プレミア最速ゴール記録が更新!トップ10にまさかのGKの名が!!

2019.04.24 10:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンのアイルランド代表FWシェーン・ロング(32)がプレミアリーグの歴史ある記録を更新した。サウサンプトンは23日、延期されていたプレミアリーグ第31節のワトフォード戦で1-1のドローに終わっていた。しかし、この試合でロングが決めた先制ゴールが、プレミアリーグ新記録となる最速弾だった。

ワトフォードのキックオフで始まったこの試合。デウロフェウがボールを戻すと、最終ラインのキャスカートにボールが渡る。キャスカートは、トラップから慎重に右サイドを狙ってロングボールを送ろうとすると、猛然とダッシュしたロングがブロック。こぼれ球に先に反応したロングが、前に出てきたGKフォスターの頭上を越すループシュートを決めた。


プレミアリーグによると、このゴールはキックオフから7.69秒で決まったとのこと。これまでの記録を2秒も上回る史上最速ゴールの記録を樹立した。

なお、これまでの最速記録は、かつてトッテナムでプレーした元イングランド代表DFレドリー・キングが2000-01シーズンのブラッドフォード・シティ戦で決めたもの。当時はFWでプレーしていたキングは、キックオフから9.82秒でゴールを決めていた。

ちなみに、3番手は2002-03シーズンのマンチェスター・シティ戦でアラン・シアラー(ニューカッスル)が決めた10.52秒、4番手は2017-18シーズンのマンチェスター・ユナイテッド戦でクリスティアン・エリクセン(トッテナム)が決めた10.54秒、5番手は2000-01シーズンにチャールトン戦でマーク・ビドゥカ(リーズ・ユナイテッド)が決めた11.9秒となっている。

なお、今回の記録更新で10位となったゴールは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKで現在はボーンマスの正守護神を務めるアスミル・ベゴビッチがストーク・シティ時代に記録したもの。味方のバックパスをダイレクトで蹴り出すと、風に乗ったボールがワンバウンドで相手GKを越えゴールに入っていったものだった。

◆プレミアリーグ最速ゴール記録

1位:シェーン・ロング(サウサンプトン)
2018-19/vsワトフォード
7.69秒

2位:レドリー・キング(トッテナム)
2000-01/vsブラッドフォード・シティ
9.82秒

3位:アラン・シアラー(ニューカッスル)
2002-03/vsマンチェスター・シティ
10.52秒

4位:クリスティアン・エリクセン(トッテナム)
2017-18/vsマンチェスター・ユナイテッド
10.54秒

5位:マーク・ビドゥカ(リーズ・ユナイテッド)
2000-01/vsチャールトン
11.9秒

6位:ドワイト・ヨーク(アストン・ビラ)
1995-96/vsコヴェントリー
12.16秒

7位:クリス・サットン(ブラックバーン)
1994-95/vsエバートン
12.94秒

8位:ケビン・ノーラン(ボルトン)
2003-04/vsブラックバーン
13.48秒

9位:ジェームズ・ビーティー(サウサンプトン)
2004-05/vsチェルシー
13.52秒

10位:アスミル・ベゴビッチ(ストーク・シティ)
2013-14/vsサウサンプトン
13.64秒
関連ニュース
thumb

アヤックスが前代未聞の衝撃行動! 優勝トロフィーが4万2000個の星になりファンへプレゼント!

オランダ王者のアヤックスが、とんでもない粋な計らいを見せた。 昨シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響を受け、首位に立っていながらもリーグ戦の中止が決定。そのため優勝を逃していた。 しかし、今シーズンは順調に勝ち点を積み上げると、2日に行われたエールディビジ第31節のエメン戦で4-0と勝利。3節を残して優勝を決め、35度目のエールディビジ優勝を決めていた。 今シーズンは無観客の試合でシーズンが行われ、サポーターの後押しをスタジアムで受けられないまま終わったアヤックス。そのため、ファン・サポーターに対するサプライズを行なった。 サポーターなしという特別なシーズンで優勝したアヤックス。なんと、エールディビジ優勝で手にしたチャンピオンズボウルを溶かしてしまうことを決定した。 優勝を祝うため選手たちが掲げたものだが、なんとそれを鉄に戻すとのこと。そしてなんと、これを4万2000個以上のチャンピオンズスターに再加工。これをすべてのシーズンチケットホルダーに対してプレゼントすることを決めたのだ。 ファン・サポーターもクラブの一部と考えるアヤックスは、文字通り「一部」を受け取ることに。35度目の優勝は、実物としてファン・サポーターと共有することとなったのだ。 マネージング・ディレクターのエドウィン・ファン・デル・サール氏はクラブを通じてコメント。ファンの支えに応えるのにピッタリだと今回の決定について語った。 「今シーズンは、ほとんどファンなしでやっていかなければいけなかった。少なくともスタンドにはいなかった。とはいえ、選手たちは毎試合、その応援を実感していた。例えば、ソーシャルメディアを通じて、スタジアムへ移動するときなどにだ」 「チャンピオンであることをファンに捧げると伝えたけど、シーズンチケットホルダーとボウルを共有することは、まさにピッタリだ。今シーズンの思い出となり、ユニークな形でリーグ戦に参加することとなった」 今回の試みは1985年からチャンピオンズボウルを製造している「De Tingieterij」と協力。史上初となる製造元へ戻されることとなった。 錫で作られたボウルは2575gあり、それを一度溶かすことに。そこから1つ3.45gのチャンピオンズスターを作ったとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】アヤックスのトロフィーが星に変わってファンの元へ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHd25GSDltbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.12 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「アップルウォッチみたい」ユナイテッドDFが試合中もスマートストラップを装着「外し忘れたのか」

マンチェスター・ユナイテッドは11日に行われたプレミアリーグ第36節で、レスター・シティと対戦。一部サポーターの過激な抗議活動によって試合日程が変更となり、5日間で3試合をこなす異常事態となったチームは、この一戦で10名を入れ替えて臨んだ。 イングランド人DFアクセル・トゥアンゼベも久しぶりの先発出場となったが、その“手元”が大きな注目を集めた。 センターバックで出場したトゥアンゼベだが、その右手首にはスマートウォッチにも見える黒いストラップが巻かれていた。 トゥアンゼベは長袖のシャツを着ていたため、あまり目立つことはなかったが、これに気づいたファンからは「外し忘れたのか」「アップルウォッチみたい」など見慣れない光景を気にする声が多くあった。 イギリス『サン』によると、トゥアンゼベが着けていたのは厳密にはスマートウォッチではなく、「WHOOP」と呼ばれる防水のアスリート用パフォーマンストラッカーで、筋肉の緊張、心拍数、さらには睡眠の指標に関するデータを取得することができるようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】トゥアンゼベが右手首に巻いていたスマートストラップ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Axel Tuanzebe is playing vs. Leicester wearing a smart watch <a href="https://t.co/CHgG1PQqQc">pic.twitter.com/CHgG1PQqQc</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1392187809885265934?ref_src=twsrc%5Etfw">May 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.12 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

トッティのドキュメンタリー映画がイタリアのオスカー「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」を受賞

“ローマの王子”として活躍したローマのレジェンド、フランチェスコ・トッティ氏のドキュメンタリー映画が、イタリアのオスカーに当たる「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」を受賞した。 この映画はトッティとパオロ・コンド氏が執筆した自伝『Un capitano』をもとに製作されたドキュメンタリーで、『Mi Chiamo Francesco Totti(私の名前はフランチェスコ・トッティ)』という映画だ。 この映画ではトッティの半生を振り返るとともに、両親であるエンツォさんとフォレッラさんの半生、さらにはトッティと親交のある人物の未公開映像で構成されているものとなっている。また、トッティがナレーションを務め、引退する前夜のことなどを追体験できるものとなっている。 なお、制作はローマ出身のアレックス・インファセッリ氏が監督を務め、イタリア国外でも上映されており、昨年10月に公開。3日間で観客動員数5万5000人以上、興行収入59万2000ユーロ(約7800万円)でイタリアの興行収入で1位になっていたようだ。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、表彰式にはトッティは不在だったが、インファセッリ監督が表彰を受けていたとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】トッティの半生を描いた映画、ナレーションはトッティ本人</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Domani arriva a noleggio su TIMVISION “Mi Chiamo Francesco Totti”, la storia del Campione del Mondo 2006 che ha emozionato un’intera nazione con la sua passione e il suo amore per il calcio! <a href="https://twitter.com/hashtag/MiChiamoFrancescoTotti?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiChiamoFrancescoTotti</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FrancescoTotti?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FrancescoTotti</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/TIMVISION?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TIMVISION</a> <a href="https://twitter.com/Totti?ref_src=twsrc%5Etfw">@Totti</a> <a href="https://twitter.com/VisionDistrib?ref_src=twsrc%5Etfw">@VisionDistrib</a> <a href="https://t.co/MYrwhAgqS1">pic.twitter.com/MYrwhAgqS1</a></p>&mdash; TIMVISION (@TIM_vision) <a href="https://twitter.com/TIM_vision/status/1321436555710504962?ref_src=twsrc%5Etfw">October 28, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.12 11:46 Wed
twitterfacebook
thumb

スコットランド代表FWが暴行容疑で逮捕、SNS上に路上での暴行動画が流出

シェフィールド・ユナイテッドのスコットランド代表FWオリヴァー・マクバーニー(24)が逮捕された。イギリス『BBC』が報じた。 報道によると、マクバーニーは数人の若い男性を口論になっている様子が動画で撮影され、SNSに流出。撮影者がスマートフォンを落とすと、それを踏みつけるマクバーニーが映され、その後殴り合っているシーンが映し出されていた。 ノース・ヨークシャー警察は、「24歳の男性」が「別の男性が暴行された事件に関連して逮捕された」と発表。マクバーニーは拘留された状態とのことだ。 警察の声明によると「21歳の被害者は、5月8日土曜日の午後8時30分ごろにナレスボロのハイストリートで起こった事件で、顔面にケガを負いました」としている。 『BBC』によると、シェフィールド・ユナイテッドは「週末にソーシャルメディアで流布しているビデオに続いて、警察が関与していることを認識している」とコメントしているとのこと。「クラブとして、我々は問い合わせをサポートするためにできる限りのことをするだけでなく、我々自身の調査を続けていく」と声明を発表した。 マクバーニーは2019年8月にスウォンジーからシェフィールド・Uへと加入。今シーズンはプレミアリーグで23試合に出場し1ゴール1アシストを記録。しかし、チームはチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格していた。 <span class="paragraph-title">【動画】相手のスマホを踏みつけ暴行するシーンが…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Ugly footage has emerged allegedly featuring Oli McBurnie <br><br>&quot;Officials at Sheffield United are aware of the video circulating on social media and are currently investigating,&quot; the <a href="https://twitter.com/hashtag/PremierLeague?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PremierLeague</a> club told the BBC.<a href="https://twitter.com/hashtag/OptusSport?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OptusSport</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/PL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PL</a> <a href="https://t.co/a2rMPfUaHL">pic.twitter.com/a2rMPfUaHL</a></p>&mdash; Optus Sport (@OptusSport) <a href="https://twitter.com/OptusSport/status/1391724807633260549?ref_src=twsrc%5Etfw">May 10, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.11 20:27 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和のリカルド監督の“足技”シーンに本人も反応「俺もまだまだ…」

浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が試合中に見せた“足技”に注目が集まっている。 浦和は1日、明治安田生命J1リーグ第12節でアビスパ福岡とアウェイで対戦。立ち上がりから浦和がボールを保持して攻め込むものの8分に先制を許すと、1-0で迎えた34分、福岡のDFドウグラス・グローリが最終ラインからロングボールを蹴り込む。 右サイドのMFジョルディ・クルークスへのボールは大きくなり、タッチラインを越えると、そこにはリカルド監督が。スペイン人指揮官は下がりながら革靴で見事なトラップをみせ、そのまま手を使うことなく、右足で浮かせてMF明本考浩へとパスしていた。 このシーンがJリーグの公式ツイッターで公開されると、リカルド監督本人も自身のツイッターで反応。投稿を引用しながら、「俺もまだまだ友達とサッカーするくらいならできそうだな!ダンスしているみたいだ!」とコメントしている。 試合には敗れたものの、見せ場を作ったリカルド監督。浦和は9日、第13節でベガルタ仙台とホームで対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】リカルド監督が革靴で華麗なトラップ&浮かせ技</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">\画面右下に注目/<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和レッズ</a> の<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%B2%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#リカルドロドリゲス</a> 監督が<br>革靴でナイストラップ<br><br>そして、ループで選手の手元へパス<a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL?ref_src=twsrc%5Etfw">@REDSOFFICIAL</a> <a href="https://twitter.com/rrodriguez?ref_src=twsrc%5Etfw">@rrodriguez</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://t.co/53fT2C8DVb">pic.twitter.com/53fT2C8DVb</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1390251744790126594?ref_src=twsrc%5Etfw">May 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.07 12:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly