プレミアリーグでPK3つ、微妙な判定連発でまたも騒動…ウルブス指揮官が苦言「VARのせいで我々は犠牲になった」

2023.11.28 11:35 Tue
Getty Images
ウォルバーハンプトンのギャリー・オニール監督が、VARの判定に怒りを示している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。
PR
27日、プレミアリーグ第13節でフルアムvsウォルバーハンプトンが行われた。試合は3-2でフルアムが勝利したが、5つのゴールのうち3つがPK。さらに、1つのPKは取り消されることとなっていた。
最初のPKは1-1で迎えた55分に、ネウソン・セメドトム・ケアニーを倒したとしてPK。このシーンは非常に微妙な判定となったが、長いVARチェックの結果、PKが認められ、ウィリアンが決めてフルアムが勝ち越した。

2つ目はファン・ヒチャンが73分に倒されると、これを自ら決めて2-2の同点に。3つ目は90分にボックス内でハリー・ウィルソンジョアン・ゴメスが接触。主審のマイケル・ソールズベリー氏はプレーオンとしたが、VARが介入。オンフィールド・レビューを指示すると、PKに判定が変更され、ウィリアンが決めて3-2でフルアムが勝利していた。

オニール監督は、VARの判定について言及。これまで導入を支持していたが、この試合での度重なる判定には批判せざるを得ないとした。
「もしかしたら、今夜はついにVARに反対するようになってしまったかもしれない」

「私の評判やクラブ、そして人々の生活に与える影響はとても大きい。我々はジャッジではなく、試合について話し合うべきだが、残念ながらそれはできない」

「これは本当に複雑な問題だと思う。私はずっとVARを支持してきたが、現時点ではそれが問題を引き起こしていると思う。VARのせいで我々は犠牲になった」

PK以外のシーンでは、88分にフルアムのカルロス・ヴィニシウスマキシミリアン・キルマンに頭突き。しかし、これはイエローカードになる不可解な判定もあった。また、ファン・ヒチャンにボールに関係なくチャージしたティム・リームは2枚目のイエローで退場になるべきと主張した。

「我々は多くのジャッジについて話し合った。マックスに頭突きをしたヴィニシウスは退場にするべきだった」

「リームはPKに関する2度目の違反行為で退場になるべきだった。それが私の意見だ」

また、最初のPKはオンフィールド・レビューになるべきだったとも指摘。いずれの判定もウォルバーハンプトンにとっては不可解なものとなり、苦言を呈している。

「ネウソン(・セメド)はボールをプレーしケアニーには触れなかった。主審はそれが間違っていると感じた。ただ、モニターに行くべきだと言われた。それは私にとって、助けにはならない」

「つまり、あの1件は間違いだったとほぼ認められたことになる。ウィルソンの件については我々は同意できない。それが甘かったように感じる」

「4つのジャッジ全てが我々に不利になるのは難しいことであり、我々はそれに値しないと思っている」

なお、これあのジャッジに対し元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏は「セメドはケアニーのスパイクの上部に当たった。ただ、とても厳しい」とコメント。「VARは明白な間違いを見つけなければならないが、これは人によって意見が異なる」とし、「明白な間違い」という判断が曖昧になるとした。

また、元スウェーデン代表MFフレドリック・ユングベリ氏は「PKはないと思う。彼はボールに触れている」とコメント。最初のPKに関しては、厳しい判定という見方が強いようだ。




PR
1 2
関連ニュース

三笘離脱のブライトン、ウルブスにシャットアウト負け【FAカップ】

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは28日、FAカップ5回戦でウォルバーハンプトンとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。ブライトンのMF三笘薫は負傷欠場となっている。 腰痛により三笘が今季絶望となったブライトンは、ファティ、ブオナノッテ、モデルの3トップで臨んだ。 主力を半数ほど起用してきたウルブスに対し、開始1分過ぎにブライトンは失点する。ベレガルドの突破を許した流れからクロスボールをGKスティールがキャッチし損ねたところをレミナに押し込まれた。 早々に追う展開となったブライトンがボールを持つ展開となる中、29分にもピンチ。イゴールのバックパスが短くなってベレガルドにカットされかけたがGKスティールが何とか飛び出して凌いだ。 ハーフタイムにかけても押し込むブライトンは38分、エストゥピニャンの左クロスをブオナノッテがヘッドで狙うも枠を捉えきれず、1点ビハインドのまま前半を終えた。 迎えた後半、ウェルベックを投入したブライトンが引き続き前がかる中、51分にCKからダンクが際どいヘディングシュートを浴びせるも、カウンターでウルブスに好機を許し牽制される。 その後も押し込むブライトンは終盤の83分にウェルベックが際どいヘディングシュートを放つと、ラストプレーではCKからパワプレーで上がっていたGKスティールがシュートに持ち込む決定機を迎えたが、シュートは枠を捉えきれずタイムアップ。 凌いだウルブスが2018-19以来、5季ぶりのベスト8進出を果たし、2部のコベントリーと対戦することが決まった。 2024.02.29 06:50 Thu

ウルブスからレンタル中のFWカライジッチが右ヒザ前十字じん帯断裂で長期離脱に…

フランクフルトは19日、オーストリア代表FWサシャ・カライジッチの負傷について発表した。 カライジッチは18日に行われたブンデスリーガ第22節のフライブルク戦に先発出場したが、11分に右ヒザを負傷し、MFアンスガー・クナウフとの交代を余儀なくされた。 クラブの発表によれば、カライジッチは検査で右ヒザの十字じん帯及び外側側副じん帯断裂と診断され、離脱期間については決まっていないとのことだ。 母国のアドミラ・ヴァッカー・メードリングでキャリアをスタートしたカライジッチは、シュツットガルト、ウォルバーハンプトンでのプレーを経て、今冬にフランクフルトに加入。ここまでブンデスリーガ5試合に出場していた。 2024.02.20 00:01 Tue

スパーズがウルブスに痛恨のシーズンダブル…J・ゴメスの2発に沈み5位転落【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第25節、トッテナムvsウォルバーハンプトンが17日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、アウェイのウォルバーハンプトンが1-2で勝利した。 わずか1節で4位に返り咲いたトッテナムは、トップ4圏内死守へ前回対戦で1-2の厳しい逆転負けを喫した11位のウォルバーハンプトンとのリベンジマッチで連勝を狙った。 前節、ブライトンとの上位対決を試合終了間際のブレナン・ジョンソンの劇的ゴールで2-1の逆転勝利を収めたポステコグルー率いるチームは、その試合から先発4人を変更。負傷のウドジェ、ペドロ・ポロの両サイドバックの代役にエメルソン、ベン・デイビスを、ベンタンクールとヴェルナーに代わってビスマ、ソン・フンミンが復帰した。 立ち上がりからオープンな攻防が繰り広げられると、アウェイのウルブスにビッグチャンス。6分、カウンターからサラビアがタメを作ってボックス右のセメドが右足シュート。GKヴィカーリオが前にはじいたところにファン・ヒチャンが詰める。だが、これを枠に飛ばせない。 一方、入りは悪くなかったものの、相手の球際の強さと狙いどころを定めた守備網に手を焼くトッテナム。中盤でのボールロストが多く、カウンターで引っくり返される場面も目立つ。 前半半ばを過ぎて徐々に安定したボール保持から押し込む場面を作り始めたトッテナム。だが、コンパクトな守備を崩し切るまでには至らず。なかなかシュートで攻撃を完結できない。37分にはファン・デ・フェンの鋭い縦パスに反応したマディソンがボックス左で折り返す。これにクルゼフスキが反応したものの、シュートを枠に飛ばせない。 その後はクローズな展開が続きゴールレスでの折り返しかに思われたが、ウルブスがワンチャンスを活かして先制に成功する。42分、右CKの場面でキッカーのサラビアの正確な左足インスウィングのクロスをボックス中央でフリーのジョアン・ゴメスがヘディングでゴール左隅へ流し込んだ。 前半枠内シュート0に加え、格下相手にホームでリードを奪われて後半を迎えたトッテナムだったが、後半開始早々に同点に追いつく。46分、相手陣内右サイド深くでのスローインからボックス内のリシャルリソン、サールが球際で粘って混戦を作ると、これに反応したクルゼフスキがDFドーソンを細かいタッチで剥がして角度のないところからGKの股間を抜く見事なシュートを左隅へ流し込んだ。 これで一気にスタジアムのボルテージが上がると、ここからしばらくはホームチームの時間が続く。だが、55分にはウルブスの鋭いロングカウンターからセメドのクロスに反応したサラビアがGKヴィカーリオを脅かし、簡単には流れを渡さない。 その後、クルゼフスキのボックス付近での連続シュートでトッテナムが勝ち越しに迫るが、先にゴールを奪ったのはウルブス。63分、自陣深くから仕掛けたロングカウンターで右サイドのネトが快足を飛ばして一気にボックス内まで持ち込む。一度DFにスピードダウンさせられるが、後方からペナルティアーク付近に猛スプリントしてきたジョアン・ゴメスに丁寧なマイナスのパスを送ると、これをブラジル人MFが冷静に左隅へ蹴り込んだ。 ネト起点の圧巻のロングカウンターに沈んだトッテナムはすぐさま反撃を開始。70分過ぎにはリシャルリソン、サール、ビスマを下げてブレナン・ジョンソン、ヴェルナー、ベンタンクールを投入。さらに、エメルソン、マディソンを下げてロ・チェルソ、ホイビュアの投入で前がかる。 しかし、専守防衛からロングカウンターを狙うウルブスにうまく対応され、攻め切れないままカウンターからピンチを招く悪循環が続く。それでも、守備陣の好守で何とか3失点目を凌いだが、後半アディショナルタイムにロ・チェルソの絶妙な右クロスから迎えた決定機はゴール前のベン・デイビスがヘディングシュートを枠に飛ばせず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ウルブスにまたしても1-2で競り負けたポステコグルーのチームは、この日勝利したアストン・ビラに4位の座を明け渡すことになった。 2024.02.18 02:15 Sun

ウルブスに大打撃…ここまでリーグ9得点のクーニャが今季絶望へ

ウォルバーハンプトンのブラジル代表FWマテウス・クーニャの今シーズン中の復帰が絶望的となった模様だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 クーニャは今季ここまでのプレミアリーグで24試合9ゴール6アシストの活躍をみせ、韓国代表FWファン・ヒチャン、ポルトガル代表FWペドロ・ネトと共にウルブスの攻撃を牽引してきた。 しかし、今月10日に行われたプレミアリーグ第24節のブレントフォード戦の前半半ばにハムストリングを痛めて負傷交代していた。 ウルブスを率いるギャリー・オニール監督は14日、その主砲の状態に言及。ハムストリングに重大な損傷を負ったことを認めた。 「ハムストリングにかなり重大な損傷を負った。そこにタイムラインはない。マテウスとは何度も話したが、彼はできるだけ早く復帰できるよう努力し続けたいと思っている」 「これは明らかに我々、チーム、そしてマテウスにとって大きな打撃だ。彼のこれまでの仕事のおかげで、彼の調子は並外れたものだった」 なお、『スカイ・スポーツ』はクーニャが今季中に戦列に戻る可能性は非常に低いとの見通しを示している。 2024.02.15 00:18 Thu

ウルブス、ポルトガル代表DFトチ・ゴメスとの契約を2029年まで延長

ウォルバーハンプトンは9日、ポルトガル代表DFトチ・ゴメス(25)との契約を2029年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたトチ・ゴメスは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「これは僕や僕の家族にとって本当に特別なことなんだ。クラブが与えてくれた信頼に本当に感謝している。これまでの道のりを振り返ってみると、僕は子供のままではなく、一人前になったという実感がある。もちろん、まだまだこれからだし、ハードワークを続けて、ピッチの上で応えていきたい。プレーする機会があるたびに、自分を磨き、チームを助けられるように努力するつもりだ」 「僕は自分自身が変わったと感じることができる。自信がついただけでなく、サッカーの面でも、自分のサッカーがいい方向に変わった。僕はここに来てから日々新しいことを学んできたが、もっと改善する余地はあるので、僕にとっては本当に良い環境なんだ」 2020年夏にポルトガルのエストリルからウルブスに加入したトチ・ゴメスだが、すぐにスイスのグラスホッパーへ2年レンタルで武者修行へ。しかし、モロッコ代表DFロマン・サイスがアフリカ・ネイションズカップで不在となったため、2022年の冬に呼び戻されると、1月15日のサウサンプトン戦でプレミアデビュー。 シーズンオフに2027年までの新契約にサインした昨季は公式戦20試合に出場にとどまったが、今季はセンターバックのレギュラーに定着。ここまで公式戦25試合に出場している。 2024.02.10 07:33 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly