レアル・マドリーがアタランタ戦に向けた招集メンバー19名を発表! 足首負傷のベンゼマは招集外に

2021.02.23 02:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは22日、水曜日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのアタランタ戦に向けた招集メンバー19人を発表した。

アウェイでの一戦に向けてジネディーヌ・ジダン監督は、守護神クルトワやDFラファエル・バラン、MFトニクロース、MFカゼミロ、FWマルコ・アセンシオら主力を順当に選出した。


その一方でFWカリム・ベンゼマやMFエデン・アザール、DFセルヒオ・ラモス、DFマルセロら主力9名がケガのため招集外。これを受け、カスティージャからFWウーゴ・ドゥロやMFアントニオブランコ、MFセルヒオ・アリーバス、DFミゲル・グティエレスら6選手がメンバー入りしている。今回発表されたメンバーは以下の通り。

◆レアル・マドリー招集メンバー
GK
ティボー・クルトワ
アンドリー・ルニン
ディエゴ・アルトゥーベ

DF
ラファエル・ヴァラン
ナチョ・フェルナンデス
フェルラン・メンディ
チュスト・ガルシア
ミゲル・グティエレス

MF
トニ・クロース
ルカ・モドリッチ
カゼミロ
イスコ
セルヒオ・アリーバス
アントニオ・ブランコ

FW
マルコ・アセンシオ
ルーカスバスケス
ヴィニシウスジュニオール
マリアーノディアス
ウーゴ・ドゥロ


関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ第26節プレビュー】優勝行方左右するマドリード・ダービー!

先週末に行われた第25節では上位6チームによる3つの上位対決が行われた中、アトレティコ・マドリー、バルセロナが勝利を飾った一方、レアル・マドリーはレアル・ソシエダとドローに終わる勝ち点逸となった。 3月最初の一節となる今節では今季のラ・リーガの優勝争いを大きく左右する首位のアトレティコ(勝ち点58)と、3位のレアル・マドリー(勝ち点53)による、今季2度目のマドリード・ダービーが開催される。 アトレティコは前節、ビジャレアルとの上位対決をオウンゴールとFWフェリックスのゴールによって2-0のスコアで快勝。公式戦連敗をストップすると共に、公式戦9試合ぶりのクリーンシートを記録する実りある結果となった。さらに、今節からは賭博問題による母国FAからの処分によって10週間の出場停止を科されていたDFトリッピアーが戦列に復帰することになり、一部主力をケガで欠くものの、ほぼ盤石の状態で宿敵との大一番に臨める。 対するレアル・マドリーは前節、ソシエダとの上位対決を1-1のドローで終えた。試合を通して上々の試合運びを見せたが、後半に指揮官が施した3バックへの変更で流れを失い、先制を許すと、試合終了間際にFWヴィニシウスのゴールでドローに持ち込むことが精いっぱいという難しい一戦となった。この結果、ラ・リーガでの連勝が「4」でストップし、敵地でのダービーを5ポイント差で迎えることになった。また、一時復帰の可能性が期待されたFWベンゼマとFWアザールの回復具合が芳しくない上、FWマリアーノが新たに負傷者リスト入りと、厳しい状況で勝ち点3必須のダービーに臨むことになりそうだ。 そのマドリードの2強の潰し合いを期待しつつ連勝を狙う2位のバルセロナ(勝ち点53)は、12位のオサスナ(勝ち点28)と対戦。先週末に行われた前節、ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ準決勝2ndレグでは難敵セビージャ相手に連勝。とりわけ、コパでは初戦を0-2で落としていた中、1-0で迎えた後半ラストプレーでDFピケが値千金のゴールを決めて延長戦に持ち込むと、延長戦ではFWブラースヴァイトのゴールで勝ち越し、大逆転での決勝進出を決めた。 その奇跡のレモンターダによってチームの雰囲気は非常に明るいが、来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦を控えていることもあり、今回のオサスナ戦ではターンオーバーの採用が濃厚だ。前回対戦では4-0で快勝も、DFアラウホに加えてDFピケが負傷離脱した最終ラインや疲労が溜まる一部主力のコンディションは気がかり。FWトリンコンや比較的フレッシュなFWグリーズマンら控え組の活躍は必須だ。 熾烈な残留争いに身を置く日本人選手所属3チームでは、13位のヘタフェ(勝ち点27)が17位のバジャドリー(勝ち点22)、16位のエイバル(勝ち点22)が15位のカディス(勝ち点25)、最下位のウエスカ(勝ち点20)が11位のセルタ(勝ち点30)と、いずれもボトムハーフの相手に勝ち点3奪取を狙う。 MF久保建英は前節、バレンシア相手に4試合連続途中出場となった中で試合終了間際にポスト直撃の決定的なシュートを放つなど、若干の見せ場を作ってチームの7戦ぶりの白星に貢献。ただ、ポジション奪取に向けては引き続き途中出場からのアピールが求められるところだ。 8戦未勝利という泥沼の状況が続くエイバルで苦闘が続くMF乾貴士とFW武藤嘉紀は、前者がウエスカとの前節で出場機会なしに終わった一方、後者は2試合連続途中出場中だ。乾に関してはMブライアン・ヒルに加えて、MFペドロ・レオン、MFアレイシ・ガルシアとのポジション争いで苦戦。武藤に関してはFWセルジ・エンリクの不調によって、そろそろ2トップの一角での先発復帰が期待されるところだ。 そのエイバル戦でリーグ16試合ぶりに出場機会なしに終わったFW岡崎慎司は、パチェタ監督が[3-4-2-1]、[3-5-2]と前線の構成に試行錯誤していることもあり、レギュラーポジション確保に向けて決定的なアピールが求められる。セルタ戦ではゴールやアシストという目に見える結果だけでなく、主砲ラファ・ミルとの良い絡みを見せたい。 その他では直近公式戦連敗中の4位セビージャ(勝ち点48)や、バレンシアvsビジャレアルの自治州ダービーにも注目したい。 《ラ・リーガ第26節》 ▽3/5(金) 《29:00》 バレンシア vs ビジャレアル ▽3/6(土) 《22:00》 バジャドリー vs ヘタフェ 《24:15》 エルチェ vs セビージャ 《26:30》 カディス vs エイバル 《29:00》 オサスナ vs バルセロナ ▽3/7(日) 《22:00》 ウエスカ vs セルタ 《24:15》 アトレティコ・マドリー vs レアル・マドリー 《26:30》 レアル・ソシエダ vs レバンテ 《29:00》 アスレティック・ビルバオ vs グラナダ ▽3/8(月) 《29:00》 ベティス vs アラベス 2021.03.05 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンゼマのダービーでの復帰は困難か? 調整に遅れ…

レアル・マドリーは今週末の大一番に向けてエースのコンディションを慎重に見極める必要がありそうだ。 現在、3位のレアル・マドリー(勝ち点53)は7日、敵地で行われるラ・リーガ第26節で首位のアトレティコ・マドリー(勝ち点58)との今季2度目のマドリード・ダービーに臨む。 前節、レアル・ソシエダと1-1のドローに終わり、1試合未消化の首位チームを相手に5ポイント差を付けられた状態で臨む大一番では勝利必須。そのためには元フランス代表FWカリム・ベンゼマの戦列復帰が求められるところだ。 先月14日に行われたバレンシア戦後に左足内転筋を痛めて欠場が続くベンゼマだが、今週に入ってからの報道ではリハビリが順調に進んでおり、4日には全体練習に部分合流し、ダービーでの復帰が期待されていた。 しかし、マドリーの4日のトレーニングに関する最新のレポートでは、ベンゼマは全体練習に復帰しておらず、ベルギー代表FWエデン・アザール、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスと共に屋内と屋外での個別トレーニングを行うにとどまったという。 そして、スペイン『アス』は可能性はゼロではないものの、ダービーでの戦列復帰は限りなく低い見通しであると伝えている。 また、復帰に向けて慎重なプロセスを取っているアザール、当初の予定よりもリハビリが順調に進んでいるセルヒオ・ラモスに関しても、未だジムでのトレーニングに留まるスペイン代表DFダニ・カルバハル、直近で負傷が報告されたドミニカ人FWマリアーノ・ディアスと共にアトレティコ戦を欠場する見込みであるとしている。 2021.03.05 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ダービー控えるマドリーに新たな負傷者…ディアスが左足外閉鎖筋負傷で離脱

レアル・マドリーは4日、ドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスの負傷を発表した。 ディアスは、1日に行われたラ・リーガ第25節のレアル・ソシエダ戦に先発出場すると、61分までプレーしていた。 4日にクラブの医療部門の検査を複数受けたディアスは、左足外閉鎖筋の負傷と診断されたとのこと。 クラブは現時点で経過観察の方針を打ち出すにとどまっているが、スペイン『アス』は全治までに2週間はかかると報じており、7日に控えているラ・リーガ第26節のアトレティコ・マドリー戦も欠場する見込みのようだ。 今シーズンのマドリーではケガ人が続出しており、キャプテンのDFセルヒオ・ラモスやベルギー代表FWエデン・アザール、スペイン代表DFダニエル・カルバハルらがチームから離脱している。 2021.03.05 01:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「友達は1人しかいない」ベンゼマが、レアルやC・ロナウド、ジダンについて語る「兄のような存在」

レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが自身について赤裸々に語った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 2009年7月に自身が育ったリヨンを離れ、マドリーへと加入したベンゼマ。マドリーでのキャリアが10年以上を迎え、公式戦541試合に出場し266ゴール140アシストを記録している。 これまでは、様々な評価が下され、かつて所属したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)との比較も絶えなかったが、退団後はチームの得点源としてより存在感を増している。 そのベンゼマが、スペイン『エル・パイス』で自身のプライベートな部分について語った。 アルジェリア人の両親の下、リヨンで生まれ育ったベンゼマ。子供の頃のことについて「僕は厳しい場所からやって来たんだ。身なりがよく、素敵な車を持っている年上の男の人を見ていて、僕は彼らのようになりたいと思っていたんだ」と子供の頃の憧れについて語った。 リヨンの下部組織でもプレーしたベンゼマだが、特別なアイドルはいなかったという。それでも「サッカーではブラジルのロナウド」とモデルはいたとのこと。さらに「僕は(マイク・)タイソンも尊敬している。なぜなら、2人とも底辺から来て徐々に這い上がっていったからだ。決して楽をしたわけでもなく、タダで何かを与えられたわけでもない」と、徐々に力をつけて名声を挙げた2人をモデルとしていたことを明かした。 そのベンゼマは、現在はマドリーのエースに君臨。かつてのことを振り返り「クリスティアーノ(・ロナウド)がチームを去ったことで、僕は別の役割を担うこととなった。彼は毎年50ゴールを決めていて、彼の試合に適応する必要があった。彼は世界で最高の1人だし、僕は彼のそばで幸せだった」とコメント。ガレス・ベイル(トッテナム)とともに“BBC”と呼ばれていたトリオ時代も幸せだったという。 一方で、同じアルジェリアにルーツを持つジネディーヌ・ジダン監督については「彼は僕にとって兄のような存在だ。いつもそばにいて、僕にアドバイスをくれる」とコメント。助けになっていることを明かした。 そのベンゼマだが、なかなか感情を表に出すことが少なく、冷酷な人間だと思われることも多い。 しかし、「僕には感情があるよ。でも、そうであっても自分の弱点を晒すことは決してない。僕は弱っている時、それを自分の中に留めるんだ」とコメント。冷たい人間ではなく、感情をあまり表に出さないタイプだと語った。 そのベンゼマは、現在多くの選手が被害にあっている人種差別主義者についてもコメント。「ムカつくし、恐ろしいし、汚らしい。僕たちは全て同じだ」とかたり、反感を露わにした。 また、「僕には友達が1人しかいない。だから、友情が僕にとってとても重要であることを示している」とコメント。「お金は物事をはるかに簡単にしてくれる。でも、幸せになるために何百万も必要とはしないよ」と語り、お金が全ての幸せをもたらす訳ではないとの見解を語った。 2021.03.04 20:58 Thu
twitterfacebook
thumb

「トッテナムの選手ではない」ベイルの去就にモウリーニョ監督「ジダンに聞いてみるといい」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、ウェールズ代表FWガレス・ベイルについて言及した。イギリス『BBC』が伝えた。 かつてトッテナムで一躍スターダムを駆け上がり、当時の移籍金最高額でレアル・マドリーへと移籍したベイル。加入当初は期待に沿う活躍を見せていたが、近年はケガやピッチ外での問題もあり、陰りが見えていた。 そんなベイルは、古巣のトッテナムへ1シーズンのレンタル移籍で復帰。しかし、ケガやコンディション不良などで満足にプレーできないお荷物となっていたが、ここにきて復調の兆し。2月28日に行われたプレミアリーグ第26節のバーンリー戦では2ゴール1アシストの活躍を見せ、チームの勝利に貢献していた。 現在の契約ではシーズン終了後にマドリーへと復帰するベイルだが、マドリーとの契約も2022年6月20日までとなっている。 トッテナムに残るのか、マドリーへ復帰するのか、去就が話題となっているベイルだが、モウリーニョ監督がその件についてコメント。決めるのはレアル・マドリーであると主張した。 「彼はトッテナムの選手ではない。レアル・マドリーが全てを握っている」 「私は選手をただ貸し出されているだけで、トッテナムのために選手を最大限に活用しようと思う」 「自分たちのために借りている選手を大切にすることはもちろんだが、その選手を貸し出しているクラブへのリスペクトも大切にするようにしている」 「ガレスの将来について何かを質問したい場合は、マドリッドの同僚に頼んで、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督に聞いてみるといい」 ここまで公式戦20試合に出場しているベイルだが、副長との見方もあり、4日に行われるフルアム戦に出場するとの見方もある。 モウリーニョ監督は選手はいつだってケガをしているとし、傷を負ったベイルに対しては全てを尽くしたと語った。 「選手がケガをしているということはとても個人的なことであり、選手には必ず傷があると思っている」 「そして、そのケガは肉体的な傷だけでなく、感情的な傷がある事が多い。ケガをした選手は精神的に自由になり、キレイになるまで時間がかかる」 「ただ我慢する必要があり、彼の場合、我々は何もしなかった。できる限り彼の世話をしたし、最終日までそうするだろう」 「我々は彼の周りの全てのものを自由に使えるようにした。コーチングスタッフ、メディカルスタッフ、スポーツ科学などだ。そして、ドレッシングルームにいる友人が、彼の幸せに一役買っていると思う」 「彼はそれで幸せだが、もちろん高いレベルでのパフォーマンスに関連する幸せを逃していた」 「彼はここにいるこの瞬間、幸せでクリーンで、うまくいけば彼の出場時間や試合、フィーリングをコントロールできるだろう」 2021.03.04 17:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly