C・ロナウドが1ゴール1アシストの輝き! レアル・マドリー、フィオレンティーナに勝利《トロフェオ・サンチャゴ・ベルナベウ》

2017.08.24 12:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽23日に行われたサンチャゴ・ベルナベウで行われたレアル・マドリーvsフィオレンティーナの親善試合は、ホームのレアル・マドリーが2-1で勝利した。

▽レアル・マドリーは、DFセルヒオ・ラモスやFWクリスティアーノ・ロナウド、MFマルコ・アセンシオが先発。MFガレス・ベイルやMFトニクロースルカ・モドリッチ、MFイスコ、MFカゼミロがベンチスタートとなった。

▽「トロフェオ・サンチャゴ・ベルナベウ」と銘打たれた親善試合は、開始4分に動く。バイタルエリア手前でパスを受けたMFジョルダン・ヴェレトゥが左足のミドルシュートをゴール左隅に決め、フィオレンティーナが先制する。

▽リードを許したレアル・マドリーだが、7分にはアセンシオを起点にチャンスメーク。ボックス左のC・ロナウドが中央に低いクロスを送ると、ファーサイドのDFボルハ・マジョラルが押し込み、試合を振り出しに戻した。

▽あっさりと試合をイーブンに戻したレアル・マドリーは33分、公式戦5試合出場停止のC・ロナウドが魅せる。左サイドからドリブルで中に切り込み、右足を振り抜くと、これがゴール右上隅に。レアル・マドリーが逆転した。

▽その後、後半からベイルやクロース、カゼミロ、イスコを途中起用したレアル・マドリーがこの1点リードを守り抜き、フィオレンティーナに勝利。今回で38度目を数える「トロフェオ・サンチャゴ・ベルナベウ」を制した。

レアル・マドリー 2-1 フィオレンティーナ
【レアル・マドリー】
マジョラル(前7)
C・ロナウド(前33)
【フィオレンティーナ】
ヴェレトゥ(前4)

関連ニュース
thumb

アンチェロッティ、ビジャレアルと0-0ドローも悲観せず 「前に進んでいく」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が前向きなコメントを残した。 25日に行われたラ・リーガ第7節でビジャレアルをホームに迎え撃ったレアル・マドリー。公式戦5連勝の流れでこの試合も乗り越えたいところだったが、打開できず、0-0のドローに終わった。 現時点で首位のアンチェロッティ監督は試合後、「今季のベストゲームというわけじゃなかった。ビジャレアルはGKも絡めて、ボールをかなり握ってきたし、苦しめられてしまった」と苦戦を認めた。 また、好守を披露したベルギー代表GKティボー・クルトワについて「彼がいるのは幸運でしかないね。(エデル・)ミリトンや(ダビド・)アラバもよくやった。(結果は)悲しいことでもない。最高の夜というわけじゃないが、前に進んでいく」に賛辞を送った。 そんな試合で注目されたのがウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデの右サイドバック起用。スペイン代表DFダニエル・カルバハルの負傷欠場に伴うものだが、そこもこなせる同代表MFルーカス・バスケスを使わずに今回の選択に至った理由を説明した。 「彼はどこでもプレーできるから気に入った。これからどこが一番かを見極めていく。私にとって、彼は右サイドバックじゃないが、必要なことだったし、(マルコ・)アセンシオをラインの間でプレーさせたかったのだ」 「一対一の形を作ろうと、ボックスにクロスを入れていったが、相手にも高さがある。間を縫うようなプレーも難しかった。後半はそうでもなかったが、相手は前線からのプレスが厳しく、ビルドアップも巧みだったね」 「あのプレス掻い潜れないと、リスクがあった」 2021.09.26 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ビジャレアルとの膠着戦はゴールレスドロー《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは25日、ラ・リーガ第7節でビジャレアルをホームに迎え、0-0で引き分けた。 3日前に行われた前節マジョルカ戦をアセンシオのハットトリックで6-1と圧勝したレアル・マドリー。5勝1分けと好スタートを切った中、バルベルデを右サイドバックに配す[4-3-3]で臨んだ。 1勝4分けのビジャレアルに対し、3トップに右からロドリゴ、ベンゼマ、ヴィニシウスと並べたレアル・マドリーが押し込む展開で立ち上がっていくも、13分にピンチ。 ダンジュマの単騎突破からのカットインシュートで枠を捉えられたが、GKクルトワが好守で凌いだ。 その後はビジャレアルがボールを持った中、静かな展開で推移。38分にダンジュマがボックス内からシュートを浴びせるシーンはあったものの、互いにゴールに迫るシーンはなく0-0でハーフタイムに入った。 迎えた後半、ロドリゴに代えてカマヴィンガを投入したレアル・マドリーが押し込む展開で立ち上がると、50分に決定機。FKからミリトンがダイビングヘッドでゴールに迫ったが、シュートは枠を捉えられなかった。 その後、ビジャレアルにカウンターとセットプレーからゴールに迫られると、前半同様に膠着状態へ。 そこで73分、モドリッチに代えてアザールを、81分にアセンシオに代えてイスコを投入。すると82分、アザールのクロスからイスコが決定的なヘディングシュートを放つも、GKアセンホにセーブされた。 終盤にかけては互いにゴールに迫れず0-0でタイムアップ。手堅い試合運びを見せた両チームの一戦は、勝ち点1を分け合う結果となった。 2021.09.26 05:54 Sun
twitterfacebook
thumb

不調ビジャレアルを警戒するアンチェロッティ監督「クオリティが高く経験豊富」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、ビジャレアル戦への意気込みを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 今夏、6年ぶりのマドリー復帰となったアンチェロッティ監督。ここまでリーグ戦6試合を戦って5勝1分けを記録し、2シーズンぶりの優勝に向けてチームを首位に立たせている。 そんな好調のマドリーは、25日に行われるラ・リーガ第7節でビジャレアルと対戦。ビジャレアルは1勝4分けと本調子ではないものの、アンチェロッティ監督はクオリティが高く、経験豊富なチームであると警戒。同時に、自分たちの課題である守備面を改善したいと語った。 「今回の相手はクオリティが高く、経験豊富で、高いレベルでの試合に慣れているチームだ。彼らはハイレベルなので、この重要な試合にはベストを尽くさなければ勝てないだろう」 「我々としては守備面を改善しなければならない。シーズンのこの段階では、常に何かを向上させる必要があるのだ。前線の質が高いために、私たちは守備面に焦点を当ててきた。守るときは全員が協力し合わなければならない」 「マジョルカ戦ではより積極的なディフェンスを実行したが、残りの試合でもそうしたい。ボールを持っていない局面でも、もっとアグレッシブになる必要がある」 2021.09.25 20:14 Sat
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第7節プレビュー】レアル・マドリーvsビジャレアルの強豪対決! 負傷の久保は今季初欠場…

ミッドウィーク開催となった第6節ではマドリード勢とセビージャが順当に勝利も、バルセロナが昨季の4強で唯一勝ち点を取りこぼす一節となった。 来週にチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)とビッグクラブにとっては過密日程が続く中での開催となる今節は、ラ・リーガ4連勝で首位に立つレアル・マドリーと、前節ようやく今季初白星を手にしたビジャレアルの強豪対決に注目したい。 レアル・マドリーは前節、昇格組マジョルカをホームで迎え撃つと、数人の主力を温存した中で古巣対戦となったFWアセンシオのトリプレーテ、FWベンゼマのドブレーテの活躍などで、6-1の圧勝を飾った。初先発でアンカーを務めたMFカマヴィンガ、今季から本格的にインテリオールでのプレーにチャレンジするアセンシオが好パフォーマンスを見せるなど、実り多き試合となった。 28日にCLシェリフ戦を控える中、今節ではMFモドリッチやMFカゼミロらの先発復帰が見込まれるが、堅守を誇る相手に対しては、それぞれ8ゴール、5ゴールと早くもハイレベルなピチーチ争いを見せるベンゼマとFWヴィニシウスの活躍が求められるところ。また、徐々に状態を上げているMFアザールにも目に見える結果がほしいところだ。 対するビジャレアルはリーグ開幕から4戦連続ドローと勝ち切れない状況が続いていたが、前節のエルチェ戦では今季最多の4ゴールを奪い、待望の初白星を挙げた。ただ、筋肉系の問題で離脱中のエースFWジェラール・モレノ、長期離脱中のFWチュクウェゼに加え、エルチェ戦ではFWジェレミ・ピノが負傷しており、今節の欠場が濃厚だ。したがって、敵地での首位チームとの一戦ではDFパウ・トーレスを中心とする堅守をベースに、カウンターからFWアルカセルやFWダンジュマの決定力に賭けるというような試合展開が想定される。なお、こちらは来週ミッドウィークに昨季EL決勝の再現となるマンチェスター・ユナイテッド戦を控えており、割り切ったターンオーバーの可能性もありそうだ。 レアル・マドリーの取りこぼしを期待しつつ、連勝を狙うアトレティコ・マドリーは開幕5戦全敗の最下位アラベスと敵地で戦う。前節は開幕全敗のヘタフェ相手に大苦戦を強いられたが、相手の退場によって数的優位を得た後半半ば過ぎから猛攻を仕掛けると、FWルイス・スアレスの見事なドブレーテの活躍によって後半アディショナルタイムでの劇的な逆転勝利を収めた。28日に重要なCLミラン戦を控えていることもあり、対戦相手との力量差を考えれば、大幅なターンオーバーも見込まれる。そういった中、FWマテウス・クーニャやMFデ・パウルといった新加入組の活躍に期待したい。 前節、カディスを相手に敵地でゴールレスドローに終わり、公式戦3試合未勝利と泥沼の状況が続くバルセロナ。週明けにCLベンフィカ戦を控える中、近年苦手とするレバンテ相手に4戦ぶりの白星を目指す。カディス戦では後半半ばのMFフレンキー・デ・ヨングの退場が響いたものの、11人の状況でも低調なプレーに終始し、チーム状態は最悪とも言える。ただ、元々の戦力不足に加え、度重なる負傷者の影響でターンオーバーが困難なチームは、DFピケや一部ベテランを除きカディス戦とほぼ同じメンバーで難敵相手の勝利を目指すことになる。なお、解任間近とも伝えられるクーマン監督はカディス戦で退席処分を受けており、レバンテ戦では指揮を執ることができない。 また、自身初のサンティアゴ・ベルナベウでチームが1-6の大敗を喫した上、自身もヒザの負傷によって前半のみの出場に終わったマジョルカのMF久保建英は、中3日でオサスナと対戦する。3戦未勝利という状況もあり、チームの4戦ぶりの勝利に貢献したい久保だったが、離脱期間は1カ月程度と見込まれており、今季初めての欠場となる。 その他のカードでは、前節にいずれも3ゴールを挙げて勝利を収めた3位のレアル・ソシエダ、セビージャの2チームに注目。ソシエダは前節、伏兵エルストンドのドブレーテの活躍でグラナダを振り切って3-2の勝利。公式戦3試合ぶりの白星を挙げた。週明けにELモナコ戦を控える中、ホームできっちりエルチェを叩きたい。 一方、セビージャは公式戦3試合連続ドローと勝ち切れない試合が続いたが、前節は難敵バレンシアを相手にFWラファ・ミルの加入後初ゴールなどで3-1の快勝。ソシエダ同様に週明けにCLヴォルフスブルク戦を控える中、プレー強度が高い昇格組エスパニョールとのタフな試合をモノにしたい。 また、新加入のFWファルカオの2試合連続ゴールの活躍で一気に上位へジャンプアップしたラージョの3連勝が懸かるカディスとの一戦も要注目だ。 《ラ・リーガ第7節》 ▽9/25(土) 《21:00》 アラベス vs アトレティコ・マドリー 《23:15》 バレンシア vs アスレティック・ビルバオ 《25:30》 セビージャ vs エスパニョール 《28:00》 レアル・マドリー vs ビジャレアル ▽9/26(日) 《21:00》 マジョルカ vs オサスナ 《23:15》 バルセロナ vs レバンテ 《25:30》 ラージョ vs カディス レアル・ソシエダ vs エルチェ 《28:00》 ベティス vs ヘタフェ ▽9/27(月) 《28:00》 セルタ vs グラナダ 2021.09.25 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

一瞬で瓦解したスーパーリーグ構想、ロナウド氏は理解を示す「マドリーvsインテルは誰もが見たい」

元ブラジル代表のロナウド氏が、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想に一定の理解を示した。『フットメルカート』がコメントを伝えている。 今年4月、世界中のフットボール界を騒がせたESL構想。レアル・マドリーやユベントスの会長らが主導となり、プレミアリーグの“ビッグ6”やセリエAのインテルやミラン、ラ・リーガからはバルセロナやアトレティコ・マドリーといった、ビッグクラブのみを集めた新たなリーグの設立を目論んでいた。 ところが、選手を含む関係各所、ファンによる大反発を受け、構想発表からわずか2日後にプレミアリーグのクラブが次々と不参加を表明すると、ミラノ勢やアトレティコもそれに続いて辞退を決定。 そして、程なくしてESL構想は立ち消えとなり、実現に至ることはなかった。だが、ロナウド氏は全面的に反対意見というわけではないようだ。選手時代の古巣マドリーの会長で友人でもあるフロレンティーノ・ペレスとの関係性も考慮しての発言かもしれないが、魅力は確かにあったと語った。 「ファンは最高の試合を見たいと思うものだ。私のようなサッカーフリークは、レアル・マドリーがミランやインテル、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンと対戦するところを見てみたいのだ。準々決勝や準決勝を待つことなくね」 「イギリスではスーパーリーグに対して抗議行動が行われたことがあったが、これはきちんとした説明がなされていなかったり、適切に設定されていなかったりしたためだ。このプロジェクトには可能性があると思うし、近い将来にクラブやファンのためにイノベーションが起こるだろう」 そしてサッカー界のレジェンドは「計画を改善し、より良い条件と最高の試合を提供するために、ヨーロッパのチームと責任ある機関との間で、オープンな対話が必要不可欠だ」と呼びかけている。 2021.09.24 16:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly