ベンフィカは撤退…レアルMFヘイニエルの移籍が暗礁に乗り上げる…

2022.07.28 20:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのU-23ブラジル代表MFヘイニエル(20)だが、移籍先がなかなか決まらない事態となっている。

ヘイニエルは2020年1月にフラメンゴからレアル・マドリーへと完全移籍。2020年8月には2年間のレンタル移籍でドルトムントへと武者修行に出ていた。

外国人枠の関係もありレンタルに出されたヘイニエルだったが、2シーズンで出場した試合は39試合。1ゴール1アシストという結果に終わり、両クラブにとっても、ヘイニエルにとってもプラスに働いたものとはならなかった。

マドリーは新シーズンもEU圏外枠の3枠は埋まっている状況。その中で、予てから移籍先として浮上していたのはベンフィカだった。

スペイン『アス』によると、ベンフィカは買い取りオプション付きのレンタル移籍を希望しオファーを出しており、すんなり決まるものかと思われていたが、条件面で合意に至らなかったようだ。

1つはベンフィカとマドリーの間でのヘイニエルの給与の配分について。そしてもう1つが、買い取りオプションの値段だったという。ベンフィカは手頃な価格を希望しており、マドリーは手頃な価格を提案したが、両者の開きがあったようだ。

これによりベンフィカはヘイニエル獲得から撤退。そして、他のオファーはほとんどないという。

マドリーの北米ツアーにも参加せず、移籍のために残ったが、一向にエージェントからの電話はないとのこと。レンタル移籍になるとしても、プレーしなければいけない状況だ。

可能性があるとすれば、現時点ではトリノとレアル・バジャドリーとのこと。あとはスポルティングCP、ポルトのポルトガル勢も関心は示しているようだ。

ただ、ヘイニエルはイタリアでのプレーは望んでいないとされ、バジャドリーが優位な立場だが、金銭面がネックになっているという。

関連ニュース
thumb

中井卓大がラウール指揮のレアル・マドリー・カスティージャでついにデビュー! アンチェロッティ監督も見守る

レアル・マドリーのMF中井卓大が、カスティージャでのデビューを果たした。 マドリーのレジェンドであるラウール・ゴンサレス氏が指揮するカスティージャ。ファーストチームの1つ下のカテゴリに、中井は所属している。 今シーズンはベンチ入りこそしていたものの、カスティージャでのプレーは果たしていなかった。 そんな中、25日に迎えたRFEFプレミアディビジョンではバダホスと対戦。中井はベンチスタートとなった中、チームは前半だけで3ゴールを奪うなど優位に進めると、87分にハビ・ビジャールと交代してピッチに入った。試合は、3-1でカスティージャが勝利。4位に浮上している。 なお、この試合はファーストチームのカルロ・アンチェロッティ監督もスタンドで見守っていたとのこと。2ゴールの活躍を見せたセルヒオ・アリバスがアピールに成功した。 <span class="paragraph-title">【動画】中井卓大がついにデビュー!レアル・マドリー・カスティージャの試合ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJsZHJzQndjTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.09.26 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーに朗報、ベンゼマが近く戦線復帰へ! 10月はバルサ戦含む9試合の過密日程

レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマの戦線復帰が近づいているようだ。 右太もものケガで9月上旬から離脱中のベンゼマ。この間にアトレティコ・マドリーとのダービーや、チャンピオンズリーグのライプツィヒ戦を欠場しているが、チームはここまで公式戦全勝と至って好調だ。 そんな中、インターナショナルブレイクに入り、チームは束の間の休息に。ベンゼマはこの期間を利用して戦線復帰の準備を着々と進めているようだ。 スペイン『アス』によれば、今後数日でフルトレーニングに戻れる見込みで、10月2日に行われるラ・リーガ第7節のオサスナ戦出場の可能性も高いとのこと。カタール・ワールドカップ開幕を目前に控え、10月には9試合が組まれているマドリーにとって、エースの復帰は大きな後押しとなりそうだ。 また、16日にはバルセロナとのエル・クラシコも控えており、ベンゼマは宿敵とのビッグマッチに向けて調子を上げていけそうだ。 2022.09.26 14:55 Mon
twitterfacebook
thumb

フランス、W杯で対戦予定のデンマークに2連敗… チュアメニ「W杯ではより良い結果に」

フランス代表MFオーレリアン・チュアメニがデンマーク代表戦を振り返った。フランス『RMC Sport』が伝えている。 フランス代表は25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグA第6節でデンマーク代表と対戦。試合は前半の2失点を最後まで挽回できずに0-2で敗戦となり、カタール・ワールドカップ(W杯)開幕まで2ヵ月を切ったなか、ディディエ・デシャン監督率いるチームを不安視する声が上がっている。 チュアメニは今季加入のレアル・マドリーでコンスタントな出場機会を手にする一方、代表チームでも定位置を掴みつつあり、この一戦もフル出場。試合後のインタビューでは敗戦を認めつつも、W杯に向けては楽観的なスタンスものぞかせている。 「意図を持ってゲームに入ったけど、今日の僕たちは良いプレーができなかった。言い訳は何もないよ。全ての選手がクラブに戻って、次のゲームに集中する」 「数週間後にW杯のメンバーリストが発表されるね。僕は(選出に)自信を持っている。もちろん今日の出来は良くなかったけど、本大会を戦うフランス代表はさらに良いチームになっていると確信しているよ。選手たち各々の向上が重要だ」 なお、フランス代表はW杯のグループステージ2戦目でもデンマーク代表と対戦。UNLでは同国相手に2連敗を喫しており、これについてはチュアメニも「W杯ではより良い結果に変えなければいけない」と意欲。大一番で3度目の正直となるだろうか。 2022.09.26 14:40 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、重鎮クロースと2024年まで契約延長へ

レアル・マドリーと元ドイツ代表MFトニ・クロース(32)の契約更新が近づいているようだ。スペイン『アス』が報じている。 2014年夏にバイエルンから加入したクロース。これまで通算373試合に出場し、掲げたタイトルの数は実に18個。チャンピオンズリーグ3連覇や、3度のラ・リーガ優勝に大きく貢献してきた。 今夏にカゼミロが退団したことでチームでの存在感がさらに増すことになった32歳は現在、インターナショナルブレイクを利用して契約更新に向けた交渉を加速させており、2024年までの1年間の契約延長が決定的なものになったと伝えられている。 今夏にはクロアチア代表MFルカ・モドリッチとの契約を2023年夏まで延長させたマドリー。短期契約ながらも、クラブに数々の栄光をもたらした重鎮らと円満な関係を築いている。 2022.09.26 14:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「ベスト4に入ったことはとても嬉しい」先制ゴールのモドリッチがオーストリア戦勝利を喜ぶ

クロアチア代表のMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)が、オーストリア代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ1最終節でオーストリアとアウェイで対戦したクロアチア。勝てば首位の座を守り、ベスト4に残れる一戦となった。 試合は開始6分にモドリッチがネットを揺らしてクロアチアが先制。しかし、9分に反撃され1-1となる。 勝たなければデンマークに抜かれる可能性があるクロアチアは後半にギアを上げると、69分に マルコ・リバヤ、72分にデヤン・ロブレンがネットを揺らして1-3で勝利。首位を守り、初のUNLベスト4入りを果たした。 モドリッチは試合後にコメント。苦しみながらもベスト4入りを果たしたことを喜んだ。 「タフなゲームだった。オーストリアは、僕たちをとても厳しく追い込んできたけど、最終的には勝利に値するものだった」 「ベスト4に入ったことはとても嬉しいよ」 2022.09.26 11:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly