横浜FCの小川航基が初代MVP! 得点王にも輝き個人三冠《2022J2リーグアウォーズ》

2022.11.14 21:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
14日に2022シーズンのJ2リーグアウォーズが行われた。

今季からJ1からJ3のカテゴリー別でそれぞれMVPやベストイレブンを選定することになったJリーグ。J1の表彰式から1週間、今回はJ2の各賞が発表された。

今季のJ2はアルビレックス新潟が制覇し、2位の横浜FCとともにJ1へ昇格。プレーオフでは4位のロアッソ熊本が京都サンガFCへの挑戦権を勝ち取ったが、13日に行われたその一戦は1-1で終わり、京都の残留となった。
そんなJ2で初の最優秀選手賞に選ばれたのは横浜FCの小川航基。今季ジュビロ磐田から完全移籍で加入し、26ゴールで得点王にも輝いた。もちろんベストイレブンにも顔を揃えており、個人では三冠を手にする充実したシーズンとなった。

ベストイレブンでは、優勝した新潟から最多の6人が選ばれ、横浜FCや惜しくも昇格に届かなかった熊本からはそれぞれ2人、3位のファジアーノ岡山から1人という構成となった。

また、最優秀ゴールは、FC町田ゼルビアの山口一真が第16節の新潟戦で決めた直接FKが選ばれた。敵陣中央と距離のある位置から右足を振り抜き、強烈なブレ球シュートがゴール右に突き刺さる正真正銘のスーパーゴールだった。

J2リーグの記念すべき初代各賞は以下の通り。

【2022 J2リーグ各賞受賞者】
◆最優秀選手賞
FW小川航基(横浜FC)

◆ベストイレブン
GK
小島亨介(アルビレックス新潟)

DF
堀米悠斗(アルビレックス新潟)
舞行龍ジェームズ(アルビレックス新潟)
ヨルディ・バイス(ファジアーノ岡山)

MF
長谷川竜也(横浜FC)
伊藤涼太郎(アルビレックス新潟)
高宇洋(アルビレックス新潟)
高木善朗(アルビレックス新潟)
河原創(ロアッソ熊本)

FW
髙橋利樹((ロアッソ熊本)
小川航基(横浜FC)

◆得点王
【26得点】
FW小川航基(横浜FC)

◆フェアプレー賞
アルビレックス新潟

◆優勝監督賞
松橋力蔵(アルビレックス新潟)

◆優秀監督賞
大木武(ロアッソ熊本)

◆最優秀ゴール賞
山口一真(FC町田ゼルビア)

関連ニュース
thumb

日本代表GK権田修一、欧州移籍失敗を明かす「自分自身の実力不足だった」…ファンはエール「J1へ力貸してください!」

清水エスパルスとの契約を更新した日本代表GK権田修一(33)が、今冬の欧州移籍が叶わなかったことを明かした。 権田はカタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表の正守護神としてプレーし、チームをベスト16に導く活躍。「権田の18秒」としてビッグセーブ連発が話題にもなった。 その権田は1日、清水との契約更新を発表。すでに背番号は「57」になることが決定していたが、開幕を2週間後に控えた中での遅い発表となった。 日本代表での活躍とは裏腹に、チームは昨シーズンの明治安田生命J1リーグで17位となり、新シーズンはJ2で戦うことが決定。権田は自身のインスタグラムを更新し、ヨーロッパへの移籍を模索していたことを告白。移籍市場が閉鎖したため、目の前のことに集中するとした。 「いつも応援してくださっている皆さんに報告があります。2023年1月の移籍市場で自分をより厳しい環境におき成長する為に欧州への移籍を目指していましたが叶いませんでした」 「自分自身の実力不足だったこの現実を受け入れて目の前にある役割を全うし、同時に常に高みを目指して成長し続けたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 ファンは「エスパルス史上最高のGKで誇り」、「焦らずに頑張って下さい!」、「J2優勝に向けて共に戦ってください!」、「まだまだこれから」、「J1へ力貸してください!」と新シーズンへのエールが送られている。 <span class="paragraph-title">【写真】権田修一が欧州移籍に失敗したことを報告</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoGYtgGPPvV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoGYtgGPPvV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoGYtgGPPvV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Shuichi Gonda/権田修一(@shuichi33g)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.01 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

権田修一、松岡大起、チアゴ・サンタナの去就決着! 清水が契約更新発表

清水エスパルスは1日、GK権田修一(33)、MF松岡大起(21)、FWチアゴ・サンタナ(29)の3選手と契約を更新した旨を発表した。 つい先日にフランス挑戦が決まったMF鈴木唯人とともに契約未更新の状況が続いた3選手だが、今季も清水に残り、ともに明治安田生命J2リーグで1年でのJ1返り咲きを目指す運びとなった。 今季の開幕が刻々と迫るなか、ようやく去就が確定した3選手はクラブの公式サイトを通じて、それぞれコメントしている。 ◆権田修一 「クラブの目標達成のために、日々全力を尽くします」 ◆松岡大起 「まずは、エスパルスに関わる全ての皆様、ご報告が遅れてしまい申し訳ありません。また、寛大な心で待っていただきありがとうございます。シーズンに入り自分自身の動向がわからない中でも、チームメイトとしていつも通りしっかりとプレーし接してくれる選手、チームが勝つため、いちサッカー選手として、そして人として成長するために、色々な事を教えてくださる監督とコーチングスタッフ、いつも笑顔で応援してくれるサポーターの皆様には感謝しかありません」 「この冬、自分の夢、目標のためにヨーロッパからのオファーを待ちましたが成立しませんでした。それが現状ですしすごく悔しいです。この悔しさをバネに強く上手くなること、上に行くことだけを考えて、一日一日取り組んでいきます。選手1人1人の成長がチームの成長と強さに必ずつながると思うので、そこを追い求めて自分らしく日々やっていきます」 ◆チアゴ・サンタナ 「この2年間、このクラブ、この街で生活し、ファンとのつながりがあったことが、契約更新を決断する原動力となりました。残念ながら、昨シーズンはクラブにとって悪い結果となりましたが、今シーズン清水エスパルスがいるべき場所に戻ることを信じています。そして、J1リーグ得点王の祝福、エスパルスに残留することをメッセージで送ってくれたサポーターの皆さんに感謝します。今シーズンもっと強くなって一緒に戦いましょう」 2023.02.01 10:10 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグが全国30地域・45都道府県でサッカー番組「KICK OFF」を4月から放送開始、地上波で同タイトル同コンセプトのオリジナル番組は初

Jリーグは31日、今年4月から30地域、45都道府県でサッカー番組を放送することを発表した。 Jリーグは各放送局と連携し、昨年10月から福島県、富山県、愛媛県、熊本県、鹿児島県の5地域でサッカー番組の放送を開始していたが、これを全国に広げることとした。 サッカー番組は全て「KICK OFF! 」というタイトルとなり、後ろに地域名などがつくという。 この番組では、全国各地域でサッカーの普及促進につなげるべく、サッカーをする子どもや、これからもっとサッカーに興味を持っていただきたい方々に向けて、各地域における少年少女年代のサッカー情報からJクラブの情報まで、各地域のサッカーに関する話題を幅広くお届けするという。 各地域でのサッカー番組開始は、「60クラブがそれぞれの地域で輝く」というJリーグの成長戦略実現に向けた第一歩。サッカー番組開始をきっかけに、各地域におけるサッカーならびにクラブの関心を向上、サッカーの普及促進、そして、各地域でクラブがより輝く存在にしていきたい、という想いが込められている。 また、系列を超えて30地域の民放地上波テレビ局が同タイトル同コンセプトでオリジナル番組を制作する初めての取組みとなる。 基本的には土曜日の午前中か日曜日の放送に。各地域によって時間帯は異なるという。 北海道:札幌テレビ放送「KICK OFF! HOKKAIDO」北海道コンサドーレ札幌 青森:青森朝日放送「KICK OFF! AOMORI」ヴァンラーレ八戸 岩手:岩手朝日テレビ「KICK OFF! IWATE」いわてグルージャ盛岡 宮城:東日本放送「KICK OFF! MIYAGI」ベガルタ仙台 秋田:秋田朝日放送「KICK OFF! AKITA」ブラウブリッツ秋田 山形:さくらんぼテレビ「KICK OFF! YAMAGATA」モンテディオ山形 福島:福島中央テレビ「KICK OFF! FUKUSHIMA」福島ユナイテッドFC、いわきFC 関東:TBSテレビ「KICK OFF! J」(日曜深夜0時放送のスポーツ番組『S☆1』内に新コーナーを設立)*2 山梨:山梨放送「KICK OFF! YAMANASHI」ヴァンフォーレ甲府 長野:テレビ信州「KICK OFF! SHINSHU」松本山雅FC、AC長野パルセイロ 新潟:NST新潟総合テレビ「KICK OFF! NIIGATA」アルビレックス新潟 富山:チューリップテレビ「KICK OFF! TOYAMA」カターレ富山 石川:北陸朝日放送「KICK OFF! ISHIKAWA」ツエーゲン金沢 静岡:静岡第一テレビ「KICK OFF! SHIZUOKA」清水エスパルス、ジュビロ磐田、藤枝MYFC、アスルクラロ沼津 愛知・岐阜:名古屋テレビ放送「KICK OFF! TOKAI」名古屋グランパス、FC岐阜 関西:毎日放送「KICK OFF! KANSAI」*3 鳥取・島根:日本海テレビジョン「KICK OFF! SANIN」ガイナーレ鳥取 岡山・香川:RSK山陽放送「KICK OFF! OKAYAMA・KAGAWA」ファジアーノ岡山、カマタマーレ讃岐 広島:広島ホームテレビ「KICK OFF! HIROSHIMA」サンフレッチェ広島 山口:山口朝日放送「KICK OFF! YAMAGUCHI」レノファ山口FC 徳島:四国放送「KICK OFF! TOKUSHIMA」徳島ヴォルティス 愛媛:南海放送「KICK OFF! EHIME」愛媛FC、FC今治 福岡:テレビ西日本「KICK OFF! FUKUOKA」アビスパ福岡、ギラヴァンツ北九州 佐賀:サガテレビ「KICK OFF! SAGA」サガン鳥栖 長崎:テレビ長崎「KICK OFF! NAGASAKI」V・ファーレン長崎 熊本:テレビ熊本「KICK OFF! KUMAMOTO」ロアッソ熊本 大分:大分放送「KICK OFF! OITA」大分トリニータ 宮崎:テレビ宮崎「KICK OFF! MIYAZAKI」テゲバジャーロ宮崎 鹿児島:鹿児島放送「KICK OFF! KAGOSHIMA」鹿児島ユナイテッドFC 沖縄:琉球放送「KICK OFF! OKINAWA」FC琉球 *2:鹿島アントラーズ・水戸ホーリーホック・栃木SC・ザスパクサツ群馬・浦和レッズ・大宮アルディージャ・ ジェフユナイテッド千葉・柏レイソル・FC東京・東京ヴェルディ・FC町田ゼルビア・川崎フロンターレ・横浜F・マリノス・横浜FC・Y.S.C.C.横浜・湘南ベルマーレ・SC相模原 *3:京都サンガF.C.・ガンバ大阪・セレッソ大阪・FC大阪ヴィッセル神戸・奈良クラブ 2023.01.31 19:50 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグが新シーズンの分配金を決定! 成績に加えて人気も配分金に影響…今後はJ1がJ2の5〜6倍に移行予定

Jリーグは31日、理事会を開催。2023年度のクラブへの配分金を決定した。 これまでJリーグは均等配分金に重きを置いた構造となっていたが、30周年を迎え、新たな成長戦略として掲げる「2つの成長テーマ」を推進していくために競技成績やファン増加等の結果配分中心へシフト。また、それらの成果創出を後押しするため、J2、J3クラブも含めてフットボール強化とローカル露出拡大につながる施策投資原資へ振り向けることと決定した。 これまで、J1とJ2への配分金の比率は2倍程度だったが、J1が5〜6倍になるように段階的に変更していくという。 2023年度の主な変更点としては、「①均等配分金の総額見直し」、「②ファン指標配分金増額」、「③リーグ事業協力費の対象にJ3クラブを追加」という3点となる。 均等配分金に関しては、J1クラブには2億5000万円、J2クラブに1億円、J3クラブに2000万円となっている。これには、公衆送信権料のほか、Jクラブ支援費として配分しているアカデミー支援費などクラブ数に応じて均等に配分しているものが含まれている。 結果の配分として、リーグの賞金は2022シーズンと同額となり、J1の賞金総額は7億7000万円、J2は3500万円、J3は750万円となる。また、ACLサポート配分金として、2023年度にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場するクラブには1クラブ1億円を支給する。 また、人気面として、ファン指標配分金があり、総額13億4000万円をDAZNの視聴者数などで配分することとなる。 2020年度以降の順位に基づいて配分されていた理念強化配分金に関しては停止。2024年度は、2023シーズンの成績2に基づき、J1の1位から9位に総額約16億円、またDAZN視聴者数等の人気順位の1位から9位に総額約5億円を配分する。 ◆結果配分(競技) 1位:1年目ー2億5000万円、2年目ー2億5000万円 2位:1年目ー1億8000万円、2年目ー1億8000万円 3位:1年目ー1億5000万円、2年目ー7000万円 4位:1年目ー1億5000万円、2年目ーなし 5位:1年目ー1億2000万円、2年目ーなし 6位:1年目ー9000万円、2年目ーなし 7位:1年目ー7000万円、2年目ーなし 8位:1年目ー6000万円、2年目ーなし 9位:1年目ー5000万円、2年目ーなし ◆結果配分(人気) 1位:1億7000万円 2位:1億2000万円 3位:7000万円 4位:5000万円 5位:4000万円 6位:3000万円 7位:2500万円 8位:2000万円 9位:1500万円 2023.01.31 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

大分にブラジル人GKテイシェイラが期限付き移籍加入! 「J1昇格の目標をチームメイトと共に達成しましょう」

大分トリニータは31日、ブラジルのECバイーアからブラジル人GKテイシェイラ・マテウス・エンリケ(23)の期限付き移籍加入を発表した。 初の国外移籍となるテイシェイラはこれまでパウメイラス時代を含め、母国でプレー。2022シーズンはバイーア州選手権3試合出場、ブラジル北東部カップ2試合出場の成績だった。 J1昇格を期す大分でJリーグ挑戦が決まったテイシェイラはクラブの公式サイトを通じて、挨拶の言葉とともに、意気込みを語っている。 「大分トリニータのファン・サポーターの皆さん、GKのマテウス・テイシェイラです。大分トリニータでプレーできる機会を貰えて嬉しく思います。シュートストップには自信があり、ビルドアップにおいても空いているスペースへパスを出す事が得意です。J1昇格の目標をチームメイトと共に達成しましょう。応援を宜しくお願いします!」 2023.01.31 12:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly