ジローナがMFヘイニエルをレンタル! マドリー下部出身のSBエルナンデスも加入

2022.08.19 22:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジローナは19日、レアル・マドリーからブラジル人MFヘイニエル(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

ヘイニエルは2020年1月にフラメンゴから鳴り物入りでレアル・マドリーへ加入。2020年8月には2年間のレンタル移籍でドルトムントへと武者修行に出ていた。

若手育成に長けたブンデスリーガの名門で更なるスケールアップを図ることが期待されたヘイニエルだったが、2シーズンで出場した試合は39試合。1ゴール1アシストという結果に終わり、両クラブにとっても、選手自身にとっても良いオペレーションとはならず。
そして、ドルトムントから今夏にレンタルバックしたものの、マドリーは新シーズンもEU圏外枠の3枠は、ヴィニシウス・ジュニオールロドリゴ・ゴエスエデル・ミリトンの同胞3人で埋まっている状況。

そのため、再びレンタルに出されることが既定路線となっていたが、ベンフィカやその他のクラブとの交渉は難航。所属先が見つからない中、新シーズンを迎える形となっていた。

しかし、バジャドリーと共に有力な新天地候補に挙がっていた昇格組ジローナへのレンタル移籍が決定。昨年の東京オリンピックでU-23ブラジル代表の主力に一人として金メダル獲得に貢献し、過去には同胞のレジェンドであるカカとも比較された逸材は、カタルーニャの地でその真価を発揮することを目指す。

また、ジローナは同日、レガネスからスペイン人DFハビ・エルナンデス(24)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

マドリーのカンテラ出身でレアル・マドリー・カスティージャでもプレー経験のある185cmの左サイドバックは、昨シーズンのセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で39試合3ゴール1アシストの数字を残していた。

関連ニュース
thumb

バルサ痛手のデンベレ負傷離脱…迫るELユナイテッド戦も出場難しく

バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレがケガを負ってしまった。 今季のここまで公式戦28試合に出場して8得点7アシストのデンベレ。28日にラ・リーガ第19節のジローナ戦に先発したが、スプリント時に左足を痛め、26分にスペイン代表MFペドリと交代を余儀なくされた。 この試合を1-0で勝利したものの、デンベレの状態が懸念されるバルセロナは検査結果を公表。左大腿部の前直筋に負傷が確認され、離脱が決まったという。復帰時期はリカバリー具合によるとだけ記される。 スペイン『マルカ』によると、最低3週間の離脱が予想され、1カ月を要す恐れも。2月中旬から下旬にかけてホーム&アウェイで行われるヨーロッパリーグ(EL)プレーオフのマンチェスター・ユナイテッド戦も難しいという。 今季のここまで大きなケガなく、存在感を示すデンベレの離脱はバルセロナにとって打撃となりそうだ。 2023.01.29 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ペドリがリーグ2戦連発! 鉄壁バルセロナが公式戦3試合連続のウノセロ勝利《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第19節、ジローナvsバルセロナが28日にエスタディ・モンティリビで行われ、アウェイのバルセロナが0-1で勝利した。 今節に2位のレアル・マドリーと3位のレアル・ソシエダによる上位対決が控える中、きっちり勝ち点3を重ねて首位固めを目指すバルセロナは、11位のジローナとのカタルーニャ自治州ダービーに臨んだ。 前節のヘタフェ戦、直近のコパ・デル・レイ準々決勝のソシエダ戦をいずれも渋い内容のウノセロ勝利で飾ったチャビ率いるチームは、コパから先発4人を変更。サスペンションのレヴァンドフスキに代えてアンス・ファティを起用したほか、クリステンセンとバルデ、ペドリに代えてエリック・ガルシア、マルコス・アロンソ、ハフィーニャがスタメン入りした。 開始直後の3分にハイラインの背後へ飛び出したヤン・コウトが決定機に絡むなど、集中した入りを見せたホームのジローナ。これに対して、受け身の立ち上がりを凌いだバルセロナは、ボールを握って徐々に試合をコントロールしていく。 ハフィーニャとデンベレの両ウイングを起点に相手のコンパクトな守備ブロック攻略を図る中、アウェイチームに思わぬアクシデントが発生。20分過ぎに縦へ仕掛けたデンベレが左大腿部を痛めて自ら交代を要求。これを受け、25分にペドリをスクランブル投入し、ガビを左ウイングに移した。 その後、相手のビルドアップのミスを突いたファティのシュートで際どいシーンを作り出したバルセロナは、中央と外側で細かくボールを出し入れしながら点と点で合わせるコンビネーションプレーで局面の打開を図る。その形からペドリやファティにチャンスが訪れたが、先制点を奪い切るまでには至らなかった。 迎えた後半、攻撃停滞のバルセロナはマルコス・アロンソに代えてジョルディ・アルバを投入し、左サイドの攻撃を修正した。 この交代とハーフタイムの修正によって攻撃にリズムが生まれ始めたバルセロナは、60分過ぎに先制に成功する。61分、相手陣内右サイドでのハイプレスからボールを奪い切ってショートカウンターを発動。中央のファティを経由したボールがボックス左に走り込むアルバに繋がると、アルバのグラウンダーのクロスをGKガッサニーガが触ってこぼれたところをゴール前のペドリが冷静に押し込んだ。 ペドリのリーグ戦2試合連続ゴールによってリードを手にしたバルセロナは、ここからゲームコントロールを優先した戦い方にシフト。さらに、ファティやハフィーニャと前線の選手を下げてバルデやケシエの投入で逃げ切りを図る。 一方、追う展開となったホームチームは切り札のストゥアーニを始め、攻撃的な選手を次々にピッチへ送り出すと、リスクを冒して前に出ていく。 バルセロナが幾度か得たカウンターチャンスをモノにできず、最少得点差のまま試合は最終盤に突入。その中で相手のパワープレーに対して防戦一方の展開を強いられるアウェイチームだが、ゴール前でのマルティンのシュートミスやクンデやアラウホらの再三の好守によってゴールを割らせず。 そして、公式戦3試合連続のウノセロで勝ち切る勝負強さを発揮したバルセロナがラ・リーガ3連勝でマドリーとソシエダにプレッシャーをかけることに成功した。 2023.01.29 02:18 Sun
twitterfacebook
thumb

ジローナがウクライナ代表MFツィハンコフ獲得! 名門ディナモ・キーウの主力アタッカー

ジローナは17日、ディナモ・キーウからウクライナ代表MFヴィクトール・ツィハンコフ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの4年半となる。 母国屈指の名門ディナモ・キーウのアカデミー出身のツィハンコフは、10代前半からウクライナの世代別代表で活躍してきた右利きのアタッカー。トップチームではここまで公式戦236試合に出場し、94ゴール64アシストの数字を残してきた。 右ウイングやトップ下を主戦場とする25歳MFは、スピードと緩急、相手DFとの駆け引きの巧さを生かしたドリブル突破に加え、正確且つレンジが広い右足のシュートが大きな魅力だ。 ディナモ・キーウでのチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの出場経験に加え、ウクライナ代表でもここまで43試合に出場しており、自身初の国外移籍でも適応に大きな問題はないはずだ。 2023.01.17 22:55 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーが育成出身選手の買い戻しを検討、売却噂メンディの後釜に

レアル・マドリーが、保有権を持つ2選手のいずれかの買い戻しを検討しているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 DFフェルラン・メンディとの契約延長交渉が完全に停滞していると伝えられるマドリー。適切なオファーがあれば躊躇なく売却すると言われ、後釜に多くのビッグネームが囁かれるも、保有権を持つ2選手のいずれかに落ち着きそうだという。 2選手とは、ラージョ・バジェカーノの元U-21スペイン代表DFフラン・ガルシア(23)とジローナのU-21スペイン代表DFミゲル・グティエレス(21)。ともにマドリーの下部組織出身で、保有権は50%を保持している。 いずれも安価で獲得可能な一方、経験値では物足りない部分も。そのため、メンディ退団の場合はセンターバックのDFダビド・アラバを左サイドに定着させた上で、2選手のいずれかをバックアップさせるというプランが念頭に置かれ、さらに新たなセンターバックの獲得も視野に入れているとのことだ。 2022.12.26 16:57 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナが元カンテラーノのジローナSBに関心か?

バルセロナがジローナに所属するU-21スペイン代表DFアルナウ・マルティネス(19)に関心を示しているようだ。スペイン『スポルト』が報じている。 今夏、右サイドバックの補強としてスペイン代表DFセサール・アスピリクエタの獲得に動いたバルセロナだったが、最終的に同選手がチェルシーとの契約延長にサインしたため破談に。これを受け、移籍市場締め切り間際にアーセナルから元スペイン代表DFエクトル・ベジェリンを獲得。だが、元ベティスDFは細かい負傷に加え、パフォーマンスレベルが低くチャビ・エルナンデス監督の信頼を得られていない。 そういった中、クラブは今季プリメーラ初挑戦ながら鮮烈なデビューシーンを送る元カンテラーノに関心を示しているようだ。 マルティネスは幼少期にU-21スペイン代表MFアレハンドロ・バルデ、U-21オランダ代表MFシャビ・シモンズ(現PSV)と共にラ・マシアに6年間在籍。しかし、2人の同僚とは異なりインファンティルBからの昇格は叶わず、ルスピタレートのカンテラに新天地を求めることになった。 その後、ジローナのカンテラへ籍を移したDFは、17歳でトップチームデビューを果たすと、センターバックと右サイドバックを主戦場にレギュラーに定着。昨シーズンのプリメーラ昇格に貢献すると、今シーズンここまではリーグ戦11試合2ゴール1アシストの数字を記録している。 サイドバックとしては標準以上の182cmのサイズに加え、身体能力が非常に高く、サンティアゴ・ベルナベウで1-1のドローに持ち込んだレアル・マドリー戦ではマッチアップしたブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールを相手に抜群の対人対応を見せた。 細かい足元のテクニックやパスの配球役としては大きな伸びしろを残すが、サイドバックに求められる守備力、縦への推進力は秀逸で、今後の成長次第では左サイドで台頭するラ・マシア時代の同期、バルデと共にブラウグラナの将来を託すに値する才能の持ち主だ。 なお、契約解除金は2000万ユーロ(約29億4000万円)と比較的安価に設定されており、選手自身も古巣帰還に好意的な姿勢を持っていることを考えれば、同ポジションにおける補強の有効なオプションと言える。 2022.11.10 00:21 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly