レアルMFヘイニエルが3度目の武者修行でセリエA挑戦! フロジノーネへレンタル移籍

2023.09.01 21:50 Fri
Getty Images
フロジノーネは1日、レアル・マドリーのU-23ブラジル代表MFヘイニエル(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。
PR
フラメンゴの下部組織で育ったヘイニエルは、大きな期待を受けて2020年1月にマドリーに完全移籍で加入した。
しかし、EU圏外枠の問題や選手層の問題もあり、2020年8月にドルトムントへレンタル移籍。2022年6月まで2年間滞在するも、公式戦39試合の出場で1ゴールと武者修行と言える経験は積めず。2022年8月にはジローナへとレンタル先を変更した。

ジローナではラ・リーガで18試合に出場し2ゴール1アシストだった。

3クラブ目の武者修行先は初挑戦のイタリアに。昇格組の原動力となれるか注目だ。

PR
関連ニュース

ユーベ指揮官アッレグリがセリエA史上初! 通算勝ち点「1000」の大台突破

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がセリエA史で最も勝ち点を重ねる指揮官として、その数字を大台に乗せた。 ユベントスは25日に行われたセリエA第26節でフロジノーネとホームで対戦。開始3分の先制から27分までに勝ち越しを許したが、ドゥシャン・ヴラホビッチのこの試合2ゴール目で追いつき、90+5分のダニエレ・ルガーニ弾で5試合ぶりの白星を掴んだ。 この1勝を弾みに首位インテルとのスクデット争いを盛り上げていきたいユベントスだが、『Opta』によると、アッレグリ監督もセリエAでの通算獲得勝ち点が「1002」に。セリエA史では初の勝ち点1000をクリアした監督として名を刻んだという。 かつてミランも率いたアッレグリ監督は2003年夏にアリアネーゼでの歩み出しから、一貫して母国イタリアのクラブを指揮。セリエAではカリアリ時代を含め、これまで通算496試合で301勝99分け96敗の戦績を残している。 なお、ユベントスでの通算は292試合で201勝50分け41敗の戦績を残しており、勝ち点として「653」を積み重ねる。 2024.02.26 14:55 Mon

ヴラホビッチ2G1A、ルガーニのラストプレー弾でユベントスがフロジノーネに競り勝ち5戦ぶり白星【セリエA】

ユベントスは25日、セリエA第26節でフロジノーネをホームに迎え、3-2で競り勝った。 前節ヴェローナに引き分けて4試合勝利のない2位ユベントス(勝ち点54)は、ヴラホビッチとキエーザの2トップとする[3-5-2]で臨んだ。 3連敗中の15位フロジノーネ(勝ち点23)に対し、ユベントスは開始3分にあっさり先制する。マッケニーが右サイド高い位置でガッティの浮き球パスを引き出してクロス。ニアのヴラホビッチが右足ダイレクトで流し込んだ。 しかし14分、ゾルテアの右クロスからシェディラにヘディングシュートを決められ、あっさり追いつかれてしまう。そして27分には逆転される。ロングカウンターの流れからブレシャニーニにシュートを決められた。 追い討ちをかけるようにラビオがヒザを痛めてプレー続行不可能となったユベントスはアルカラスを投入。嫌な流れとなっていたが、32分に追いつく。マッケニーのパスをボックス右で受けたヴラホビッチがトラップからシュートをゴール左へ蹴り込んだ。 絶好調ヴラホビッチのドッピエッタで試合を振り出しに戻したユベントスは、ハーフタイムにかけて押し込むも好機は作れず2-2で前半を終えた。 迎えた後半も押し込む入りとしたユベントスは、57分にショートカウンターからキエーザが際どいシュートに持ち込んだ中、62分にユルドゥズを投入。 そのユルドゥズを起点に攻勢を強めていくも決定機を作るには至らない。このまま2-2でタイムアップかと思われたラストプレーの追加タイム5分、ユベントスに劇的勝ち越し弾。 左CKからヴラホビッチがニアで逸らすと、ファーサイドのルガーニが角度の厳しい位置からシュートを流し込んだ。苦しんだユベントスが5戦ぶりの白星としている。 2024.02.25 22:28 Sun

アズムンがゴール後の謝罪ジェスチャー説明…後輩ハイセンの非礼を詫びる

ローマのイラン代表FWサルダール・アズムンが、フロジノーネ戦後の謝罪ジェスチャーについて説明した。『romapress』が伝えている。 ローマは18日に敵地で行われたセリエA第25節のフロジノーネ戦に3-0の勝利を収めた。 前半は[4-2-3-1]の布陣変更が機能せず、ビルドアップの局面でもミスが目立って再三シュートを浴びる展開に。それでも、GKミル・スヴィラールの好守などで凌ぐと、前半終盤にはDFディーン・ハイセンのスーパーゴールで先制に成功。 後半は[4-3-3]への布陣変更や細かな修正で流れを引き寄せると、MFブライアン・クリスタンテのミドルシュートのこぼれ球に詰めたアズムンのゴール、MFレアンドロ・パレデスのPKによるゴールで一気に突き放し、最終的に3-0で勝利した。 ダニエレ・デ・ロッシ新体制で初スタメンを飾り、今季セリエA2点目を記録したアズムンは、同試合後のインタビューでゴール後にフロジノーネサポーターに向けた謝罪ジェスチャーについて説明。後輩ハイセンの非礼を詫びる意図があったことを明かした。 今冬の移籍市場でユベントスからローマに加入したハイセンだったが、その加入前にはフロジノーネへのレンタルでクラブ間合意。選手自身も当初はフロジノーネ行きに応じていたものの、ローマからのオファーによって翻意。不誠実な対応にフロジノーネのフロント陣から怒りの声が上がっていた。 そんな経緯もあり、今回の試合ではホームサポーターからブーイングや野次を浴びる形となっており、同選手はゴールを決めた直後にホームサポーターに向けて「黙れ」というジェスチャーを行い、主審からイエローカードを掲示されていた。 その行為に関しては試合後にデ・ロッシ監督、敵将エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の双方から苦言が呈されていた。 そういったなか、アズムンはすでに後退していた後輩に代わって謝罪を行ったことを明かした。 「なぜ僕がフロジノーネのファンに謝罪したのか? それはハイセンの最初のゴールの後、フロジノーネのファンは彼のセレブレーションに怒っていたからだ」 「フロジノーネのプレーヤーは僕らに理解を示してくれたけど、僕は謝罪したかった。フットボールにおいてリスペクトは最も重要なことだ。僕らは同僚であり、友人であり、ピッチ上では難しいことだけど、お互いを尊重するのは正しいことだ」 また、結果的に3-0の勝利も前半はかなり厳しい内容だった試合に関しては、「特に前半は厳しい試合だった。だけど、ドレッシングルームでスタッフと戦術を変更し、後半は良いプレーができた。ゴールするのが僕の仕事だし、勝利には満足しているよ」と謙虚に振り返っている。 過去の日本代表戦でのMF柴崎岳への張り手によって悪童のイメージが拭えないイランのエースだが、対戦相手やファンへのリスペクトを持つ紳士な部分も持ち合わせているようだ。 2024.02.19 07:45 Mon

師弟対決勝利のデ・ロッシ率いるローマがフェイエ戦に弾み! 今冬フロジノーネ行き拒絶のハイセンがスーパーゴール【セリエA】

セリエA第25節、フロジノーネvsローマが18日にスタディオ・マトゥーザで行われ、アウェイのローマが0-3で勝利した。 前節、首位のインテルに2-4で敗れてデ・ロッシ新体制で初黒星を喫した6位のローマ。また、ミッドウィークに行われたフェイエノールトとのヨーロッパリーグ(EL)のプレーオフ初戦では敵地で1-1のドローに終わった。来週にホームでの重要なリターンレグを控えるなか、14位のフロジノーネ相手に公式戦3試合ぶりの白星を狙った。 デ・ロッシ監督はディ・フランチェスコ監督との師弟対決に向け、先発7人を変更。バルダンツィを初めてスタメンで起用したほか、アズムンやクリステンセン、アンヘリーニョを起用した。 ルカクを最前線、アズムンをセカンドトップに配した[4-2-3-1]の布陣で臨んだローマ。立ち上がりは相手の連動したプレスに手を焼き、なかなか効果的にボールを前進できない。 それでも、足元での収まりがいいルカク、バルダンツィを起点に幾つか良い形を作ると、15分にはボックス左で強引に仕掛けたルカクの左シュートでGKを脅かす。 徐々に相手陣内でのプレーを増やしていくローマだが、同時に攻め切れない状況でカウンターを受ける場面も増える。20分過ぎには右サイドのスーレに続けてカットインから左足の鋭いシュートを打たれるが、ここはGKスヴィラールのファインセーブで事なきを得る。 前半半ば以降は完全にフロジノーネがペースを掴み、ミドルレンジからのシュートが多いものの、再三のシュートを浴びせかける。31分にはボックス内での混戦からカイオ・ジョルジが3連続シュートを放ったが、ローマ守備陣の身体を張ったブロックに阻まれる。 青色吐息も何とか失点を凌いだローマは、ある意味でこの試合の主役だったユベントスからのローンプレーヤーが魅せる。38分、ハーフウェイライン付近でボールを受けたハイセンが果敢な持ち上がりでDF2枚をかわしてペナルティアーク左から右足を一閃。美しい軌道を描いたこのシュートがゴール右隅の完璧なコースを射抜いた。 今冬の移籍市場でフロジノーネ行きを拒否し、ローマ行きを選んだ19歳オランダ人DFには試合前からブーイングが飛んでいたなか、強烈な一撃でホームサポーターを黙らせた。 試合内容では圧倒されながらもハイセンの加入後2点目によって1点リードで試合を折り返したローマは、疲労困憊のルカクと前半1枚カードをもらったハイセンを下げてペッレグリーニ、ジョレンテの主力をハーフタイム明けに投入した。 後半はゲームをコントロールするまでには至らなかったものの、前半のように押し込まれてシュートを打たれる状況は作らせない。ただ、幾つかのカウンターチャンスをモノにできず、追加点が遠い。 後半半ばを過ぎて、ホームチームがより攻撃的なカードを切って前がかるなか、デ・ロッシ体制で試合巧者となりつつあるジャッロロッシが畳みかける攻めで一気に試合を決める。 まずは71分、相手陣内中央で完全に浮いたクリスタンテがボックス手前まで運んで強烈な低弾道のミドルシュートを放つ。これをGKが前にこぼすと、こぼれ球にいち早く詰めたアズムンがきっちり流し込んだ。さらに、81分にはバルダンツィのシュートが誘発したハンドによって得たPKをキッカーのパレデスがきっちり決め切った。 この連続ゴールで3点差としたローマは、アンヘリーニョ、バルダンツィを下げて昨年9月以来の復帰となるスモーリング、アワールを同時投入。[5-3-2]の守備的な布陣で試合をクローズに入った。 そして、このまま無失点で終わらせたローマが公式戦2試合ぶりの勝利で週明けのフェイエノールト戦に大きな弾みを付けた。 2024.02.19 04:04 Mon

インテルのゾマー後継者候補に新たな名前…三竿健斗&明本考浩と同僚の21歳GKトーベ・レイセン

インテルが新たなGKをリストアップしたようだ。 今シーズンからGKヤン・ゾマーが正守護神につくインテル。GKアンドレ・オナナの後釜という難しい役割を託されたスイス代表戦士だが、そこは長年ブンデスリーガで活躍したベテラン、そつなくこなして首位チームを支える。 ゾマーが安定感ある働きぶりを披露する一方、クラブはその後継者の選定を続けており、昨夏以降、アトレチコ・パラナエンセのブラジル代表GKベント(24)、モンツァのイタリア人GKミケーレ・ディ・グレゴリオ(26)、フロジノーネ(サッスオーロ保有)のU-21イタリア代表GKステファノ・トゥラティ(22)らをリストアップしていると報じられてきた。 ベントはブラジル国内No.1守護神との評価もあるイタリア系(パスポート保有)で、ディ・グレゴリオとトゥラティについてはインテルの下部組織で育った自国民。イタリア『カルチョメルカート』によると、この度新たにベルギー人が挙がったという。 インテルが新たにリストアップしたのは、U-21ベルギー代表GKトーベ・レイセン(21)。ヘンク下部組織の出身で、今季からは日本人MF三竿健斗、明本考浩も所属するOHルーヴェンでプレーする189cm守護神だ。 加入当初はベンチに控えていたものの、ジュピラー・プロ・リーグ第15節のクラブ・ブルージュ戦でリーグデビュー。そこから現在に至るまで、公式戦13試合連続でフル出場中…早くもインテルがそのプレーを嗅ぎつけたようだ。 どうやら要職としてインテルに帰還したサミル・ハンダノビッチ氏が、10日に行われたルーヴェンvsスタンダール・リエージュを現地視察。ルーヴェンは0-1で敗れるも、バンディエラはレイセンに「合格点」をつけたとみられている。 2024.02.13 19:45 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly