ウルブスDFがVAR判定巡ってディーン主審と口論! 「誰がオフサイドかわからない」

2020.02.15 19:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンDFコナー・コーディがレスター・シティ戦でのVARの微妙な判定を巡ってマイク・ディーン主審と激しい口論を繰り広げていたことがわかった。イギリス『SPORT bible』が伝えている。

14日に行われたウォルバーハンプトンvsレスター・シティは0-0のドローに終わった。その中で前半終了間際の44分にはウルブスの幻の先制ゴールを巡って物議を醸す判定があった。

ウルブスは右CKの場面でショートコーナーの流れから最終的にゴール前のDFウィリー・ボリが頭で押し込みゴールネットを揺らしていた。しかし、VARによるレビューの結果、キッカーのFWペドロネトがショートコーナーでFWジオゴ・ジョタからリターンパスを受けた段階で、非常に微妙ながらわずかにオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは認められなかった。

そして、前半終了の笛と共にディーン主審が控室に戻ろうとした中、一連の判定に不信感を抱いていたキャプテンのコーディは、ディーン主審を追っかけて判定の詳細を説明するよう求めた。

その際に行われたとされる両者のやり取りは以下の通り。

コーディ:「誰がオフサイドだった? コーナーの始めのジョタのところ?」

ディーン主審:「(イヤホンを指さしながら)私はわからない。イヤホンから聞こえてきたVAR担当がゴールは取り消されるべきだと指示された」

コーディ:「あんたが試合を裁いてるんだろう。その本人が知らないなんて馬鹿げてるよ」

試合全体をコントロールすべきディーン主審が、誰がオフサイドかもわからずに判定を下したことに怒りを通り越して呆れたコーディは、汚い言葉と共に肩をすくめてトンネル内へ向かった。

なお、VARが介入する場面では明らかに判定が間違っていた場面を除き、主審がピッチ脇にあるモニターを確認するのが通常の運用方法(オフサイド判定は除く)となっているが、VARの確認によるタイムロスを嫌うプレミアリーグでは、ほぼVAR担当の指示を主審がそのまま受け入れる形が目立っている。

そのため、今回のディーン主審のように名目上最終決定権が自身にありながらも、誰がオフサイドだったかを把握していない呆れた状況が横行してしまっている。
コメント