ブラジル代表が発表! 主力順当招集にベンフィカDFヴェリッシモが初招集《W杯南米予選》

2021.05.14 23:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジルサッカー連盟(CBF)は14日、来月に開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の2試合に向けた代表メンバー24名を発表した。

チッチ監督は今回の予選に向けてエースのFWネイマール(パリ・サンジェルマン)や、GKアリソンベッカー(リバプール)、DFマルキーニョス(パリ・サンジェルマン)、DFチアゴ・シウバ(チェルシー)ら主力を順当に選出。

また、ルーカス・ヴェリッシモ(ベンフィカ)が25歳にして待望の初招集となった。

その一方で、MFアルトゥール(ユベントス)や負傷離脱中のMFフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)らが招集外となっている。

南米予選を開幕から4戦全勝で首位に立つブラジル代表は、6月4日にホームでエクアドル代表戦、8日にアウェイでパラグアイ代表戦を戦う。

◆ブラジル代表メンバー24名
GK
アリソン・ベッカー(リバプール/イングランド)
エデルソン(マンチェスター・シティ/イングランド)
ウェヴェルトン(パウメイラス)

DF
ダニエウ・アウベス(サンパウロ)
ダニーロ(ユベントス/イタリア)
ルーカス・ヴェリッシモ(ベンフィカ/ポルトガル)
レナン・ロージ(アトレティコ・マドリー/スペイン)
エデル・ミリトン(レアル・マドリー/スペイン)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス)
チアゴ・シウバ(チェルシー/イングランド)

MF
ルーカス・パケタ(リヨン/フランス)
カゼミロ(レアル・マドリー/スペイン)
エヴェルトン・リベイロ(フラメンゴ)
ファビーニョ(リバプール/イングランド)
フレッジ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ドウグラス・ルイス(アストン・ビラ/イングランド)

FW
エヴェルトン(ベンフィカ/ポルトガル)
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ/イングランド)
ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)
リシャルリソン(エバートン/イングランド)
ロベルト・フィルミノ(リバプール/イングランド)
ヴィニシウスジュニオール(レアル・マドリー/スペイン)
ガブリエウ・バルボサ(フラメンゴ)

関連ニュース
thumb

日本戦では「ベストを尽くす」と語ったキルギス代表監督、濃厚接触で不在だったGKも追加招集「プラン通りに進んでいる」

キルギス代表のアレクサンデル・クレスティニン監督が、15日に控えるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の日本代表戦に向けて、前日記者会見に臨んだ。 キルギスは今回の日本での集中開催で3試合を戦うこととなった中、来日後に選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を示した。 さらに、この濃厚接触者としてGK3名を含む5選手が認定されていた。 厳しい状況下での試合をこなしてきた中クレスティニン監督は、「コロナの問題は確かにあったが、最近の選手に対するコロナの検査では陽性の選手はいなかった」と現在は問題を抱えていないとコメント。「日本戦では良い試合ができるようにベストを尽くす」と語り、明日の日本戦に向けて意気込んだ。 また、これまでの2試合は、DFが本職のアイザル・アクマトフをGKとして起用せざるを得ない状況に。そんな中、日本戦に向けてはベテランのGKパベル・マティアシュを追加招集。「GKに関しては我々のプラン通りに進んでいる」とコメントした。 ここまで予選7試合を終えてグループ2位につけるキルギス。各グループ2位の上位4チームに与えられるW杯最終予選への切符は手にできないものの、2位をキープすれば2023年の中国アジアカップ予選で3次予選からの出場となる。 3位のタジキスタン代表とは勝ち点で並んでいる状況であり、日本戦で勝ち点を奪わなければ3位に転落する可能性もあるが、日本戦については「明日の試合は非常に興味深い」とコメント。「日本については多くの情報があり、日本に来てからたくさんの情報を得てきた。我々の計画、分析に基づいて試合をしたいと思う」と語り、チームとして強い意気込みを持っているようだ。 2021.06.14 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「このグループで一番強い」キルギス戦を前に森保一監督、チーム内の意見交換に「素晴らしい要求」

日本代表の森保一監督が、15日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選最終節のキルギス代表戦の前日会見に臨んだ。 5月28日のカタールW杯アジア2次予選のミャンマー代表戦からスタートした今回のシリーズ。日本はミャンマー戦での勝利で最終予選進出を決めていた。 6月にはU-24日本代表戦(3日)、タジキスタン代表戦(7日)、セルビア代表戦(11日)と行われた中、ミャンマー戦から4連勝をおさめてきた。 およそ3週間の活動の集大成として、最後のキルギス戦を前に、森保監督がコメント。メンバー選考や今回の合宿、キルギスについて語った。 ーキルギス代表戦のメンバーの考え方について 「メンバーはセルビア戦からは大幅に変更して、タジキスタン戦のメンバーを中心に今日のトレーニングで試して、試合の準備をしたいと思っています」 「100%タジキスタン戦と同じではないですが、トレーニングで試して明日のメンバーを決めたいと思います。ベースはタジキスタン戦のメンバーになると思います」 ー選手が非常に意見を出し合っているシーンが見えている。チームにとって良い変化なのではないか 「元々、私が代表の監督になる前に、ロシア・ワールドカップから見させてもらっていたメンバーは意見をぶつけ合って、自分たちがイメージの共有をしあう、チームの一番良い戦い方を選択できるようにということで意見をぶつけ合うのは見てきました」 「ここ最近、色々なメンバーが変わる中で、条件等々あって、メンバーが変わっていく中で、スタートの時点ではお互い主張し合うというか、意見をぶつけあるということは少ないようなところもあったかもしれないですけど、私が見えていないところで選手は付き合っているのでわからないところもありますが、ここ最近になって、コミュニケーションの量は間違いなく増えてきたのかなと思います」 「国内組と海外組がホテルや食事が別々で会話ができないこと、ホテルから試合会場や練習場も別に行くのでコミュニケーションが取りづらいですが、食事会場でお互いの顔をあわせることがあるので、コミュニケーションが増えているのかなと思います。意見をぶつけあうことはすごく良いことだと思います」 「我々は勝つことを目標に1試合1試合戦っていますし、お互いが良いプレーをしてお互いの個の高める、チームの価値を高めるということを選手たちは目指して戦ってくれているので、なんとなくうやむやにして上手くいかない状況があったりするよりも、どんどん意見をぶつけ合ってチームの戦い方の最善を見つけることは非常に良いことだと思います」 「セルビア戦の前半は上手くいかなかったと色々目にしますが、強豪相手に自分たちの理想的な戦いだけではないというところを踏まえておかなければいけないと思います。セルビアの強固なディフェンスをこじ開けられない、リズムを掴めない中でミスはありましたが、チームとしての考え方はブレがなかったと思いますので、上手くいかない中でも無失点で試合を進めていく、流れを掴み取るということができるようになったことは、非常にポジティブな部分だと思います」 「もちろん目指すこととして、前半から理想通り戦えることは厳しく目指していくことは素晴らしい要求だと思います」 ー最後の試合になるキルギスについてどういうチームだと感じているか 「まずは非常にハードワークを局面で選手たちがしてくる。球際も強く、セカンドボールの反応も早い。組織としてやるべきコンセプトが固まっている、ハッキリしているチームだと思います」 「実力でも我々のグループで2位にいますし、1回目のキルギスとの戦いで、このグループで一番強いという印象を受けています」 「アウェイで2-0で勝利させてもらいましたが、何度もピンチになりましたし、そういった意味では非常に力のあるチームだと思います」 ー昨日の練習では守備を確認していた。森保監督が守備原則の中で一番大事なものは 「昨日の練習では斉藤俊秀コーチが攻撃のGKを使ったビルドアップということで、選手たちの意思統一を図ってくれました」 「守備の部分においても、チームのコンセプトの部分を選手たちに伝えてくれていて、非常に良いトレーニングだったと思います」 「我々がやっていることを見ていただけて良かったです。試合等々でそういった部分がお見せできればと思いますが、守備の部分はあまりない方が良いですね」 「守備で一番大切なところは相手にゴールをさせないという部分で、セルビア戦でも無失点で終えることができましたし、だからこそ安心して落ち着いて攻撃できるということになると思うので、相手に得点を与えないようにすることです」 「W杯2次予選で1失点を前節してしまいましたが、良い教訓にしてキルギス戦では無失点で終えられるように、1つの目標としたいと思います」 「ただ守るだけではないです。相手に激しく、厳しく制限をかけていくこと。自分が奪えなくても、ボール保持者にファーストディフェンダーがプレッシャーをかけることで、次の選手、次の次の選手かもしれないですが、チームでボールを奪えるようにという連携連動に繋げられるようにと考えています。アグレッシブにボールを奪いにいって欲しいです」 ーU-24日本代表も含めて競争が激しくなるボランチについての選考基準は。柴崎岳も最近は呼ばれていないが 「今後の選考においてですが、最終予選を選考するにあたってベースとなるのは、その時に所属チームで試合に出ているパフォーマンスを見てということになります」 「プラスこれまでの活動の中で、選手たちのパフォーマンスをずっと見てきているので、過去を踏まえて、総合的に選手の選考につなげたいと思っています」 「柴崎岳に関しては3月、6月とプレーオフで1部昇格ができるかもしれないという戦いをしていたので、そこは配慮して選考外にしたところはあります」 「将来的に絶対的だということはないですが、今回の6月シリーズでも可能であればチームに合流してもらうことは考えていました」 「9月に関してはたくさん力を示してくれている選手がいるので、A代表、U-24日本代表のボランチをベースに考えながら、海外にも、国内にも候補に挙がっている選手がいるので、その時の状況でベストなメンバーと思われる選手を招集したいと思っています」 ー左サイドバックも長友佑都が強烈なインパクトを今も残しているが、今後のポジションについて 「道筋は色々考えていますが、今回のA代表であるならば、佐々木(翔)であったり小川(諒也)であったりももちろん候補でもありますし、これまで招集している選手もいますし、U-24で左サイドをやってくれる選手ももちろん候補に入ってきます」 「候補はたくさんいると思いますし、現時点でここまで招集させてもらって見てきた選手は候補の優先順位で上にいると思いますが、視察を重ねながら9月の時点でチームにとって一番良いと思われる選手を招集したいと思っています」 「今回の5月の末のミャンマー戦からの活動を見ていただいたり、3月の活動を見ていただいて、色々な選手が初招集とか、代表経験が浅い中でも代表の戦力として機能できることを示してくれていると思います」 「国内外問わず良いプレーを見せてくれている選手たちをこれまでとは別にチームに加わってもらって戦力として戦ってもらうことを考えています」 「1チーム2カテゴリーでA代表とU-24オリンピック代表ということで我々は今2チームで活動していますが、U-24がオリンピックのアンダー世代の代表ではなく、もう1つの日本代表だと思っています」 「ジャマイカ戦でもそういったプレーを選手たちは見せてくれましたし、選択の幅は広がっていると思います」 2021.06.14 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

来日中のミャンマー代表のスタッフがホテルで急逝…新型コロナは陰性

日本サッカー協会(JFA)は9日、ミャンマー代表のスタッフが他界したことを発表した。 JFAの発表によると、亡くなったのはミャンマー代表の用具管理を担当しているピェ・ソネ・ナイン(Pyae Sone Naing)氏とのこと。9日にホテルで亡くなっていたとのことだ。 ミャンマー代表は、5月28日に日本代表とカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選で対戦。ピェ・ソネ・ナイン氏は5月22日に代表チームとともに来日していた。 JFAによると、8日の24時30分までチームスタッフと会話をしていたことが確認されていたが、9日の朝に予定されていた新型コロナウイルス(COVID-19)の検査に姿を見せず。確認したところ、9時10分ごろに部屋で倒れているのが発見されたとのことだ。なお、ピェ・ソネ・ナイン氏は新型コロナウイルスの検査で陰性が確認されていた。 JFAは「ピェ・ソネ・ナイン氏のご冥福をお祈りするとともに、ご家族、ミャンマーサッカー連盟、ミャンマー代表チームの皆さまに深く哀悼の意を表します。滞在中のミャンマー代表チームへの最大限のサポートを継続してまいります」としている。 なお、ミャンマー代表は11日にキルギス代表、15日にタジキスタン代表とカタールW杯アジア2次予選で対戦する。 2021.06.10 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アルゼンチンが土壇場で追いつかれ再びドロー、ブラジルは6連勝《カタールW杯南米予選》

現地時間8日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第8節の5試合が行われた。 3月に開催予定だった第5節と第6節が延期となった中、第8節が前倒しで開催された。 2位のアルゼンチン代表(勝ち点11)は6位のコロンビア代表(勝ち点7)とアウェイで対戦。両者とも勝ち点3が欲しいなか、2-2の引き分けとなった。 試合は立ち上がりにアルゼンチンが猛攻。3分に右サイドでFKを得ると、ロドリゴ・デ・パウルが右足でクロス。これをボックス中央でクリスティアン・ロメロがヘッドで合わせ、アルゼンチンが先制する。 さらに8分には右CKからのリオネル・メッシのクロスはDFがクリア。これがメッシの元へとこぼれると、メッシは仕掛けからクロス。これもブロックされると再びメッシへボールが戻るが今度はシュートを狙うがまさかの空振り。しかし、混戦の中パスをつなぐと、最後はレアンドロ・パレデスが細かいタッチでボックス内を仕掛け、最後は冷静に流し込んで追加点を奪う。 立ち上がりで2点のリードを奪ったアルゼンチン。アウェイで試合を優位に進めていた中、33分にアクシデント。右からの折り返しをキャッチに出たGKエミリアーノ・マルティネスに対し、ジェリー・ミナが飛び込むと接触。マルティネスはキャッチしたものの、頭部から地面に叩きつけられ、起き上がれず。そのまま担架で運びだされ、アグスティン・マルチェシンが代わりにピッチへと入る。 不穏な空気が漂うアルゼンチンは、49分にニコラス・オタメンディがボックス内でファウル。これで得たPKをルイス・ムリエルが決めて1点差に。それでもアルゼンチンがしっかりと守り試合を進める。 アルゼンチンは徐々に盛り返し、84分にはメッシがボックス内から強烈なシュート。しかし、これはGKダビド・オスピナが素晴らしい反応を見せてセーブする。そのまま試合終了かと思われたが、最後にドラマが。後半アディショナルタイム4分にフアン・クアドラードが右サイドからクロス。これをファーサイドで待っていたミゲル・ボルハがヘッドで合わせて同点に。そのまま2-2で引き分けに終わった。 首位のブラジル(勝ち点15)は、4位のパラグアイ(勝ち点7)とアウェイで対戦し、0-2で勝利した。ネイマールとロベルト・フィルミノの2トップで挑んだブラジルは、4分にボックス右を仕掛けたガブリエウ・ジェズスからのクロスをボックス中央でリシャルリソンがスルー。最後はネイマールが落ち着いて決めて先制する。 その後は、互いに攻め込むシーンがありながらもスコアが動かずに試合終盤へ。すると後半アディショナルタイム3分には、中央をドリブルで持ち上がったネイマールからのパスを受けたルーカス・パケタがゴール。0-2でブラジルが勝利し、6連勝とした。 そのほか、ウルグアイ代表はベネズエラ代表にゴールレスドロー。ペルー代表はエクアドル代表に1-2で勝利し、今予選初勝利。チリ代表はボリビア代表にホームで1-1と引き分けた。 ◆カタールW杯南米予選第8節 ▽6/8(火) コロンビア代表 2-2 アルゼンチン代表 0-1:03分 クリスティアン・ロメロ(アルゼンチン) 0-2:08分 レアンドロ・パレデス(アルゼンチン) 1-2:51分 ルイス・ムリエル(コロンビア)[PK] 2-2:94分 ミゲル・ボルハ(コロンビア) パラグアイ代表 0-2 ブラジル代表 0-1:04分 ネイマール(ブラジル) 0-2:93分 ルーカス・パケタ(ブラジル) チリ代表 1-1 ボリビア代表 1-0:69分 エリック・プルガル(チリ) 1-1:82分 マルセロ・モレーノ(ボリビア) エクアドル代表 1-2 ペルー代表 0-1:62分 クリスティアン・クエバス(ペルー) 0-2:88分 ルイス・アドビンクラ(ペルー) 1-2:92分 ゴンサロ・プラタ(エクアドル) ベネズエラ代表 0-0 ウルグアイ代表 【順位表】カタールW杯南米予選第8節 勝点(試合数/勝/分/負/得点/失点) 1位:ブラジル 18(6/6/0/0/16/2) 2位:アルゼンチン 12(6/3/3/0/9/5) 3位:エクアドル 9(6/3/0/3/14/10) 4位:ウルグアイ 8(6/2/2/2/7/7) 5位:コロンビア 8(6/2/2/2/11/13) 6位:パラグアイ 7(6/1/4/1/6/7) 7位:チリ 6(6/1/3/2/8/8) 8位:ボリビア 5(6/1/2/3/9/14) 9位:ベネズエラ 4(6/1/1/4/2/9) 10位:ペルー 4(6/1/1/4/6/14) 2021.06.09 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

「手応えはそこまでない」川辺駿との初ボランチコンビでも反省する橋本拳人「バランス見ながらやり過ぎた」

日本代表MF橋本拳人(FCロストフ)が、タジキスタン代表戦を振り返った。 7日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の日本代表vsタジキスタン代表の一戦がパナソニック スタジアム 吹田で行われ、4-1で日本が勝利した。 スタメンにJリーガー7名を並べ、これまで出場機会の少なかった選手や久々の代表招集選手、初先発の選手が多い中、6分にその初先発の古橋亨梧(ヴィッセル神戸)が先制ゴールを記録。しかし、9分にエフソン・パンシャンベにゴールを許し、2次予選の無失点記録がストップする。 あまり強度が上がらない立ち上がりでまさかの失点。少し押し込まれる時間帯が続き、トーンダウンした中、40分に古橋のクロスを南野拓実(サウサンプトン)が決めて勝ち越しに成功。南野はこれで2次予選7試合連続ゴールとなり、MF本田圭佑(ネフチ・バクー)の記録に並んだ。 後半には鎌田大地(フランクフルト)が入ったことで活性化すると、51分に橋本が初ゴール。さらに71分には川辺駿(サンフレッチェ広島)が決め、4-1で勝利した。 この試合で代表初ゴールを決めた橋本はゴールについて「思ったより冷静にコースも見えていましたし、当てることだけを意識してシュートを打ちました」とコメント。山根視来(川崎フロンターレ)からのグラウンダーのパスをうまく決めたが「ふかさないように、枠に入れること、ボールをミートすることを意識してその通りに蹴れたので良かったです」と語り、ボールをミートすることを考えたと明かした。 この試合ではボランチで川辺と初めてコンビを組んだが「初めて組んだので、お互いに見ながらバランス取りながらということで意識しました。良い時間帯もありましたが、なかなか上手くいかない時間帯もあったので、そこは反省点というか、改善しなければいけない点だと思います」と語り、課題が残ったとした。 自身のパフォーマンスについては「ゴールを取れたことは良かったですが、ゴールを取ることは自分の仕事ではないですし、前半は攻めあぐねていた時間帯もあったので、ボランチの位置やもう少し前に厚みを持たせることができたなと思います。試合中に修正しなければいけないことはたくさんあったかなと思うので、そこは自分の課題かなと思っています」とコメント。試合中に悪い点を変えられなかったことは課題だとした。 この試合ではなかなかトップ下に入った南野にボールが入らず、攻撃が停滞した状況に。橋本は「そこは自分の課題だと思っています。前に入れられる位置でボールを受けないといけないですし、先の展開を考えてポジショニングを取らないといけないと思います」と縦パスの少なさ、パスを出せるポジションを取れていないことを反省した。 それは多少初コンビだということも影響したとのこと。「(川辺)駿とは初めて組んだので、その辺のバランスというのはもう少し上手くやらないといけなかったと感じました」と語り、守備面でも「そこまで自分のプレーを出せたかと言われたら、手応えはそこまでないですし、改善点の方が多くあるなと感じています」と反省した。 今後については「もっともっとチームにチャンスを作るパスや、自分の立ち位置を考え直さないといけないですし、チームを上手く回すことは自分の課題なので、残り2試合ですけどより意識してやっていきたいと思います」とコメント。慎重なプレーが多かった点については「バランス見ながらやり過ぎたなということはあるかなと思います。前に絡むことやハッキリ蹴ることはやらないといけないなと思います」と、大胆なプレーが少なかったと振り返った。 今までは遠藤航(シュツットガルト)やMF柴崎岳(レガネス)と経験のある選手と組むことが多かった中、この日は自身が経験ある立場に。 その点の意識については「自分の良さも出しつつ、駿の良さを出してプレーしようと思っていましたが、入りは少し固かったと思いますし、もう少し駿を前に出して、彼を自由にプレーさせるところはもっとコミュニケーションとってやるべきだったなと思います」と、引っ張ることはできていなかったと反省した。 2021.06.08 00:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly