町田浩樹 Koki MACHIDA

ポジション DF
国籍 日本
生年月日 1997年08月25日(26歳)
利き足
身長 190cm
体重 80kg
ニュース クラブ
ニュース一覧

「有力候補」セリエA行きは拒否した町田浩樹、トッテナム行き噂の中イギリスメディアは良い候補だと評価

今夏のステップアップが噂されているロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの日本代表DF町田浩樹(26)だが、行き先候補の1つであるイングランドでも評判は良いようだ。イギリス『TBR Football』が伝えた。 鹿島アントラーズの下部組織で育った町田はそのままトップチーム昇格。2022年1月にサン=ジロワーズにレンタル移籍で加入する。 当時のチームには日本代表MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)が所属。三笘は半年後にブライトンへと戻ったが、町田はサン=ジロワーズの一員としてプレー。2023年夏には完全移籍に切り替わっていた。 今シーズンの町田はジュピラー・プロ・リーグで23試合に出場。優勝を争うプレーオフでは7試合に出場し1ゴール1アシストを記録している。 今シーズンはヨーロッパリーグ(EL)、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でもプレーし、多くの経験を積むことに。また、クロッキー・カップでは決勝戦で110年ぶりの優勝に導く決勝ゴールを記録していた。 26歳という年齢、そして190cmという長身が魅力で、センターバックだけでなく左サイドバックでもプレーが可能という町田。多くのクラブが関心を寄せる中、トッテナムも関心を持っているとされている。 アンジェ・ポステコグルー監督はセルティック時代にも町田に関心を持っていたが、その後も追い続けている模様。左利きという点もあり、関心を強く持ち続けている。 『TBR Football』も1300万ポンド(約25億6500万円)の移籍金で獲得できる町田に関しては、良い補強になるとし、「26歳の彼は全盛期を迎えており、その才能、姿勢、フィジカルは有力候補」と評価している。 年齢、値段、そして能力の点で考えても良い補強と見られている状況。また、ポステコグルー監督が原石を磨いてスターにするという手腕を持っていることにも期待が寄せられているようだ。 町田は自身の将来についてベルギー『Walfoot』でコメントしており、セリエA行きは全く考えていないことを明かしていた。 「セリエAは世界最高のリーグの1つです。でも、日本人選手はほとんどプレーしていません。かつては本田圭佑、今は鎌田代違います。日本人にとって、あまり上手くいかない場所です」 「イタリアのクラブも僕に興味を持っていることはわかっていますけど、選ぶとしたら、日本人が成功しているブンデスリーガを選びたいと思います。なぜ、セリエAが僕たち(日本人)に合わないのかわかりません。戦術的すぎるのか、守備的すぎるのかもしれません」 かつては三浦知良がジェノアでプレーし、中田英寿がペルージャでヨーロッパでのキャリアを始め、名波浩や中村俊輔らもプレーした。これまで数人の選手がプレーしたが、その中でも成功したと言えるのは、ローマでスクデットを経験した中田、インテルでレギュラーとしてタイトルも獲得した長友佑都、アーセナルへのステップアップを果たすきっかけとなった冨安健洋ぐらいだろうか。本田や吉田麻也などは出番こそあれど、良い結果を残したとは言い難い。 ドイツからもオファーがあると見られる町田。本人の希望はありそうだが、プレミアリーグでプレーする冨安や三笘、遠藤航(リバプール)、橋岡大樹(ルートン・タウン)の存在もあるだけに、どんな選択をするのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】110年ぶり優勝をもたらせた町田浩樹の劇的決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XH3oxCrPplI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.17 12:30 Fri

プレミア移籍噂の町田浩樹が公式戦2戦連発! 優勝に望み繋ぐ同点弾

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの日本代表DF町田浩樹が再びゴールを記録した。 13日、ジュピラー・プロ・リーグのプレーオフ1でサン=ジロワーズはクラブ・ブルージュとアウェイで対戦した。 町田はクロッキーカップ決勝で殊勲の決勝ゴールを記録。チームに110年ぶりのタイトルをもたらすことに成功していた。 その町田は2-1と1点ビハインドで迎えた84分、左CKからのクロスに対してボックス中央でヘッド。相手に競り勝ったシュートはゴール左に決まり、チームは同点に追いつくことに成功した。 カップ戦決勝に続いて2試合連続の公式戦ゴール。試合は2-2のドローに終わり、優勝の可能性を残している。 <span class="paragraph-title">【動画】町田浩樹が競り合いで勝ち切り、貴重な同点ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z2C0VXns_cY";var video_start = 407;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.14 22:30 Tue

町田浩樹に関心のノッティンガム・フォレスト、左利きCBムリージョの売却を想定か

ノッティンガム・フォレストはブラジル人DFムリージョ(21)の売却を想定か。イギリス『フットボール・インサイダー』が伝えている。 ムリージョは昨夏コリンチャンスから移籍金1100万ポンド(約21億5000万円)で加入の左利きセンターバック。初の欧州、いきなりのプレミアリーグでも逞しく奮闘し、デビューからリーグ戦31試合連続で先発出場中だ。 そんななか、1年でのステップアップも噂されており、リバプールやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)から一定の関心があるとされる。 財務規則違反(PSR)で勝ち点剥奪処分を科されたフォレストは、帳尻合わせで今夏主力選手の売却が必須との見立てが強く、そうでなければ来季も勝ち点剥奪を繰り返す恐れが。 このため、人気銘柄となっているムリージョについては、売却可否はともかく、少なくとも届いたオファーに対してひとつひとつ耳を傾ける方針とのことだ。 フォレストはベルギー1部ユニオン・サン=ジロワーズに所属する、ムリージョと同じく左利きセンターバックの日本代表DF町田浩樹(26)に対する関心が報じられている。 2024.05.13 21:10 Mon

サン=ジロワーズ町田浩樹がベルギーカップ決勝で決勝ゴール! 110年ぶりの優勝に導く

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズが今季のクロッキーカップを制した。 サン=ジロワーズは9日にベルギーの首都ブリュッセルにて行われた決勝でアントワープと対戦。今季の公式戦42試合に出場して、主力と化す町田浩樹はこの試合もセンターバックとしてフル出場した。 試合は互いに譲らずの攻防戦が続くなか、0-0のままハーフタイム目前に。3バックの一角として守りで貢献する町田だが、均衡を破るだけでなく、タイトルに大きなゴールを決める。 45+1分にサン=ジロワーズが右CKのチャンスを獲得すると、ニアのグスタフ・ニルソンが頭でそらしたボールを中央に詰める町田が左足で押し込み、今季2ゴール目を記録した。 前半のうちに試合を動かしたサン=ジロワーズはこの町田の値千金弾で1-0の勝利を掴み、通算3度目のベルギーカップ優勝。実に1913-14シーズン以来、110年ぶりとなる。 今夏のプレミアリーグ挑戦が取り沙汰されるなか、チームを歓喜に導き、ベルギーで初タイトルの町田。このままステップアップとなれば、サン=ジロワーズでのキャリアも最高の締めくくりとなりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】町田浩樹がタイトル決定の決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XH3oxCrPplI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.10 11:20 Fri

北朝鮮に苦しみながらもアジアカップから一歩前進、躊躇しなかった5バック采配に選手たちも呼応【日本代表コラム】

21日、日本代表は国立競技場で2026北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選第3節で、北朝鮮代表をホームに迎えた。 2月になでしこジャパンが戦ったパリ・オリンピック アジア最終予選と同様、この日も3000人近い北朝鮮の同胞たちがスタンドを埋め、バルーンスティックを使った統率の取れた応援で声援を送った。 そんな中、彼らの目の前で開始2分に日本が先制。左サイドから崩すと、堂安律のアシストから田中碧が見事にシュートを決め切った。ただ、これが唯一生まれたゴールとなった。 「前半開始早々に得点を上げられたことがまずは試合を勝ち切る上では非常に大きかったと思います」 こう語ったのは森保一監督。難しい試合になることが予想された中、開始2分でスコアを動かしたことは大きい。 アジアカップでは立ち上がりの悪さが目立ち、相手の圧力に屈する場面もあったが、その時間すら与えない中でのゴール。「選手たちが入りの部分から自分たちが積極的に戦っていこうという思いを持って、相手のゴールに向かってというプレーの選択がゴールに繋がったと思います」と、選手たちのパフォーマンスを称えた。 まさに出鼻を挫いた日本は、その後も主導権を握り続ける。ロングボールを跳ね返し、左右のサイドから攻撃を仕掛けていく。ボールをあまり長く保持せず、スピード感のあるパス交換でプレスをあまりかけさせないようにした。 空中戦ではなかなか勝てなかったが、地上戦では日本に分が。堂安が何度となくゴールに迫ったが、追加点を挙げることができなかったことは課題だろう。本人も「自分が決めていれば後半はもっと楽な展開になった」と反省した。 攻撃面ではアジアカップから満足いく結果は出せているとは言えない。チャンスこそ作るも決定力に欠け、どこか攻め急ぐ感じもありミスも目立った。田中は「蹴らなくていい部分も蹴ったりとか、少し距離が遠くなって繋げなかったりとかもあった」と、反省を口に。まだまだ精度を上げる必要があることは明白だった。 ポイントは後半の頭にあった。リードを許していた北朝鮮はギアを上げて後半立ち上がりからよりタフに戦うことに。47分には結果としてファウルとなったが、ポストを強襲したシュートの後にネットも揺らした。ファウルがなければ、同点ゴールという状況であり、そこまで持ち込ませてしまったことは反省が必要だろう。 後半の序盤は完全に北朝鮮ペース。「圧力を受けていた時間帯はあった」と森保監督も認め、アジアカップのことが蘇った人は少なくなかったはずだ。ポイントはそこで手を打てたことだと思う。 日本は守田英正(スポルティングCP)を下げて遠藤航(リバプール)を投入。中盤にフレッシュさをもたらせ、システムも[4-2-3-1]から[4-3-3]に変更。田中が高い位置を取れるようになり、前にボールを運べるようになった。 それでも、ミスが目立ち、北朝鮮が押し込む展開は変わらず。相手のプレー精度にも助けられ、決定的なピンチはなかったが、徐々にセットプレーも増えていき、いつ追いつかれてもおかしくない状況でもあった。 すると73分に森保監督は大きく動くことを決断。堂安を下げて谷口彰悟(アル・ラーヤン)を投入してシステムを5バックに変更し、橋岡大樹(ルートン・タウン)、浅野拓磨(ボーフム)を入れて右サイドを活性化させた。後ろの枚数を増やしつつ、左の前田大然(セルティック)、右の浅野とスピードを武器にする両翼でカウンターを仕掛けていくことにした。 森保監督は「守備を安定させて、その上でカウンター攻撃を仕掛ける、相手が出てきているところにスピードのある浅野を投入することによって、耐えながらも攻撃を仕掛けていくという狙いを持って投入しました」と選手起用を説明。前田のスピードに手を焼いていた中、逆サイドにもスピードをもたらせることで流れを掴みに行った。 徐々に押し戻すことができた日本だったが、後半も決定力は欠いてしまった。北朝鮮の粘り強い守備、GKの好セーブと理由は様々だが、よりチャンスが作れないレベルが上の国との対戦も考えれば、フィニッシュワークの精度は上げなければいけない。 ただ、相手に合わせて躊躇せず、わかりやすい采配を決断したことで、ピッチ上の選手たちはハッキリしたはずだ。町田浩樹(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)は「5枚になるとチャレンジ&カバーがしやすくなる」とコメント。板倉滉(ボルシアMG)も「後ろ3人が思い切っていけるポジショニングを取れたのが良かった。5バックにしたことでもう一度前からプレスに行こうという意図も感じられた」と、監督の意図を汲めていたと振り返った。特に守備面では約束事があることは重要であり、チームも安定感が増していった。 森保監督は「今日の試合は簡単な試合ではなかったですし、押し込まれて失点してもおかしくないようなシーンを何度も作られながらも、粘り強く守り、無失点で終われたということは、彩艶含めてチームの自信になったと思います」とコメント。アジアカップでは悔しい試合が続いたGK鈴木彩艶(シント=トロイデン)もクリーンシートを達成。チームとして、押し切られなかったことは大きな自信となることは間違いない。課題はありながらも、一歩前進できたと言えるだろう。 続いては26日に一度も勝ったことがないアウェイ平壌での試合に息巻くところだったが、試合中に突然の中止が決定。開催されるのかどうか、どこで開催されるのかなど、突如として不透明に。日本代表は22日に中国経由で移動する予定だったがキャンセルし、国内で調整を続けることが決定。果たして第2戦があるのかどうか。選手たちには回復とコンディション維持に努めてもらいたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 <span class="paragraph-title">【動画】日本代表が電光石火の先制劇! 北朝鮮相手に勝利し3連勝</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="KSPqzhJr4Xc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.22 12:55 Fri

DF陣が振り返る北朝鮮との90分間「5バックだと…」「内容より結果」「呑まれずに最後までいけた」

森保一監督率いる日本代表は21日、2026北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選グループ第3節で北朝鮮代表と対戦。ホーム国立競技場で1-0と勝利し、グループ3連勝とした。 この日、日本代表は馴染み深い[4-2-3-1]でスタート。センターバックはゲーム主将のDF板倉滉(ボルシアMG)を右に、左利きのDF町田浩樹(ユニオンSG)を左に配置。右サイドバックはDF菅原由勢(AZ)、左サイドバックは伊藤洋輝(シュツットガルト)、そしてGK鈴木彩艶(シント=トロイデン)という守備者たちだ。 試合結果はご存知の通り、日本代表が1-0で勝利。追加点を最後まで奪えなかった一方、迫力ある北朝鮮代表の攻撃を封じ込め、最後はDF谷口彰悟(アル・ラーヤン)の投入で5バックに移行…エンタメ性溢れるゲームだったとは言えないが、これがW杯予選だ。 DF冨安健洋(アーセナル)不在下、最終ラインの統率を委ねられた板倉は「局面局面でのバトルが大事なポイントでした」と、大柄でなくともフィジカルコンタクトを厭わない北朝鮮選手たちを、“局面局面”で封じ込めていくことが大きなテーマだったと明かす。ミッションは概ね完遂だ。 町田は5バック(伊藤・町田・谷口・板倉・橋岡)移行後の戦いを回想し、「5枚になるとチャレンジ&カバーがしやすくなります。例えばクリアが小さくなってしまったとしても、周辺で拾いやすくなるし、セカンドボールも回収しやすい」とコメント。やはり[5-4-1]は今後も併用していきそうだ。 「5枚だと『後ろが重くなる』と言われがちですが、その状況は相手も前に人数をかけてくる。頭数を合わせるだけと捉えれば、後ろが重くなっても問題ないと思っています」 「そのぶん、大然(前田)や拓磨くん(浅野)のスピードを活かせるシーンがありましたし、そこで2点目を取れれば、より良い結果でしたね」 一方、アジア杯で消化不良のスタメン落ちを経験した右サイドバック菅原。今回の一戦については「コンディション面で今の自分が発揮できる100%を出そうとトライしました。攻撃参加も多かったなか、クロスの質がもっと高ければ、チームに優位性を与えられたと思います。しっかり見直したいです」と反省。 「でもやっぱり、こうやって色んなところから皆が集まって、練り上げる時間が少ないなか、話し合って取り組みを発揮できたし、とにかく結果を掴めた…そこを第一に考えたいですね」 GK鈴木も「内容より結果」とし、「チームとして最低限達成すべきこと、細かい修正は多いですが、僕個人もGKとして最低限の貢献ができました」とゼロ封に一定の充実感。キックミス等あった鈴木だが、表情は90分間通して常に冷静だった。 「(後半の)北朝鮮の勢いは想定内でしたが、シュートを打たせた数が多かったかなと。それでも締めるべきところを締めれましたし、前からプレッシングをかけられた時も、うまくロングボールを出すことで、相手の思う壺にはなりませんでした。“呑まれず”に最後までいけたと思います」 日本代表はこれで2次予選3連勝。26日に敵地平壌で開催予定だった第4節リターンマッチがどうなるか…我々メディアもJFAも理解が追いつかない状況となっているが、ひとまずは勝ち点「3」を積み上げた選手たち、コーチ陣に拍手を。 2024.03.22 07:00 Fri

迫力ある北朝鮮の攻撃をゼロ封…腕章巻いてフル出場のDF板倉滉「局面局面のバトルが大事なポイントでした」

森保一監督率いる日本代表は21日、2026北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選グループ第3節で北朝鮮代表と対戦。ホーム国立競技場で1-0と勝利し、グループ3連勝とした。 MF遠藤航の代わりにゲーム主将としてフル出場したDF板倉滉(ボルシアMG)は「目に見えた結果が必要なゲームだったので、勝ててよかったです」としつつ、90分間の守備対応を振り返る。 ロングボール対応で大きな課題を残したアジアカップ2023準々決勝・イラン代表戦(1●2)の反省からか、今回の北朝鮮戦では特に前半はほぼ完璧にロングボールを封じ込めた日本。 板倉は「局面局面でのバトルがこの試合の大事なポイントでした。北朝鮮も死に物狂いで日本を倒しにくることを理解していましたし、90分間を通して振り返ると難しい一戦でしたが、“1-0”で終われたことはよかったですね」とした。 「相手の勢いは感じてましたし、アグレッシブにきていたなと。次第に球際でこぼれて相手ボールになる場面も多くなったんですけど、こっちは落ち着いて対応できました。特に試合終盤はポジショニングを修正し、やりやすさも出ました」 日本は後半途中にDF谷口彰悟を投入してシステム変更。最終ラインを左からDF伊藤洋輝、DF町田浩樹、谷口、板倉、DF橋岡大樹の5バックとし、最後まで北朝鮮にネットを揺らさせなかった。 「こういう一戦は本当に難しい。早い時間に1点を取れて、なかなか2点目が入らない…当事者としても『危ないな』と思う展開ですし、でもそんななかでゼロに抑えられたことをポジティブに捉えたいです」 2024.03.21 23:04 Thu

選手採点&寸評:日本代表 1-0 北朝鮮代表【2026W杯アジア2次予選】

日本代表が21日に国立競技場で北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の北朝鮮代表戦に臨み、1-0で勝利した。超WSの選手採点と寸評は以下のとおり。 ▽日本代表採点[4-2-3-1] ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 23.鈴木彩艶 5.5 いくつかの場面でキックの乱れが気になったが、56分のセーブシーンやハイボールはしっかりと処理。 DF 2.菅原由勢 5.5 前半にヒジ打ちが顔面にヒットしたが、フル出場。攻撃参加のシーンもあったが、クロスの精度がいまひとつ。 (14.橋岡大樹 -) 4.板倉滉 5.5 キャプテンマークを巻いて出場。攻め込まれた後半序盤にヒヤリとするシーンもあったが、最後まで崩れず。 15.町田浩樹 5.5 相手のカウンター時やカバーリングで良い対応も。セットプレーから高さを生かしてゴールにも迫る。 21.伊藤洋輝 5.0 前の選手を使いながら攻撃に絡む姿勢もあったが、出し手としてやや消極的な判断も。 MF 5.守田英正 6.0 バランサーとしての役回りに重きを置きつつ、チャンスと見るや縦パスやシュートで見せ場。 (6.遠藤航 6.0) 中盤にどっしりと構えて攻守をコントロール。しっかりと試合を締めた。 17.田中碧 6.5 アジアカップ落選後の代表復帰戦で開始2分に先制ゴール。中盤を流動的に駆け回り、守りにも労を惜しまず。 10.堂安律 6.0 先制アシストで幸先の良い入りをし、周りを使うプレーも良かったが、幾度かのシュートチャンスでゴールならず。 (3.谷口彰悟 -) 8.南野拓実 6.0 ゴールに迫っていく形は限られたが、エネルギッシュに動き回り、潤滑油に。トランジションにも鋭さがあった。 (18.浅野拓磨 -) 11.前田大然 6.5 守備も攻撃も常に前向きで、所々で上手さも。終始ハツラツとしたプレーぶりで存在感を大きくした。 FW 11.上田綺世 6.0 ヒールでの繋ぎで先制点の起点になるなど、ポストプレーヤーとしてきらりと光る存在に。80分にようやく大きな得点チャンスも…。 (19.小川航基 -) 監督 森保一 5.5 失意のアジアカップから再出発図る一戦を勝利。守りでは無失点だったが、攻撃は開始2分の1ゴール止まりと消化不良も拭えず。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! MF田中碧(日本) アジアカップメンバー落選は悔しかっただろうが、ここぞというタイミングの攻撃参加で電光石火の一発。その後の攻撃でも守備でも堂々とプレーした。 日本代表 1-0 北朝鮮代表 【日本】 田中碧(前2) <span class="paragraph-title">【動画】田中碧が先制ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">FIFAワールドカップ26 アジア2次予選<br>『日本×北朝鮮』<br><br>/<br>前半2分<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A0%82%E5%AE%89%E5%BE%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#堂安律</a> の折り返しを <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%A2%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#田中碧</a> が決める!<br>日本先制!!<br>\<br><br>地上波 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E3%83%86%E3%83%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日テレ</a> &TVerで放送中<br><a href="https://t.co/uKX4aLDE4C">https://t.co/uKX4aLDE4C</a><a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a><a href="https://twitter.com/jfa_samuraiblue?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_samuraiblue</a><a href="https://twitter.com/JFA?ref_src=twsrc%5Etfw">@JFA</a> <a href="https://t.co/iIiQA91xQX">pic.twitter.com/iIiQA91xQX</a></p>&mdash; 日テレサッカー (@ntv_football) <a href="https://twitter.com/ntv_football/status/1770760424071266604?ref_src=twsrc%5Etfw">March 21, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.21 22:10 Thu

日本が北朝鮮に勝利で“第1戦”制す! 開始2分の田中碧弾守り抜き1-0【2026W杯アジア2次予選】

日本代表は21日、2026北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選グループ第3節で北朝鮮代表と対戦。ホーム国立競技場で1-0と勝利し、グループ3連勝とした。 第1節ではホームでミャンマー代表に5-0、第2節もアウェイ(中立地開催)でシリア代表に5-0と連勝スタートしていた森保一監督率いるサムライブルー。課題を残したアジアカップを挟み、今回の一戦からW杯予選が再開だ。 国立に迎え撃つは、FC岐阜のMF文仁柱も招集された北朝鮮代表。26日に日本代表13年ぶりの北朝鮮遠征・敵地平壌でのリターンマッチ(第4節)も控えるなか、まずは勝ち点3を手に入れた。 先発11人はGK鈴木彩艶、4バックに左からDF伊藤洋輝、DF町田浩樹、DF板倉滉、DF菅原由勢、中盤はMF守田英正とMF田中碧、2列目は左からFW前田大然、MF南野拓実、MF堂安律、最前線にFW上田綺世…お馴染みの[4-2-3-1]で臨む。 開始早々にいきなり日本が先制。2分、左サイドから上がったクロスをボックス右で堂安がシュート。ブロックされたところを自ら折り返し、最後は田中が詰めてネット右上へ突き刺した。 アジア杯落選の田中がさっそく結果を残した日本。北朝鮮ボールでのリスタート直後にも鋭い守備からボールを奪い、持ち運んだ前田が左足シュート…ここは僅かにゴール右へ外れる。 13分には、守田の機を見た縦パスを前田が経由させ、ボックス手前から堂安が左足ボレー。うまくミートさせたが、北朝鮮のGKカン・ジュヒョクに間一髪でCKに逃げられる。 続く18分、菅原の右CKにニア寄りへ飛び込んだ町田がヘディングで合わせるも、惜しくもゴール右。今度は21分、ゴールまで約35mの距離から得たFK…菅原が直接枠を狙うもゴール右。 押し気味に進めながらもやや停滞感が生じ始めた37分、ハーフスペースで受けた上田がターンからドリブルを開始。追加点にはつながらずも、フィジカルの強さを見せつけ、国立を沸かす。 43分に決定機逸。カウンターから南野がボックス手前へ。最終ライン背後に走り込んだ堂安へ縦パスを出すと、堂安はGKと一対一に。千載一遇のチャンスだったが、シュートをセーブされた。 1点リードで折り返した後半、立ち上がりの47分に絶体絶命のピンチが。一気に抜け出したジョン・イルグァンのシュートが右ポストを直撃。こぼれ球をペク・チョンソンに流し込まれたが、シュートの前のプレーでファウルがありゴールは認められず。日本は窮地を脱した。 ただ、明らかに後半からギアを上げている北朝鮮。プレッシングの圧力は前半と比べものにならず、日本の押し込まれる局面が増えていく。 日本はGK鈴木、そしてセンターバックの板倉(ゲーム主将)と町田、見ているとここのコーチングが乏しい。戦況悪化を考慮してか、ベンチでは遠藤航がスタンバイ。世界最高峰リバプールで不動の地位を手にしたニッポンの主将は58分、守田との交代でピッチに入る。 森保監督は73分の2枚替えで[5-4-1]に変更。谷口彰悟を最終ライン3枚の中央に配置で勝負に徹する。 80分、伊藤のスルーパスに抜け出した上田がボックス左からシュート。GKと一対一だったが、CKに逃げられる。上田はこのプレーを最後に交代。約4年3カ月ぶり招集の小川航基が投入された。 システム変更で安定感を取り戻し、攻撃もカウンター主体に切り替えた日本。試合終盤にかけてさほど危ないシーンはなく、開始2分の1点を守り抜き、1-0で勝利した。 日本代表 1-0 北朝鮮代表 【日本】 田中碧(前2) 2024.03.21 21:14 Thu

開始早々の田中碧弾! 森保ジャパンは北朝鮮に1-0リードで後半へ【2026W杯アジア2次予選】

2026北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選グループ第3節で北朝鮮代表と対戦中の日本代表。前半を1点リードで折り返す。 開始早々にいきなり日本が先制。2分、左サイドから上がったクロスをボックス右で堂安律がシュート。ブロックされたところを自ら折り返し、南野拓実のシュートもブロックされたところに、最後は田中碧が詰めてネット右上へ突き刺した。 アジア杯落選の田中がさっそく結果を残した日本。北朝鮮ボールでのリスタート直後にも鋭い守備からボールを奪い、駆け上がった前田大然が左足シュート…ここは僅かにゴール右へ外れる。 13分には、守田英正の機を見た縦パスを前田が経由し、ボックス手前から堂安が左足ボレー。うまくミートさせたが、北朝鮮のGKカン・ジュヒョクに間一髪でCKに逃げられる。 続く18分、菅原由勢の右CKにニア寄りへ飛び込んだ町田浩樹がヘディングで合わせるも、惜しくもゴール右。今度は21分、ゴールまで約35mの距離から得たFK…菅原が直接枠を狙うもゴール右。 43分に決定機逸。カウンターから南野がボックス手前へ。最終ライン背後へ走り込んだ堂安へ縦パスを出すと、堂安はGKと一対一に。千載一遇のチャンスだったが、シュートをセーブされた。 開始早々に先制点、押し気味に試合を進めながらも追加点を奪えなかった日本だが、1点リードでハーフタイムに突入した。 2024.03.21 20:09 Thu
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2023年7月1日 鹿島 サン=ジロワーズ 完全移籍
2023年6月30日 サン=ジロワーズ 鹿島 レンタル移籍終了
2022年1月4日 鹿島 サン=ジロワーズ レンタル移籍
2016年2月1日 鹿島 完全移籍
今季の成績
UEFAヨーロッパリーグ グループE 5 450’ 0 0 0
合計 5 450’ 0 0 0
出場試合
UEFAヨーロッパリーグ グループE
第1節 2023年9月21日 vs トゥールーズ メンバー外
1 - 1
第2節 2023年10月5日 vs リバプール 90′ 0
2 - 0
第3節 2023年10月26日 vs LASK 90′ 0
2 - 1
第4節 2023年11月9日 vs LASK 90′ 0
3 - 0
第5節 2023年11月30日 vs トゥールーズ 90′ 0
0 - 0
第6節 2023年12月14日 vs リバプール 90′ 0
2 - 1