久保建英は60名の候補に残る! 2020年のゴールデンボーイ賞は誰の手に?

2020.08.16 23:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリア『トゥットスポルト』が主催するゴールデンボーイ賞候補が60名に絞られた。同賞は2003年からスタート。元オランダ代表MFのラファエル・ファン・デル・ファールト氏が初代受賞者となった。

欧州でプレーする最も活躍した21歳以下の選手の中から選ばれ、2019年はアトレティコ・マドリーに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが輝いていた。

18度目となる2020年も錚々たるタレントが候補入り。候補者は毎月、段階的に削られていき、12月に受賞者が決定する。

ノミネートされた100名にはレアル・マドリーからビジャレアルへレンタル移籍中のMF久保建英、AZのDF菅原由勢の2名の日本人が入ったものの、60名には久保のみが入ることに。

その他、ドルトムトのFWアーリング・ハーランドとMFジェイドン・サンチョ、マンチェスター・ユナイテッドのFWメイソン・グリーンウッド、バルセロナのMFアンス・ファティなどが名を連ねた。

◆2020年のゴールデンボーイ賞候補60選手一覧
カリム・アデイェミ(ザルツブルク)
ヤシン・アドリ(ボルドー)
マルレー・アケ(マルセイユ)
イーサン・アンパドゥ(チェルシー)
アディル・アウシシュ(サンテチェンヌ)
ミシェル・バッカー(パリ・サンジェルマン)
ジュード・ベリンガム(ドルトムント)
マイロン・ボアドゥ(AZ)
エドゥアルド・カマヴィンガ(スタッド・レンヌ)
マルコ・カルネセッキ(アタランタ)
ラヤン・チェルキ(リヨン)
ヤン・ブエノ・コウト(マンチェスター・シティ)
ジョナサン・デイビッド(リール)
アルフォンソ・デイビス(バイエルン)
セルジーニョ・デスト(アヤックス)
チアゴ・ジャロ(リール)
ファビオ・シルバ(ポルト)
アンス・ファティ(バルセロナ)
フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)
ジェリコ・ガヴリッチ(ツルヴェナ・ズヴェズダ)
ルシャレル・ヘールトロイダ(フェイエノールト)
ゴンサロ・ラモス(ベンフィカ)
アミーヌ・グイリ(ニース)
ライアン・グラフェンベルフ(アヤックス)
メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド)
アーリング・ハーランド(ドルトムント)
ルクマン・ハキム・シャムスディン(コルトレイク)
カラム・ハドソン=オドイ(チェルシー)
モハメド・イハッターレン(PSV)
カーティス・ジョーンズ(リバプール)
オザン・カバク(シャルケ)
タンギ・クアシ(バイエルン)
久保建英(ビジャレアル)
モハメド・クドゥス(アヤックス)
デヤン・クルゼフスキ(ユベントス)
ガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル)
ナウエン・ペレス(アトレティコ・マドリー)
マイケル・オバフェミ(サウサンプトン)
パウリーニョ(レバークーゼン)
ストラヒニャ・パヴロビッチ(モナコ)
ペドリ(バルセロナ)
ペドロ・ネト(ウォルバーハンプトン)
エドゥアルド・クアレスマ(スポルティング・リスボン)
ラファエル・カマーチョ(スポルティング・リスボン)
ヘイニエル(レアル・マドリー)
ロドリゴ(レアル・マドリー)
ブカヨ・サカ(アーセナル)
ウィリアム・サリバ(アーセナル)
ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
ライアン・セセニョン(トッテナム)
ドミニク・ショボスライ(ザルツブルク)
トマス・タバレス(ベンフィカ)
テテ(シャフタール・ドネツク)
トーマス・エステベス(ポルト)
フェラン・トーレス(マンチェスター・シティ)
ヘオルヒー・ツィタンシュヴィリ(ディナモ・キエフ)
ヤリ・フェルスハーレン(アンデルレヒト)
ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)
ヴィトール・フェレイラ(ポルト)
ネコ・ウィリアムズ(リバプール)
ジョシュア・ザークツィー(バイエルン)
コメント
関連ニュース
thumb

「単なる従業員ではなくパートナー」退団示唆の本田圭佑が再びツイート

クラブからの退団を示唆したボタフォゴのMF本田圭佑(34)が、改めてツイート。発言の意図を説明した。 ボタフォゴは27日、かつて横浜マリノスでプレーし、アルゼンチン代表としても活躍していたラモン・ディアス監督(61)と契約解除を発表した。 今回の契約解除は、ディアス監督が手術を受けたものの、術後の回復が思わしくなく、入院が延長することが理由だとされている。 本田は2020年2月にフィテッセからボタフォゴに加入。しかし、2019年10月に就任していたアルベルト・バレンティン監督が2月に解任されると、後任としてもと鹿島アントラーズやセレッソ大阪を指揮したパウロ・アウトゥオリ監督が10月に解任。後任のブルーノ・ラザロニ監督が1カ月も持たずに解任されており、ディアス監督を含めて5度の監督交代となった。 本田は28日に「この数日で僕を納得させないなら、去ることを考え始める」とツイート。ボタフォゴから退団を考えていると取れる意味深なツイートをしていた。 その本田は29日になり改めてツイート。発言の意図を説明し、ただ雇われているだけではないことを主張した。 「昨日の発言はすみません。ただ、僕にとって重要なことでした。単なる従業員ではなく、パートナーだからです」 「そのため、僕は全てを知っておく必要があります。そして、皆さんも全てを知っている必要があります」 本田の主張では、クラブに雇われている選手という立場だけではなく、パートナーであるために把握していなかったことがあったと考えられる。明確な去就については話されていないが、クラブと何らかの行き違いがあったことは事実のようだ。 2020.11.29 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘンク伊東純也が2試合連続1G1A! チームも6連勝で暫定首位浮上《ジュピラー・プロ・リーグ》

ヘンクの伊東純也が2試合連続の1得点1アシストをマークした。 2位ヘンクは28日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第14節で9位セルクル・ブルージュとアウェイで対戦。セルクル・ブルージュの植田直通が欠場したなか、伊東はフル出場を果たした。 目下5連勝中と勢いに乗るヘンク。前節に1得点1アシストの活躍を披露した伊東がこの試合でも輝く。9分、左サイドの伊東が縦にボールを持ち上がり、左足の低いクロス。これをオヌアチュが合わせて先制する。 続く16分には伊東自らがゴールをゲット。敵陣左サイドの相手最終ライン背後にパスが送られると、伊東がボックス左深くから中に切り込み、相手GKがわずかに空けたニアサイドに右足シュートを突き刺した。 伊東の全得点に絡む活躍で優勢のヘンクはその後もセルクル・ブルージュを圧倒して、30分と38分にもゴールが生まれ、4点をリード。後半の序盤に1点を返されるが、74分にボンゴンダの得点で突き放した。 セルクル・ブルージュを一蹴したヘンクはこれで6連勝。今節を引き分けたクラブ・ブルージュを交わして、暫定首位に浮上した。 セルクル・ブルージュ 1-5 ヘンク 【セルクル・ブルージュ】 ホティッチ(後6) 【ヘンク】 オヌアチュ(前9、前38分) 伊東純也(前16) ヘイネン(前30) ボンゴンダ(後29) 2020.11.29 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎途中出場のウエスカ、セビージャ相手に善戦も終盤被弾で今季初勝利遠く…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第11節、ウエスカvsセビージャが28日に行われ、アウェイのセビージャが0-1で勝利した。なお、ウエスカのFW岡崎慎司は72分からプレーした。 岡崎が戦列復帰を果たした前節のオサスナ戦を1-1のドローで終えた19位のウエスカは、7位のセビージャをホームに迎えた一戦で今季初白星を目指した。その中で先発復帰も期待された岡崎はベンチからのスタートとなった。 直近のチャンピオンズリーグ(CL)で決勝トーナメント進出を決めて勢いに乗るアウェイのセビージャが主導権を握る状況が続く。 ウエスカを自陣深くに押し込んで内、外を織り交ぜた攻撃で揺さぶりをかける。その中でムニルやオカンポスがフィニッシュまで持ち込むが、きっちり中を固める相手の守備をこじ開けるまでには至らず。結局、前半に相手を大きく上回る7本のシュートを放ったが、唯一の枠内シュートとなったルーク・デ・ヨングのヘディングシュートは難なくGKにキャッチされるなど、決め手を欠く展開となった。 後半も引き続き押し込む入りを見せたセビージャはセットプレーの流れからジエゴ・カルロス、クンデと早速シュートシーンを作り出す。 対するウエスカは60分、右サイドのマフェオからの斜めのパスに対してラファ・ミルが絶妙なスルー。これでうまく浮いたサンドロ・ラミレスがボックス内に抜け出して飛び出したGKを右に持ち出してかわす。だが、その後のタッチが長くなり、絶好のシュートチャンスをフイにした。 後半半ばを迎えて拮抗した状況が続く中、72分には岡崎がオンティベロスと共にピッチに送り出される。しかし、同じくラキティッチやエン=ネシリとフレッシュな選手を投入したセビージャの攻勢に晒されると、73分ち76分にオカンポス、ムニルに続けて決定機を許す。だが、ここはGKアンドレス・フェルナンデスが見事な連続セーブでチームを救った。 これでピンチを脱したかに思われたウエスカだが、一瞬の隙を突かれてゴールをこじ開けられる。83分、ボックス手前でボールを持ったオカンポスにそのままドリブルで運ばれてボックス右ライン際から折り返されると、ニアに飛び込んだエン=ネシリに右足で流し込まれた。 その後、最後の交代カードで守備的なグデリを投入し、逃げ切りを図るアウェイチームに対して攻勢を仕掛けていく。91分にはボックス左に抜け出したガランの折り返しがDFに当たってゴール前にこぼれると、これを岡崎が右足アウトで押し込みにかかるが、相手DFのブロックに阻まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、セビージャに競り負けたウエスカはまたしても今季初白星を逃がすことになった。なお、今季初の3連勝となったセビージャは暫定ながら5位に順位を上げている。 2020.11.29 04:35 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田2アシストのフランクフルトが遠藤渓太欠場のウニオンと打ち合い3-3ドロー!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第9節、ウニオン・ベルリンvsフランクフルトが28日に行われ、3-3で引き分けた。ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は欠場し、フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、DF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節ケルン戦を競り勝って3連勝とした6位ウニオン・ベルリン(勝ち点15)は、前々節の試合でハムストリングを痛めた遠藤が引き続き欠場となった。 一方、前節ライプツィヒ戦を引き分け5試合勝利のない11位フランクフルト(勝ち点11)は、鎌田が開幕から9試合連続スタメンとなった一方、長谷部が前節に続いてベンチスタートとなった。 試合は開始2分に動く。左クロスをGKトラップがファンブルしたところをアンドリッヒが詰めてウニオンが先制した。 さらに4分、鎌田のボールロストからショートカウンターを受けると、ボックス内に侵入したタイウォがヒンテレッガーに倒されてPKを獲得。このPKをクルーゼが決めてウニオンに追加点が生まれた。 2点をリードしたウニオンは自陣に引いてカウンターを狙う展開とすると、11、15分とタイウォが決定的なシュートを浴びせて主導権を握り続ける。 フランクフルトの反撃は24分。ボックス左からコスティッチが決定的なシュートを放つと、27分に1点を返す。敵陣でボールを奪った流れから鎌田の右クロスをファーサイドのアンドレ・シウバが詰めきった。 鎌田のアシストで反撃の狼煙を上げたフランクフルトは36分、左サイドからのコスティッチのFKをニアサイドのアンドレ・シウバがバックヘッドでうまく逸らしてゴールに流し込み、一気に同点とした。 迎えた後半、52分にドストのヘディングシュートで逆転ゴールに迫ったフランクフルトだったが、その後は膠着状態に陥る。 そんな中79分にフランクフルトが逆転する。鎌田がスルーパスに抜け出してボックス右に侵入。クロスを入れ、ドストが合わせた。 鎌田の2アシスト目で逆転したフランクフルトだったが、87分に追いつかれる。ボックス手前中央のクルーゼがミドルシュートを叩き込んだ。 このまま3-3で終了。鎌田が2アシストと活躍したフランクフルトだったが、3-3の引き分けに終わり、6戦勝利なしとなっている。 2020.11.29 01:53 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルト善戦もバイエルンが逆転勝利で首位キープ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第9節、シュツットガルトvsバイエルンが28日に行われ、1-3でバイエルンが勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節ホッフェンハイム戦を土壇場で3-3の引き分けに持ち込んだ8位シュツットガルト(勝ち点11)は、遠藤が開幕から9試合連続スタメンとなった。 対する首位バイエルン(勝ち点19)は前節ブレーメンに引き分け、2位ドルトムントに1ポイント差と迫られたが、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではザルツブルク相手に3-1と快勝し、決勝トーナメント進出を決めた。リーグ戦に集中できる状況となった中、ザルツブルク戦のスタメンから2選手を変更。ロカとクリス・リチャーズに代えてトリソとリュカを起用した。 3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、コマンと並べ、トップ下にミュラーを据える[4-2-1-3]で臨んだバイエルンは開始3分、レヴァンドフスキのヘディングシュートが左ポストに直撃した。 一方、クリバリを最前線起用としたシュツットガルトは11分、カストロの直接FKでゴールに迫った。互角の攻防で立ち上がった中、シュツットガルトが20分に先制する。カウンターの流れから右サイドのワマンギトゥカの折り返しをクリバリが押し込んだ。 先制したシュツットガルトは35分、高い位置でボールを奪った流れからフェルスターが決定的なシュートを浴びせれば、その1分後にも決定機。フェルスターがボックス右に侵入してシュートに持ち込んだが、GKノイアーの好守に阻まれた。 すると38分、バイエルンが同点とする。ニャブリの見事なダイレクトパスを起点に、ミュラーのパスを受けたコマンがボックス左に侵入。カットインからゴール左にシュートを蹴り込んだ。 追いついたバイエルンは42分にニャブリがボックス右からGK強襲のシュートを浴びせると、追加タイム1分に逆転した。コマンのパスをバイタルエリア中央で受けたレヴァンドフスキがゴール右に強烈なミドルシュートを突き刺した。 迎えた後半、いなすバイエルンがリードを保つ中、69分にコマンとニャブリの両ウイングをお役御免とし、サネとドグラス・コスタを投入。 追うシュツットガルトは72分にようやく決定機。カマラがワマンギドゥカのマイナスクロスに合わせたが、DFに阻止された。 そして88分、ボックス右でパスを受けたドグラス・コスタがカットインから左足のシュートでネットを揺らし、バイエルンが3-1で逆転勝利。首位キープに成功している。 2020.11.29 01:41 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly