久保建英など欧州組のみで構成された日本代表メンバーが発表!菅原由勢が初招集、カメルーン&コートジボワールと対戦

2020.10.01 14:01 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。

2019年12月に行われたEAFF E-1 サッカー選手権以来の活動となる日本代表。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり活動が制限され、今回はヨーロッパでプレーする選手のみが招集されることとなった。

今回のメンバーには、これまでA代表に招集されていた選手と東京五輪世代が融合。菅原由勢(AZ)が初招集となった。

日本代表はカメルーン代表と9日(金)に、コートジボワール代表と13日(火)に対戦する。今回発表された日本代表メンバーは以下の通り。

◆日本代表メンバー
※10/5追記

GK
川島永嗣(37/ストラスブール/フランス)
権田修一(31/ポルティモネンセ/ポルトガル)
シュミット・ダニエル(28/シント=トロイデン/ベルギー)

DF
長友佑都(34/マルセイユ/フランス)※コンディション不良のため不参加
吉田麻也(32/サンプドリア/イタリア)
酒井宏樹(30/マルセイユ/フランス)
室屋成(26/ハノーファー/ドイツ)
植田直通(25/セルクル・ブルージュ/ベルギー)
安西幸輝(25/ポルティモネンセ/ポルトガル)
板倉滉(23/フローニンヘン/オランダ)
冨安健洋(21/ボローニャ/イタリア)
菅原由勢(20/AZ/オランダ)

MF
原口元気(29/ハノーファー/ドイツ)
柴崎岳(28/レガネス/スペイン)
遠藤航(27/シュツットガルト/ドイツ)
伊東純也(27/ヘンク/ベルギー)
南野拓実(25/リバプール/イングランド)
鎌田大地(24/フランクフルト/ドイツ)
中山雄太(23/ズヴォレ/オランダ)
三好康児(23/アントワープ/ベルギー)
堂安律(22/アルミニア・ビーレフェルト/ドイツ)
久保建英(19/ビジャレアル/スペイン)

FW
岡崎慎司(34/ウエスカ/スペイン)※ケガのため不参加
大迫勇也(30/ブレーメン/ドイツ)
鈴木武蔵(26/ベールスホット/ベルギー)

関連ニュース
thumb

【日本代表プレビュー】最後のテストマッチ、総入れ替えで何を確認し、何を試す?/vsエクアドル代表【キリンチャレンジカップ2022】

カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕まで残り2カ月を切り、このエクアドル代表戦が、日本代表にとってメンバー発表前最後の試合となった。 19日からドイツのデュッセルドルフに渡りキャンプをスタートさせた日本。23日のアメリカ代表戦では2-0と勝利を収めていた。 アジア最終予選を戦った[4-3-3]ではなく、[4-2-3-1]を試した日本。スターティングメンバーも当然変化が見えた。 果たして、森保一監督は最後の試合で何を確認するのだろうか。 <span class="paragraph-title">◆スタメン全員入れ替え</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jpn20220927_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Image<hr></div> 今回の遠征に際して30名を招集した森保監督。しかし、クラブ事情でDF冨安健洋(アーセナル)が、ケガでGK権田修一(清水エスパルス)が離脱。28名となった。 森保監督は「アメリカ戦とは先発全員入れ替えて臨みたいと思います」と前日の記者会見で語っており、アメリカ戦とは異なるメンバーで臨むことになるだろう。 アメリカ戦では、相手の攻撃を封じ、前線、中盤で強度の高いプレスをかけたことで制限。危ないシーンはほとんどなかったと言える。全てが上手くいったとは言えないが、これまでの戦いを踏まえ、そして各選手が所属クラブで成長した成果が見れたと言えるだろう。 また、「明日の試合は同じシステムで戦いたいです」と語るように、[4-2-3-1]も継続するとコメント。アメリカ戦からの継続をしつつ、選手を変えて戦うことを語った。 いずれにせよ、最後の調整試合となる中で、どのようなパフォーマンスを見せるのか。アメリカ戦でプレーできなかった選手たちの奮起にも期待したい。 <span class="paragraph-title">◆南米予選4位</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jpn20220927_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対するエクアドルは、2大会ぶりにW杯に出場。南米予選を4位で勝ち抜いて本大会の出場権を獲得した。 そのエクアドルは、23日にサウジアラビア代表と対戦し、0-0のゴールレスドローに終わっていた。 今回は若い選手もいる中で、グスタボ・アルファロ監督は「いくつか変更がある」とメンバー変更を示唆。チームの課題にも「何かが欠けているとは感じるが、持っている多くの良いものを強化することを選ぶ」と、特徴を伸ばしていくことをしたいとした。 基本システムは[4-3-3]で、中盤は逆三角形の形をとっている。過去には日本とは3試合を戦っており、日本の2勝1分け。最後の対戦は2019年6月で、コパ・アメリカで1-1のドローだった。 当時とは日本もメンバーが異なり、エクアドルも監督が代わっていることもあるので参考にはならないが、エクアドルも日本戦初勝利を目指してくるだろう。 <span class="paragraph-title">◆予想スタメン[4-2-3-1]</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jpn20220927_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Image<hr></div> GK:シュミット・ダニエル DF:山根視来、谷口彰悟、伊藤洋輝、長友佑都 MF:柴崎岳、田中碧 MF:堂安律、南野拓実、三笘薫 FW:古橋亨梧 監督:森保一 前日会見の言葉を信じるのであれば、アメリカ代表戦から11名を全て入れ替えることになるだろう。 GKに関しては権田が居なくなったことで3人からのチョイスになるが、アメリカ戦の後半にプレーしたシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)を起用すると予想する。ほとんどピンチはなかっただけに、エクアドル戦でもしっかりとしたパフォーマンスを見せたい。 最終ラインも一新されることになる。右から山根視来、谷口彰悟(ともに川崎フロンターレ)、伊藤洋輝(シュツットガルト)、長友佑都(FC東京)となると予想する。伊藤はアメリカ戦の後半からピッチに立っていた中、違う組み合わせでどういうパフォーマンスを披露するのか。また、国内組の3人がしっかりとW杯出場国相手に戦えるかも注目ポイントだ。 ダブルボランチは、柴崎岳(レガネス)と田中碧(デュッセルドルフ)と予想する。どちらもアメリカ戦では出番なし。遠藤航(シュツットガルト)、守田英正(スポルティングCP)と比べれば、より攻撃的なタイプとなるが、どういったパフォーマンスを見せるのか。守備面での強度も注目だが、攻撃的にどうプレーできるかは注目に値するだろう。 2列目に関しては、右に堂安律(フライブルク)、トップ下に南野拓実(モナコ)、左に三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)が起用されると予想する。 堂安、三笘はアメリカ戦でも途中出場。三笘はダメ押しのゴールを記録していた。互いにレギュラーポジションを掴んでいるとは言えないが、そこで違いを見せられるのか。結果を残したいところだ。また、アメリカ戦で出番がなかった南野も、久しぶりのトップ下での起用となると予想する。このチームが発足した当初はトップ下でゴールを量産。左サイドで起用されてからは苦しい時間も続いているが、どういう結果を残せるか注目だ。 そして注目の1トップは古橋亨梧(セルティック)と予想する。アメリカ戦では出番なし。上田綺世(セルクル・ブルージュ)とどちらが起用されるかというところだが、まずは古橋を起用すると予想。代表ではなかなか結果を出せていないだけに、ゴールに期待したいところだ。 2人がベンチから外れることになるエクアドル戦。「できれば招集した選手全員を起用したい想いを持っていますが、残念ながら全員を使ってあげることはできないと思っています」と語っているように、招集した全選手は起用できないだろう。果たして、選手交代にも注目が集まる。 エクアドル代表戦は27日の20時55分から。W杯メンバー発表前最後の試合が幕を開ける。 2022.09.27 12:50 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表戦を前にエクアドル代表監督「足りないものを嘆くときではない」と強みを伸ばすと強調

日本代表とのキリンチャレンジカップ2022を前に、エクアドル代表のグスタボ・アルファロ監督がコメントした。 カタール・ワールドカップ(W杯)にも出場するエクアドル。アルファロ監督の下で南米予選を勝ち抜き、本大会ではグループAに入った。 今回のインターナショナル・マッチデーでは、サウジアラビア代表と23日に対戦して0-0のゴールレスドローに。現時点では、日本戦がW杯前最後の試合となる。 試合前の記者会見に出席したアルファロ監督は、日本戦のメンバーについて言及した。 「午後のトレーニングでスターティングイレブンを決める。どの選手が回復に成功したのかを確認したい。まだ何人かはわからないが、いくつか変更があるだろう」 「私は選手たちに、『大会をスタートさせるのではなく、終わらせるんだ』と話している。予選を突破し、18試合を戦ったと伝えた」 「ワールドカップをまとめていく中で、どのチームも開幕戦で負けたことはない。それは克服すべき課題の1つだ」 高い目標を掲げて本大会に挑むエクアドルだが、もちろんチームには足りないものも。ただ、足りないものを埋められないと嘆くのではなく、良い部分を伸ばす方が良いと語った。 「我々が持っていないものや足りないもの、全てのチームが持っているものを嘆くために立ち止まることはできない。何かが欠けているとは感じるが、持っている多くの良いものを強化することを選ぶ。我々は、みんなと協力し、より高い効率を見出したい」 その中で、若い選手にも期待しているとのこと。成長する可能性がある選手が伸びていくことを期待した。 「選手たちは成熟するための能力を多く持っている。データと選手のパフォーマンスレベルを見れば、ピークは25か26歳に達するだろう。20歳、21歳の選手たちに、我々を代表する責任を与える」 「このチームには、もっと超越できる選手がいる。和解にもかかわらず、彼らはとても才能があり、私はいつも彼らに満足しないように言っている」 2022.09.27 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表、藤尾のダイビングヘッド弾で強豪イタリアとドロー《欧州遠征》

U-21日本代表は26日、イタリアのカステル・ディ・サングロで行われたU-21イタリア代表との国際親善試合に1-1で引き分けた。 4日前に行われたU-21スイス代表戦を惜敗した日本は、その試合からスタメンを6人変更。GKに佐々木雅士、4バックに半田陸、鈴木海音、西尾隆矢、加藤聖を起用。中盤は田中聡、藤田譲瑠チマの2ボランチに、2列目は右から本田風智、鈴木唯人、斉藤光毅。1トップに細谷真大が入った。 元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏もスタンド観戦に訪れた中、スイス戦同様にアグレッシブに前から守備に行く日本だが、奪った後のビルドアップの場面でミスが目立ちなかなかフィニッシュまで持ち込めない。 すると日本は、18分にピンチを迎える。ボックス内の混戦からファジョーリの落としをボックス左で受けたウドジェが右足を振り抜いたが、このシュートはゴール右に外れた。 その後も日本はイタリアの連動したプレスに苦戦を強いられ、なかなかボールを前進させられない。それでも36分、敵陣でのルーズボールを拾った半田がチップキックでラストパスを供給すると、ボックス右から侵入した細谷が飛び出してきたGKを見てループ気味のシュートを放ったが、これはゴール左に外れた。 さらに日本は、直後の37分にも鈴木のスルーパスでに反応した細谷がゴールエリア右横からスライディングシュートを狙ったが、これは相手GKの好守にはばまれた。 2度の決定機を逃した日本は39分に失点する。右クロスの処理にもたつく半田のバックパスをエスポージトにブロックされると、浮き球をボックス内のコロンボが左足ボレーでゴール左に突き刺した。 迎えた後半、2選手を入れ替えたイタリアに対し日本は斉藤と本田を下げて佐藤恵允と藤尾翔太を投入。しかし、開始早々の47分に日本はピンチを作られる。ボックス左から侵入したパリージに田中が体をぶつけると、こぼれ球を拾ったエスポージトがゴールエリア左横からシュート。西尾のブロックに当たったボールがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 ピンチを凌いだ日本はセットプレーからチャンスを迎える。55分、ショートコーナーを受けた鈴木がボックス右へ展開すと細谷の落としから加藤がシュート。これはゴール左へ逸れたがゴール前の藤尾がダイビングヘッドでゴールに叩き込んだ。 試合を振り出しに戻した日本だが、フレッシュなメンバーに続々投入したイタリアのハイプレスに再び攻撃が停滞。すると日本は、75分に田中と加藤を下げて川﨑颯太と畑大雅をピッチに送り出した。 流れを変えたい日本だったが、77分に再びピンチ。左サイドから仕掛けたボーヴェにボックス内へ切り込まれると、折り返しを受けたコロンボに決定機を許したが、シュートはGK佐々木の好セーブに救われた。 終盤にかけて相手陣内深くまで侵攻し、フィニッシュのシーンを作り出した日本だったが、最後まで勝ち越しゴールを奪うことはできず。試合は1-1の引き分けで終了した。 U-21日本代表 1-1 U-21イタリア代表 【日本】 藤尾翔太(後10) 【イタリア】 コロンボ(前39) ◆U-21日本代表 GK:佐々木雅士(柏レイソル) DF:半田陸(モンテディオ山形)、鈴木海音(栃木SC)、西尾隆矢(C大阪)、加藤聖(V・ファーレン長崎)[→畑大雅(湘南)] MF:藤田譲瑠チマ(横浜FM)、田中聡(コルトレイク)[→川﨑颯太(京都)] MF:鈴木唯人(清水)[→木村勇大(関西学院大)]、本田風智(鳥栖)[→藤尾翔太(徳島)]、斉藤光毅(スパルタ)[→佐藤恵允(明治大)] FW:細谷真大(柏) 2022.09.27 00:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ソシエダの久保建英が周りからの印象とのギャップを告白「実はめちゃくちゃしゃべります」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英がクラブの一問一答に応じ、クラブのこと、自身のことを語った。 久保は今夏、完全移籍でソシエダに加入すると、ここまで公式戦8試合で1ゴール2アシストを記録。開幕戦で加入後いきなりゴールを決めると、18日に行われた第6節のエスパニョール戦でもアシストを記録。チームの中での重要な役割を担っている。 日本代表でもクラブの経験を生かし、23日のアメリカ代表戦では左サイドで先発出場していた久保だが、クラブはこのタイミングで久保への20個の質問とアンサーを公開している。 話せる言語については「2.5くらいですね。スペイン語、日本語、ちょっとだけ英語って感じです」とした久保。その他、得意料理は「カレー」、肉か魚なら「肉」、一緒にプレーしたいレジェンド選手は「ロナウジーニョですね」など久保はプライベートについても語っている。 そして、「まわりの人が持つ印象で実際と違うこと」については、「あんまり喋らないイメージがあると思うんですけど、実はロッカーではめちゃくちゃ喋ってます」と明かし、周りからの印象とはズレがあると明かしている。 その他にも、好きな曲や今観てるドラマまで回答している久保。21歳の素が垣間見えている。 <span class="paragraph-title">【動画】「スーパーヒーローになるとしたら?」久保建英が20個もの質問に答える!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">喋り出すと止まらない<br><br>タケ・クボへの20の質問<a href="https://twitter.com/hashtag/AurreraReala?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AurreraReala</a> <a href="https://t.co/uBt7rWqcha">pic.twitter.com/uBt7rWqcha</a></p>&mdash; レアル・ソシエダ (@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1573975602977202176?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.26 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が日本代表の“スタメン案”に反応「この案はオモロい」

本田圭佑が日本代表のスターティングメンバー案に反応している。 カタール・ワールドカップ(W杯)まで残り約2カ月。本大会でのメンバー選考には今から大きな注目が集まっており、思い思いの予想をしているファンも多いだろう。 その中、W杯を放送する「ABEMA」のFIFAワールドカップゼネラルマネージャに就任している本田もファンの投稿に反応。「この案はオモロい」と爆笑の絵文字を添えて投稿している。 本田が反応したスタメンのシステムは[4-3-3]。中盤にはMF遠藤航(シュツットガルト)、MF守田英正(スポルティング)に加え、MF鎌田大地(フランクフルト)が並んでいる。 3トップの左サイドにはFW三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)、右サイドにはFW伊東純也(スタッド・ランス)の名があるが、最前線にはまさかの大谷翔平(MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属)が置かれている。 さらに、最終ラインでDF冨安健洋(アーセナル)とセンターバックのコンビを組むのは元ハンマー投げ選手の室伏広治氏。GKには元レスリング女子の吉田沙保里さんが並んでいる。そして、イレブンを率いるのは宮崎駿監督だ。 もちろん冗談で投稿した内容だが、これが本田のツボに入ったようだ。23日に行われたアメリカ代表との親善試合前には「サッカーは結局のところ個よ」とも投稿していた本田。それだけに日本が誇るスーパースターたちの並びが刺さったのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】本田圭佑に刺さった日本代表の最強スタメン!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">この案はオモロい</p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1574041578494038016?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.26 18:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly