ルイス・エンリケ LUIS ENRIQUE

ポジション 監督
国籍 スペイン
生年月日 1970年05月08日(54歳)
利き足
身長
体重
ニュース クラブ 監督データ
ニュース一覧

PSGムキエレが振り返る今季1年…順当にフランス王者もやはり満足できずか「僕もチームもいつかは太陽が昇る」

パリ・サンジェルマン(PSG)の元フランス代表DFノルディ・ムキエレ(26)。チームも個人レベルも満足いくシーズンではなかったようだ。フランス『フットメルカート』が伝える。 今季も順当にリーグ・アンを制した一方、チャンピオンズリーグ(CL)は4強敗退でまたも欧州制覇ならずのPSG。歴史が繰り返され、象徴たるキリアン・ムバッペの退団も決まった。 加入2年目のムキエレは最終ラインならどこでも対応可能な利便性を持ち、昨季は公式戦25試合に出場。後半戦の長期離脱を除けば、一定のプレータイムが保証された。 しかし、ルイス・エンリケ体制発足の今季は、そのケガで出遅れ、ここまで19試合出場止まり。先発も半分未満の9試合に過ぎず、クローザーとしての役割が大半を占める。 直近の“消化試合”トゥールーズ戦は2カ月ぶりに先発起用も1-3で敗戦…試合後に語った内容からは、チームの戦績も含め、やはり満足いくシーズンではなかったことがうかがえる。 「何を言われてもリーグ・アン制覇は特別なもの。僕たちPSGはこのリーグ・アンで苦しみを味わったし、『PSGならこの大会は簡単』なんて意見には同意できないよ」 「僕としては、プレータイムがたとえ10分でも熱心に練習することを怠っちゃいけない…プロフェッショナルの最低限だし、本職ではない守備位置でもチームのために全力を尽くす」 「今はとにかく『諦めたくない』…。 あまりプレーできない状況で、少しばかり心に穴が空いている感じかな。でも誰も助けてはくれない。最後は自ら頑張るしかない」 「僕もチームもいつかは太陽が昇るはず。PSGに何かポジティブなものをもたらそうと努めているし、これ(サッカー)はチームスポーツ。プレーできなくても幸せがないわけじゃない」 「僕が出ない時は、他の選手たちが頑張っているわけだしね。あまりプレーできなかった後悔はある…出ている選手のレベルに追いつけるよう努力しないと」 2カ月ぶりの先発起用でチームは敗れ、後半途中に交代。気丈にも前を向いたムキエレだが、ルイス・エンリケ監督は同選手を構想外にするとの見立てもあり、去就が揺らいでいる。 2024.05.13 17:40 Mon

ムバッペが本拠地ラストマッチでゴール! バナー掲出、口笛、拍手とファンの複雑な心境も垣間見える展開に…特別な演出もなし

今シーズン限りでの退団を表明したフランス代表FWキリアン・ムバッペ。パリ・サンジェルマン(PSG)の本拠地であるパルク・デ・プランスでのラストゴールをしっかり決めた。 12日、リーグ・アン第33節でPSGはホームにトゥールーズを迎えた。 今シーズンも残り2節。すでに優勝を決めているPSGだが、今節がホームラストゲーム。チームからの退団をすでに発表していたムバッペにとっては、ホームでのラストゲームとなった。 チャンピオンズリーグ(CL)では準決勝まで勝ち上がるも、ドルトムントの前に屈してしまい準決勝敗退の失意を味わったPSG。さらにエースの退団も決まるなど、ファン・サポーターとしては喜びよりも、悔しさが勝っているところだろう。 ムバッペも先発した試合。8分、GKアルナウ・テナスからのロングフィードが完全に裏に抜けると、完全に裏に抜け出したムバッペがトラップ。GKギヨーム・レストもかわし、そのままゴールに流し込んだ。 これはムバッペにとってリーグ戦27ゴール目。2位に圧倒的な差をつけての得点王は確実な状況となっている。 本拠地でのラストゴールには、スタンドで見守った、ナセル・アル・ケライフィ会長らも拍手。ムバッペも満面の笑みでゴールを喜んだ。 ただ、試合は1-3で敗戦。その後、リーグ優勝のセレモニーも行われたが、偉大なエースを送り出す特別な催しは一切なし。また、試合にもフル出場し、通常であれば終盤に交代して拍手が送られる時間を作るが、ルイス・エンリケ監督はそれを選ばなかった。 ルイス・エンリケ監督は試合後にそのことについて質問され、理由を語った。 「交代させることは考えていなかった。85分に彼を交代させることもできたが、そうすれば批判されていただろう」 チームが1-2で負けている状況でエースを下げるということは試合を捨てるということ。優勝が決まっているとはいえ、ホーム最終戦で負けたいはずもなく、それを考えてのフル出場だったとした。 スタンドにはムバッペの姿をかたどったバナーを出し、ムバッペもその前でポーズするなどした一方で、多くの口笛も鳴らされるなど、ファンの間でもムバッペへの思いが真っ二つに分かれているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】完璧に抜け出したムバッペがPSGでの本拠地ラストゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="kaQtietwT5Y";var video_start = 60;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】ムバッペが自身の大きなバナーの前で笑顔でポーズ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C64mApFtmDp/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C64mApFtmDp/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C64mApFtmDp/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.05.13 13:55 Mon

「ずっと前から知っている」PSG退団表明のムバッペにルイス・エンリケ監督が言及「彼は全てを捧げてくれた。文句は言わない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のルイス・エンリケ監督が、退団を表明したフランス代表FWキリアン・ムバッペについて言及した。フランス『レキップ』が伝えた。 10日、ムバッペは自身のSNSに動画を投稿。今シーズン限りでPSGを退団することを発表。クラブとの契約を延長しないことを明言した。 ムバッペは2025年夏までの契約をPSGと結んでいるとみられていたが、実は2024年夏までの契約であり、1年間は延長オプションがついているというものだった。 しかし、予てからその延長オプションは行使しないとみられ、今シーズン限りで退団し、レアル・マドリーへと移籍することが既定路線となっていた。 ただ、去就については一切口にすることはなかったムバッペ。今シーズンもチームのリーグ・アン制覇に貢献した一方で、チャンピオンズリーグ(CL)ではドルトムントの前に準決勝で連敗し敗退。悲願成就はならず、自ら退団を表明することとなった。 優勝こそ決まったが、シーズンはまだ続いていくPSG。12日にはリーグ・アン第33節でトゥールーズと対戦する中、ルイス・エンリケ監督がムバッペについて記者会見で言及。当然のことだが、前々から知っていたとした。 「サッカーは非常に複雑なスポーツであり、最高の選手を要するチームが全てのタイトルを獲得できるわけではないため、勝ったチームを冷静に分析する必要がある」 「キリアンについては、我々もずっと前から知っていることだった。みんなもだろう。一般的なイメージでは何も変わらない」 「私の決断は全て、チームにとって何が最善であるかに基づいて行われた。我々も同じ目的を追っている。まだクープ・ドゥ・フランスというタイトルがあることを忘れてはならず、準備をしなければならない」 「どのような選手がいるとしても、来シーズンはもっと強くなると私は確信している。それが私の見方だ」 あくまでもチームのことを考えて決断を下すというルイス・エンリケ監督。ムバッペとの対立については改めて否定。これまでのPSGに対しての貢献を改めて感謝した。 「人々がしばしば我々を対立させたがったという事実、そしてキリアンが否定したという事実にも関わらず、私が言えることは彼は素晴らしいサッカー選手であり、素晴らしい人間だということだけだ」 「私は彼の決断を理解している。彼はここで7年間過ごした。常にクラブのために全てを捧げた。そしてクラブは彼に全てを与えた。彼の幸運を祈りたい」 「どこへ行くのかは、誰の目にも明らかであるにも関わらず、彼はまだ語っていない。私は、キリアンに関して、いかなるレベルでも文句は言わない」 「いつだって彼はリーダーだった。PSGはこれからも素晴らしいチームであり続けるだろう。我々はハングリー精神を持ち、クラブに共感したいと考えている選手を採用したいと考えている。今シーズンをキリアン・ムバッペと共に経験できたことを、とても誇りに思う」 既報通りマドリーに行くことになるであろうムバッペ。いずれにしてもPSGでのプレーはもうなくなることが確定したが、来季はどこでどんなサッカーを見せてくれるのか注目だ。 2024.05.11 22:13 Sat

「サッカーは時として非常に不公平」PSGが猛攻見せるも2試合無得点…準決勝敗退のルイス・エンリケ監督はいつもと違う行動に「今夜は例外を作った」

パリ・サンジェルマン(PSG)のルイス・エンリケ監督が、ドルトムント戦の敗戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 7日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでPSGはホームにドルトムントを迎えた。 アウェイで1stレグで1-0と敗れているPSG。最低でも勝利が必要な90分を戦うこととなったが、ホームのアドバンテージもあり、攻勢を強めていく。 しかし、ゴールが遠いこの戦い。ゴールレスで試合を折り返した中、50分にCKから失点。最低でも2点差が必要となった中、より攻勢を強めたが、最後までドルトムントの守備を崩せず、0-1で敗戦。2戦合計0-2で敗れ、またも彼岸のCL制覇はお預けとなった。 試合後、ルイス・エンリケ監督が『TNT Sports』のインタビューに応じ、準決勝敗退を嘆くとともに、ドルトムントを祝福した。 「正直に言えば、我々はこの試合に勝利に値したと思う。我々は31本のシュートを放ち、4本がバーに当たった。2試合では6本がバーに当たったが、ゴールを決めることができなかった」 「サッカーは時として非常に不公平だ。ドルトムントは素晴らしいチームであり、決勝でも勝利することを願っている」 攻め込みながらもゴールを奪えずに終わったPSG。悲しみをあらわにしながらも、2ndレグを振り返った。 「何よりも1番の感情は悲しみだ、それ以外の言い方はできない。我々は2ndレグでは劣っていなかった。フットボールは興味深いゲームだが、時に不公平だ」 「枠内シュートを31本も打ったにも関わらず、ゴールはなかった。ただ、試合に勝つには、バーに当てるのではなく、ゴールを決めなければいけない」 またしても悲願のビッグイヤーは手にできなかったPSG。ルイス・エンリケ監督は、選手たちの姿勢を称えた。 「チームの様子を見て、私は満足している。本物のメンタリティを見せた。全てを出し尽くしたチームだ。サポーターは信じられないほど素晴らしかった。今後もこの一体感が保たれることを願っている」 「このユニフォームのために汗を流す選手たち。繰り返すが、決勝進出を果たしたチームを祝福しなければいけない」 また、2試合を通じて選手たちが見せたメンタリティを称え、この悔しさ、反省を来季に繋げたいとした。 「とても満足している。全体的に、前半に見せたものは満足している、彼らは私が頼んだことをやってくれた。2つの試合で見せたメンタリティが大好きだ」 「確かに改善すべき点はあるし、そレは来シーズンの我々がこだわるところになるだろう。責めるべき点があるとすれば、運が不利に働いたということだ」 それでも悔しすぎる結末。ルイス・エンリケ監督は、試合後に普段とは違う行動をとったとコメント。反省を糧にしたいと改めて来季へ意気込んだ。 「試合後に選手たちとは決して話はしないが、今夜は例外を作った。私は彼らと個別に話をした。勝つ方法を知ることはとても重要だが、負ける方法を知ることも重要だ。それは、子供たちにどんな模範を示すかもだ」 <span class="paragraph-title">【動画】PSGが攻勢見せるも、決勝に駒を進めたのはドルトムント! </span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="tBkXmkiIyQo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.08 08:55 Wed

「明日はチャンスある」 PSG主将が自信もって運命のリターンレグへ! 自軍サポーターにも「試合を変える力ある」

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョスがドルトムントとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグにコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。 2019-20シーズン以来の決勝行きに前進すべく、敵地での1stレグに臨んだPSGだが、36分のニクラス・フュルクルクに崩され、先に失点。そこから反撃に転じたが、シュートがポストを叩くなどのツキにも見放され、0-1の先勝を許した。 7日にホームで行われるリターンレグでは1点を追いかける展開からのスタートだが、ルイス・エンリケ監督とともに会見に出席した主将は前回対戦からの修正を強調し、逆転突破を強く信じた。 「僕らは1stレグが終わってから、すぐに互いにモチベーションを高め合って、奮い立たせた。あの試合が終わってから、すぐに多くを話し合いもしたんだ。監督も考えを話してくれ、みんなで時間をかけてパフォーマンスを分析した」 「監督はこういう試合のに向けた備え方を心得ている。僕もここに11年いて、CLの準決勝は3度目。こういう試合でプレーできる機会があるのは好ましいね」 「ドルトムントは素晴らしい相手で、すごく厳しい試合になる。試合中に何が起こるかわからないけど、シーズンを通した自分たちの取り組みと準備を信じている。そして、僕らのファンがヘルプしてくれるはずだ」 「そういうもののおかげで、明日はチャンスがあると信じられる。今はあらゆることを変えてみたり、自分自身を疑い始めたりするときじゃないんだ」 29歳センターバックはまた、地の利も生かす考えで、多くのサポーターが詰めかけるであろう本拠地パルク・デ・プランスの熱狂的な雰囲気による後押しも期待した。 「僕らがホームでファン、そこでのエネルギーとともに戦える大きさは知るところ。ファンには試合を変える力がある。彼らは僕らにも求められるモチベーションとエネルギーを与えてくれるんだ」 「パリにはフットボールに対する情熱があり、明日はまた感じられるはずだ」 2024.05.07 18:15 Tue

逆転での決勝行きなるか! PSG指揮官ルイス・エンリケ「明日は大きな日に」

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるルイス・エンリケ監督がドルトムントとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグにコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。 2019-20シーズン以来の決勝行きがかかるPSG。敵地での1stレグでは36分のニクラス・フュルクルクに崩されると、攻撃もシュートがポストを叩くなどのツキにも見放され、0-1の先勝を許した。 7日にホームで行われるリターンレグでは勝利必須となるなか、その試合に先立った会見に出席したスペイン人指揮官はリベンジを期した。 「ドルトムントはハイプレスを仕掛けてくるから、ライン間にスペースができる。危険なエリアでベストな選手を見つけていければと思う。守備でも、攻撃でも準備の時間があった。全員がリラックスできるようにも努めているし、何よりこのCL準決勝でプレーする機会を楽しんでほしい。そして、明日は大きな日になることだろう」 また、「物事がうまくいかないのは常に覚悟の上だし、状況を好転させる準備をしておく必要がある。明日、どんな状況に陥ろうが、チームが戦ってくれると確信している」と続けた。 そんなPSGとしては自軍サポーターの後押しも力にしたいところで、指揮官も「明日はファンが重要な役割を担うと思う」と共闘を呼びかけた。 「ファンはシーズン中もずっとだが、我々が本当に求めたときもそうだったように、応援してくれるという保証がある。我々は誰もが知るパルク・デ・プランスの雰囲気を期待しているし、明日の夜に彼らとともに突破を祝えればと思う」 2024.05.07 17:15 Tue

紆余曲折のPSG入りから1年弱…指揮官と亀裂のシュクリニアルが退団も?

パリ・サンジェルマン(PSG)がスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(29)の売却を水面下で検討か。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 紆余曲折を経て、今季インテルからPSGへ加入のシュクリニアル。 開幕当初は不動のレギュラーも、ケガで1月〜3月をほぼ全休し、復帰後もチャンピオンズリーグ(CL)では準々決勝1stレグから3試合連続で起用されていない。リーグ・アンでも5試合中3試合が途中出場だ。 どうやらケガ直前の昨年12月、リーグ・アンでの3試合連続ベンチスタートからルイス・エンリケ監督との亀裂が生じたとされており、この段階から序列が低下。そのためか、PSGは水面下でシュクリニアルの売却も検討段階に。 元々昨年1月にインテルへ移籍金を支払ってでも獲得を望んでいたところから、最終的に昨夏のフリートランスファー獲得となったわけだが、支払わなくてよかったのは移籍金のみで、ミラノへ出向いての交渉等、諸経費にあれこれ投じたことは想像に難くない。 年俸も推定900万ユーロ(約14億9000万円)。買い手がつくかは不明で、現段階でひとつのアイデアに過ぎないとされる「シュクリニアル売却」だが、PSGが人件費を抑えたい、可能なら削減したい思惑なのは確かだとみられている。 『カルチョメルカート』いわく、高年俸からか、シュクリニアルのセリエAへの復帰は不可能とのことだ。 2024.05.02 20:05 Thu

先勝ならずのPSG、ルイス・エンリケ監督「2ndレグでは観衆を味方に」

パリ・サンジェルマン(PSG)がドルトムントとのチャンピオンズリーグ準決勝1stレグを落とした。 1日に敵地で先勝を狙ったPSGだが、36分のニクラス・フュルクルクに崩されると、攻撃陣も沈黙。2019-20シーズン以来の決勝行きがかかる最初の90分で遅れをとった。 7日にホームで行われるリターンレグで逆転突破を目指すルイス・エンリケ監督はフランス『Canal+』で1stレグを振り返った。 「これがフットボールだ。素晴らしいことがあれば、こういうときもある。両チームが作り出したチャンスを分析する必要があるが、難しい試合だった」 また、「簡単ではないのは誰もがわかりきったこと。CLの準決勝なのだから」と続け、勝利必須の2ndレグに視線を向けた。 「今日は両チームともに多くのチャンスを作った。だが、彼らは決め、我々は決められなかったというところだ。結果はこの試合がいかに接戦だったかを示すもの」 「両チームにとって、新たな状況でもある。過去2戦、彼らはホームゲームを第2戦としたが、我々はその逆。2ndレグでは観衆を味方につけられる」 「もちろん、次は今日よりももっと効果的にならないといけないがね」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】ドルトムントvsパリ・サンジェルマン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ZpfQoYQrFv8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.02 08:45 Thu

ドルトムントと再戦のPSG、エンリケ監督は敵地での打ち合い歓迎「自分たちのサッカーをして勝利を目指す」

パリ・サンジェルマン(PSG)のルイス・エンリケ監督が先勝を誓っている。クラブ公式サイトが伝えた。 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でバルセロナを破り、ドルトムントとの準決勝に駒を進めたPSG。先日にリーグ・アンでの3連覇が決まった中、1日にアウェイのCL準決勝1stレグに挑む。 PSGはグループステージでもドルトムント対戦。ホームで2-0の勝利、アウェイで1-1のドローという結果に終わっていた。 前日会見に臨んだエンリケ監督は、ラウンド16のレアル・ソシエダ、準々決勝のバルセロナをどちらもアウェイで下した点に言及。この流れを継続し、今度こそシグナル・イドゥナ・パルクで勝利を手にするつもりと語っている。 「グループステージでは(ドルトムント相手に)アウェイで勝利を収めることができなかった。だがそれ以来、我々はサン・セバスティアンとバルセロナで勝利を収めている。明日もこの調子が続くのか止まるのかはわからないが、目指すのは勝利だ。このチームが勇敢で、度胸のあるチームであることを私は知っている」 「ヨーロッパの中でもユニークなスタジアムでプレーすることになるが、ファンにできるだけ多くの喜びをもたらすよう努力するつもりだ。チャンピオンズリーグ準決勝を目前に控えた今日、我々が置かれている状況を嬉しく思う」 また、バルセロナとの準々決勝は1stレグと2ndレグのどちらでも先制点を許す展開となったが、2戦合計4-6の打ち合いを制して勝利。エンリケ監督はこの姿勢を崩すつもりはないようだ。 「準々決勝と似たような試合になると思う。我々は自分たちのサッカーをして勝利を目指し、ゴールが生まれて面白いものになるよう努める。試合をコントロールして勝利を目指したい」 2024.05.01 14:55 Wed

PSGが3年連続12回目のリーグ・アン制覇! シーズントレブルの可能性も

パリ・サンジェルマン(PSG)が28日、2023-24シーズンのリーグ・アン王者に輝いた。 24日に行われた延期分ロリアン戦の勝利で優勝に王手をかけていたPSGったが、27日に行われた第31節のル・アーブル戦を3-3の引き分けで終え、ホームでの自力優勝のチャンスを逃した。 それでも、28日に行われた同節で2位のモナコがリヨンに2-3で敗れたことで、残り3試合での勝ち点差が12ポイントとなり、3年連続通算12回目の優勝が決定した。 リーグ3連覇に向けてルイス・エンリケ新監督を招へいしたPSG。昨夏の移籍市場ではこれまでチームを支えたFWリオネル・メッシやFWネイマール、DFセルヒオ・ラモスらが退団したが、FWウスマン・デンベレやFWランダル・コロ・ムアニ、DFミラン・シュクリニアル、DFリュカ・エルナンデスら即戦力の補強に成功した。 しかし、開幕2試合連続ドローという低調なスタートを切ると、第5節のニース戦では初黒星を喫するなど難しい戦いが続いた。それでも、徐々に本来のパフォーマンスを取り戻すと12節のスタッド・ランス戦で首位に浮上。以降は一度たりとも首位の座を明け渡すことなく、20勝10分け1敗でタイトルレースを駆け抜けた。 なお、3シーズンぶりの決勝進出を決めているクープ・ドゥ・フランスと、準決勝まで駒を進めている悲願のチャンピオンズリーグ(CL)でタイトルを獲得した場合、トロフィーの種類は異なるものの4シーズンぶりのトレブル達成となる。 2024.04.29 07:00 Mon
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2004年7月1日 バルセロナ 引退 -
1996年7月1日 レアル・マドリー バルセロナ 完全移籍
1991年7月1日 スポルティング・ヒホン レアル・マドリー 完全移籍
1989年7月1日 スポルティング・ヒホン 完全移籍
監督履歴
就任日 退任日 チーム 種類
2023年7月5日 PSG 監督
2019年11月19日 2022年12月8日 スペイン 監督
2018年7月9日 2019年3月10日 スペイン 監督
2014年7月1日 2017年6月30日 バルセロナ 監督
2013年7月1日 2014年6月30日 セルタ 監督
2011年7月1日 2012年5月10日 ローマ 監督
2008年7月1日 2011年6月30日 バルサ・アトレティック 監督
今季の成績
リーグ・アン 34 22 10 2 0 0
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント 6 3 0 3 0 0
UEFAチャンピオンズリーグ グループF 6 2 2 2 0 0
トロフェ・デ・シャンピオン 1 1 0 0 0 0
カタール・ワールドカップ 決勝トーナメント 1 0 1 0 0 0
カタール・ワールドカップ グループE 3 1 1 1 0 0
合計 51 29 14 8 0 0
出場試合
リーグ・アン
第1節 2023-08-12 vs ロリアン
0 - 0
第2節 2023-08-19 vs トゥールーズ
1 - 1
第3節 2023-08-26 vs RCランス
3 - 1
第4節 2023-09-03 vs リヨン
1 - 4
第5節 2023-09-15 vs ニース
2 - 3
第6節 2023-09-24 vs マルセイユ
4 - 0
第7節 2023-09-30 vs クレルモン
0 - 0
第8節 2023-10-08 vs スタッド・レンヌ
1 - 3
第9節 2023-10-21 vs ストラスブール
3 - 0
第10節 2023-10-29 vs ブレスト
2 - 3
第11節 2023-11-03 vs モンペリエ
3 - 0
第12節 2023-11-11 vs スタッド・ランス
0 - 3
第13節 2023-11-24 vs モナコ
5 - 2
第14節 2023-12-03 vs ル・アーヴル
0 - 2
第15節 2023-12-09 vs ナント
2 - 1
第16節 2023-12-17 vs リール
1 - 1
第17節 2023-12-20 vs メス
3 - 1
第18節 2024-01-14 vs RCランス
0 - 2
第19節 2024-01-28 vs ブレスト
2 - 2
第20節 2024-02-02 vs ストラスブール
1 - 2
第21節 2024-02-10 vs リール
3 - 1
第22節 2024-02-17 vs ナント
0 - 2
第23節 2024-02-25 vs スタッド・レンヌ
1 - 1
第24節 2024-03-01 vs モナコ
0 - 0
第25節 2024-03-10 vs スタッド・ランス
2 - 2
第26節 2024-03-17 vs モンペリエ
2 - 6
第27節 2024-03-31 vs マルセイユ
0 - 2
第28節 2024-04-06 vs クレルモン
1 - 1
第30節 2024-04-21 vs リヨン
4 - 1
第29節 2024-04-24 vs ロリアン
1 - 4
第31節 2024-04-27 vs ル・アーヴル
3 - 3
第33節 2024-05-12 vs トゥールーズ
1 - 3
第32節 2024-05-15 vs ニース
1 - 2
第34節 2024-05-19 vs メス
0 - 2
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024-02-14 vs レアル・ソシエダ
2 - 0
ラウンド16・2ndレグ 2024-03-05 vs レアル・ソシエダ
1 - 2
準々決勝1stレグ 2024-04-10 vs バルセロナ
2 - 3
準々決勝2ndレグ 2024-04-16 vs バルセロナ
1 - 4
準決勝1stレグ 2024-05-01 vs ドルトムント
1 - 0
準決勝2ndレグ 2024-05-07 vs ドルトムント
0 - 1
UEFAチャンピオンズリーグ グループF
第1節 2023-09-19 vs ドルトムント
2 - 0
第2節 2023-10-04 vs ニューカッスル
4 - 1
第3節 2023-10-25 vs ミラン
3 - 0
第4節 2023-11-07 vs ミラン
2 - 1
第5節 2023-11-28 vs ニューカッスル
1 - 1
第6節 2023-12-13 vs ドルトムント
1 - 1
トロフェ・デ・シャンピオン
決勝 2024-01-03 vs トゥールーズ
2 - 0
カタール・ワールドカップ 決勝トーナメント
ラウンド16 2022-12-06 vs モロッコ
0 - 0
カタール・ワールドカップ グループE
第1節 2022-11-23 vs コスタリカ
7 - 0
第2節 2022-11-27 vs ドイツ
1 - 1
第3節 2022-12-01 vs 日本
2 - 1