【先週末の海外日本人結果】乾が恩返し弾! 香川が値千金の決勝弾!

2019.03.11 10:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。

アラベスは9日、リーガエスパニョーラ第27節でエイバルと対戦。古巣対戦となった日本代表MF乾貴士はフル出場し、58分に恩返し弾。2試合連続ゴールを決めた。

ベシクタシュに所属する日本代表MF香川真司は10日、スュペル・リグ第25節のコンヤスポル戦に途中出場。後半アディショナルタイムに値千金の勝ち越しゴールを記録して勝利に貢献した。
その他、CSKAモスクワに所属するFW西村拓真が移籍後初ゴールを記録している。

イングランド
[レスター・シティ]岡崎慎司
H 3-1 フルアム 〇
72分までプレー⇒詳細ニュース

[ニューカッスル]武藤嘉紀
H 3-2 エバートン 〇
ベンチ入りせず

[サウサンプトン]吉田麻也
H 2-1 トッテナム 〇
フル出場⇒詳細ニュース

スペイン
[ヘタフェ]柴崎岳
H 2-1 ウエスカ 〇
ベンチ入りせず

[アラベス]乾貴士
H 1-1 エイバル △
フル出場、58分にゴールを記録⇒詳細ニュース

ドイツ
[ブレーメン]大迫勇也
H 4-2 シャルケ 〇
ベンチ入りせず

[フランクフルト]長谷部誠
A vs デュッセルドルフ
※月曜開催

[ニュルンベルク]久保裕也
A 1-2 ホッフェンハイム ●
76分までプレー⇒詳細ニュース

[ハノーファー]浅野拓磨
H 2-4 レヴァークーゼン ●
ベンチ入りせず⇒詳細ニュース

[ハノーファー]原口元気
H 2-4 レヴァークーゼン ●
フル出場⇒詳細ニュース

[デュッセルドルフ]宇佐美貴史
H vs フランクフルト
※月曜開催

フランス
[マルセイユ]酒井宏樹
H 1-0 ニース 〇
フル出場

[トゥールーズ]昌司源
H 1-0 ギャンガン 〇
フル出場

[ストラスブール]川島永嗣
H 2-2 リヨン △
ベンチ入りも出場せず

オランダ
[ヘーレンフェーン]小林祐希
A 3-2 ADO 〇
74分までプレー

[フローニンヘン]堂安律
A 0-0 ユトレヒト △
出場停止

[フローニンヘン]板倉滉
A 0-0 ユトレヒト △
ベンチ入りせず

[ズウォレ]中山雄太
H 0-0 AZ △
ベンチ入りも出場せず

ポルトガル
[ポルティモネンセ]権田修一
H 5-1 ナシオナル 〇
ベンチ入りせず

[ブラガ]安西海斗
H 1-0 ギマランエス 〇
ベンチ入りせず

[ギマランエス]深堀隼平
A 0-1 ブラガ ●
ベンチ入りせず

[ベンフィカ]小久保玲央ブライアン
※月曜開催

トルコ
[ベシクタシュ]香川真司
H 3-2 コンヤスポル 〇
75分からプレー、93分にゴールを記録⇒詳細ニュース

[ガラタサライ]長友佑都
H vs アンタルヤスポル
※月曜開催

オーストリア
[ザルツブルク]南野拓実
H 0-0 シュトルム・グラーツ △
フル出場

[インスブルック]財前淳
A 0-2 リンツ ●
ベンチ入りせず

ロシア
[CSKAモスクワ]西村拓真
H 3-0 ルビン・カザン 〇
66分までプレー、24分に移籍後初ゴール

ベルギー
[ヘンク]伊東純也
H 1-0 ロケレン 〇
66分までプレー

[シント=トロイデン]遠藤航
A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △
ケガのため欠場

[シント=トロイデン]鎌田大地
A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △
フル出場、15分にゴールを記録⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]冨安健洋
A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △⇒詳細ニュース
フル出場

[シント=トロイデン]関根貴大
A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △⇒詳細ニュース
ベンチ入りも出場せず

[シント=トロイデン]小池裕太
A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △
ベンチ入りせず

[シント=トロイデン]木下康介
A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △⇒詳細ニュース
ベンチ入りも出場せず

[シャルルロワ]森岡亮太
A 2-1 アントワープ 〇
89分までプレー

[オイペン]豊川雄太
H 0-4 クラブ・ブルージュ ●
後半からプレー

[セルクル・ブルージュ]植田直通
H 1-2 スタンダール・リエージュ ●
ベンチ入りも出場せず

関連ニュース
thumb

FW原大智がシント=トロイデンへレンタル移籍、アラベスとは2年の契約延長…今季はスペイン2部で15試合1ゴール

アラベスは23日、FW原大智(23)がシント=トロイデンにレンタル移籍することを発表した。 なお、レンタル期間は今シーズン終了まで。また、アラベスは今夏で満了となる原との契約を2シーズン延長するオプションを行使することも発表している。 原はFC東京の下部組織で育ち2018年2月にトップチーム昇格。2021年2月にクロアチアのイストラへと完全移籍した。 初の海外挑戦となった中、半年で結果を残すと、オーナーが同じアラベスに2021年7月に完全移籍。2021-22シーズンはシント=トロイデンへとレンタル移籍していた。 シント=トロイデンでは、ジュピラー・プロ・リーグで28試合に出場し8ゴール3アシスト。鹿島アントラーズへと移籍したFW鈴木優磨の穴を埋める活躍を見せていた。 レンタル期間が終了しアラベスに戻った原は、昨年夏の時点でも移籍の噂があがったが残留。今シーズンはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で15試合に出場し1ゴール、コパ・デル・レイで1試合に出場し1ゴールを記録していた。 予てから噂のあったシント=トロイデンへ2年連続で移籍する原。今シーズンはGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、MF香川真司、FW林大地、FW岡崎慎司が所属しており、6人目の日本人選手となる。 2023.01.23 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーの若手MFブランコ、西2部のアラベスへとレンタル先変更

レアル・マドリーは12日、U-21スペイン代表MFアントニオ・ブランコ(22)がセグンダ(スペイン2部)のアラベスへレンタル移籍したことを発表した。契約期間は今季終了までとなっている。 2013年にレアル・マドリーのカンテラに加入したブランコは、以降各カテゴリーで主力を担ってきた176cmのインテリオール。スペインの年代別代表の常連でもあるエリートMFは、2018年にカスティージャへ昇格。2021年4月に行われたラ・リーガのヘタフェ戦ではトップチームデビューも飾っている。 ボール奪取能力と豊富な運動量、正確な繋ぎに定評がある生え抜きMFは、昨夏よりカディスへ武者修行に出ていたが、ここまで公式戦4試合の出場にどまっていた。そのため、カディスとの契約を解消する形で、アラベスに活躍の場を移すこととなった。 2023.01.12 22:50 Thu
twitterfacebook
thumb

3部相手に3度追いつかれたバルセロナが延長戦制して薄氷突破…久保&原欠場もチームは4回戦へ《コパ・デル・レイ》

バルセロナは4日、アウェイで行われたコパ・デル・レイ3回戦で3部のインテルシティと対戦し、延長戦までもつれ込んだ激闘を4-3で制した。 昨シーズンのラ・リーガ2位チームのバルセロナは、スーペル・コパ・デ・エスパーニャに出場するため、コパは今回のラウンド32からの参戦に。 その初戦ではプリメーラ・ディビシオンRFEF(スペイン3部)に属するインテルシティと対戦。再開初戦となったエスパニョールとのダービーを1-1のドローで終えたチームは、今週末にアトレティコ・マドリーとのビッグマッチを控える中、大幅なターンオーバーを敢行。 アトレティコ戦出場停止のジョルディ・アルバを除く、先発10人を変更。GKにペーニャ、バックラインにベジェリン、負傷明けのアラウホ、中盤にパブロ・トーレとフレッシュな顔ぶれを起用。3トップはデンベレ、デパイ、フェラン・トーレスという並びとなった。 試合は開始早々にバルセロナがスコアを動かす。4分、左CKの場面でキッカーのパブロ・トーレが正確なボールを入れると、ニアに勢いを持って走り込んだアラウホが豪快なダイビングヘッドで合わせた。 長期離脱明けのウルグアイ代表DFの鮮烈な一撃で早くも地力の差を示したアウェイチームは、以降はデンベレらが個人技で違いを生む一方で、普段一緒にプレーしていない組み合わせということもあり、連携面では細かいミスが目立つ。すると、18分には相手の鋭いカウンターからピナンにハイラインを破られてGKペーニャも交わされるピンチを招いたが、ここはDFアラウホが見事なゴールカバーで阻止した。 このピンチ以降は安全にボールを保持しつつ、前線の選手がアクセントを付けながら2点目を狙う。その中でデンベレの巧みな切り返しからの左足のミドルシュートや制空権を握るアラウホ、前半終了間際には背後へ抜け出したフェラン・トーレスに決定機が訪れたが、いずれもシュートを枠に飛ばすことができなかった。 1点リードで試合を折り返したチャビのチームは、後半も主導権を握りながらデンベレの個人技でチャンスを窺う。だが、なかなか追加点を奪えずにいると、相手にワンチャンスをモノにされる。 59分、右CKの場面でファーのムリアが頭で折り返したボールをゴール前のソルデビラに見事なボレーで流し込まれた。 1-1のイーブンに戻されたバルセロナは直後の60分に3枚替えを敢行。アラウホとフェラン・トーレス、パブロ・トーレを下げてエリック・ガルシア、ハフィーニャ、ガビを投入。 すると、この交代から数分後の67分にはガビのスルーパスで完璧に背後を取ったデンベレがGKとの一対一を鮮やかなバセリーナで決め切った。 だが、この失点にも士気を落とさないホームチームに手を焼くと、74分にはロメロの左サイド深くからのクロスをソルデビラに今度は頭で叩き込まれて同点に追いつかれる。 それでも、77分にはアルバの得意の攻撃参加からの正確な高速クロスを大外にフリーで走り込んだハフィーニャが難なくワンタッチで合わせ、勝ち越しに成功する。 これで勝負ありかに思われたが、試合終盤の86分にはハーフウェイライン付近の最後尾でボールを持ったマルコス・アロンソが不用意にボールを奪われてカウンターを許すと、ソルデビラにトリプレーテを決められて三度追いつかれた。 後半の残り時間で勝負を決められず、3部相手に延長戦に持ち込まれたバルセロナだが、やはり延長でも先にゴールをこじ開ける。延長前半終了間際の104分にボックス右へ抜け出したハフィーニャからの折り返しを、中央に走り込んだアンス・ファティが相手DFと交錯しながらも右足を振り抜くと、うまくディフレクトしてGKの反応を免れたシュートがゴールネットを揺らした。 その後はトドメの5点目を奪えずも、インテルシティに4度目の同点ゴールを許すことなく試合をクローズしたバルセロナが、3部相手に大苦戦を強いられたものの、何とか強豪の面目を保った。 MF久保建英を擁するレアル・ソシエダは、3部のログロニェスを相手に1-0の辛勝となった。右ももの違和感で久保が招集外となった一戦では、前半序盤にうまく背後へ抜け出したロベルト・ナバーロが冷静なフィニッシュで先制点を奪取。以降は追加点奪取に手を焼いたが、このリードを守り切った。 FW原大智を擁するセグンダ(2部)のアラベスは、バジャドリーと対戦。前半開始直後に退場者を出したバジャドリー相手にシラのゴールで先制に成功したチームは、追加点こそ奪えなかったものの、数的優位を生かした試合運びで1-0の逃げ切りに成功。見事にプリメーラ勢を撃破した。なお、原はベンチ入りも出番はなかった。 その他ではセビージャが3部相手にエン=ネシリのトリプレーテの活躍で5-0の快勝。ただ、同試合ではサンパオリ監督が再三の抗議によって、渦中のマテウ・ラオス主審からレッドカードをもらって試合開始わずか18分で退席となる一幕もあった。また、アトレティコ・マドリーやマジョルカも順当に4回戦へ駒を進めている。 なお、同日行われた試合結果は以下の通り。 ◆コパ・デル・レイ3回戦日程・結果 ▽1/4(水) インテルシティ(3) 3-4 バルセロナ リナレス(3) 0-5 セビージャ ログロニェス(3) 0-1 レアル・ソシエダ ポンテベドラ(3) 0-2 マジョルカ オビエド(2) 0-2 アトレティコ・マドリー アラベス(2) 1-0 バジャドリー ▽1/5(木) イビサ・イスラス・ピティウサス(4) vs ベティス ヒムナスティク(3) vs オサスナ エルデンセ(3) vs アスレティック・ビルバオ ▽1/3(火) カセレーニョ(4) 0-1 レアル・マドリー エスパニョール 3-1 セルタ カルタヘナ(2) 1-5 ビジャレアル セウタ(3) 1-0 エルチェ スポルティング・ヒホン(2) 2-0 ラージョ・バジェカーノ レバンテ(2) 3-2 ヘタフェ ラ・ヌシア(3) 0-3 バレンシア ※()内は所属カテゴリー 2023.01.05 07:34 Thu
twitterfacebook
thumb

見事な決勝点! 長身生かしたヘディング弾、アラベス原大智が今季2得点目

アラベスのFW原大智が特徴を生かしたヘディングゴールを決めた。 アラベスは13日、コパ・デル・レイの1次ラウンドで4部のリェイダ・エスポルティウと対戦した。原はフル出場を果たし、決勝点となるゴールをマークしている。 ゴールレスで迎えた47分、アラベスは右CKを獲得すると、ショートコーナーを選択したのちに放り込む。ゴール前で待ち構えていた原は、マーカーの背後から頭を突き出し、値千金の一発を左隅へ沈めた。 その後は敵地で攻め込まれる場面が続いたものの、相手のセットプレーを原がかき出したところで試合終了のホイッスル。日本人FWの一撃でアラベスが次のステージへと駒を進めている。なお、対戦カードの抽選会は16日に行われる予定だ。 <span class="paragraph-title">【動画】原大智が長身を生かしたヘディングで決勝点@コパ・デル・レイ1次ラウンド</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtcGkzSno5cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.11.14 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

原大智が決勝点で初戦突破に貢献! プリメーラ勢はカディス&アルメリアが初戦敗退…《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ1回戦が行われた。 スーペル・コパに参戦するレアル・マドリー、バルセロナ、バレンシア、レアル・ベティスを除く、プリメーラ所属の16クラブが参加した1回戦。 カタール・ワールドカップを戦う日本代表への早期合流が許可され、MF久保建英が不在となったレアル・ソシエダは6部のカサレガスと対戦し、セルロートのドブレーテの活躍などで4-1で快勝。順当に2回戦進出を決めた。 プリメーラ勢では公式戦5試合未勝利と低迷するアトレティコ・マドリーが、5部のアルマサン相手にアンヘル・コレアとフェリックスのゴールで2-0の勝利。また、ビジャレアルは6部のサンタ・アマリアに9-0の大勝を飾った。一方で、カディスとアルメリアはジャイアントキリングを許して初戦敗退となった。 セグンダ(スペイン2部)所属の日本人所属クラブでは、FW原大智の所属するアラベスが4部のリェイダ・エスポルティウと対戦。先発フル出場となった原は、後半立ち上がりの47分に右CKの流れからサルバ・セビージャのクロスを巧みなヘディングでゴール左隅へ流し込み、チームを1-0の勝利に導く決勝点を挙げた。 なお、MF柴崎岳が所属するレガネス、MF橋本拳人が所属するウエスカは、いずれも下部カテゴリーのチーム相手にPK戦の末に敗戦。両選手はベンチ外となった。 コパ・デル・レイ1回戦の結果は以下の通り。 ◆コパ・デル・レイ1回戦結果 ▽11/12(土) フエンテス(6) 1-4 オサスナ バルバダス(6) 0-2 バジャドリー ラルコラ(6) 0-3 エルチェ オートール(6) 0-6 マジョルカ サンタ・アマリア(6) 0-9 ビジャレアル リンコン(6) 0-3 エスパニョール アルマサン(5) 0-2 アトレティコ・マドリー ゲルニカ(4) 0-0(PK:6-5) レガネス(2) マナコル(5) 1-3 アンドラ(2) オロト(4) 0-4 レバンテ(2) ギフエロ(4) 2-0 デポルティボ・ラ・コルーニャ(3) アトレティコ・サグンティーノ(4) 1-0 アモレビエタ(3) ナバルカルネロ(4) 1-3 ログロニェス(3) ウエトル・タハル(5) 0-3 アルバセテ(2) グアダラハラ(4) 3-0 ポンフェデラ(2) アレナス(4) 1-0 ルーゴ(2) ベアサイン(4) 2-3 スポルティング・ヒホン(2) ラシン・リオハ(4) 0-2 ヒムナスティク(3) セスタオ・リーベル(4) 1-0 ラシン・フェロル(3) ウトレラ(4) 0-1 セウタ(3) クリスト・アトレティコ(4) 0-2 イビサ(2) カセレーニョ(4) 3-0 コルドバ(3) コリア(4) 2-0 フエンラブラダ(3) ▽11/13(日) ヴァラルデ(6) 0-2 セビージャ アルガー(6) 1-6 セルタ カサレガス(6) 1-4 ソシエダ モリェルッサ(6) 1-3 ラージョ・バジェカーノ レアル・ウニオン(3) 3-2 カディス アレンテイロ(4) 2-0 アルメリア アルシラ(4) 0-2 アスレティック・ビルバオ サン・ロケ・デ・レペ(4) 2-3 ヘタフェ キンタナル・デル・レイ(5) 1-2 ジローナ フベントゥド・デ・トレモリノス(4) 2-2(PK:4-2) ウエスカ(2) リェイダ・エスポルティウ(4) 0-1 アラベス(2) アトレティコ・パソ(4) 1-1(PK:3-2) ムルシア(3) ビメノル(5) 0-2 ミランデス(2) ディオセサーノ(4) 1-0 サラゴサ(2) レアルタド(5) 0-2 テネリフェ(2) ラス・ロサス(5) 0-3 エイバル(2) ペーニャ・デポルティバ(4) 1-1(PK:7-8) マラガ(2) アルファロ(4) 0-1 カルタヘナ(2) レクレアティボ(4) 0-0(PK:3-4) ブルゴス(2) ヒムナスティカ・デ・トーレラベガ(4) 2-3 オビエド(2) イビサ・イスラス・ピティウサス(4) 3-1 ラージョ・マハダオンダ(3) マンレサ(4) 1-3 ポンテベドラ(3) アルネド(4) 1-1(PK:4-3) アトレティコ・バレアレス(3) ウニオン・アダルベ(4) 1-2 リナレス(3) エルクレス(4) 2-4 ラ・ヌシア(3) シルボネロ(4) 0-1 インテルシティ(3) テルエル(4) 0-1 ラス・パルマス(2) イェクラーノ(4) 2-3 グラナダ(2) コルソ(4) 2-2(PK:3-4) エルデンセ(3) サン・フアン(4) 0-2 ヌマンシア(3) オウレンセ(4) 1-1(PK:2-4) アルコルコン(3) ウテボ(4) 2-2(PK:3-4) メリダ(3) ※()内は所属カテゴリー 2022.11.14 06:57 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly