ECLベスト16が決定! 日本人5選手にアストン・ビラらが参戦

2024.02.23 07:21 Fri
日本人5選手がECLベスト16進出
Getty Images
日本人5選手がECLベスト16進出
ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝トーナメントのプレーオフが23日に終了。この結果、ラウンド16に進出する16チームが決定した。
PR
ECLグループステージ2位通過8チームと、ヨーロッパリーグ(EL)の3位敗退8チームによって争われたプレーオフ。
DF町田浩樹とMF長谷部誠の日本人対決となったフランクフルトとユニオン・サン=ジロワーズの対戦は、町田が2戦共にフル出場したサン=ジロワーズが突破を決めた。

また、MF金子拓郎とDF荻原拓也を擁するディナモ・ザグレブは、2ndレグで金子が値千金の同点ゴールを記録し、難敵レアル・ベティスを破って突破。DF常本佳吾が2戦連続フル出場したセルヴェットもルドゴレツに競り勝ってラウンド16へ駒を進めた。

この8チームに加え、各グループステージを首位で突破したMF本間至恩を擁するクラブ・ブルージュ、リール、アストン・ビラ、フィオレンティーナ、フェネルバフチェら強豪が次ラウンドから参戦となる。
なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は23日にスイスのニヨンで開催され、各グループの首位通過チームとプレーオフ通過チームが対戦する形となるが、今ラウンドでは同一サッカー協会に所属するチーム同士の対戦はない。そして、ラウンド16は2024年3月上旬以降の開催となる。

◆ECLプレーオフ結果
ヘント 1-1(AGG:1-2) マッカビ・ハイファ
ルドゴレツ 0-1(AGG:0-1) セルヴェット
ディナモ・ザグレブ 1-1(AGG:2-1) ベティス
ボデ/グリムト 1-2(AGG:3-4) アヤックス
スロバン・ブラチスラヴァ 0-1(AGG:1-5) シュトゥルム・グラーツ
フランクフルト 1-2(AGG:3-4) サン=ジロワーズ
フェレンツヴァーロシュ 0-1(AGG:0-2) オリンピアコス
レギア・ワルシャワ 0-3(AGG:2-6) モルデ

◆ECLラウンド16進出チーム
▽プレーオフ突破
マッカビ・ハイファ(イスラエル)
セルヴェット(スイス)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
アヤックス(オランダ)
シュトゥルム・グラーツ(オーストリア)
ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー)
オリンピアコス(ギリシャ)
モルデ(ノルウェー)

▽ストレートイン[グループ首位]
リール(フランス)
マッカビ・テルアビブ(イスラエル)
ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
クラブ・ブルージュ(ベルギー)
アストン・ビラ(イングランド)
フィオレンティーナ(イタリア)
PAOK(ギリシャ)
フェネルバフチェ(トルコ)

PR
関連ニュース

エメリ監督がアストン・ビラと2027年まで契約延長!

アストン・ビラは23日、ウナイ・エメリ監督(52)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたエメリ監督は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私たちはビラのファン、クラブのオーナー、経営陣、そして私たちの誇りであるこの素晴らしい選手たちとともに歩む日々を楽しんでいる」 「私と経営陣は、オーナーのビジョンに共感している。ナセフ(・サウィリス)とウェス(・エデンス)はとても協力的で尊敬しているし、このフットボールクラブを発展させるための良い環境と適切な体制が整っている」 「私たちは、これまでに築き上げてきた勤勉な精神、賢明な決断、オーナーとの協調性を維持しなければならない。我々はより良くなるために努力する。そしてお互いに要求し合う。向上心は常にこのプロジェクトのモットーであり、またそうでなければならない」 これまでセビージャやパリ・サンジェルマン、アーセナルなどで監督を歴任したエメリ監督は、2022年10月に解任されたスティーブン・ジェラード前監督の後任としてビラの指揮官に就任。当時16位と低迷していたチームを7位まで押し上げ、ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)出場権の獲得に導いた。 昨夏の移籍市場でDFパウ・トーレスやMFユーリ・ティーレマンス、FWムサ・ディアビらを獲得。リーグ戦とヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の二足の草鞋となった今季は、ここまでプレミアリーグでチャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位に位置し、ECLでは準決勝進出を決めている。 2024.04.23 23:40 Tue

ボーンマスに逆転勝利の4位アストン・ビラがリーグ戦3試合無敗!【プレミアリーグ】

アストン・ビラは21日、プレミアリーグ第34節でボーンマスと対戦し3-1で勝利した。 3日前に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準々決勝2ndレグのリール戦をPK戦の末に勝利しベスト4進出を決めた4位ビラ(勝ち点63)は、その試合から先発を2人変更。ECLで負傷したザニオーロと出場停止のドウグラス・ルイスに代えてベイリーとロジャーズを先発で起用した。 リーグ戦2試合勝利のない13位ボーンマス(勝ち点42)に対し、立ち上がりから攻勢を続けるビラはアタッキングサードまでボールを運ぶが、フィニッシュの場面での連係ミスが目立ち、なかなか決定機を作り出すことができない。 徐々にボーンマスにペースが傾く中、ビラは28分にピンチを迎える。クライファートのパスでボックス左に侵入したケルケズをDFルッソがやや軽率なスライディングタックルで倒してしまい、痛恨のPK献上。このPKをソランケにゴール左に決められた。 ハーフタイムにかけては拮抗した展開が続き、このまま前半終了かと思われたが、ビラは前半終了間際に試合を振り出しに戻す。追加タイム1分、自陣でのボール奪取からドリブルで持ち上がったベイリーが絶妙なパスで左サイドへ展開。これを受けたロジャーズはそのままボックス左深くまで切り込むと、守備に戻ったDFスミスを冷静にかわし、ニアサイドへシュートを突き刺した。 1-1で迎えた後半、再びスコアを動かしたのはビラだった。57分、ロジャーズのスルーパスをバイタルエリア左で収めたワトキンスがGKとDFの間に完璧なラストパスを供給。最後はゴール右手前に走り込んだディアビがワンタッチシュートをゴール右隅に流し込んだ。 逆転に成功したビラは78分にも、ディアビのパスからゴール前に侵入したワトキンスが飛び出したGKを引きつけて、ゴールエリア左横から中に折り返すと、これを逆サイドから走り込んだベイリーがゴールに流し込み、3点目を奪った。 リードを2点に広げたビラは83分、セメンヨのミドルシュートをGKマルティネスが弾くと、こぼれ球をウナルに押し込まれたが、これはオフサイドの判定に救われた。 結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。逆転勝利したビラが、2試合未消化の5位トッテナムとの勝ち点差を6ptに広げている。 2024.04.22 01:10 Mon

浜野まいか初ゴールの一戦で、GKがPA外横っ飛びセーブし開始4分で一発退場…「正しい行動だったかどうか」「どうしてそこまで…」

試合に大きく影響を与えたプレーが議論の的となっている。 17日に行われたFA女子スーパーリーグ(FAWSL)第19節のチェルシーvsアストン・ビラで、アストン・ビラのニュージーランド女子代表GKアナ・リートがキックオフからわずか4分で一発退場となった。 アストン・ビラは最終ラインを高くしてのビルドアップをセンターサークル内でカットされ、シェーケ・ニュスケンのシュートを浴びると、GKリートがボックス外で手を使ってのセービング。これが得点機会の阻止と判断され、リートにはレッドカードが提示された。 シュートが抜ければ間違いなくゴール。結果として開始早々での失点を防ぐことはできたが、失点は取り戻せるが退場は取り戻せないなど、85分以上の数的不利をチームに強いたこのプレーは議論を呼ぶこととなった。 「何と言っていいのか…」、「どうしてそこまで上がっていたんだ」、「ゴールを防いだが、それが正しい行動だったかどうかについて議論することができた」、「素敵なセーブでした。残念ながら、ペナルティエリアのはるか外にいたが」 優勝争い中のチェルシーにとっては願ってもない好機となり、浜野まいかの加入後初ゴール含む3点を奪って勝利に。長谷川唯所属の2位マンチェスター・シティと勝ち点「46」で並ぶ中、得失点差で「2」上回ることとなり、シーズンの結果いかんでは再び議論の種となりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】横っ飛びで見事な好セーブ!ただしPA外のため一発退場に…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Aston Villa’s goalkeeper Anna Leat sees a straight red card after diving outside the box four minutes into the match <br><br>Tune in NOW to <a href="https://twitter.com/paramountplus?ref_src=twsrc%5Etfw">@paramountplus</a> for all the action<a href="https://t.co/HMnHS1o4vU">pic.twitter.com/HMnHS1o4vU</a></p>&mdash; Attacking Third (@AttackingThird) <a href="https://twitter.com/AttackingThird/status/1780659914639126980?ref_src=twsrc%5Etfw">April 17, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.19 18:45 Fri

強靭すぎるメンタル...GKマルティネスが“敵国”フランスでPK戦2本セーブ、挑発とダンスも健在「これは僕の運命」

アストン・ビラのアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、“敵国”フランスで再び強靭なメンタルを披露した。 アストン・ビラは18日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準々決勝2ndレグでリールとのアウェイゲームに臨み、1-2で敗戦。この結果、2戦合計3-3で延長戦、さらにはPK戦へと進み、最終的にはPK戦を制してベスト4進出を決めた。 勝利の立役者は守護神マルティネス。敵地フランスはPK戦のコートも相手サポーターが集結する側となるも、リールのキック2本をストップすることに。 言うまでもなく、マルティネスはフランス国民にとって憎き存在。 22年カタールW杯決勝にて、アルゼンチン代表守護神としてフランス代表と対峙したマルティネスは、この時もPK戦でフランスのキック2本をストップしただけでなく、優勝セレモニーなどで披露した行為諸々がフランスに対する侮辱とも捉えられかねないものとなり、批判を浴びることに。ただ、本人は謝罪の意を見せつつも、“王者”としての余裕も垣間見せた。 今回の一戦、120分間で両軍選手に計10枚、リールのパウロ・フォンセカ監督とビラのウナイ・エメリ監督にそれぞれ1枚ずつ、計12枚のイエローカードが提示されるなど、やや荒れ気味に推移。 前半に遅延行為で1枚頂戴していたマルティネスは、PK戦でリールのキックをストップするたびに、背中からブーイングを浴びせるサポーターを向いて挑発的ポーズを取り、恒例の“ダンス”も。遂にこの日2枚目のイエローカードをもらってしまう。 ただ、これで退場とはならず。規則として試合中(〜延長120分間)のイエローカードはPK戦に持ち越されない、とされているのだ。 ヒーロー・マルティネスは試合後、イギリス『TNT Sport』のインタビューで「僕はキャリアを通じて地獄を味わった経験がある。だが同時に努力家で、今日のPK戦は僕の運命とも言えるんだ。監督は昨日のCLレアル・マドリーを観て、僕に『PK戦もあり得る』と言った…この戦い(PK戦)は僕が主役になる運命だ」と、PK戦に対する絶対の自信を語る。 同時に、イエロー2枚については「ルールがよくわからない(笑)」と笑いつつ、1枚目の警告を「主審が何をしたかったのかよくわからない。ボールボーイにボールを求めていたらカードが出た」と不満げ。PK戦での2枚目に肝を冷やしたことについては素直に認めた。 もはや“敵国”といってもよいフランス勢を相手に、またもPK戦で輝き、そしてあの時と同じように相手陣営を挑発したマルティネス。20代後半までアーセナルのベンチにいるか、レンタル移籍でたらい回しにされまくっていた31歳は、その反骨心から鋼のメンタルを培ったのだろうか。 2024.04.19 10:50 Fri

3試合が延長&PK戦突入の激戦…アストン・ビラや本間至恩のC・ブルージュがベスト4進出【ECL】

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準々決勝の2ndレグが18日に行われた。 今ラウンド屈指の好カードとなったリールvsアストン・ビラは、2戦合計3-3で並んだ中、PK戦を3-4で制したアストン・ビラが準決勝進出を決めた。 アストン・ビラが1stレグを2-1で制していた中、この2ndレグではホームのリールが圧倒。前半の15分に左サイドのスペースへ抜け出したグズムンドソンからの折り返しをゴール前のヤズジュが左足ワンタッチで合わせて先制に成功する。 これで2戦合計スコアでイーブンになると、後半に入っても攻勢を継続するホームチームが、67分に左CKからハラルドソンのクロスをキャプテンのアンドレが頭で合わせたボールがクロスバーの内側を掠めてゴールネットを揺らした。 以降もリールが危なげなく時計を進めたが、アストン・ビラが相手のミスを突いて土壇場で追いつく。87分、ハイボールに対して味方と交錯したGKシュヴァリエがファンブルしたボールをキャッシュが冷静にゴールネットへ流し込んだ。 その後、一進一退の延長戦では決着が付かず、準決勝進出の行方はPK戦に委ねられると、互いに1人ずつ失敗した中で迎えた5人目で先攻のアストン・ビラのドウグラス・ルイスが決めたのに対して、後攻リヨンのアンドレのシュートはGKマルティネスが見事にストップ。この結果、激闘を制したアストン・ビラの4強入りが決定した。 昨季準優勝のフィオレンティーナはビクトリア・プルゼニと対戦し、2試合共に90分間ではゴールレスに終わったが、延長戦を2-0で制して準決勝進出を決めた。 ホームで立ち上がりから攻勢を仕掛けたものの、クアメらが再三の決定機を仕留め切れずにゴールレスで試合を折り返す。後半半ばにはカジュが一発退場となり数的優位を得たが、専守防衛のチェコの強豪の堅守に手を焼いた。 それでも、延長戦に入った直後のセットプレーの流れからゴール前の混戦でニコラス・ゴンサレスが利き足とは逆の右足の強烈なシュートでゴールをこじ開けると、延長後半にもカウンターからキャプテンのビラーギがダメ押しのゴールを記録。苦しみながらも2シーズン連続でのベスト4進出を決めた。 MF本間至恩を擁するクラブ・ブルージュはPAOKと対戦し、敵地で0-2の勝利。この結果、2戦合計0-3でべスト4進出を決めた。なお、本間はベンチ入りも出場機会はなかった。 ホームでの1stレグを1-0で先勝したクラブ・ブルージュは、敵地でのリターンレグでも試合の主導権を掌握。前半の33分と45分にジュグラが続けてゴールネットを揺らした。後半は相手に押し返されてなかなか決定機を作れなかったが、きっちりクリーンシートでリードを守り抜いた。 フェネルバフチェとオリンピアコスのUEFA主催大会常連対決は、2戦合計3-3で並んだ中、PK戦を2-3で制したオリンピアコスが準決勝進出を決めた。 オリンピアコスがホームでの1stレグを3-2で先勝した中、フェネルバフチェホームの2ndレグではホームチームが前半序盤にイルファンの2試合連続ゴールで早々に先制した。 これで2戦合計スコアでイーブンとなった試合はホームチームが主導権を握ったものの、なかなか決定機まで持ち込むことができず。後半と延長戦ではオリンピアコスが押し返したが、こちらも決め手を欠いた。 そして、延長戦終了間際にはノトイの退場でオリンピアコスが数的不利を背負ったものの、準決勝への切符はPK戦に委ねられることになった。 そのPK戦ではカタールW杯の日本代表戦でクロアチア代表の守護神として圧巻のパフォーマンスを見せたフェネルバフチェGKリヴァコビッチが2本のPKをストップする活躍を見せたが、オリンピアコスの守護神ツォラキスがそれを上回る3本のPKストップ。この結果、名門対決を制したオリンピアコスが準決勝進出を決めた。 ◆ECL準々決勝2ndレグ結果 リール 2-1(AGG:3-3[PK3-4]) アストン・ビラ フィオレンティーナ 2-0(AGG:2-0) ビクトリア・プルゼニ PAOK 0-2(AGG:0-3) クラブ・ブルージュ フェネルバフチェ 1-0(AGG:3-3[PK2-3]) オリンピアコス ◆ECL準決勝対戦カード アストン・ビラ vs オリンピアコス フィオレンティーナ vs クラブ・ブルージュ 2024.04.19 06:58 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly