ブラジル代表が発表! 主力順当招集にベンフィカDFヴェリッシモが初招集《W杯南米予選》

2021.05.14 23:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジルサッカー連盟(CBF)は14日、来月に開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の2試合に向けた代表メンバー24名を発表した。

チッチ監督は今回の予選に向けてエースのFWネイマール(パリ・サンジェルマン)や、GKアリソンベッカー(リバプール)、DFマルキーニョス(パリ・サンジェルマン)、DFチアゴ・シウバ(チェルシー)ら主力を順当に選出。

また、ルーカス・ヴェリッシモ(ベンフィカ)が25歳にして待望の初招集となった。

その一方で、MFアルトゥール(ユベントス)や負傷離脱中のMFフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)らが招集外となっている。

南米予選を開幕から4戦全勝で首位に立つブラジル代表は、6月4日にホームでエクアドル代表戦、8日にアウェイでパラグアイ代表戦を戦う。

◆ブラジル代表メンバー24名
GK
アリソン・ベッカー(リバプール/イングランド)
エデルソン(マンチェスター・シティ/イングランド)
ウェヴェルトン(パウメイラス)

DF
ダニエウ・アウベス(サンパウロ)
ダニーロ(ユベントス/イタリア)
ルーカス・ヴェリッシモ(ベンフィカ/ポルトガル)
レナン・ロージ(アトレティコ・マドリー/スペイン)
エデル・ミリトン(レアル・マドリー/スペイン)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス)
チアゴ・シウバ(チェルシー/イングランド)

MF
ルーカス・パケタ(リヨン/フランス)
カゼミロ(レアル・マドリー/スペイン)
エヴェルトン・リベイロ(フラメンゴ)
ファビーニョ(リバプール/イングランド)
フレッジ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ドウグラス・ルイス(アストン・ビラ/イングランド)

FW
エヴェルトン(ベンフィカ/ポルトガル)
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ/イングランド)
ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)
リシャルリソン(エバートン/イングランド)
ロベルト・フィルミノ(リバプール/イングランド)
ヴィニシウスジュニオール(レアル・マドリー/スペイン)
ガブリエウ・バルボサ(フラメンゴ)

関連ニュース
thumb

国内組が見せた変化、“普段”のパフォーマンスをいかに出せるか/日本代表コラム

およそ3週間にわたる長い日本代表の合宿も終了。この間、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の3試合、セルビア代表との国際親善試合、そして突如生まれたU-24日本代表とのテストマッチの合計5試合を行った。 5月28日に行われたミャンマー代表とのカタールW杯アジア2次予選は日程の関係から海外組のみが参加。6月から国内組も参加することとなった合宿は、実り多いものとなった。 <span class="paragraph-title">◆チームの底上げ</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210617_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 何よりも大きな成果はチームの底上げができたという点だろう。来月に控える東京オリンピックに向けたU-24日本代表の活動も6月は行われ、そこにオーバーエイジとしてDF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)、MF遠藤航(シュツットガルト)が参加した。 A代表でも中核を担う3名を東京オリンピックのオーバーエイジとして採用できたことは、森保一監督が兼任していることの賜物。2018年のロシアW杯でベルギー代表の前に敗れ、失意のどん底にいた中での森保監督の兼任という決断は、ここに来て大きな成果につながりそうだ。 そして、その3人がU-24日本代表の大きな力になることに加え、DF冨安健洋(ボローニャ)やMF久保建英(ヘタフェ)など、A代表の常連組もU-24日本代表の活動に参加。そのため、普段は訪れることがないチャンスが、A代表では生まれていた。 昨年の2度の欧州遠征は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり、海外組のみで活動。しかし、3月の活動から、国内組も加わり、6月もその形は継続された。 その結果、主軸が抜けた穴を争うべくチーム内で競争が起こり、国内組の選手を中心に控えとみられる選手たちが奮起した。 また、誤算でもあることではあるが、FW大迫勇也(ブレーメン)が途中で離脱、MF南野拓実(サウサンプトン)もキルギス代表戦を前に離脱したことで、そのチャンスはさらに広がり、選手を試さざるを得ない環境にもなったが、そこが上手く機能したと言える。 <span class="paragraph-title">◆国内組に見られた変化</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210617_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> その中でも目についたのが国内組の選手たちの変化だ。進化と言っても良いかもしれない。 前述の通り、6月の活動からは主軸が数人抜けたことで、チーム内での競争が活性化。また、最終予選に進出することが決まったことからも、公式戦をテストとして使うことが可能となったことが大きい。 今回招集された国内組の選手は、追加招集のFWオナイウ阿道(横浜F・マリノス)も含めて11名。3月の活動に居なかった選手も4名加わったが、合宿が3週間あったこともあり、大きな変化を生み出すこととなった。 3月の活動から1つステージが上がった日本代表。そのステージはこの5月、6月も維持されていたが、3月の活動では戸惑っていた国内組の選手たちが、このステージで戦える形に進化した姿が見られた。 特にメンタリティの変化が大きく、3月から継続して呼ばれた選手たちは、受けた刺激をそのまま継続。今回初めて活動に入ったDF昌子源(ガンバ大阪)やDF谷口彰悟(川崎フロンターレ)、MF坂元達裕(セレッソ大阪)、FWオナイウ阿道(横浜F・マリノス)も、当初その差を感じながらも、この3週間で適応していった。 それはピッチ上でも表れており、まだまだ課題は個々にありながらも、明らかにプレーに変化が出ている状況。タジキスタン、セルビア、キルギスの3試合では試合中にもその変化が見られた。 <span class="paragraph-title">◆通常のパフォーマンスレベルを上げられるか</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210617_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> その中でも1つポイントとなったのは、クラブで見せているパフォーマンスを代表の舞台でも出せるかということだろう。 数いる選手の中から選抜されて組むのが代表チームであり、森保監督を含めたスタッフ陣のスカウティングで認められた能力の選手が集っている。能力には問題ない選手が代表チームで輝けないことはしばしばあるが、その大きな理由は普段のプレーを出せないというところにある。 これは国内組に限ったことではないが、評価されたパフォーマンスが発揮できなければ、当然評価は上がらず、結果も残せない。持っているパフォーマンスをいかに試合で出せるかが重要となる。 その点で、3月の活動から日本代表のステージが1つ変わり、個々が持っている特徴をチームとして発揮するということにこだわった。その結果が、韓国代表戦の勝利やモンゴル代表戦の圧勝につながり、それが今回の活動にも継続されていた。 そして、その通常のパフォーマンスをしっかり発揮していたのが海外組だけでなく、国内組にも広がったのが今回の活動だったように思う。 U-24日本代表戦を含めて5試合。通常の代表活動で全選手がピッチに立つことはないが、今回の活動せは全員がピッチに立った。またフィールドプレーヤーは全員が2試合以上に出場。さらに、日本代表の経験が少ない選手は公式戦で2試合に起用されたことも大きいと言える。 トレーニングで強度の高さを学び、それを実戦で試す。そこで出た課題を、再び試合ですぐにトライできるという環境が、大きな変化をもたらしたように思う。チーム戦術は所属クラブとは違いながらも、局面で求められる個々のパフォーマンスはクラブで見せるものと変わりなかった。 その結果は、セルビア戦の後半のプレー、そしてタジキスタン戦とキルギス戦のパフォーマンスの変化にも見られるだろう。Jリーグで見せている普段のプレーをしっかりと発揮すれば、国際舞台でもある程度通用することは証明した。もちろん磨かなくてはいけない部分は多々あるが、Jリーグでやっていることは間違っておらず、選手が積み上げてきたものも間違っていないことが証明された。 キルギス戦でいてば、初ゴールからハットトリックを達成したオナイウのポジション取り、右サイドで縦に中にと変化をもたらせた坂元の仕掛け、立ち位置のチェックとアグレッシブな動きからアシストを決めた川辺の飛び出し、他の選手も個々の特徴を見せたが、それをいかに高いレベルでクラブでも続けられるかが今後のカギとなる。 <span class="paragraph-title">◆最終予選へのサバイバル</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210617_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 次の活動まではおよそ2カ月半の期間が空くことになり、海外組は新シーズンの開幕まで束の間の休息がある。また、チームを変える選手、チーム内でのポジション争いが待つ選手など、それぞれの勝負が始まる。 一方で、国内組はリーグ戦が待っており、実戦の場でのアピールが可能。この3週間で得たものを、チームに戻っても磨き続けられるか、そしてピッチ上で表現できるかが重要になる。 そして、その還元がJリーグそのもののレベルを引き上げることに繋がり、その結果がさらに選手自身の強化、成長に繋がっていく。代表からJリーグへ、Jリーグから代表へという循環を、チームに戻った選手たちが作り出すことが、日本代表が来年のカタールW杯で結果を残すためには必要だろう。 Jリーグで結果を出し続ければ日本代表への道が開けることは証明された。そして、それが国際舞台でも通用することも証明された。より高いレベルの相手に通用するかどうかは、ここからどれだけ磨けるかに懸かってくる。 9月の最終予選には、東京オリンピックを終えた選手たちもポジションを狙ってくる。「1チーム2カテゴリー」と森保監督は常日頃から口にするが、「1チーム1カテゴリー」になり、U-24日本代表の選手たちもA代表の舞台でサバイバルが始まる。 明らかにこれまでとは異なる姿を見せている日本代表。難敵揃いの最終予選でも見たいのは、ここ最近のサッカーだ。それを見せるためには、各クラブで、国内外問わずそれぞれの選手が高みを目指し続けることが不可欠。自らの基準を上げていけるかが重要となる。 <div id="cws_ad">《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》</div> 2021.06.18 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯アジア最終予選進出の12カ国が決定! 日本のほか韓国やオーストラリアなど順当に勝ちぬけ

15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の全日程が終了した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響を大きく受け、2020年は予選が実施できず。最終的には一国での集中開催で最後の日程を消化するというイレギュラーな大会方式となった。 さらに、北朝鮮代表が途中で予選を辞退するなど、様々なエクスキューズがあった中で、全日程が終了した。 すでに突破を決めていた日本代表だが、その他のグループでも突破チームが決定している。 各グループの1位はシリア代表(グループA)、オーストラリア代表(グループB)、イラン代表(グループC)、サウジアラビア代表(グループD)、カタール代表(グループE)、日本代表(グループF)、UAE代表(グループG)、韓国代表(グループH)となった。 カタールは開催国のため、残りの7カ国が最終予選に出場が決定。残りの5チームは各グループ2位のうちの上位5チームとなった。 各グループ2位の順位争いは北朝鮮の辞退に伴い、各グループ最下位のチームとの対戦成績を除いた形で順位付けされることに。2位の中で1位は勝ち点13の中国代表(グループA)、2位は勝ち点12のオマーン代表(グループE)、3位は勝ち点11のイラク代表(グループC)、4位は勝ち点11のベトナム代表(グループG)となった。 また、カタールが出場権を獲得したことで広がった5位には勝ち点10でレバノン代表(グループH)が入ることに。日本と同組のタジキスタン代表は、勝ち点10でレバノンと並ぶも、得失点差で下回り、最終予選に出場ならなかった。 なお、オマーン、イラク、ベトナムは2023年に行われるアジアカップの出場も決定。5位のレバノンはアジアカップの本戦か3次予選かは未定。タジキスタン、ウズベキスタン、ヨルダンはアジアカップの3次予選から出場となる。 日本人監督が率いた国は日本代表を除いて敗退。西野朗監督が率いるタイ代表はグループGで4位、吉田達磨監督が率いるシンガポール代表はグループDで4位、間瀬秀一監督が率いるモンゴル代表は日本と同じグループFで4位に終わった。 ◆カタールW杯アジア最終予選進出チーム シリア代表(グループA) オーストラリア代表(グループB) イラン代表(グループC) サウジアラビア代表(グループD) 日本代表(グループF) UAE代表(グループG) 韓国代表(グループH) 中国代表(グループA)※グループ2位 オマーン代表(グループE)※グループ2位 イラク代表(グループC)※グループ2位 ベトナム代表(グループG)※グループ2位 レバノン代表(グループH)※グループ2位 ◆各グループ2位順位表 勝ち点(試合数/勝/分/負/得点/失点/得失点) 1位[A]中国 13(6/4/1/1/16/3/+13) 2位[E] オマーン 12(6/4/0/2/9/5/+4) 3位[C]イラク 11(6/3/2/1/6/3/+3) 4位[G]ベトナム 11(6/3/2/1/6/4/+2) 5位[H]レバノン 10(6/3/1/2/11/8/+3) ーーーW杯アジア最終予選 6位[F]タジキスタン 10(6/3/1/2/7/8/-1) 7位[D]ウズベキスタン 9(6/3/0/3/12/9/+3) 8位[B]ヨルダン 8(6/2/2/2/6/2/+4) 2021.06.16 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「アイコンタクト」と絶妙アシストの川辺駿、自身の課題にも言及「フィジカルを上げていかないと」

日本代表のMF川辺駿(サンフレッチェ広島)が、キルギス代表戦を振り返った。 日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でキルギス代表と対戦した。 タジキスタン代表戦に続いての先発出場となった川辺。ボランチでの出場となったが、この試合では持ち前の攻撃面でも高いパフォーマンスを発揮。1-0で迎えた31分には右サイドを突破すると、ボックス右からグラウンダーのクロス。これがオナイウ阿道の2点目につながった。 アシストで貢献すると、後半も強度を落とさずプレー。90分のフル出場を果たし、チームの5-1での勝利に貢献した。 試合後、オンラインのメディア取材に応じた川辺はアシストを振り返り、「横パスを自分が前につけて、そのままチャンスがあったので上がっていきました」とコメント。「DFが来ましたけど、上手く抜け出せて、GKとDFの間にうまくボールを入れられました」と語った。 オナイウとはアイコンタクトがあったと言い「アドが入ることはわかっていたので、アイコンタクトを取った瞬間に裏を取っていたので、あそこに出しました」とコメント。狙い通りのアシストだったようだ。 キルギス戦に向けてのイメージについては「グループの中で一番強いチームだということで、前半はチャンスを作りながらも、ボールを奪うことができず、常に思った通りに行った試合ではなかったですけど、そういった時間帯があるということはチームでも話していました」と苦戦する可能性は感じていたとし「上手く先制点とれたことが大きかったと思いますし、その後も点を何点か決められたのは良かったと思います」と、チームとして効果的に得点を重ねられたことが良かったと語った。 今回の活動での手応えについては「タジキスタン、セルビア、キルギスと出ましたが、今回のアシストという結果は重要だったと思いますし、まだまだな部分も多いですけど、自分が生き残るためには少しでも結果が必要だったので、まずはそこの結果が出て良かったです」と数字を残せたことが良かったとコメントした。 また、この試合では飛び出しも見せたが「この何試合かある中であまり飛び出しがなかったので、少しでもチャンスがあれば飛び出そうと思っていましたし、上手く抜け出したおかげで決定機が作れましたので良かったです。回数と質は上げていかないといけないです」と語り、一定の手応えをつかんだ川辺。「ボールを上手く捌くというか、空いているところに出すという良さは出していると思いますし、今日のような飛び出しは出せていたと思います」と攻撃面での良さを出せていると感じているようだ。 一方で「課題は球際の部分や守備の部分で、もうちょっと自分が奪い切る力や、奪い切った後に打開する力が必要になってくると思いますし、そういう球際で勝つ気持ちだったり、フィジカルだったりを上げていかないといけないと思います」と語り、「ボランチで代表に入っている選手は、その部分が強い選手が多いので、まずはそういった部分を常に入っている選手に見劣りしないように成長させなければいけないと思います」と、ライバルとの差を埋めるために努力したいと語った。 特に球際の部分とフィジカルコンタクトの部分ではまだまだ課題がある川辺。一方でチャンスメイクなど攻撃面では非凡なものを見せるが「そういう部分は自分の良さだと思いますし、人とは違うプレーをするという良さは周りにないとも思うので、その部分は高めつつ、スタンダードというか、持ち味を出す前に試合でプレーするために足りない部分をみんなと同じ、それ以上のレベルに持っていかないといけないと思います」と語り、やはり課題だと感じているようだ。 この先のポジション争いについてはやはりフィジカル面が重要だとし「代表に来てボランチの選手を見るとそういった部分が強い選手が多いので、それだけでも刺激になりますし、まずはそこに追いつかないといけないという気持ちでチームに帰ってやらないといけないと思います」と語り、「違ったレベルのチームになると、よりそこが重要になると思うので、そういった部分に目を向けて、少しでも成長した部分を見せられればと思います」と、9月までの間に伸ばしていきたいと語った。 2021.06.16 00:12 Wed
twitterfacebook
thumb

1アシストも「良いところと悪いところが両方出た」と語る小川諒也「東京に帰ってしっかり突き詰めたい」

日本代表のDF小川諒也(FC東京)が、キルギス代表戦を振り返った。 日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でキルギス代表と対戦した。 今回のシリーズでは途中出場が続いていた小川は、初先発。3月のモンゴル代表戦いライの先発となった。 立ち上がりはミスもあった小川だが、積極的に同サイドの浅野拓磨と連携し攻撃を仕掛けると、2-0で迎えた33分にはアーリークロスからオナイウ阿道のゴールをアシストした。 後半途中からはシステム変更に伴いウイングバックに入ると、前からのプレスやインサイドに入って組み立てに参加するなど90分のフル出場。チームの5-1での勝利に貢献した。 試合後、オンラインのメディア取材に応じた小川はアシストを振り返り、「クロスは1、2本上げた時に芝の影響で浮いてしまったので、そこは修正しました」と微調整を行っていたとコメント。「中も3枚、4枚入ってくれたり、合わせやすいシーンが多かったです」と狙いがうまくはまったと語った。 一方で「他の場面はまだまだなところが多くて、良いところと悪いところが両方出たかなと思います」と、反省点も多く感じたようだ。 左サイドでの浅野との関係については「拓磨くんはハッキリ動いてくれるので、その分自分も生かしやすかったですし、かなりのスピードなのでパス出す方も楽というか、裏を簡単に取れる場面が多かったです」と語り、狙いやすいシーンが多かったようだ。 この先、最終予選に向けてはサバイバルとなる。「まずはゴールやアシストの結果が欲しかったので1アシストは良かったです」とコメント。しかし「まだまだ自分には足りないものが多く出たので、東京に帰ってしっかり突き詰めたいと思います」と、クラブでさらに磨きたいと語った。 その課題については「上がったり、相手が来た時にちょっとパスミスが多かったりしたので、その辺は減らさないといけないです」と語り、「次から最終予選ですが、相手のプレスも早くなるので、もっとその辺りを発揮しないといけないと思います」と強度の高い相手に対してのプレーで精度を上げていきたいと語った。 また、「アシストをもっと増やさないといけないと思いますし、もっと早い展開の試合が増えてくると思うので、そこでミスしないように合わせたり、状況判断をもっと早くしないといけないと思います」と、今後の自身の成長ポイントを語った。 2021.06.15 23:22 Tue
twitterfacebook
thumb

先発デビューで1アシストの坂元達裕、「まだまだ足りない」と貪欲にC大阪でもアピール誓う

日本代表のMF坂元達裕(セレッソ大阪)が、キルギス代表戦を振り返った。 日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でキルギス代表と対戦した。 この試合で先発デビューを果たした坂元は、2列目の右でプレー。90分間のフル出場を果たした。 序盤から積極的に仕掛けを見せた坂元は、縦への突破やカットインからのクロスなど、多彩な攻撃を披露。また、セットプレーでのキッカーも務め、72分には右CKから佐々木翔のゴールをアシスト。チームの5-1での勝利に貢献した。 試合後、オンラインのメディア取材に応じた坂元は、自身のプレーについて「押し込む時間が長い中で、自分入った位置で仕掛けられるタイミングがあれば仕掛けようと思ったので、そこはチャレンジできたなと思います」とコメント。「1アシストですが、まだまだゴールを取れたと思いますし、満足はしていないです」と語り、結果には満足できないと語った。 ゴールに向かった積極的なプレーはドリブル突破やクロスだけでなく、セットプレーでも見られ、あわやゴールというシーンも。「とにかく点に関わりたいと思っていたので、ゴールに直結するボールを蹴りました」と語り、ゴールとアシストを目指していたと語った。 今回の合宿が初の日本代表活動となった坂元。手応えについては「練習の中でも色々勉強になる部分はあります」とコメント。また「試合で90分戦えたのは自分にとって自信になりました」と、トレーニングで刺激を受けつつ、最後の試合でフル出場を果たしたことが自信になったようだ。 自身の特徴を最後のアピールの場で出せた坂元。9月の最終予選へはサバイバルが待っているが「まだまだアピールが足りないと思いますし、チームに戻ってアピールしないといけないと思います」と語り、この先はC大阪でもアピールを続けたいとコメント。また、伸ばしたいところについては「目に見えるゴールが取れなかったので、そこが一番大事かなと思っています」とし、ゴールという結果を求めていきたいと語った。 左利きとしての特徴を生かしたいと語っていた部分については「カットインしてクロスだったりはゴールにつながらなかったですが、チャンスは作りました」と一定の手応えを感じている様子。ただ「もっともっとカットインしてゴールを目指せれば良かったですが、まだまだです」と足りていないと感じているようだ。 また、海外組との強度の差があると合宿当初に語っていた坂元。「練習の中で意識して、徐々に慣れるというか、チームに合わせられるようになってきていると思うので、そこはチームに戻っても、もっともっと自分で工夫できればと思います」と語り、日本代表で感じた強度を、C大阪でも出したいとした。 さらにフィジカル面にも課題を感じたようで「レベルが高くなるにつれてフィジカルの強さも上がってくると思いますし、そこで倒れずにプレーするのはまだまだ自分に足りないところです。もっとトレーニングして強くなっていかなければと思います」と当たり負けしない部分を鍛えたいと語った。 2021.06.15 23:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly