差がある」としながらも、「愛知県では92%ぐらい」と地元での調査結果を明かした。 その中で1つ議題として上がったリスクのあるポイントが「トイレ」だという。 賀来氏は「飛行機の中のトイレは非常に狭いので、そこでどう手を洗っていくのか。そういったリスクも上がってきている」とし、選手の移動時にも使用する飛行機でのトイレが感染源になる可能性が高いとした。 また、「ダイヤモンドプリンセス(2月に乗客乗員712名が感染)ではトイレの床でかなりのウイルス検出された」とし、「便を含めた体液に関係する」とトイレは基本的に感染リスクが高いとコメント。その中で飛行機のトイレについては「飛行機のトイレは非常に狭い。中で手を洗ってもドアノブに触って出る。手を洗わない方がもしいたら、ドアノブには確実にコロナのウイルスがついている」とコメント。さらに「オープンスペースではないので、咳をしたりするとマイクロ飛沫が充満する可能性もある」とし、狭い空間である飛行機のトイレはかなり感染リスクが高いとした。 プロ野球では横浜スタジアムや東京ドームで実証実験を実施したが、その結果についても「横浜スタジアム、東京ドームでも一時的にトイレはCO2の濃度が高まる。多くの方が何度も利用するとリスクが高まる」とし、スタジアムのトイレも感染のリスクがあるとした。 また、三鴨氏は「日本でも下水のPCR検査をやってコロナの流行状況を把握しようとしている」とし「吐物、汚物から感染のリスクがある」と同様にトイレは感染リスクが高いとコメント。「移動の際のトイレ、球場、スタジアムのトイレの管理をどうするか。そこを真剣に議論すべきだろうと会議で出た」とし、今後の課題となるとした。 その他にも「蓋を閉じてから流す」という話が会議で出たといい「女性用、男性用の大便のところだが、トイレマナーをJリーグ、プロ野球を中心に啓発をしたほうがいいのではないか」と、多くの方がトイレを使用する上で、啓発活動をした方が良いとコメント。「トイレは接触感染のリスクがあるので、両機構で対応を考えている」とし、この先にも新たに対策が取られる可能性がありそうだ。 2020.11.30 14:50 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly