久保建英は60名の候補に残る! 2020年のゴールデンボーイ賞は誰の手に?

2020.08.16 23:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリア『トゥットスポルト』が主催するゴールデンボーイ賞候補が60名に絞られた。同賞は2003年からスタート。元オランダ代表MFのラファエル・ファン・デル・ファールト氏が初代受賞者となった。

欧州でプレーする最も活躍した21歳以下の選手の中から選ばれ、2019年はアトレティコ・マドリーに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが輝いていた。

18度目となる2020年も錚々たるタレントが候補入り。候補者は毎月、段階的に削られていき、12月に受賞者が決定する。

ノミネートされた100名にはレアル・マドリーからビジャレアルへレンタル移籍中のMF久保建英、AZのDF菅原由勢の2名の日本人が入ったものの、60名には久保のみが入ることに。

その他、ドルトムトのFWアーリング・ハーランドとMFジェイドン・サンチョ、マンチェスター・ユナイテッドのFWメイソン・グリーンウッド、バルセロナのMFアンス・ファティなどが名を連ねた。

◆2020年のゴールデンボーイ賞候補60選手一覧
カリム・アデイェミ(ザルツブルク)
ヤシン・アドリ(ボルドー)
マルレー・アケ(マルセイユ)
イーサン・アンパドゥ(チェルシー)
アディル・アウシシュ(サンテチェンヌ)
ミシェル・バッカー(パリ・サンジェルマン)
ジュード・ベリンガム(ドルトムント)
マイロン・ボアドゥ(AZ)
エドゥアルド・カマヴィンガ(スタッド・レンヌ)
マルコ・カルネセッキ(アタランタ)
ラヤン・チェルキ(リヨン)
ヤン・ブエノ・コウト(マンチェスター・シティ)
ジョナサン・デイビッド(リール)
アルフォンソ・デイビス(バイエルン)
セルジーニョ・デスト(アヤックス)
チアゴ・ジャロ(リール)
ファビオ・シルバ(ポルト)
アンス・ファティ(バルセロナ)
フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)
ジェリコ・ガヴリッチ(ツルヴェナ・ズヴェズダ)
ルシャレル・ヘールトロイダ(フェイエノールト)
ゴンサロ・ラモス(ベンフィカ)
アミーヌ・グイリ(ニース)
ライアン・グラフェンベルフ(アヤックス)
メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド)
アーリング・ハーランド(ドルトムント)
ルクマン・ハキム・シャムスディン(コルトレイク)
カラム・ハドソン=オドイ(チェルシー)
モハメド・イハッターレン(PSV)
カーティス・ジョーンズ(リバプール)
オザン・カバク(シャルケ)
タンギ・クアシ(バイエルン)
久保建英(ビジャレアル)
モハメド・クドゥス(アヤックス)
デヤン・クルゼフスキ(ユベントス)
ガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル)
ナウエン・ペレス(アトレティコ・マドリー)
マイケル・オバフェミ(サウサンプトン)
パウリーニョ(レバークーゼン)
ストラヒニャ・パヴロビッチ(モナコ)
ペドリ(バルセロナ)
ペドロ・ネト(ウォルバーハンプトン)
エドゥアルド・クアレスマ(スポルティング・リスボン)
ラファエル・カマーチョ(スポルティング・リスボン)
ヘイニエル(レアル・マドリー)
ロドリゴ(レアル・マドリー)
ブカヨ・サカ(アーセナル)
ウィリアム・サリバ(アーセナル)
ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
ライアン・セセニョン(トッテナム)
ドミニク・ショボスライ(ザルツブルク)
トマス・タバレス(ベンフィカ)
テテ(シャフタール・ドネツク)
トーマス・エステベス(ポルト)
フェラン・トーレス(マンチェスター・シティ)
ヘオルヒー・ツィタンシュヴィリ(ディナモ・キエフ)
ヤリ・フェルスハーレン(アンデルレヒト)
ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)
ヴィトール・フェレイラ(ポルト)
ネコ・ウィリアムズ(リバプール)
ジョシュア・ザークツィー(バイエルン)
コメント
関連ニュース
thumb

鎌田2アシストのフランクフルトがヘルタに快勝で初勝利!《ブンデスリーガ》

フランクフルトは25日、ブンデスリーガ第2節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。フランクフルトのMF鎌田大地とMF長谷部誠はフル出場している。 開幕戦となった堂安所属の昇格組ビーレフェルト戦を何とか引き分けたフランクフルトは、引き続き鎌田と長谷部がスタメンとなった。 大迫所属のブレーメンに4-1と快勝したヘルタに対し、引き続き[3-5-2]を採用したフランクフルトは鎌田がトップ下で、長谷部が3バックの中央でスタートした。 そのフランクフルトが良い入りを見せたが、相手との接触で右ヒザを負傷したコスティッチが15分に交代となり、ツバーが投入された。 引き続き攻め込むフランクフルトはA・トゥーレの右クロスからドスト、アンドレ・シウバがヘディングシュートでゴールに迫ると、28分にPKを獲得する。ボックス右に侵入したアンドレ・シウバがボヤタに倒された。このPKをアンドレ・シウバが自ら決めてフランクフルトが先制点を奪い切った。 失点を受けて前がかってきたヘルタに32分、ルケバキオのシュートでゴールを脅かされたフランクフルトだったが、GKトラップがファインセーブで阻止。すると37分、鎌田のアシストから加点する。右サイドから鎌田が上げたFKをドストがヘッドで叩き込んだ。 2点ビハインドのヘルタが後半からピョンテクやペカリークら3選手に代えてコルドバらを投入してきたのに対し、フランクフルトは58分にピンチ。FKからルケバキオに決定的なヘディングシュートを許したが、わずかに枠を外れて助かった。 その後も劣勢を強いられたフランクフルトだったが、71分にダメ押しの3点目を挙げた。鎌田のパスを受けたローデがボックス右から左足を振り、コントロールされたシュートが左ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれた。 77分にヒンテレッガーのオウンゴールで1失点を喫したフランクフルトだったが、鎌田の2アシストの活躍もあって3-1で快勝。新シーズンのリーグ戦初勝利を飾っている。 2020.09.26 05:27 Sat
twitterfacebook
thumb

ファンから屈辱の拍手を送られたFW大迫勇也をブレーメンの監督も擁護「彼はとても優れた選手」

ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督が、改めて日本代表FW大迫勇也について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ブレーメンは19日、ブンデスリーガ開幕戦でヘルタ・ベルリンと対戦。この試合で先発出場した大迫だったが、良いパフォーマンスを出せず前半のみで交代していた。 ファンは大迫のパフォーマンスに納得せず、交代を支持する拍手を送っていた。屈辱的な対応を受けた大迫だが、コーフェルト監督もファンの行為について言及。大迫のパフォーマンスが悪かったことは認識しながらも、評価が下がることはないと語った。 「(ファンの拍手は)好ましくなかった。そして、私はおそらくこのために再び多く叩かれることになるだろう。それでも私は言いたい」 「大迫勇也は、最初からここにいた。本当の姿ではなかった。理由はよく分からない。それでも、私の基本的な評価は、彼はとても優れた選手であるとうこと。そして、我々にとってクリエイティブな選手になることができるということだ。私は彼を守る」 一方で、シーズン序盤から大迫のパフォーマンスが上がっていないことも事実。コーフェルト監督は満足していないとし、足りないと思えばスタメンから外れることも示唆した。 「ユウヤは、イエナ戦も、ヘルタ・ベルリン戦も良いプレーをしなかった」 「拍手については認識している。しかし、それは彼に関する私の決定には何も影響しない」 「ただ、ユウヤは起用が確約されるような立場にはない。それでも、彼がこのチームにとって、良い選手になれるという確信がある」 ブレーメンは26日の第2節でシャルケと対戦する。大迫はベンチスタートになる可能性も大いにある状況だ。 「もちろんそうなる可能性はある。我々の仕事のほんの一部だ。上手く事が進めば、ポジティブな感情を取り戻す事ができる」 「土曜日に口笛を吹いたファンがそうすることは問題ない。それで良い。私からファンを批判することはない。ただ、ユウヤもそれに対処する必要がある」 2018年7月にケルンからブレーメンに加入した大迫は、これまで59試合に出場し14ゴール7アシストを記録。再びピッチで輝きを取り戻し、ファンから喝采の拍手を浴びる日が待ち遠しい。 2020.09.25 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

サラゴサに香川真司の居場所なし、EU圏外枠確保のため1年分の年俸を払い契約解除へ

去就が不透明な状況のMF香川真司(31)だが、レアル・サラゴサはやはり契約解除を申し入れるつもりのようだ。スペイン『ElDesmarque』が報じた。 2019-20シーズンにドルトムントからレアル・サラゴサへ加入した香川。セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で31試合に出場も4ゴール1アシストと期待通りの活躍はできず。また、チームも終盤失速し昇格を逃していた。 ビザの手続きの影響でチームへの合流が遅れた香川は、ルベン・バラハ監督を迎えた新チームで出遅れていた。さらに、高額なサラリーとパフォーマンスが見合っておらず、サラゴサが放出を考えていると盛んに報じられていた。 香川とサラゴサの契約は2021年6月30日までとなっているが、サラゴサは契約の残り分の年俸60万ユーロ(約7400万円)を香川に支払うことで契約を解除。香川に他クラブへ移籍を求めるとともに、EU圏外枠を空けたい意向があるようだ。 サラゴサは、セルタから獲得したウルグアイ人FWガブリエル・フェルナンデスを登録したいとのこと。さらに、現状ではサラリー上限を超えているため、ラ・リーガに登録することができない状況とのことだ。 また、ブラジル人ウインガーのFWライ・ナシメントがプレシーズンでバラハ監督の評価を上げており、ガブリエル・フェルナンデスとともにEU圏外枠を埋めることになると見られている。 カタールからのオファーは断った香川。サウジアラビア、メジャーリーグ・サッカー(MLS)やトルコからもオファーが来ており、スペイン国内でもカディスやログロニェス、ラージョ・バジェカーノ、フエンラブラダなど複数クラブが興味を持っていたが、どこでプレーすることになるだろうか。 2020.09.25 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

「今日の試合は大好き」クロップ監督が2G1Aと大活躍の南野拓実を絶賛「彼がプレスのリズムを作った」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、2ゴール1アシストを記録した日本代表FW南野拓実のパフォーマンスを称賛した。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは24日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でリーグ1(イングランド3部)に所属するリンカーン・シティとのアウェイゲームに臨み、7-2で圧勝した。 南野は2トップの下でこの試合に先発フル出場すると、1-0で迎えた18分には、ボックス手前右からうまく力が抜けた絶妙な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し今季2点目を記録。4-0で迎えた後半にはエリオットのシュートのこぼれ球を南野が押し込みこの試合2点目を記録。89分にはロングカウンターからディボク・オリジのゴールをアシストした。 7-2と力の差を見せつけたリバプールだが、この試合で3ゴールに絡んだ南野についてクロップ監督が称賛。特に中央でのプレー、そしてプレッシングのクオリティについて高く評価した。 「正直に言って、今夜のタキ(南野拓実)の試合は大好きだ。とても優れており、多くの場面に関与していた」 「彼のクオリティがどこにあるのか、我々の誰もがどんどん理解していると思う。彼が最終的にプレーするところがどこか、それは中央に行く」 「左ウイングや右ウイングでプレーしたとしても、彼はハーフスペース、または中央でプレーする。それは彼の本来の強さがそこで発揮されるからだ」 「彼は本当に素晴らしかった。相手は(ゴールを決められた後)7回もキックオフする必要があった。相手がパスを受けた時に最初に相手を追いかけたのは、タキだった」 「彼は全ての機会でプレス、カウンタープレスのリズムを作った。今夜の試合は本当に好ましいものだった」 2020.09.25 09:35 Fri
twitterfacebook
thumb

森岡、浅野が共に先発の日本人対決はレザエイの芸術FKでシャルルロワに軍配!《EL予選》

ヨーロッパリーグ予選3回戦のシャルルロワvsパルチザンが24日に行われ、2-1でシャルルロワが勝利した。シャルルロワのMF森岡亮太はフル出場、パルチザンのFW浅野拓磨は111分までプレーした。 昨季のベルギーリーグで3位となり予選3回戦から登場したシャルルロワと、予選2回戦でスファンツル・ゲオル(モルドバ)を下したパルチザンにより一戦。 森岡と浅野が共にスタメンとなり日本人対決となった中、先手を取ったのはシャルルロワ。10分、森岡の右CKをボックス中のレザエイが右足で合わせると、相手GKの弾いたボールをデソレイルが流し込んだ。 先制を許したパルチザンだが、後半立ち上がりに試合を振り出しに戻す。53分、マルコビッチのパスをボックス右で受けた浅野が縦への仕掛けから折り返しを供給。これを中央でフリーのソウマーがワンタッチで流し込んだ 結局、互いに勝ち越しゴールを奪うまでには至らず、プレーオフ進出を懸けた一戦は延長戦に突入。迎えた延長戦、先にスコアを動かしたのはシャルルロワだった。 107分、スルーパスに反応したフォールの突破を阻もうとしたオストイッチがスライディングタックルの際にハンドを犯し、シャルルロワはボックス左手前でFKを獲得。レザエイの直接FKは左ポスト内側を叩きながらも、そのままゴールネットに吸い込まれた。 結局、これが決勝点となり2-1で勝利したシャルルロワがプレーオフ進出を決めた。なお、シャルルロワはプレーオフでポーランドのレフ・ポズナンと対戦する。 2020.09.25 06:50 Fri
twitterfacebook