ユナイテッドがWBAとの練習試合2連戦! ポグバとB・フェルナンデス共演の1本目は黒星

2020.06.13 17:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドがチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のWBAとの対外試合を催した。

新型コロナウイルスの影響で3月中旬から中断が続くプレミアリーグだが、6月17日からの再開が正式に決定。公式戦11戦無敗を継続するなかで中断に入ったユナイテッドは19日に敵地で行われる第30節のトッテナム戦からリスタートする。

その再開初戦に向け、当初こそ9日にストーク・シティとの練習試合を予定したが、マイケル・オニール監督の新型コロナウイルス感染で急きょ中止に。その代わりとして、12日に本拠地オールド・トラフォードでWBAとの練習試合2連戦を実施した。

いずれも無観客開催となり、結果は1本目が1-2の敗北で、2本目を3-1の白星。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、負けこそしたが、1本目でMFポール・ポグバとMFブルーノ・フェルナンデスがついに共演を果たしたという。

そのほか、ケガ明けのFWマーカス・ラッシュフォードもFWアンソニー・マルシャルやMFダニエル・ジェームズ、DFエリック・バイリーらとともに出場。唯一の得点はB・フェルナンデスがPKのチャンスを生かしてのものだったようだ。

2本目は主将のDFハリー・マグワイアやGKダビド・デ・ヘア、DFアーロン・ワン=ビサカ、MFフレッジ、FWオディオン・イガロらがプレー。MFアンドレアス・ペレイラが2得点を挙げ、有望株の1人であるMFタヒス・チョンもゴールを記録した模様だ。

なお、今回の2連戦は2時間の間隔をあけて行われ、試合中のボール消毒やウォーターブレイクも実施。何人かの選手は2試合でプレーしたようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

サンチョを狙うユナイテッド、オファー次第でリンガード放出か

マンチェスター・ユナイテッドはイングランド代表MFジェシー・リンガード(27)のオファーに耳を傾ける準備ができているようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。 今季のリンガードは序盤こそ途中出場もあわせて一定の出番を手にしたものの、U-21イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドが先発の座を掴み始めると、ピッチに立つ機会がより激減。ここ公式戦2試合はいずれもゴールを決め、アピールを続けているが、今夏の売却候補に挙がっており、今後の動向に注目が集まっている。 イギリス『ガーディアン』によると、リザーブチームを率いた頃からリンガードを指導するオーレ・グンナー・スールシャール監督だが、余剰戦力としてみなしている模様。今夏にドルトムントからイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)を狙うユナイテッドは適切な額のオファーが届けば、売却を考慮しているという。 なお、リンガードの契約は2021年夏まで残っており、1年間の延長オプションも存在。派手さこそないが、クラブの生え抜きとして一定のパフォーマンスを披露してきたリンガードだが、果たして。 2020.08.07 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ベスト8が決定!ユナイテッドやセビージャ、インテルが勝ち上がり《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16が6日に終了し、ベスト8進出チームが決定した。 勝ち上がったのはイングランドからマンチェスター・ユナイテッドとウォルバーハンプトン、スペインからセビージャ、イタリアからインテル、ドイツからレバークーゼン、その他、シャフタール(ウクライナ)、バーゼル(スイス)、コペンハーゲン(デンマーク)の8チームとなっている。 準々決勝はいずれも一発勝負で行われ、10日と11日に行われる。組み合わせは以下の通り。 ◆準々決勝組み合わせ ▽8/10 マンチェスター・ユナイテッドvsコペンハーゲン インテルvsレバークーゼン ▽8/11 ウォルバーハンプトンvsセビージャ シャフタールvsバーゼル 2020.08.07 06:07 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、ユナイテッドからレンタル中のチリ代表FWサンチェスをフリーで獲得!

インテルは6日、マンチェスター・ユナイテッドからチリ代表FWアレクシス・サンチェス(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 なお、契約期間は2023年6月30日までの3年契約となる。 <div id="cws_ad">◆サンチェス、インテル加入後に見せた輝き<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2VUR0OW9kZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> サンチェスはチリのコブレロアでキャリアをスタート。その後は、ウディネーゼ、コロコロ、リーベル・プレートでプレーし、2011年7月にバルセロナへと完全移籍していた。 バルセロナでは公式戦141試合で47ゴール36アシストを記録すると、2014年7月にはアーセナルへ完全移籍。アーセナルでは公式戦166試合で80ゴール45アシストを記録していた。 2018年1月にはストライカーの玉突き人事もあり、ユナイテッドへと移籍。しかし、ユナイテッドでは思うような結果が出ず、今シーズンからインテルへレンタル移籍していた。 今シーズンのサンチェスは、セリエAで22試合に出場し4ゴール9アシスト。公式戦では30試合で4ゴール10アシストを記録。なかなか結果を残せない時期が続いたが、中断明けはゴールとアシストで10ゴールに直接絡み、調子を取り戻していた。 2020.08.06 18:32 Thu
twitterfacebook
thumb

リンガード、4季ぶりEL制覇に意気込み「もう一度優勝したい」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFジェシー・リンガードが、ヨーロッパ・リーグ(EL)制覇に意気込んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 1stレグを5-0で先勝していたユナイテッドは5日にホームでLASKリンツと対戦すると、50分にMFフィリップ・ヴイージンガーに先制を許したが、52分にMFフアン・マタのスルーパスからリンガードが同点ゴール。試合終了間際にはFWアントニー・マルシャルが逆転ゴールを記録して2-1の勝利を収めた。 この試合で1ゴールを決めたリンガードは、2016-17シーズン以来のEL制覇に意気込んでいる。 「勝利したから非常にポジティブな形で、次の試合に進めるよ。自信を得たからプレミアリーグでも3位フィニッシュができた。うまくいっているし、決勝戦まで勝ち進みたい」 「僕たちの目標はトロフィーを獲得することだ。僕たちは誰もが自分の役割を果たせると思っている。全員がそれぞれ自分の役割を果たしているし、この大会を通じて強くなりたい」 「次の試合をプレーするのが待ちきれないよ。もう一度優勝したいという気持ちが100%だ」 「トロフィーを掲げることは本当に説明できない特別な気持ちであり、それが前進する力になる。このチームは若手とベテランが混合している。若手選手たちにとって、初めてのトロフィーを勝ち取ることは素晴らしい経験になるだろう」 2020.08.06 10:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ELベスト8進出のスールシャール監督「リズムを得るまで時間がかかった」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、2-1で勝利したヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのLASKリンツ戦を総括した。クラブ公式サイトが伝えている。 1stレグを5-0で先勝していたユナイテッドは5日にホームでLASKリンツと対戦。50分にMFフィリップ・ヴイージンガーに先制を許したが、52分にMFジェシー・リンガードのゴールで同点とすると、試合終了間際にFWアントニー・マルシャルが勝ち越しゴールを決め2-1で勝利。2戦合計7-1でベスト8進出を果たした。 1stレグで大勝していたユナイテッドは、主力選手をベンチに置き、イングランド代表DFハリー・マグワイア以外の10名は控え選手や若手選手で臨んでいた。 試合後、スールシャール監督は「良い夜だった」と語りながらも、苦戦を強いられた理由を説明。これまで出場機会に恵まれなかった選手たちが試合勘を取り戻すのに時間がかかったと述べている。 「シャープではなかったよ。何選手かは、しばらくプレーしていなかったから、それが出てしまった。しかし、我々は再び勝った。この試合でも若手選手がデビューを果たしたね。良い夜だった」 「我々は、相手が躍動し、アグレッシブにプレーしてくることを想定していた。なぜなら、過去にも見たことがあり、もちろん、熱心に取り組む新しい監督も迎えていたからだ」 「だから期待していた。しばらくプレーしていなかったし、選手たちにとっては難しい。途中交代で10分から15分くらいのプレーをしていたが、90分間プレーすることはあまりなく、チームとして一緒にプレーしているわけでもなかった。リズムを得るまでに少し時間がかかったが、試合に勝てた。それで仕事をやり遂げた」 2020.08.06 09:55 Thu
twitterfacebook