クロアチア代表がスロバキア&ジョージア戦に向けた招集メンバー発表!《ユーロ2020予選》

2019.10.29 00:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クロアチアサッカー協会(HNS)は28日、来月行われるユーロ2020予選&国際親善試合に向けた代表メンバー24名+予備メンバー4名を発表した。

クロアチ代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督は、イバン・ラキティッチ(バルセロナ)やMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFマテオ・コバチッチ(チェルシー)、MFイバン・ペリシッチ(バイエルン)、FWアンテ・レビッチ(ミラン)など主力を順当に選出。

一方、ユーロ予選を累積警告により出場停止となるDFドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ)とDFデヤン・ロブレン(リバプール)は招集外となった。

4勝1敗2分けでグループEの首位に立つクロアチアは、11月16日にスロバキア代表とのユーロ予選を行い、同19日にジョージア代表と親善試合で対戦する。今回発表されたクロアチア代表メンバーは以下の通り。

◆クロアチア代表メンバー24名
GK
ロヴレ・カリニッチ(アストン・ビラ/イングランド)
シモン・スルガ(ルートン・タウン/イングランド)
ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ)

DF
ミレ・シュコリッチ(オシエク)
ディノ・ペリッチ(ディナモ・ザグレブ)
カルロ・バルトレツ(コペンハーゲン/デンマーク)
ダリオ・メルニャク(チャイクル・リゼシュポル/トルコ)
マテイ・ミトロビッチ(クラブ・ブルージュ/ベルギー)
ドゥイエ・チャレタ=ツァル(マルセイユ/フランス)
ボルナ・バリシッチ(レンジャーズ/スコットランド)
ティン・イェドバイ(アウグスブルク/ドイツ)

MF
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン)
イバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)
マテオ・コバチッチ(チェルシー/イングランド)
ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア)
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア)
マリオ・パシャリッチ(アタランタ/イタリア)
ニコラ・ヴラシッチ(CSKAモスクワ/ロシア)

FW
イバン・ペリシッチ(バイエルン/ドイツ)
アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
ヨシップ・ブレカロ(ヴォルフスブルク/ドイツ)
アンテ・レビッチ(ミラン/イタリア)
ブルーノ・ペトコビッチ(ディナモ・ザグレブ)
ミスラフ・オルシッチ(ディナモ・ザグレブ)

◆予備登録メンバー
マリン・レオバツ(ディナモ・ザグレブ)
ヨシプ・ユラノビッチ(ハイドゥク・スプリト)
フィリプ・ブラダリッチ(ハイドゥク・スプリト)
マルコ・ログ(カリアリ/イタリア)

関連ニュース
thumb

UNL準決勝進出チームが決定! ファイナルズは来年6月にオランダ開催

27日、UFFAネーションズリーグ(UNL)・グループAの全日程が終了し、準決勝に進出する4チームが出揃った。 グループ1は前大会王者のフランス代表、デンマーク代表を退けたクロアチア代表が初の4強入りを果たした。 グループ2では最終節でポルトガル代表との直接対決を制したスペイン代表が、2大会連続で準決勝へ駒を進めた。 グループ3はイングランド代表、ドイツ代表の不振、伏兵ハンガリー代表が大躍進を果たした中、最終節でそのハンガリーを破ったイタリア代表が逆転で2大会連続のベスト4進出を決めた。 グループ4はベルギー代表が本命に挙げられていた中、その本命に2連勝を飾るなど、5勝1分けの見事な戦績を残したオランダ代表が2大会ぶりの4強入りを決めている。 なお、スペインとオランダは準優勝を経験しているが、いずれのチームが勝利した場合でも初優勝となる。 また、一斉開催の形式で行われる今回のファイナルズは、グループ4のオランダ、ベルギー、ポーランド、ウェールズが開催地に立候補しており、同グループを勝ち抜いたオランダで全試合が開催される。今後、実施予定の組み合わせ抽選会に関しても、ホスト国のオランダは2023年6月14日の準決勝初戦を戦うことがすでに決定している。 ◆UNL準決勝 ▽2023/6/14(水) オランダ vs グループA1/2/3の勝者 [ヨハン・クライフ・アレーナ] ▽2023/6/15(木) グループA1/2/3の勝者 vs グループA1/2/3の勝者 [デ・カイプ] ◆UNL決勝 ▽2023/6/18(日) 準決勝の勝者 vs 準決勝の勝者 [ヨハン・クライフ・アレーナ] ◆UNL3位決定戦 ▽2023/6/18(日) 準決勝の敗者 vs 準決勝の敗者 [デ・カイプ] 2022.09.28 06:09 Wed
twitterfacebook
thumb

屈筋を痛めたブロゾビッチ、最長で1カ月離脱へ

クロアチアサッカー連盟(HNS)は26日、インテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチが屈筋を痛めたと発表した。 ブロゾビッチは25日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグA最終節のオーストリア代表戦にスタメン出場。しかし、18分に負傷交代していた。 クロアチア代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督はブロゾビッチの離脱期間が最長で1カ月になると言及していた。 インテルの絶対的主軸であるブロゾビッチ。インテルは代表ウィーク明け、大黒柱を欠いてセリエAのローマ戦(出場停止)やチャンピオンズリーグのバルセロナとの連戦に挑むことになった。 2022.09.27 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ブロゾビッチが代表戦で負傷交代… CLバルサ戦控えるインテルに痛手か

インテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチが負ったケガの状態が心配されている。 ブロゾビッチは今月のUEFAネーションズリーグ(UNL)を戦うクロアチア代表に招集され、25日にはリーグA第6節のオーストリア代表戦にスタメン出場。チームは3-1で快勝を収め、来年6月に開催される準決勝への進出が決まった。 しかし、ブロゾビッチはこの一戦で負傷交代。相手選手との接触はなく、パスを出す際にやや地面に足を取られたような形になり、左太ももを痛めてしまった模様。18分にMFロヴロ・マイェルとの交代を余儀なくされた。 ブロゾビッチのケガはインテルにとって大きな痛手に。代表ウィーク明けの10月1日に行われるセリエAのローマ戦を皮切りに、チャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦、難敵サッスオーロ戦、そしてバルセロナとのリターンマッチと、極めて重要なゲームが続く。 イタリア『カルチョメルカート』によると、現時点で診断結果は出ていないものの、バルセロナ戦以降の3試合の出場が危ぶまれているとのこと。なお、ローマ戦については累積警告で出場停止となっている。 2022.09.26 13:46 Mon
twitterfacebook
thumb

「ベスト4に入ったことはとても嬉しい」先制ゴールのモドリッチがオーストリア戦勝利を喜ぶ

クロアチア代表のMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)が、オーストリア代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ1最終節でオーストリアとアウェイで対戦したクロアチア。勝てば首位の座を守り、ベスト4に残れる一戦となった。 試合は開始6分にモドリッチがネットを揺らしてクロアチアが先制。しかし、9分に反撃され1-1となる。 勝たなければデンマークに抜かれる可能性があるクロアチアは後半にギアを上げると、69分に マルコ・リバヤ、72分にデヤン・ロブレンがネットを揺らして1-3で勝利。首位を守り、初のUNLベスト4入りを果たした。 モドリッチは試合後にコメント。苦しみながらもベスト4入りを果たしたことを喜んだ。 「タフなゲームだった。オーストリアは、僕たちをとても厳しく追い込んできたけど、最終的には勝利に値するものだった」 「ベスト4に入ったことはとても嬉しいよ」 2022.09.26 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

オーストリアに競り勝ったクロアチアが初のベスト4進出《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ1最終節、オーストリア代表vsクロアチア代表が25日に行われ、1-3でクロアチアが勝利した。 3位フランスと1ポイント差の最下位オーストリア(勝ち点4)は、アラバやザビッツァー、アルナウトビッチらが先発となった。 一方、2位デンマークと1ポイント差の首位クロアチア(勝ち点10)は、モドリッチやブロゾビッチ、ペリシッチらが先発となり、[4-3-3]で臨んだ。 互角の攻防で立ち上がった中、6分にクロアチアが先制する。ヴラシッチのパスを受けたモドリッチがボックス右からニアサイドへシュートを蹴り込んだ。 しかし2分後、オーストリアがすかさず追いつく。左サイドからのザビッツァーのクロスをバウムガルトナーがヘッド。これが決まった。 その後、ブロゾビッチが負傷してピッチを後にしたクロアチアは、オーストリアに押し込まれる状況が続くと、44分にピンチ。 シュラーガーのラストパスを受けたアルナウトビッチにボックス右から決定的なシュートを許すも、GKリヴァコビッチがファインセーブで阻止し、前半は1-1で終了した。 迎えた後半も互角の攻防で立ち上がった中、65分にオーストリアがグレゴリッチュのヘディングシュートでオンターゲットを記録。 しかし69分、クロアチアが勝ち越しに成功する。ボックス左からペリシッチがクロスを入れると、ファーサイドのリバヤがヘッドで押し込んだ。 そしてクロアチアが一気に突き放す。72分、ショートコーナーの流れからソサのクロスをロブレンがダイビングヘッドで押し込んだ。 終盤にかけてはクロアチアが試合をコントロール。3-1のまま勝利し、3大会目にして初のベスト4進出を果たした。 2022.09.26 05:42 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly