スペイン代表がメンバー発表! サラビア&ウナイ・ヌニェスが初招集!《ユーロ2020予選》

2019.08.30 19:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペインサッカー連盟(RFEF)は30日、9月に行われるユーロ2020予選に臨むスペイン代表メンバー23名を発表した。なお、30日に予定されていたメンバー発表に関する公式会見に関しては、スペイン代表の前指揮官であるルイスエンリケ氏の9歳の愛娘シャナちゃんの突然の訃報を受けて、急遽中止されることがアナウンスされている。


ルイス・エンリケ氏の辞任によって今年6月に正指揮官昇格が発表されたロベルト・モレノ新監督は、今回の代表ウィークに向けてDFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)やMFセルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)、GKダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)ら主力を順当に選出。

また、MFパブロ・サラビア(パリ・サンジェルマン)、DFウナイ・ヌニェス(アスレティック・ビルバオ)が初招集となったほか、MFチアゴ・アルカンタラ(バイエルン)、FWパコ・アルカセル(ドルトムント)も復帰を果たしている。

その一方で、ケガの影響によってFWマルコ・アセンシオとMFイスコのレアル・マドリー勢、FWアルバロ・モラタ(アトレティコ・マドリー)が招集外となっている。

ユーロ2020予選でグループFに属するスペインは、9月5日にアウェイでルーマニア代表戦、同8日にホームでフェロー諸島代表と対戦する。今回発表されたスペイ代表メンバー23名は以下の通り。

◆スペイン代表メンバー23名
GK
ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ケパ・アリサバラガ(チェルシー/イングランド)
パウ・ロペス(ローマ/イタリア)

DF
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
ディエゴ・ジョレンテ(レアル・ソシエダ)
ダニエル・カルバハル(レアル・マドリー)
マリオ・エルモソ(アトレティコ・マドリー)
ウナイ・ヌニェス(アスレティック・ビルバオ)※
ホセ・ルイス・ガヤ(バレンシア)
ジョルディ・アルバ(バルセロナ)

MF
チアゴ・アルカンタラ(バイエルン/ドイツ)
ダニ・セバージョス(アーセナル/イングランド)
ロドリゴ・エルナンデス(マンチェスター・シティ/イングランド)
ファビアン・ルイス(ナポリ/イタリア)
ダニ・パレホ(バレンシア)
ヘスス・ナバス(セビージャ)
セルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)
サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリー)
スソ(ミラン/イタリア)

FW
ロドリゴ・モレノ(バレンシア)
パコ・アルカセル(ドルトムント/ドイツ)
ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ)
パブロ・サラビア(パリ・サンジェルマン/フランス)※

※初招集
関連ニュース
thumb

復帰迫るザニオーロに悲劇…ドクターストップで今季中復帰なし、ユーロ出場も断念「来年のW杯に向けて準備する」

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロが、目標を切り替えたようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ザニオーロは2020年1月に右ヒザの半月板損傷と前十字じん帯断裂の重傷を負い、同7月に戦列に復帰。しかし、同9月には逆の左ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負い、再び長期の離脱を強いられている。 その後、慎重かつ懸命にリハビリを進めた結果、2020年12月に行われた最新のメディカルチェックにおいて練習量の増加にゴーサインが出されたが、今年1月半ばに今度は新型コロナウイルスの陽性判定が出てしまい、2月初旬にようやくトリゴリアでのトレーニング復帰を再開していた。 順調にいけば4月にはピッチに戻る予定でリハビリに努めてきたザニオーロ。今夏行われるユーロ2020の出場も期待されていたが、よもやの悲痛な宣告が待っていた。 ザニオーロの手術を担当したフィンク教授がオーストリアのインスブルックでザニオーロを訪ねたが、復帰を延期させることを決定。その理由は、左脚の筋肉の張りが右足に比べて10%少ないとのこと。これはリスクを冒すことになるため、慎重に復帰させる方針になったようだ。 この決定についてザニオーロは「失望しているけど、来年のワールドカップに向けて準備することが目標だよ」とコメント。ユーロ2020への出場は諦め、来年末にあるカタール・ワールドカップを目指すとした。 一方で、父親であるイゴール・ザニオーロ氏は復帰できないとなった息子についてコメント。「ニコロは打ちのめされた。彼はヒザを負傷した時と同じ気分だっただろう。今、ゆっくりと気持ちは楽になり始めているが、彼は心の中にプレーしたいという抑えきれない欲求を持っている」とコメント。復帰できないとわかりショックを受けていたことを明かした。 これにより、ザニオーロはトレーニングには戻ることになるが、今シーズン中の試合に出場することは無くなったとみられる。 イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督もザニオーロについてコメント。「彼が我々と一緒にいない可能性は70%だと知っている。ニコロは落ち着かなければいけない」とコメント。「彼はこれからのキャリアがあり、リスクを冒すことができない。だから急いではいけない。彼の価値をよく知っているし、最後まで彼をフォローしたい。このようなことがサッカー界では起こる可能性があるんだ」と語り、今はケガをしっかりと治すことが重要であると諭していた。 2021.04.09 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーロ2020とUEFAネーションズリーグ準決勝&決勝、5人交代制継続

欧州サッカー連盟(UEFA)は3月31日、6月に行われるユーロ2020と10月に行われるUEFAネーションズリーグ2020-21準決勝&決勝に関し、5人交代制を継続することを発表した。 コロナ禍において過密日程を考慮し、プレミアリーグを除いた大半のリーグで5人交代制としている現在のサッカー界。チャンピオンズリーグやカタール・ワールドカップ欧州予選でも同様に5人交代を認めているが、ユーロ本大会、UEFAネーションズリーグでも同様の方式を継続することが決まった。 また、観客の動員に関してはこれまで定員の30%を最大としていたが、各自治体に判断を委ねるとし、観客の大幅な動員増加が見込まれる決定となった。 2021.03.31 23:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーロで観客動員へ、デンマーク主催の4試合

ユーロ2020で観客が戻ってくる可能性が高まった。デンマーク・サッカー連盟(DBU)は24日、自国で開催される4試合に関し、最低でも1万1000人の収容を認める方針とした。 ただ、DBUは新型コロナウイルスの感染が拡大してしまった場合は、観客の動員が難しいことも併せて発表している。 なお、欧州サッカー連盟(UEFA)は4月7日までに他の開催都市でも観客を動員することができるのか、回答を求めるとのことだ。 2021.03.26 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【ユーロ2020】出場24カ国の最新データをチェック!初出場は2カ国、グループFは死の組に

12日、ユーロ2020の予選プレーオフが行われ、出場24カ国が決定した。 本来であれば今年開催され、すでに大会も終了しているはずのユーロ2020。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて各国のリーグ戦が中断。その結果、1年延期が決定していた。 <div id="cws_ad">◆ユーロ2016決勝でエデルが見せた母国の初優勝を決める劇的ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0eWtDcVFjTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> すでに予選は終了しており、プレーオフを残すのみとなっていたが、12日に4試合が開催。その結果、ハンガリー代表、スロバキア代表、スコットランド代表、北マケドニア代表が出場権を掴んだ。 なお、2019年11月にすでに組み合わせ抽選会も終えており、2大会連続出場となるハンガリーはグループFに入り、前回王者のポルトガル代表、2018年のロシアW杯王者のフランス代表、そしてドイツ代表と同居する死のグループに入った。 また、同じく2大会連続出場のスロバキアは、グループEに入り、スペイン代表、スウェーデン代表、ポーランド代表と同居。セルビア代表とのPOをPK戦の末に勝ち切ったスコットランド代表は、1996年以来7大会ぶり出場。グループDでイングランド代表、クロアチア代表、チェコ代表と同居する。 そして2019年に国名を変更した北マケドニア代表は初のユーロ出場に。グループCに入り、オランダ代表、ウクライナ代表、オーストリア代表と同居することとなった。 ユーロ2020は、2021年6月11日から7月11日までの1カ月にわたり、当初の計画通り12都市での分散開催で予定されている。 ◆ユーロ2020組み合わせ グループA:トルコ、イタリア、ウェールズ、スイス グループB:デンマーク、フィンランド、ベルギー、ロシア グループC:オランダ、ウクライナ、オーストリア、北マケドニア グループD:イングランド、クロアチア、スコットランド、チェコ グループE:スペイン、スウェーデン、ポーランド、スロバキア グループF:ハンガリー、ポルトガル、フランス、ドイツ <span class="paragraph-title">◆グループ別出場国データ</span> 【グループA】 開催地:ローマ(イタリア)、バクー(アゼルバイジャン) トルコ代表/出場回数:2大会連続5回目 予選成績(グループH・2位):7勝2分け1敗 予選得点王:5ゴール/FWジェンク・トスン 最高成績:準優勝(2008) 前回大会:グループステージ敗退 イタリア代表/出場回数:7大会連続9回目 予選成績(グループJ・1位):10勝 予選得点王:5ゴール/FWアンドレア・ベロッティ 最高成績:優勝(1968) 前回大会:ベスト8(ドイツ代表にPK戦6-5で敗戦) ウェールズ代表/出場回数:2大会連続2回目 予選成績(グループE・2位):4勝2分け2敗 予選得点王:2ゴール/FWガレス・ベイル、MFキーファー・ムーア、MFアーロン・ラムジー 最高成績:ベスト4(2016) 前回大会:ベスト4(ポルトガル代表に2-0で敗戦) スイス代表/出場回数:2大会連続5回目 予選成績(グループD・1位):5勝2分け1敗 予選得点王:3ゴール/FWセドリック・イッテン 最高成績:ベスト16(2016) 前回大会:ベスト16(ポーランド代表にPK戦5-4で敗戦) <span class="paragraph-title">【グループB】</span> 開催地:サンクトペテルブルク(ロシア)、コペンハーゲン(デンマーク) デンマーク代表/出場回数:2大会ぶり9回目 予選成績(グループD・2位):4勝4分け 予選得点王:5ゴール/MFクリスティアン・エリクセン 最高成績:優勝(1992) 前回大会:予選敗退 フィンランド代表/出場回数:初出場 予選成績(グループJ・2位):6勝4敗 予選得点王:10ゴール/FWテーム・プッキ 最高成績:出場なし 前回大会:予選敗退 ベルギー代表/出場回数:2大会連続6回目 予選成績(グループI・1位):10勝 予選得点王:7ゴール/FWロメル・ルカク 最高成績:準優勝(1980) 前回大会:ベスト8(ウェールズ代表に3-1で敗戦) ロシア代表/出場回数:3大会連続6回目 予選成績(グループI・2位):8勝2敗 予選得点王:9ゴール/FWアルテム・ジューバ 最高成績:優勝(1960)※ソ連時代/ロシアとしてはベスト4(2008) 前回大会:グループステージ敗退 <span class="paragraph-title">【グループC】</span> 開催地:アムステルダム(オランダ)、ブカレスト(ルーマニア) オランダ代表/出場回数:2大会ぶり10回目 予選成績(グループC・2位):6勝1分け1敗 予選得点王:8ゴール/MFジョルジェニオ・ワイナルドゥム 最高成績:優勝(1988) 前回大会:予選敗退 ウクライナ代表/出場回数:3大会連続3回目 予選成績(グループB・1位):6勝2分け 予選得点王:4ゴール/FWロマン・ヤレムチュク 最高成績:グループステージ 前回大会:グループステージ敗退 オーストリア代表/出場回数:2大会連続3回目 予選成績(グループG・2位):6勝1分け3敗 予選得点王:6ゴール/FWマルコ・アルナウトビッチ 最高成績:グループステージ 前回大会:グループステージ敗退 北マケドニア代表/出場回数:初出場 予選成績(グループG・3位):4勝2分け4敗 予選得点王:4ゴール/MFエリフ・エルマス プレーオフ:コソボ代表(2-1)、ジョージア代表(1-0) 最高成績:出場なし 前回大会:予選敗退 <span class="paragraph-title">【グループD】</span> 開催地:ロンドン(イングランド)、グラスゴー(スコットランド) イングランド代表/出場回数:3大会連続10回目 予選成績(グループA・1位):7勝1敗 予選得点王:12ゴール/FWハリー・ケイン 最高成績:3位(1968) 前回大会:ベスト16(アイスランド代表に2-1で敗戦) クロアチア代表/出場回数:5大会連続6回目 予選成績(グループE・1位):5勝2分け1敗 予選得点王:4ゴール/FWブルーノ・ペトコビッチ 最高成績:ベスト8(1996、2008) 前回大会:ベスト16(ポルトガル代表に1-0で敗戦) スコットランド代表/出場回数:6大会連続3回目 予選成績(グループI・3位):5勝5敗 予選得点王:7ゴール/FWジョン・マッギン プレーオフ:イスラエル代表(0-0、PK5-3)、セルビア代表(1-1、PK5-4) 最高成績:グループステージ敗退 前回大会:予選敗退 チェコ代表/出場回数:7大会連続10回目 予選成績(グループA・2位):5勝3敗 予選得点王:4ゴール/FWパトリック・シック 最高成績:優勝(1976)※チェコスロバキア時代/チェコとしてはベスト4(2004) 前回大会:グループステージ敗退 <span class="paragraph-title">【グループE】</span> 開催地:ビルバオ(スペイン)、ダブリン(アイルランド) スペイン代表/出場回数:7大会連続11回目 予選成績(グループF・1位):8勝2分け 予選得点王:4ゴール/FWアルバロ・モラタ、DFセルヒオ・ラモス、FWロドリゴ・モレノ 最高成績:優勝(1964、2008、2012) 前回大会:ベスト16(イタリア代表に2-0で敗戦) スウェーデン代表/出場回数:6大会連続7回目 予選成績(グループF・2位):6勝3分け1敗 予選得点王:5ゴール/FWロビン・クアイソン 最高成績:ベスト4(1992) 前回大会:グループステージ敗退 ポーランド代表/出場回数:4大会連続4回目 予選成績(グループG・1位):8勝1分け1敗 予選得点王:6ゴール/FWロベルト・レヴァンドフスキ 最高成績:ベスト8(2016) 前回大会:ベスト8(ポルトガル代表に1-1、PK戦5-3で敗戦) スロバキア代表/出場回数:2大会連続2回目 予選得点王:3ゴール/FWロベルト・ボジェニク、FWマレク・ハムシク、MFユライ・クツカ 予選成績(グループE・3位):4勝1分け3敗 プレーオフ:アイルランド代表(0-0、PK4-2)、北アイルランド代表(延長2-1) 最高成績:ベスト16(2016) 前回大会:ベスト16(ドイツ代表に3-0で敗戦) <span class="paragraph-title">【グループF】</span> 開催地:ミュンヘン(ドイツ)、ブダペスト(ハンガリー) ハンガリー代表/出場回数:2大会連続4回目 予選成績(グループE・4位):4勝4敗 予選得点王:3ゴール/DFヴィリー・オルバン プレーオフ:ブルガリア代表(3-1)、アイスランド代表(2-1) 最高成績:3位(1964) 前回大会:ベスト16(ベルギー代表に4-0で敗戦) ポルトガル代表/出場回数:7大会連続8回目 予選成績(グループB・2位):5勝2分け1敗 予選得点王:11ゴール/FWクリスティアーノ・ロナウド 最高成績:優勝(2016) 前回大会:優勝 フランス代表/出場回数:8大会連続10回目 予選成績(グループH・1位):8勝1分け1敗 予選得点王:6ゴール/FWオリヴィエ・ジルー 最高成績:優勝(1984、2000) 前回大会:準優勝(ポルトガル代表に1-0で敗戦) ドイツ代表/出場回数:13大会連続13回目 予選成績(グループC・1位):7勝1敗 予選得点王:8ゴール/FWセルジュ・ニャブリ 最高成績:優勝(1972、1980、1996) 前回大会:ベスト4(フランス代表に2-0で敗戦) 2020.11.13 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アイスランド&ハンガリーがグループAの決勝へ!激闘となったグループBは北アイルランドとスロバキアがPK戦を制し決勝進出!!《ユーロ2020予選プレーオフ》

ユーロ2020予選プレーオフ準決勝が8日に各地で行われた。 グループAのアイスランド代表vsルーマニア代表は2-1でアイスランドが勝利した。試合はアイスランドがファーストシュートで先制する。16分、J・グズムンドソンのパスを受けたボックス中央右で受けたシグルドソンがカットインから左足を振り抜くと、このシュートゴール右隅に突き刺さった。 先制点で勢いづくアイスランドは、27分にもシグルドソンがゴールネットを揺らしたが、VAR検証の結果、オフサイドと判定されゴールは取り消された。それでも35分、フィンボガソンのダイレクトループパスをボックス右で受けたシグルドソンが胸トラップから左足でゴール左隅にシュートを流し込んだ。 その後、PKからルーマニアのマキシムに1点を返されたアイスランドだったが、最後まで1点のリードを守り抜き2-1で勝利した。 また、グループAもう一試合では、アウェイに乗り込んだハンガリー代表がブルガリア代表に3-1で下し、グループAの決勝へ駒を進めた。この結果、グループAの決勝はアイスランドvsハンガリーに決定した。 グループBのボスニア・ヘルツェゴビナ代表vs北アイルランド代表は1-1で120分が終了。その後行われたPK戦の結果、4-3で北アイルランドが勝利した。試合が動いたのは14分、ボックス右深くまで侵入したチペティッチの折り返しを中央のクルニッチが流し込み、ボスニア・ヘルツェゴビナが先制した。 先制を許した北アイルランドは、後半立ち上がりに反撃。53分、自陣からのロングフィードを最前線のマゲニスが頭で繋ぐと、こぼれ球を左サイドからダイアゴナルに駆け上がったマッギンが拾い、そのままゴールネットを揺らした。 結局、試合は1-1のまま90分が終了。その後に行われた延長戦でもスコアは動かず、迎えたPK戦では、5人中4人が成功した北アイルランドに対し、ボスニアヘルツェゴビナは2人目のハイラディノビッチと3人目のヴィスチャが失敗。この結果、4-3で北アイルランドが決勝に駒を進めた。 また、同グループもう一試合のスロバキア代表vsアイルランド代表は、0-0のゴールレスで120分が終了。その後行われたPK戦の結果、4-2で勝利したスロバキアが決勝進出を決めた。 この結果、グループBの決勝戦は北アイルランドvsスロバキアに決定した。 2020.10.09 06:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly