ウルブスDFがVAR判定巡ってディーン主審と口論! 「誰がオフサイドかわからない」

2020.02.15 19:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンDFコナー・コーディがレスター・シティ戦でのVARの微妙な判定を巡ってマイク・ディーン主審と激しい口論を繰り広げていたことがわかった。イギリス『SPORT bible』が伝えている。

14日に行われたウォルバーハンプトンvsレスター・シティは0-0のドローに終わった。その中で前半終了間際の44分にはウルブスの幻の先制ゴールを巡って物議を醸す判定があった。

ウルブスは右CKの場面でショートコーナーの流れから最終的にゴール前のDFウィリー・ボリが頭で押し込みゴールネットを揺らしていた。しかし、VARによるレビューの結果、キッカーのFWペドロネトがショートコーナーでFWジオゴ・ジョタからリターンパスを受けた段階で、非常に微妙ながらわずかにオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは認められなかった。

そして、前半終了の笛と共にディーン主審が控室に戻ろうとした中、一連の判定に不信感を抱いていたキャプテンのコーディは、ディーン主審を追っかけて判定の詳細を説明するよう求めた。

その際に行われたとされる両者のやり取りは以下の通り。

コーディ:「誰がオフサイドだった? コーナーの始めのジョタのところ?」

ディーン主審:「(イヤホンを指さしながら)私はわからない。イヤホンから聞こえてきたVAR担当がゴールは取り消されるべきだと指示された」

コーディ:「あんたが試合を裁いてるんだろう。その本人が知らないなんて馬鹿げてるよ」

試合全体をコントロールすべきディーン主審が、誰がオフサイドかもわからずに判定を下したことに怒りを通り越して呆れたコーディは、汚い言葉と共に肩をすくめてトンネル内へ向かった。

なお、VARが介入する場面では明らかに判定が間違っていた場面を除き、主審がピッチ脇にあるモニターを確認するのが通常の運用方法(オフサイド判定は除く)となっているが、VARの確認によるタイムロスを嫌うプレミアリーグでは、ほぼVAR担当の指示を主審がそのまま受け入れる形が目立っている。

そのため、今回のディーン主審のように名目上最終決定権が自身にありながらも、誰がオフサイドだったかを把握していない呆れた状況が横行してしまっている。
コメント
関連ニュース
thumb

下位相手に苦戦もヒメネス弾で逃げ切ったウルブスが連勝で上位追走!《プレミアリーグ》

ウォルバー・ハンプトンは24日、プレミアリーグ第31節でボーンマスと対戦し、1-0で勝利した。 リーグ戦6試合無敗の6位ウルブズ(勝ち点46)が、ホームに降格圏に沈む18位ボーンマス(勝ち点27)を迎えた一戦。直近のウェストハム戦を完勝したウルブズは、その試合から先発を1人変更。デンドンケルに代えてアダマ・トラオレを先発に起用した。 試合はゴールレスで迎えた後半に動く。60分、右サイドをドリブルで持ち上がったアダマ・トラオレがクロスを供給すると、ヒメネスがヘディングシュートを叩き込み、この試合は初の枠内シュートでウルブズが先制に成功した。 先制したウルブスは、78分にもモウティーニョの右CKからボリが決定機を迎えたが、このシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 その後も互いに選手交代で展開の打開を図るが膠着した状態が続く。そんな中、ウルブズは後半アディショナルタイムにチャンスを迎える。94分、自陣中盤でボールを受けたペドロ・ネトがドリブルで持ち上がると、そのままボックス内まで侵入。相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはわずかにゴール右に逸れた。 結局、試合は1-0でタイムアップ。ヒメネスのゴールで逃げ切ったウルブズが、再開後2連勝を飾り、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う上位陣を追走している 2020.06.25 04:16 Thu
twitterfacebook
thumb

躍進続くウルブス指揮官ヌーノ、延長交渉を示唆! 2021年に現行契約失効

ウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント監督(46)が新契約締結に前向きな姿勢を示した。イギリス『ガーディアン』が報じている。 指導者としてリオ・アヴェやバレンシア、ポルトを渡り歩いたヌーノ監督は2017年からウォルバーハンプトンの監督に就任すると、初年度からプレミアリーグ昇格に貢献。今季はヨーロッパリーグ(EL)の舞台に押し上げ、7位につけるプレミアリーグでも上位争いを演じている。 昨年11月にアーセナルがミケル・アルテタ監督を招へいするまで次期監督候補の1人にも挙がったヌーノ監督。ウォルバーハンプトンと結ぶ2021年までの契約満了が刻々と近づくなか、自身の意向として、延長交渉に臨む意向を明らかにした。 「(新型コロナウイルスのパンデミックのように)非常に深刻な問題に直面しているときは他のことなんて考えられないものだ。パンデミックの間、誰もが家族のことを考えていたと思う。日常に戻った今なら、話し合う時間を設けられるだろう。我々はまだ契約がある。ここにいて、ここの居心地も良い」 なお、ウォルバーハンプトンは20日に行われるプレミアリーグ第30節が再開初戦となり、16位ウェストハムのホームに乗り込む。 2020.06.20 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ウルブスで躍動のヒメネス、ビッグクラブ関心の噂に「彼らに注目されているだけでも信じられない」

ウォルバーハンプトンのメキシコ代表FWラウール・ヒメネス(29)が自らの移籍に関する噂についてコメントした。 昨シーズン、昇格組ながら7位でリーグを終え、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を手にし、今シーズンもここまで6位と躍進を続けるウルブス。ヒメネスはそんなチームの中心選手の1人として今シーズンここまで公式戦22ゴール10アシストとエース級の活躍を見せている。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYb2cwVjdDQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> そんなヒメネスにはヨーロッパのトップクラブの多くが関心を寄せているとの報道が出ており、その中にはマンチェスター・ユナイテッドやリバプールなどのクラブの名前も挙がっている。 メキシコ『Bolavip』のインタビューに応えたヒメネスは、自らに寄せられているとされるビッグクラブからの関心について「信じられない」とコメントした。 「良いことだよ。あくまで噂だし、本当かは分からないけど、噂に出ているレアル・マドリー、バルセロナ、ユベントス、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールといったクラブは、フットボールの歴史の中でも重要なクラブだ」 「彼らに注目されて、僕の名前が挙がっているだけでも信じられないことだ。成長し続けて、努力を重ねるための良いモチベーションになるし、それを実現するための意欲にもなる」 2020.06.18 18:50 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア最速と呼び声高い“爆速ウィンガー”アダマ・トラオレ、ロックダウン中の“スピード強化"を明かす

ウォルバーハンプトンのスペイン人FWアダマ・トラオレがロックダウン(都市封鎖)中に取り組んでいたことについて明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によりプレミアリーグが中断するまで、今シーズン6ゴール10アシストをマークしているトラオレ。現在6位と、躍進を続けるチームの中心的選手の1人として活躍した。 特にプレミア全選手の中で最速と言われる圧倒的なそのスピードは周囲を驚かせており、ユース時代を過ごした古巣バルセロナを始め、リバプールやマンチェスター・シティなどからの関心が報じられていた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJvZVQyRExGMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> クラブのインタビューに応えたトラオレは、今シーズンのチームのパフォーマンスを振り返り、再開後の戦いに意気込みを見せた。 「僕たちはここまで全ての試合で戦う姿勢を見せてきた。以前にも言ったことがあるけど、次の試合相手が誰であろうと、僕たちは最後まで戦い続ける」 「今シーズンのリーグ戦序盤では、思うような結果が出なかった。内容は良かったが結果に繋がっていなかったんだ」 「その時、僕らはハードワークをしていたし、正しいメンタリティで試合に臨めていたから、必ず結果として現れると僕は言ったんだ。そして中断期間が来る前までその通りに結果が出ていた」 「でも、リセットボタンが押されたようなもので、今の状況に適応しなければならない。ファンもいないし、歓声もない。政府とプレミアリーグが定めた特殊なルールに従う必要もある中で、僕たちはこの状況に上手く適応することが、自分たちのベストパフォーマンスになると思う」 また、ロックダウン中には、持ち前のスピードにさらに磨きをかけたとコメント。中断前よりもバージョンアップしていることを明かした。 「ロックダウン中、僕たちは完全なフィットネスを取り戻すためにトレーニングをしてきた。コーチングスタッフが自宅でもできるメニューを作ってくれていたからね」 「チーム内のみんながそうやって自分たちだけでハードワークをしていたと思うし、彼らは以前より強くなって戻ってきたと思う」 「僕も自宅で彼らのメニューに沿ってハードワークをしてきた。できる限り最高の状態でピッチに戻りたかったし、さらに速くなりたいからね」 2020.06.17 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

中国代表FWウー・レイにプレミア移籍の可能性、中国資本のウォルバーハンプトンが狙う

エスパニョールの中国代表FWウー・レイ(28)が、ウォルバーハンプトンと交渉を行っているようだ。スペイン『マルカ』やスペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ウー・レイは、2019年1月に移籍金200万ユーロ(約2億4000万円)で上海上港からエスパニョールに加入。今シーズンは前線の複数ポジションをこなしながら、ラ・リーガ22試合で3ゴール、ヨーロッパリーグ7試合で2ゴールを記録している。 アジア市場のマーケティング面で多大な貢献をしているウー・レイの現行契約は2020年12月31日まで。同選手は2部降格に関係なくエスパニョール残留を希望しており、再開が迫っているラ・リーガでは残留に向けて全力を尽くすことを考えている。また、エスパニョールとの交渉も継続しており、時間をかけて行っていくようだ。 その一方で、数カ月前から関心を示すウォルバーハンプトンが交渉を持ちかけており、ウー・レイ側は耳を傾けているという ウォルバーハンプトンは、中国の民営投資会社『復星集団』が保有しており、スペインで結果を残しているウー・レイを引き入れることで、中国市場、そしてアジア市場をより開拓することを狙っているとされている。 2020.06.11 10:25 Thu
twitterfacebook