アラン・シアラー Alan SHEARER

ポジション 監督
国籍 イングランド
生年月日 1970年08月13日(53歳)
利き足
身長 183cm
体重 76kg
ニュース クラブ 監督データ
ニュース一覧

ニューカッスルが28年ぶりの来日決定! 7月31日に浦和、8月3日に横浜FMと対戦…今季プレミア20ゴールのイサクらが所属

Jリーグは14日、「Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo」としてニューカッスル・ユナイテッドが来日することを発表した。 2024-25シーズンの開幕を前に来日するニューカッスル。7月31日(水)の19時30分から浦和レッズと埼玉スタジアム2002で、8月3日(土)の19時から横浜F・マリノスと国立競技場で対戦する。なお、この2試合は、JリーグとNTTドコモによる共同開催となる。 ニューカッスルは1893年に創設されたクラブで、イングリッシュ・フットボールリーグ時代に4度の優勝を経験。また、FAカップも6度優勝するなど、古豪として知られる。 1983年には「ジャパンカップ・キリンワールドサッカー」に出場するために来日。ボタフォゴ、ヤマハ発動機(現:ジュビロ磐田)、シリア代表、日本代表と対戦し優勝していた。また、1996年にも来日し、ガンバ大阪と対戦。日本サッカー協会(JFA)の宮本恒靖会長やMF稲本潤一(南葛SC)も出場した試合は、3-1でG大阪が勝利していた。 2021年10月にはサウジアラビアの政府ファンドであるPIF(パブリック・インベストメント・ファンド)が資本を投資し、有数の資金を持つクラブに。エディ・ハウ監督を招へいすると、2022-23シーズンは4位でプレミアリーグを終え、21年ぶりにチャンピオンズリーグ(CL)に出場。今シーズンは最終節を残して6位に位置し、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場をチェルシーと争っている。 かつてはイングランド代表としても活躍したアラン・シアラー氏や元日本代表FW武藤嘉紀(ヴィッセル神戸)らが在籍し、現在のチームにはスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサクやパラグアイ代表FWミゲル・アルミロン、ブラジル代表MFブルーノ・ギマランイス、MFジョエリントン、イングランド代表DFキーラン・トリッピアー、FWアンソニー・ゴードンらが在籍している。 チケット販売については両試合ともにdポイントクラブ会員を対象に「第一次 先行抽選販売」が5月31日(金)の18時からスタート。また、「クラブ先行抽選販売」として両クラブのクラブ会員に対して6月14日(金)の18時からスタートする。 なお一般販売は、共に6月21日(金)の18時から予定されている。 今夏は、ドルトムントやトッテナム、シュツットガルト、スタッド・ランスの来日が既に発表されており、5月末にはレアル・ソシエダも来日。多くのクラブが、海外クラブと対戦することとなる。 2024.05.14 13:17 Tue

「何をやっているんだ?」PKキッカー譲らず失敗のスターリングに批判の声「なぜパーマーからボールを奪った」

元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏が、チェルシーの同代表FWラヒーム・スターリングの振る舞いを批判した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今シーズン公式戦36試合8ゴール10アシストの成績を残すも、波のあるパフォーマンスからファンの間では評価のわかれるスターリング。それでも、マウリシオ・ポチェッティーノ監督からの信頼は厚く、先週末のFAカップ準々決勝のレスター・シティ戦でも先発した。 そのレスター戦、決定機を活かせずにいたスターリングは、1点リードした状態でPKを獲得。本来のPKキッカーはMFコール・パーマーながら本人の強い希望もありスターリングがキッカーを務めたものの、相手GKに防がれる結果となった。 その後は1アシストを記録するも、全体的に精彩を欠いたスターリングに対しては、ホームスタジアムからブーイングが飛ばされる事態に。試合は4-2で勝利したものの、ファンからはスターリングや彼を起用するポチェッティーノ監督への批判が噴出した。 シアラー氏もまた、このスターリングの振る舞いには強い不満を感じているようだ。ポッドキャスト『The Rest Is Football』に出演した同氏は、チームより自分を優先してPKキッカーを志願したスターリングを痛烈に批判している。 「いったい何をやっているんだ? 本当に怒りを覚えたし、どうでもよくなってしまったよ。私はあの場面の際、『一体なぜスターリングはパーマーからボールを奪ったんだ?』と考えていた。パーマーはPKを5回蹴り、5点を決めていたからね」 「パーマーは今のチェルシーにとって最高の選手だ。彼はチェルシーを牽引することに自信を持っていると思う。なぜ、そんな彼からボールを奪おうと思ったのだろうか。パーマーが優れた記録を持っていながら、なぜ名乗り出たのだろう」 「(自信を取り戻すためだったという意見に)それはどういう意味だ? くだらない。これはFAカップの準々決勝だったんだ。誰とプレーしているかや、誰に優しくしたいかなんて、そんなくだらないことは忘れるべきだ。PKはPKを決める選手に任せなければならない」 「(PKを譲るような)良い人でありたいとか、『自信を持ちたい』だとか、そんなことはすべて忘れてほしい。そしてスターリングは本来のPKキッカーではなかった」 2024.03.19 16:55 Tue

「重要な人物」遠藤航がプレミアリーグの週間ベスト11選出、元イングランド代表FWが守備を絶賛

12日、プレミアリーグは第28節のベストイレブンを発表。マンチェスター・シティ戦で出色のパフォーマンスを見せたリバプールの日本代表MF遠藤航も選出された。 元イングランド代表FWでプレミアリーグ最多得点記録を持つアラン・シアラー氏が選出する週間ベストイレブン。過去にはブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫も何度も選出されていた。 第28節のベストイレブンが発表され、リバプールからは遠藤とオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが選出されていた。 シアラー氏は遠藤の選出理由について「リバプールが中盤で繰り返しボールを奪い返し、マンチェスター・シティを相手に長い時間守備を保つ上で、彼は重要な人物だった」とし、中盤の守備での貢献を称えた。 ファン・サポーターが選ぶプレーヤー・オブ・ザ・マッチにも選ばれていた遠藤。加入時は年齢とパフォーマンスに多くの批判が殺到し、ユルゲン・クロップ監督の決断にも理解が示されなかったが、自らのパフォーマンスで一気に評価を上げ、今となっては絶賛されるにまで至っている。 ◆プレミアリーグ週間ベストイレブン GK ジョゼ・サ(ウォルバーハンプトン) DF ベン・ホワイト(アーセナル) ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール) ライアン・アイ=ヌーリ(ウォルバーハンプトン) MF アレハンドロ・ガルナチョ(マンチェスター・ユナイテッド) 遠藤航(リバプール) デクラン・ライス(アーセナル) ブレナン・ジョンソン(トッテナム FW コール・パーマー(チェルシー) カイ・ハヴァーツ(アーセナル) ソン・フンミン(トッテナム) <span class="paragraph-title">【画像】錚々たるメンバーに並んでベストイレブン入りの遠藤航</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C4auWgtNLAk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C4auWgtNLAk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C4auWgtNLAk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Premier League(@premierleague)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航もフル出場でハイパフォーマンス!リバプールvsシティ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="obM9WhCHFd0";var video_start = 259;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.13 11:40 Wed

「マーカス、起きるんだ」ラッシュフォードの振る舞いにシアラー氏が苛立ち「もっと頑張る必要があるだろう」

元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏が、マンチェスター・ユナイテッドの同代表FWマーカス・ラッシュフォードが見せる振る舞いを批判した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今シーズン、夜遊び翌日の練習欠席で懲戒処分を受けるなど、何かとメディアを騒がせているラッシュフォード。それでもエリク・テン・ハグ監督からの信頼は変わらず、今シーズン公式戦32試合出場5ゴール6アシストの成績を残している。 そんなラッシュフォードは、28日に行われたFAカップ5回戦のノッティンガム・フォレスト戦でもフル出場。チームは土壇場の決勝ゴールで勝ち抜けたが、9番の位置で起用されたラッシュフォードはゴールもアシストも記録しなかった。 イギリス『BBC』に出演していたシアラー氏は、この試合でラッシュフォードが見せた振る舞いに不満を感じたようだ。倒された際、すぐ立ち上がらない同選手に対して、態度を改善すべきだと指摘している。 「さあマーカス、起きるんだ。そしてアピールのため腕を広げるのをやめなければならない。君はもっと頑張る必要があるだろう」 「時々、私は彼の振る舞いで気に入らないところがある。彼はファンにメッセージを送ろうとしているんだ。『僕のせいではない』というね。だが、ピッチ上での自分の行動に、責任を負うべきだと思う。すぐ起き上がり、プレーを続けてほしい」 「マーカス・ラッシュフォードはまだ、その振る舞いによってファンに正しいメッセージを送るべき時期にあると思っている。だが、今シーズンはそれがあまりできていない。彼はフラストレーションが溜まっているように見える」 2024.02.29 16:55 Thu

ラッシュフォードの規律面にシアラー氏「強力なマネジメントが必要」

イングランド代表OBのアラン・シアラー氏がイギリス『BBC』でマンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォードに苦言した。 28日のFAカップを欠場したラッシュフォード。体調不良が理由とされるが、一部報道ではこの試合を迎えるにあたり、ナイトクラブで遊び、その翌日のトレーニングを欠席したと報じられる。 事実ならエースの自覚を欠けた行動にエリク・テン・ハグ監督から「体調不良だった。あとは内部の問題。対処する」と語られる。シアラー氏は10番の規律面を正す存在の必要性を説いた。 「内部の問題なら、何かあったんだなと思われることだろう。マーカス・ラッシュフォードには大きな才能がある。昨季は試合前のミーティングに遅刻して処分を受けたところを見た。家庭内か、クラブとの関係かで明らかに何かが間違っている」 「こういうのを続けていてはいけない。彼の才能を無駄にし続けてはならないよ。彼には強力なマネジメントが必要で、誰かがを彼を捕まえて、『こんなことを続けていたらキャリアの終わりに大きな後悔をする』と言ってやらないといけない」 「この状況を続けるわけにはいかないし、正す必要がある。昨季は30ゴールで、今季は4ゴールだ。彼のプレーを見ていると、世界を背負っているかのようで、今すぐに整理しないといけない。うまく対処できていないからだ」 また、元マンチェスター・シティのマイカー・リチャーズ氏は「マーカス・ラッシュフォードは自分が公人であり、どこに行っても注目されるのを理解しないと」と話ている。 昨季はキャリアハイの公式戦30ゴールで復活を感じさせたラッシュフォードだが、今季はここまで出場した公式戦26試合で4ゴール。プレー面で振るわないなか、規律面再び悪目立ちしてしまった。 2024.01.29 18:50 Mon

サラーがリバプール通算200点&PL通算150点に到達「最も重要なことは試合に勝ったこと」

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが、勝利での自身の偉業達成を喜んでいる。 リバプールは9日、敵地セルハースト・パークで行われたプレミアリーグ第16節のクリスタル・パレス戦を2-1の逆転勝利。これで3連勝となったチームは、今節敗れたアーセナルを抜き首位に浮上した。 同試合の76分に貴重な同点ゴールを記録したサラーにとって、このゴールはクラブ通算200ゴール、プレミアリーグ通算150ゴールという2つのメモリアルゴールとなった。 同試合後、『TNT Sports』で偉業達成について感想を求められたリバプールのエースは、「最も重要なことは試合に勝ったこと」と、U-21イングランド代表MFハーヴィー・エリオットの土壇場逆転ゴールでの勝利を、何よりも喜んでいる。 「今日は本当にタフだったけど、もちろん勝ってゴールを決めた時は最高の気分だ。記録を達成できて嬉しいし、チームが試合に勝てたことも嬉しい」 「最後まで戦い続けるというメンタリティは分かるし、僕らはこの試合、前回の試合、そしてその前の試合でもそれをやってきた。そこから何かポジティブなものを取り入れているんだ」 なお、リバプールで通算200ゴールを達成しているのは、最多得点者のイアン・ラッシュ氏(346ゴール)を含め歴代4人しかいない。 また、247試合目でのプレミアリーグ通算150ゴール達成は、アラン・シアラー氏(212試合)、セルヒオ・アグエロ氏(217試合)、ハリー・ケイン(218試合)、ティエリ・アンリ氏(220試合)に次ぐ歴代5位のスピードとなった。 2023.12.10 08:30 Sun

「ゾンビになる」プレミア42試合44ゴール、ハーランドがピッチでの自身の姿を語る…偉大な記録にも言及「15年イギリスに住めば…」

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、自身について初めて語った。イギリス『テレグラフ』が伝えた。 2022年夏にドルトムントからシティへと完全移籍加入したハーランド。見せつけていた得点力は、プレミアリーグでも遺憾なく発揮。プレミアリーグ35試合36ゴールを記録すると、公式戦でも53試合52ゴールと驚異的な得点力を見せつけた。 あっという間にチームのエースとなったハーランド。今シーズンも期待された中、プレミアリーグで7試合8ゴールとペースは衰えず。公式戦で11試合8ゴールを記録している。 そのハーランドは移籍後初となるイギリスの新聞でのインタビューに応じ、『テレグラフ』に自身に対するファンや周囲の反応について語った。 「みんな、僕が得点した時よりも得点しなかった時の方がショックを受けるんだ!でも、それはポジティブなことだよ」 「ノルウェーのメディアは『ノーゴール!』と見出しをつけるんだ。でも良いことだよ。僕はゴールを決めるためにマンチェスター・シティと契約したから、全く不満はない」 「だから、予想通りのことだ。おそらくそれほど多くはない。でもネットにボールを入れるのは僕だ」 1試合1ゴール以上を求められるハーランド。数試合ゴールを決めなければ事件のような扱いを受け、1試合でも無得点だと騒がれる状況。ただ、それは期待の裏返しとも言える。 ただ、期待されるのも当然だろう。プレミアリーグではここまで42試合44ゴール。1試合あたり1.05ゴールという状況。プレミアリーグの最多ゴール記録記録である元イングランド代表FWアラン・シアラー氏のゴールは260ゴールであり、あと「216」ゴールだ。 同じペースでいけば、6年目には達成する記録となるが、どこか不可能とは思わせないハーランドは、冗談混じりに記録について語った。 「僕の契約はどれぐらいか?残り3年10カ月?じゃあ時間はまだあるかな(笑)? そんなことは考えられない。次の試合、シーズンのことを考えなければいけないけど、それはしばらくしてから起こることだ」 「でも、あと15年イギリスに住めるのであれば、そうならない手はない。見守ってみよう」 長期滞在すれば記録更新に自信を見せたハーランド。アーセナルでプレーする同胞のマルティン・ウーデゴールは「野獣」と表現し、リバプールのユルゲン・クロップ監督は「自然の力」、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は「止められない男」だと表現する。 その中で、ハーランドは「ゾンビ」と表現。ピッチ上で徘徊するかのように歩き回り、チャンスと見れば一気に襲いかかる姿を表現した。 「試合では、ボールに触れていないことで、人々が僕を批判するのが通常だ」 「何度か寄っていってボールを触ることはできるけど、ただ歩き回り、そこに立ち、自分の世界の中で動いているだけ。でも、そういうわけではない。説明するのは難しい」 「体から抜け出て、ゾンビになる。ちょっとした「ゾーンアウト」のようなものだ。周りを見回すように、チャンスを待っている。そしてチャンスが来た時は、準備ができていなければいけないんだ」 「僕はスイッチが入っていて、歩き回ってスキャン、スキャンするような感じだ。僕はチャンスを待っていて、『ボールがそこに来れば、起こり得る。ボールがあそこにいけば、ここで起きる』と考えている。それは感覚だ」 「チームが後方からビルドアップしているときは、自分が関与する必要がないことはわかっている。僕はそこに立ち、適切な瞬間を待っている」 週末には昨シーズン優勝を争ったアーセナルとの大一番。コミュニティ・シールドでは敗戦した相手だが、今シーズンを占う一戦とも言える中でエースがどう活躍するか注目だ。 2023.10.07 22:17 Sat

「なんというインパクト!」元イングランド代表FWも感激、圧巻2ゴールの三笘薫がプレミア公式ベストイレブンに選出、今季2度目

プレミアリーグの週間ベストイレブンにブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が再び選出された。 プレミアリーグの最多ゴール記録保持者でもあり、元イングランド代表FWとしても活躍したアラン・シアラー氏が選んだ11名。第6節のベストイレブンに三笘が選ばれた。 三笘は、24日に行われた第6節のボーンマス戦でベンチスタート。1-1で迎えた後半開始から出場すると圧巻のパフォーマンスを見せた。 出場してわずか15秒、ファーストプレーでいきなり逆転ゴールを決めると、76分には左サイドからのクロスから見事なヘディングシュートを決めて追加点。1試合2ゴールの活躍を見せて、3-1の勝利に貢献していた。 ベストイレブンを選出したシアラー氏は、三笘に対して「なんというインパクトだ!」とし、「出場から16秒以内にゴールを決め、素晴らしいヘディングシュートで勝利を締め括った」と評価を与えた。 三笘は圧巻のドリブルゴールを決めた第2節のウォルバーハンプトン戦に続いてのベストイレブン選出。今季も大きな注目を集め続けることになりそうだ。 ◆プレミアリーグ週間ベストイレブン GK エミリアーノ・マルティネス(アストン・ビラ) DF キーラン・トリッピアー(ニューカッスル) ジェームズ・タルコウスキ(エバートン) ジョニー・エバンス(マンチェスター・ユナイテッド) スヴェン・ボトマン(ニューカッスル) MF アブドゥライエ・ドゥクレ(エバートン) イヴ・ビスマ(トッテナム) フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ) 三笘薫(ブライトン&ホーブ・アルビオン) アンソニー・ゴードン(ニューカッスル) FW ソン・フンミン(トッテナム) <span class="paragraph-title">【動画】ファティの絶妙パスから三笘薫、出場15秒で圧巻の逆転ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GihxtJe18Ao";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】絶妙クロスを鮮やかヘッドで2点目を奪う</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="HEkZP5OzDHs";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【画像】三笘薫が今季2度目のベストイレブン選出!錚々たるメンバーに入る</span> <span data-other-div="movie3"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CxnggyVuY4t/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CxnggyVuY4t/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CxnggyVuY4t/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Premier League(@premierleague)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.09.26 11:55 Tue

スパーズがケイン買い戻し条項を保持…レヴィ会長が公に認める

今夏バイエルンに移籍したイングランド代表FWハリー・ケイン(30)に関して、トッテナムが買い戻し条項を保持していることが分かった。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 トッテナムのアカデミー育ちで、レンタル期間を除けばスパーズ一筋のキャリアを築いてきたケイン。しかし、以前からトロフィー獲得を熱望していた世界屈指のストライカーは、今夏の移籍市場で総額1億2000万ユーロ(約190億円)とも言われる移籍金でバイエルンへ4年契約で加入した。 ダニエル・レヴィ会長は、クラブ最多得点記録を保持するエースの売却に消極的だったものの、ケインが契約延長にサインする意思がないことを確認したこともあり、最終的に売却を容認。 しかし、フットボール界屈指のタフなネゴシエーターは、依然としてクラブに対する強い愛情を抱き、アラン・シアラー氏が持つプレミアリーグ最多得点記録更新にも前向きな同選手の復帰のルートをしっかりと残しておいたようだ。 19日にアンジェ・ポステコグルー監督らも同席したファンフォーラムに出席したレヴィ会長は、金額や時期などに関する詳細には言及しなかったものの、クラブがケインの買い戻し条項を保持していることを公に認めた。 なお、ケインは退団時のサポーター向けのビデオメッセージで「これはお別れではないよ。将来何が起こるか分からないからね…。すぐにまた会おう」とのメッセージを送っていた。 さらに、チャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦に向けた公式会見の場では「僕は常に彼らに注目しているし、残りの人生でもトッテナムを見続けるつもりだ」と、改めて古巣への思いを語っている。 現状ではバイエルンでのキャリアに集中しているケインだが、30歳という年齢もあり、今後の古巣復帰の可能性は十分にあるかもしれない。 2023.09.20 23:40 Wed

ニューカッスルがイングランド代表FWウィルソンと契約延長! 2025年夏まで滞在

ニューカッスルは15日、イングランド代表FWカラム・ウィルソン(31)との契約延長を発表した。1年間延長し、2025年夏までの契約となる。 ウィルソンは2014年7月に加入したボーンマスで長らくプレー。2020年9月にニューカッスルへと完全移籍で加入した。 ニューカッスルではここまで公式戦86試合で40ゴール10アシストを記録。今シーズンもプレミアリーグ4試合で2ゴールを記録していた。 なお、レジェンドでもあるアラン・シアラー氏のニューカッスルでのプレミアリーグでのゴール記録に8ゴールとしている。 カラム・ウィルソンはクラブを通じてコメントしている。 「ここでの時間を延長できたことは嬉しい。素晴らしいフットボールクラブだ」 「ここの門をくぐってからはずっと歓迎されていたし、今クラブは素晴らしい方向に向かって旅を続けているので、このクラブに来られたのは嬉しいんだ」 「僕たちには楽しみにしている素晴らしいことがいくつかあるし、ここ、この街、ファンベースにいることは選手たちが夢見るものだと思う。今後数年間、ここに居られるのが待ちきれない」 2023.09.15 21:35 Fri
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2006年7月1日 ニューカッスル 引退 -
1996年7月30日 ブラックバーン ニューカッスル 完全移籍
1992年7月1日 サウサンプトン ブラックバーン 完全移籍
1988年7月1日 サウサンプトン 完全移籍
監督履歴
就任日 退任日 チーム 種類
2009年4月2日 2009年6月30日 ニューカッスル 暫定監督