シメオネ、4戦ぶりの得点で辛勝のグラナダ戦を総括 「全員が見せた努力に満足」

2020.02.09 17:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が4戦ぶりのゴールで辛勝となったグラナダ戦を振り返った。スペイン『マルカ』がアルゼンチン人指揮官の試合後コメントを伝えている。

アトレティコは8日、ワンダ・メトロポリターノで行われたラ・リーガ第23節のグラナダ戦を1-0で勝利した。

前節、レアル・マドリーとのダービーを落とし、直近のリーグ戦3試合で1分け2敗と低迷するアトレティコ。とりわけ、その3試合ではいずれもノーゴールに終わっており、事態はより深刻だ。

そして、コパ・デル・レイ準決勝進出で勢いづくアウェイチームを迎え撃った今節は、FWジエゴ・コスタに加え、FWアルバロ・モラタと純粋なセンターフォワード2人を欠く中、MFビトロとFWアンヘルコレアの2トップでいずれも4試合ぶりとなるゴールと勝ち点3を目指した。

その中で主将MFコケをトップ下に配した[4-3-1-2]の布陣を採用したチームは、開始6分にMFサウール・ニゲスの左サイドでのスローインの流れからボックス内でコケが繫いだボールをコレアがきっちり決めて待望の4試合ぶりのゴールを記録。

ここから一気にゴールラッシュといきたいホームチームだったが、以降はここ最近の試合と同様に攻撃が停滞。それでも、守護神ヤン・オブラクを中心とする守備陣がウノセロで試合を終わらせ、ゴールに続き待望の勝ち点3を手にした。

同試合後、シメオネ監督は厳しい試合内容を認めながらも、重苦しい雰囲気を振り払う気迫を見せた選手たち、勝ち点3獲得という結果に満足感を示している。

「ここ最近のリーグ戦数試合では自分たちが示すべきスタイルや戦いをなかなかピッチに反映することができなかった。そのため、今日は非常に重苦しい雰囲気の中で臨んだ。それでも、この試合を非常に良い形で終えることができ、全員が見せた努力に満足している」

「最初の25分間は非常に良いスタートを切れたと思う。我々は非常に力強く俊敏な動きをみせ、相手陣内においても存在感を示した。ただ、30分以降は彼らが持ち直し、我々は少し落ちてしまった」

「グラナダは非常に良い状態にあり、(コパの)バレンシア戦では非常に良いゲームを見せていた。コパ準決勝進出という結果は、彼らに大きな自信と熱意など、多くのものをもたらした。そして、彼らは我々の想像以上に最後まで戦い抜いていた」

「そして、我々自身はここ数試合の悪い試合を引きずっている部分があった。勝つためにはより多く走り、2点目を取りきる必要がある。同時に試合を終わらせる必要があった」

シメオネ監督の言葉通り、負傷者続出の影響もあって内容面では大きな課題を残すアトレティコだが、今回の貴重な勝ち点3をキッカケに、バレンシア勢との連戦となるラ・リーガ、18日に控えるチャンピオンズリーグ(CL)のリバプール戦で本来の力を見せてほしいところだ。

コメント
関連ニュース
thumb

ジエゴ・コスタ、筋肉系のトラブルで最低でも3週間アウトか CL含む6試合欠場の可能性

アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWジエゴ・コスタが負傷離脱するという。 D・コスタは17日に行われたラ・リーガ第6節のセルタ戦に先発したが、筋肉系のトラブルで50分にピッチを後に。スペイン『アス』によると、最低でも3週間の治癒期間を要する模様だ。 そのケガにより、D・コスタは来月の代表ウィークまでチームを離脱。ラ・リーガの3試合だけでなく、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージの3試合を欠場することになるようだ。 そうなると、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスがより重宝されそうだが、33歳の年齢的に全試合でプレーし続けるのは難しく、ディエゴ・シメオネ監督はやりくりを強いられるとみられる。 2020.10.19 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【苏亚雷斯】このサッカー選手は誰?

サッカー選手の名前を中国語で表記したら…?中国では、基本的に海外の選手名やチーム名を漢字による音訳をして表記していますが、そのまま漢字に置き換えることが難しい場合もあり、愛称が用いられることも多くあります。 この企画では、あるサッカー選手の名前を中国語表記で出題します。それが誰を指すのか、当ててみてください! 問題:「路易斯·苏亚雷斯」 さすがにこれだけでは分からない方も多いと思うので、ここでヒントです! ヒント①:サッカー界きっての悪童として知られています。 ヒント②:中国語で「アフリカ」は「亚非利加」と表記します。 ヒント③:過去に右手の指を負傷し、試合の際には必ず右手首にテーピングを巻いています。 ヒントを見て、もう分かった方もいるのではないでしょうか?それでは、正解発表です。 <div id="cws_ad"> <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKbkpWUERsYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 正解はこちら! 「苏亚雷斯」の読み方は…「スアレス」でした。そう、アトレティコ・マドリ―に所属するウルグアイ代表FWのルイス・スアレスです。 今夏のバルセロナ退団時の涙の会見が話題となったスアレス。新天地での活躍が期待されます。 サッカー選手クイズ、いかがでしたか?気になる方は他の選手の名前もチェックしてみてください! 2020.10.19 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

スアレス&カラスコ弾でセルタを下したアトレティコが3試合ぶりの白星!《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは17日、ラ・リーガ第6節でセルタと対戦し、2-0で勝利した。 直近2試合はゴールレスドローと攻撃陣が不調のアトレティコは、代表ウィーク明け初戦に向けてスアレスやジエゴ・コスタ、コケ、コレアらに加え、移籍最終日に獲得したトレイラが先発に名を連ねた。 試合は開始早々の6分に動く。コケのパスをボックス左横のジエゴ・コスタがワンタッチではたくと、ボックス左に駆け上がったマヌエル・サンチェスの折り返しをスアレスが流し込んだ。 幸先良く先制したアトレティコは、26分にピンチ。ボックス内でボールを収めたアスパスの落としでボックス左深くまで侵入したオラサが折り返しを供給。これを逆サイドから走り込んだS・カレイラがダイレクトで合わせたが、シュートは右ポストを直撃した。 さらに28分にも、ノリートのスルーパスからサンティ・ミナに抜け出されるとGKオブラクとの一対一に持ち込まれた。しかし、サンティ・ミナのシュートは飛び出したGKオブラクが左足に当て、難を逃れた。 その後もセルタに押し込まれる時間が続いたが、アトレティコが持ち前の堅守でゴールを死守。前半は1-0で終了した。 リードして後半に入ったアトレティコは、開始早々に決定機を迎える。47分、コケのロングパスでDFの裏に抜け出したジエゴ・コスタの折り返しからスアレスがフィニッシュ。しかし、シュートは右サイドネットに外れた。 すると、このプレーの直後にジエゴ・コスタが左モモ裏を負傷。プレー続行不可能となり、フェリックスが緊急投入された。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続く。そんな中、アトレティコは試合終了に追加点を奪う。95分、ボックス右でロストボールを拾ったフェリックスがカットインから左足を振り抜く。このシュートはクロスバーを直撃するも、こぼれ球をカラスコが頭で押し込んだ。 直後に試合終了の笛が鳴り、アトレティコが2-0で勝利。アトレティコが3試合ぶりの白星を飾った。 2020.10.18 01:03 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ移籍のトレイラ、父親はアルテタ監督に不満「戦力として計算していなかった」

今夏にアーセナルからアトレティコ・マドリーへレンタル移籍したウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(24)の父親が、ミケル・アルテタ監督への不満を口にしている。スペイン『Libertad Digital』が伝えている。 2018年夏にサンプドリアから加入したトレイラは、加入1年目にウナイ・エメリ前監督の下で中盤の主力を務めた。しかし、2019年12月に途中就任したアルテタ監督の下では新型コロナウイルスによる中断前までは多くの出場機会を与えられたものの、リーグ再開後はコンディションの問題などもあり、出場機会が減少。さらに、今シーズンに入ると、完全に構想を外れ、ベンチ外が続いていた。 そういった中、今夏の移籍市場の最終日にはアトレティコからアーセナルに移籍したガーナ代表MFトーマス・パルティ(27)と、入れ替わるような形でアトレティコ行きが決定した。なお、代理人を務めるパブロ・ベンタンクール氏によると、今回の契約に買い取りオプションは付随していないという。 トレイラ本人はアーセナルに対して感謝を告げるなど、両者の間にわだかまりはないようだが、父親であるリカルド・トレイラ氏は異なる考えを持っている。 今回、『Libertad Digital』のチャットによるインタビューに応じたリカルド氏は、息子を冷遇したアルテタ監督への不満を口にしている。 「ルーカス(・トレイラ)はとても大きな心を持っていて、何をするにしても常に努力している。だからこそ、息子はベンチで何分も待つのが好きな選手ではない。ピッチの上で何ができるか示す必要はあるが、彼は試合に出ることで奮い立っている。それがアーセナルで起こったことだ」 「ルーカスは正直者でピッチの上に魂を残したいと考えている。だが、それは監督によって左右されるものでもあり、アーセナルの今の監督(アルテタ)は彼を(戦力として)数に入れていなかった」 「ルーカスがベンチにいたのは、彼がそこにいることを望んでいたのではなく、監督の決定によってだ」 「ウルグアイだけでなく、世界中で認められる24歳の選手にとって、何よりも必要なのはプレーをする時間だ」 息子に対するアルテタ監督の扱いに不満を示したリカルド氏だが、今回の契約に買い取りオプションが付いていないこともあり、トレイラの将来的なアーセナル復帰の可能性も閉ざしてはいない。 「アーセナルは彼に数分の(出場)時間も与えないことを決めた。だが、すべてがうまくいけば、アトレティコとの契約が終了した時に息子を愛してくれるアーセナルの監督がいて、クラブが復帰を望むなら、息子は再びそこに魂を残すことを約束する」 その一方で、リカルド氏は「アーセナルに戻る可能性について触れたが、我々がアトレティコに留まりたくないというわけではない。シーズンが終わった時、チョロ(ディエゴ・シメオネ監督)が残留を望み、我々に選択の機会が与えられれば、それは起こるだろう。ただ、今はすべてが不確実だ」と、スペイン長期滞在の可能性も除外していない。 アルテタ監督が今後アーセナルで長期政権を築く場合、トレイラの復帰の可能性は低そうだが、ひとまずはマドリードの地でイタリア時代の輝きを取り戻す必要がある。 2020.10.15 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

代表離脱のトリッピアー、理由は賭博容疑の事情聴取 違法の事実認められれば6カ月出場停止の可能性も

アトレティコ・マドリーのDFキーラン・トリッピアーがイングランド代表から離脱した理由が明らかになったようだ。 13日にチェルシーのDFベン・チルウェルとともにイングランド代表から離脱したトリッピアー。「個人的な理由」を離脱理由に挙げたイングランドサッカー協会(FA)だが、イギリス『The Athletic』によれば、賭博容疑に関するヒアリングに出席するためだという。 トリッピアーは今年5月、FAが違反行為に定める賭けごとに関与した疑いにより、協会側から告発。2019年夏にトッテナムからアトレティコに移籍する際、『WhatsApp』(メッセージアプリ)の会話後に少人数の友人グループで内部情報を漏洩しての賭博に関与したといわれている。 トリッピアー自身は容疑を否認しているというが、違法賭博の事実が認められれば、6カ月間の出場停止処分が科される恐れがあるという。 イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督もFAのヒヤリングを受けるための離脱を認めており、「私がコントロールできるものじゃないわけだから、言えることは何もない。起用できる選手でチームの準備に集中しなければいけない」と話している。 なお、同様なケースとして、元イングランド代表FWダニエル・スターリッジが2018年にセビージャ移籍を試みた際、兄弟に内部情報を漏洩。結果、4カ月間の出場停止処分という重罰が科されている。 2020.10.14 18:00 Wed
twitterfacebook