レアル・マドリーがアタランタ戦に向けた招集メンバー19名を発表! 足首負傷のベンゼマは招集外に

2021.02.23 02:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは22日、水曜日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのアタランタ戦に向けた招集メンバー19人を発表した。

アウェイでの一戦に向けてジネディーヌ・ジダン監督は、守護神クルトワやDFラファエル・バラン、MFトニクロース、MFカゼミロ、FWマルコ・アセンシオら主力を順当に選出した。

その一方でFWカリム・ベンゼマやMFエデン・アザール、DFセルヒオ・ラモス、DFマルセロら主力9名がケガのため招集外。これを受け、カスティージャからFWウーゴ・ドゥロやMFアントニオブランコ、MFセルヒオ・アリーバス、DFミゲル・グティエレスら6選手がメンバー入りしている。今回発表されたメンバーは以下の通り。

◆レアル・マドリー招集メンバー
GK
ティボー・クルトワ
アンドリー・ルニン
ディエゴ・アルトゥーベ

DF
ラファエル・ヴァラン
ナチョ・フェルナンデス
フェルラン・メンディ
チュスト・ガルシア
ミゲル・グティエレス

MF
トニ・クロース
ルカ・モドリッチ
カゼミロ
イスコ
セルヒオ・アリーバス
アントニオ・ブランコ

FW
マルコ・アセンシオ
ルーカスバスケス
ヴィニシウスジュニオール
マリアーノディアス
ウーゴ・ドゥロ



関連ニュース
thumb

レアル・マドリーがナポリGKオスピナの獲得検討か

レアル・マドリーがナポリからコロンビア代表GKダビド・オスピナ(33)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ベルギー代表GKティボー・クルトワが絶対的守護神に君臨するレアル・マドリー。第2GKとしての役割を担うのがウクライナ代表GKアンドリー・ルニン(23)だが、選手は今夏の移籍を頭に巡らせている模様だ。 8日に行われたアトレティコ・マドリーとのラ・リーガ第35節でようやく加入後初のリーグ戦出場を果たしたなか、より多くのプレータイム、あるいは先発としてのチャンスがある環境を求めているという。 レアル・マドリー内では代役に関する協議が始められ、かつてパリ・サンジェルマンから獲得したフランス代表GKアルフォンス・アレオラのような実績を持つGKで穴埋めを図る方針を固めているのことだ。 そこで議論に挙がるのがかつてカルロ・アンチェロッティ監督の下でプレーした経歴を持ち、今季限りでナポリとの契約が満了するオスピナ。レアル・マドリー入りとなれば、クルトワとの争いが待つが、いかに。 なお、ルニンに関しては出番を得られるクラブを探しているものの、レアル・マドリーから完全に去ることは望んでいないとのことで、移籍となってもレンタルになる可能性があるようだ。 2022.05.18 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーがセバージョスとアセンシオに二択を迫る…契約延長か今夏移籍か

レアル・マドリーが、MFダニ・セバージョス(25)とFWマルコ・アセンシオ(26)に二択を迫っているようだ。 セバージョスは2017年夏にベティスから加入するも、準レギュラーの枠を越えられず、2019年夏から2シーズンはアーセナルにレンタル移籍した。 アーセナルでは2シーズンで公式戦77試合に出場。主力として活躍したが、今季はマドリーに戻ることを選択。しかし、東京五輪で足首のじん帯を断裂し、シーズン前半を棒に振ることに。マドリーでは今季で通算在籍丸3年となるが、出場試合数はアーセナルより少ない。 一方、アセンシオは2015年夏に加入。エスパニョールでの武者修行を除けば今季で6シーズン目となる。2019-20シーズンヒザの十字じん帯断裂で長期離脱を強いられたものの、平均して1シーズンあたり40試合以上に出場しており、今季も公式戦42試合で10ゴールの成績を残す。 スペイン『ABC』によれば、マドリーは2023年夏で契約満了を迎える両選手に契約延長を打診する模様だが、一方で適当なオファーが届けば売却もやぶさかではないとのこと。フリーでの流出を避けるため、今夏のタイミングで延長か移籍かの二択を迫ると伝えられている。 2022.05.17 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ムバッペの去就巡りクラブ間交渉へ! PSG会長がマドリード入り

パリ・サンジェルマン(PSG)残留とレアル・マドリー移籍に揺れるフランス代表FWキリアン・ムバッペを巡る交渉が始まったようだ。 今夏で満了となる契約を巡って去就が騒がれているムバッペ。長らくレアル・マドリー移籍が取り沙汰されていたが、ここに来てPSGとの契約延長の線も浮上する状況となっている。 すでに今季のリーグ・アン優勝を決め、3年連続のリーグ年間最優秀賞に選ばれたムバッペは「僕の決断はほとんど決まっている。近いうちに結論を出す」と、進退をほのめかすとともに、「フランス代表チームに合流する前になるだろうね」と、具体的な発表の時期も示した。 注目が高まる中、スペイン『El Chiringuito』が、PSGのナセル・アル・ケライフィ会長が現地時間17日にマドリード入りしたと報道。目的はもちろんムバッペの去就について。代表団を引き連れ、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長と会談を開く予定のようだ。 2022.05.17 20:21 Tue
twitterfacebook
thumb

ギュンドアンに移籍の可能性…プライベートジェットでマドリードに向かう

マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン(31)に退団の可能性が浮上している。 2016年夏に加入し、3度のプレミアリーグ優勝や4度のEFLカップ制覇に貢献してきたギュンドアン。今季もここまでリーグ戦での先発回数が20試合に到達するなど、群雄割拠のシチズンズで印象的なパフォーマンスを続けており、4度目のリーグ優勝も目前に迫っている。 しかしながら、イギリス『デイリー・メール』によると、ギュンドアンは31歳という年齢から最後に別のクラブで一花咲かせたいと考えているという。クラブも現行契約が今夏で残り12か月を切る同選手に対して自由な選択肢を与える意向で、今夏の退団が目されている。 そんな中、31歳のドイツ代表MFは16日にプライベートジェットでマドリードに向かった模様。今のところ目的は不明とのことだが、過去にレアル・マドリーがギュンドアンの獲得に動いた経緯から、同クラブとの話し合いが行われたのではないかと推測されている。 なお、ギュンドアンは3月のドイツ『キッカー』の取材で去就について言及した際、「ここより魅力的な場所はない。2023年以降もこのクラブにとどまることを想像できる」と契約延長を示唆していたが、本心は果たして。 2022.05.17 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ベイル、レアル・マドリー退団後は「ウェールズ次第」…代理人が発言

ウェールズ代表FWガレス・ベイル(32)の代理人が改めて選手のレアル・マドリー退団を明かすとともに、その先についても発言した。 2013年にトッテナムから加入したベイル。数々のタイトルに貢献した事実こそ否定されるべきではないが、1年ローンのトッテナムから復帰した今季を含め、相次ぐ故障による稼働率の低さが深刻で、今やクラブやファンとの関係も完全に冷え切ってしまっている。 代表先での姿を見るとやはり別格だが、レアル・マドリーでは今季もさっぱりで、ここまで公式戦を通じても7試合の出場のみ。すでにカルロ・アンチェロッティ監督からも示唆されるなど、今季満了の契約をもってのレアル・マドリー退団が確実視されている。 そうしたなか、以前からベイルの退団を口にしている代理人のジョナサン・バーネット氏はポルトガル『Record』で改めてその見通しを明らかにしたが、ウェールズ代表のカタール・ワールドカップ(W杯)出場有無で下す結論が変わり得る状況を続けている。 「彼はレアル・マドリーを去るが、すべてはウェールズ代表が予選を突破できるかどうかにかかっている。結論を出すのはそれからだ」 すべては来月5日に予定するウクライナ代表との欧州予選プレーオフを勝ち抜けるかどうかとの言い分を続けるバーネット氏だが、イングランド復帰の可能性を問われると、「そう思う。ウェールズ代表がW杯に出られるかを見守らないとだがね」と返している。 2022.05.17 12:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly