ウルブス主将コーディ、古巣リバプール復帰を笑顔で否定「ここでプレーすることを愛している」

2020.10.20 11:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンで主将を務めるイングランド代表DFコナー・コーディ(27)が、リバプール復帰の噂を否定した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。リバプールのユースチーム出身であり、かつては「スティーブン・ジェラードの後継者」としてクラブから高い期待をかけられていたコーディ。2014年夏にリバプールを退団してからも同クラブのファンであり続けており、リバプールOBのキャラガー氏らとも良好な関係を築いている。

リバプールは、17日に開催されたマージーサイド・ダービーでオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが負傷。手術を受けることが決定しており、この先クラブが苦境に立たされているのは間違いない。

キャラガー氏はこうした状況を踏まえ、「ユルゲン・クロップ監督はファン・ダイクの穴埋めとしてコーディに注目している」とコメントしていた。

そのコーディは、19日に行われたプレミアリーグ第5節リーズ・ユナイテッド戦にフル出場すると、集中した守りを見せ1-0の勝利に貢献。試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』に出演すると、ジェイミー・キャラガー氏が語ったリバプール移籍の噂を笑い飛ばした。

「(キャラガー氏に対して)僕にそんなことを言うなんて信じられないよ。いや、少しも(移籍するつもりは)ないよ」

「僕がどんな人間か知っていると思うけど、ウォルバーハンプトンでプレーすることを愛している。今日はリーズ相手に素晴らしい試合をして勝つことができた」

コーディはイングランド代表でも存在感を高めており、8日に開催されたウェールズとの国際親善試合では、代表初ゴールを記録。インタビューのなかで代表についても触れており、自分をここまで成長させてくれたクラブへの感謝を語っている。

「イングランド代表での経験は全てが素晴らしかった。それもクラブが僕に大きな信頼を寄せてくれたからこそだ。代表として過ごした2つのキャンプはアメイジングだったよ」

9月30日に、ウォルバーハンプトンとの間で5年間の契約延長にサインしたコーディ。キャラガー氏の望みとは裏腹に、今後も忠誠を誓ったクラブでの活躍が見られそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

好調セインツの連勝がストップ!ウルブスが途中出場ネトのゴールでドローに持ち込む《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第9節のウォルバーハンプトンvsサウサンプトンが23日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 前節終了時点で9位ウルブス(勝ち点13)が、3連勝中の4位セインツ(勝ち点16)をホームに迎えた一戦。前節レスター・シティに惜敗したウルブスは、日本代表戦でもゴールを決めたヒメネスを最前線に配置。アダマ・トラオレ、ポデンセとの3トップで試合に臨んだ。 一方、4連勝を飾り上位を追走したいセインツは、2トップにアダムスとウォルコットを据えた[4-4-2]の布陣で試合に臨んだ。 開始早々の6分にチャンスを迎えたウルブスは、ペナルティアーク手前で獲得したFKをモウティーニョが直接狙うと、壁に当たった跳ね返りをバイタルエリアで拾ったN・セメドがミドルシュート。ゴール右隅を捉えたシュートは相手GKに弾かれると、こぼれ球をデンドンケルが合わせるが、このシュートもGKマッカーシーの好守に防がれた。 ピンチを凌いだセインツは、序盤からポゼッションでウルブスを圧倒。すると15分、アームストロングのスルーパスでゴールエリア右手前まで抜け出したウォルコットが右足を振り抜いたが、シュートはGKルイ・パトリシオがキャッチした。 一進一退の展開が続く中、ウルブスは36分にボックス右横で獲得したFKからモウチーニョがクロスを供給。これをニアサイドのポデンセが頭で合わせたが、これはGKマッカーシーがワンハンドでシュートを弾き出した。 ゴールレスで迎えた後半は、セインツがファーストチャンスでスコアを動かす。58分、バイタルエリア手前でボールを拾ったジェネポがボックス内にミドルパスを供給すると、ボックス右のアダムスがダイレクトクロス。これは相手DFに阻まれるも、こぼれ球に再び反応したアダムスがボックス右深くから折り返すと、逆サイドから走り込んだウォルコットがゴールに流し込んだ。 先制されたウルブスは、70分にネヴェスを下げてペドロ・ネトを投入。すると75分、モウティーニョのパスをペナルティアーク右横で受けたヒメネスが素早いターンからシュート。これは左ポストに弾かれたが、こぼれ球をペドロ・ネトが流し込んだ。 試合を振り出しに戻したウルブスは78分にも、バイタルエリア右で獲得したFKからモウティーニョがクロスを供給すると、ニアサイドのヒメネスがヘディングシュートをゴールに叩き込んだが、わずかにオフサイドラインを越えており逆転ゴールは認められない。 結局、試合はそのまま1-1で終了。実力者同士の一戦は勝ち点1を分け合う結果となった。 2020.11.24 07:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ラウール・ヒメネスが明かす他クラブからのアプローチ 「ユーベとユナイテッドが僕を欲しがった」

ウォルバーハンプトンのメキシコ代表FWラウール・ヒメネス(29)に対して、今夏に他クラブからのアプローチがあったようだ。 昨季の公式戦で27ゴールを挙げる活躍を披露したこともあり、今夏に複数クラブからの関心が指摘されたヒメネス。その今夏にはマンチェスター・ユナイテッドを筆頭に行き先候補が挙がった。 最終的に今季もウォルバーハンプトンでプレーしているヒメネスだが、母国メディア『TUDN』のインタビューでユナイテッドのほか、ユベントスからの関心を認めた。 「ある日に目を覚ましたら、ユベントスとマンチェスター・ユナイテッドが僕を欲しがっていたんだ。アプローチがあったのも知っている。でも、合意に至らず、近づくものは何もなかったんだ。僕はウルブスでハッピーさ」 しかし、ヒメネスは将来的な移籍も念頭に入れて、ウォルバーハンプトンでの日々を過ごしているようだ。今年10月に4年契約を結んだばかりだが、移籍の可能性を否定しなかった。 「ウォルバーハンプトンですごく幸せなのは事実だが、彼らは僕が満足していないのもわかっていて、僕もより多くを求めている。今回は起こらなかった。もしそうなるとしたら、ウルヴスにとっても、加わるチームにとってもベストなものじゃないとね」 2020.11.14 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミア10月の月間最優秀監督はウルブスのヌーノ監督! 3勝1分けで見事にバウンスバック

プレミアリーグは13日、ウォルバーハンプトンを率いるヌーノ・エスピリト・サント監督が10月度の「Barclays Manager of the Month award(月間最優秀監督)」に選出されたことを発表した。 昨シーズンを7位でフィニッシュしたウルブスは、シェフィールド・ユナイテッドとの開幕戦を勝利したものの、マンチェスター・シティ、ウェストハムに連敗して10月を迎えた。 しかし、この10月に行われた4試合ではフルアム、リーズ・ユナイテッドにいずれも1-0のスコアで競り勝つ。その後、ニューカッスル戦こそ1-1のドローに終わったものの、クリスタル・パレス相手に2-0の勝利を収めて3勝1分けの無敗の好戦績を収めた。 2018年9月と、2020年6月に続き通算3度目となる月間最優秀監督に選出されたヌーノ監督は、前月の連敗から見事に立ち直ったチームの姿勢に満足感を示している。 「我々はよりソリッドに、よりオーガナイズされている」 「これからより多くのことが改善されることを期待しているが、まだこのチームは発展途上の段階にある」 「10月は前月のパフォーマンスからバウンスバックできたが、すべての試合が非常に難しいものだった」 「決して完璧な月ではなかったが、パフォーマンスの面では非常に良い月だったと言えるだろう」 ちなみに、10月度のその他の候補者はサウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督、トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督、ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督、アストン・ビラのディーン・スミス監督が選出されていた。 なお、11月最初の試合となった直近のレスター・シティ戦は0-1のスコアで落としており、現在の順位は9位となっている。 2020.11.13 21:29 Fri
twitterfacebook
thumb

ウルブス、トラオレの契約延長サイン保留に不満? 双方で合意も…

ウォルバーハンプトンがスペイン代表FWのアダマ・トラオレ(24)の契約更新問題に頭を抱えているようだ。イギリス『90min』が報じている。 屈強な体躯と爆発的なスピード、そして見た目からは想像つかないドリブルテクニックで昨シーズンに頭角を現したトラオレ。今夏にリバプールや古巣のバルセロナ行きも噂され、10月にはスペイン代表デビューも果たして評価はうなぎのぼりだ。 トラオレとは2023年夏まで契約を結んでいるものの、さらなる長期契約を期待しているウルブズ。『90min』によると、本人は新契約に原則合意しているものの、一向に署名しない状況に不満を抱えているようだ。 また、成績に関して今シーズンは8試合の出場で未だ得点に絡めておらず、さらに開幕3試合以降は先発からも外れており、同メディアは新契約に対する姿勢が少なからず影響していると伝えている。 最近のウルブスは得点源であるメキシコ代表FWラウール・ヒメネス(29)や主将を務めるイングランド代表DFコナー・コーディ(27)、ヌーノ・エスピリト・サント監督(46)との契約延長を成功させているが、トラオレ慰留にもこぎつけることができるだろうか。 2020.11.13 18:08 Fri
twitterfacebook
thumb

去就が騒がれるC・ロナウド、ディーニーが「ポルトガルに縁ある」プレミアのクラブをオススメ

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のワトフォードに所属するFWトロイ・ディーニーが、去就が騒がれるユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドに意外なチームを勧めた。イギリス『ミラー』が伝えた。 C・ロナウドは2018年夏にレアル・マドリーからユベントスに加入。ここまで公式戦92試合に出場し、70ゴールをマークしている。 今シーズンもセリエAの4試合で6ゴールを決めるなど、35歳になりながら依然として衰えが見られないC・ロナウド。しかし、3100万ユーロ(約38億円)と言われる高額な年俸がユベントスの財政を圧迫しているとされており、今季終了後の売却が急浮上した。 移籍先としてパリ・サンジェルマン(PSG)などが噂され、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるレオナルド氏のコメントも取り上げられる中、イギリス『TalkSport』に出演したディーニーは、異なる考えを主張。C・ロナウドの代理人であるジョルジュ・メンデス氏との結びつきが深く、ポルトガル人選手が多数所属するウォルバーハンプトンがオススメのようだ。 「(C・ロナウドは)ポルトガルとのつながりがあるウルブズのようなクラブに注目していると思う。移籍が実現すれば上手くいくだろうね」 「C・ロナウドを獲得するクラブは、信じられないほどの才能を手にすることになる。今シーズン、彼はすでにセリエA4試合で6ゴールを決めているんだ」 一方で、ディーニーはC・ロナウドがプレミアリーグにやってきた場合、今夏にマドリーからトッテナムに復帰したFWガレス・ベイル同様、人々はマンチェスター・ユナイテッドに所属していた全盛期の姿と比較してしまうだろうと予想している。 「マンチェスター・ユナイテッド時代と同じC・ロナウドを手に入れることはできないだろう。常に比較対象になると思うけどね」 「たとえば、今のベイルもトッテナムからマドリーに去った当時の姿と比較されている。ロナウドやベイルがゴールを奪う姿は記憶に深く残っているから、まだそのレベルにあるのかどうかを比べてしまうんだ」 ディーニーはそれでも、C・ロナウドがもたらすものは大きいと考えており、ウォルバーハンプトンがクラブとして更なる成長を果たすためには、獲得が必要だと話した。 「僕はウルブズが好きだ。C・ロナウドがこれまでプレーしてきたクラブと比較すると落ちるとしてもね。もし、彼がアメリカのロサンゼルス・ギャラクシーなどに移籍したら、そのとき僕たちは『彼ってちょっと変わっているな』と思うだろう」 「ウルブズは今後数年で6強入りを目指せる選手を揃えているし、何かを生み出す力があると思うよ。もちろん、ポルトガルとのつながりも深いし、たくさんのポジティブ要素がある。もしクラブが次のレベルを目指すなら、C・ロナウドは必要な選手だ」 2020.11.12 17:45 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly